自動車売却

車のリアル査定額が筒抜け!レッドブックの閲覧・見方・利用法の全て

レッドブック

車査定を依頼するユーザーは車の高価買取を目指しますが、買取業者からすれば安い値段で車を買い取ることが望ましくなっています。

査定士は様々な要因を踏まえて査定額を提示するものの、レッドブックやイエローブックを交渉に用いる査定士には注意しなければいけません。

購入方法が限定されるレッドブックやイエローブックは、自動車取引のプロではない一般人が簡単に入手できない書籍です。レッドブックの基本知識や主な活用方法のほか、正しい見方を確かめ、車査定で車を安く買い叩かれないように備えておきましょう。

2019
1025

車を高く売る最新情報

TIMING
ベストな売り時

車を高く売るにはタイミングが重要。先月よりも買取額が大幅にダウンすることもあれば、シーズンによって値上がりすることも…。

現在の買取相場は"先月から下落気味"。高価査定が狙いやすいシーズンも過ぎ、例年通りならこの数ヶ月は少しずつ値落ちしていくでしょう。

車は日々、価値が下がっていくので早めの売却をおすすめします!

METHOD
ベストな売り方

車の売り方を間違ってしまうと、買取額が10万、20万円の単位で損してしまう可能性が高いです。

「車一括査定サイト」を利用すれば、最高額をつけてくれる買取店を簡単に見つけることができます!また、愛車の平均相場がすぐにわかります。

当サイトおすすめは以下の2サイト。利用者急増中で高価買取が実現できると評判です!

カーセンサー

カーセンサー

  • とにかく高く売りたい方向け
  • 業界最大手&同時査定依頼は最多30社
  • 古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部所有のプリウスを査定した結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。

ユーカーパック

ユーカーパック

  • 価格交渉が苦手な方向け
  • 掲載買取業者5,000社は圧倒的
  • 申し込みと同時に買取相場がわかる

ユーカーパックは売主の代わりに担当者が買取業者との交渉を全て代行。交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

中古車のリアル査定額・評価額が筒抜け『レッドブック』とは?自動車価格月報

マニュアル書

有限会社オートガイドが発行しているレッドブックは、毎月発行と隔月発行を揃える中古車の価格情報などが掲載された書籍です。オートガイド自動車価格月報がレッドブックの正式名称であって、レッドブックはオートガイド自動車価格月報の別称になっています。

創刊1958年といった歴史ある自動車価格月報として知られ、レッドブックの大きさは文庫本より少し小さいポケット判しかありません。年間契約で申し込めるレッドブックのシリーズには、国産車3種類と輸入車1種類の全4種類が存在します。

いずれの種類であっても、レッドブックではメーカーや車種のほか、年式や形式別に以下の情報が記載されています。

  • 新車価格
  • 中古車下取価格
  • 中古車卸売価格
  • 中古車小売価格

総じて中古車の価格情報が勢揃いしているため、レッドブックは中古車のリアル査定額や評価額がひと目で分かる特長を備えています。

レッドブックは中古車販売店や車買取店に加えて、保険会社や弁護士事務所などプロや業者向けの書籍に当てはまるでしょう。

レッドブックは買取査定相場より安く査定現場で使われない

男性に説明を受ける家族

レッドブックでは中古車の価格情報が箇条書きでまとめられていますが、基本的にレッドブックは車査定で重視されません。

相場情報の把握や客観的意見を確認するためにレッドブックは使われやすく、レッドブックの価格情報は参考程度になるケースがほとんどです。車査定でレッドブックが活躍しない理由においては、以下のデメリットが関係しています。

レッドブックが活躍しないデメリット
  • 販売開始から10年以上経過した車両は販売価格の一律10%で扱っている
  • 毎月発行や隔月発行の書籍なので価格情報がリアルタイムの情報ではない
  • 地域間で発生する需要の差が考慮されていない
  • 車両の状態や自社の在庫状況など査定額に影響を与える要因が反映されていない

車査定では変動要因を踏まえた総合的な判断が重要ですから、査定士が査定現場にレッドブックを持ち込まないケースも珍しくありません。

『イエローブック』はJAAI発行の取引目安になる価格情報

本を開いたビジネスマン

JAAIが毎月1日に発行しているイエローブックは、中古車の価格情報が記載されているB5版の書籍です。中古車取引の目安になる価格情報を扱っているため、イエローブックは一般ユーザーの入手や閲覧に対応していません。

イエローブックの価格情報をチェックできるのはJAAIの加盟業者であり、車査定にてイエローブックは相場算出の参考に使われたりします。

レッドブックでもほぼ同様の価格情報を確かめられますが、JAAIとの関係性上、イエローブックの活用を優先している買取業者が見られます。

ATTENTION

イエローブックはレッドブックと共通のデメリットを備えますので、車査定でイエローブックの価格情報を提示されたときには注意してください。

取引目安の価格情報は実際の査定額よりも安い傾向がありますし、車を高く売りたいのならイエローブックの価格情報をそのまま受け入れてはいけません。

レッドブックの活用方法と使い道

机に置かれたタブレットとメモ帳

60年以上の歴史を誇るレッドブックは、豊富な経験を踏まえた的確な状況把握によって車の標準的な価格を予測算出した中古車価格月報です。こうしたレッドブックの主な活用方法と使い道においては、果たしてどのような内容が並んでいるのでしょうか?

レッドブックの活用方法と使い道

自動車販売業以外にレッドブックって誰が使うの?3つの業種が使用

査定をしている男性

車査定などを行っている自動車販売業に限らず、有限会社オートガイドの発行するレッドブックは以下の業種でも力を発揮しています。

  • 損害保険会社
  • 法律事務所
  • 官公庁

損害保険会社では自動車保険における補償額の指標にレッドブックを使用していて、法律事務所では被害総額の計算時にレッドブックを活用しています。

県庁や市町村役場などの官公庁では、公用車の予算を導き出す際の証拠や根拠としてレッドブックの価格情報を役立てています。

【損害保険会社】車両の補償額を決める目安

査定結果を説明する男性

自動車保険で車両保険を付帯すると、契約している車が交通事故などで損害を受けたときに損害保険会社から補償を受けられます。

一般車両保険を選んでいれば、単独事故や相手を特定できない事故も補償範囲に含まれますので、新車購入時には車両保険への加入が欠かせません。

とはいえ、車両保険で受けられる補償額は車の価値低下に応じて下がるため、新車から年数が経過するほど減っていくのが一般的です。

自動車保険を扱う損害保険会社では、車両保険や対物賠償保険の補償額を決めるときに、補償額の指標としてレッドブックの価格情報を使っています。

レッドブックは補償額の上限を定めるうえで重宝されていますし、損害保険会社にとってレッドブックは必要不可欠な書籍といえます。

【法律事務所】弁護士が車の時価額を算出するため

代理人の男性

交通事故など車のトラブルが裁判に発展するのであれば、弁護士は車の時価額を算出して被害総額をしっかり把握しなければいけません。

裁判所では明確な根拠のある資料を示して被害額を定める必要があり、こうした場合に活用されているのが中古車価格月報のレッドブックです。

レッドブックに記載された価格情報は、買取業者の在庫状況や需要の変動を考慮していませんから、純粋な価値に近い特徴を持ちます。

弁護士が裁判の資料にレッドブックを使うケースは多く、裁判所としてもレッドブックを重要な資料に位置付けています。

ONE POINT
車査定でレッドブックは参考程度にしかなりませんが、車の純粋な価値を記載していますのでトラブル解決に適した書籍に数えられるでしょう。

レッドブックは一般人でも見れる?正しい見方や閲覧方法

口コミを検索する男性

中古車価格月報のレッドブックは、プロではない一般人であっても購入してその内容をチェックできるのでしょうか?レッドブックの購入に関する注意点のほか、レッドブックの正しい見方や閲覧方法を続けて確認してみましょう。

レッドブックの購入は一般人は不可

ストップするサラリーマン

レッドブックは自動車販売業や損害保険会社などプロ用に該当し、書店で売っていないため、申込方法は公式サイトでの年間契約しかありません。

申し込み時にはオートガイド自動車価格月報申込書の記入が求められ、その内容では職種の記入も必須条件として定められています。レッドブックが記載している価格情報に興味があったとしても、一般人なら基本的にレッドブックを購入することはできません。

そもそも一般人が車査定を年間通して利用する可能性は少ないので、年間契約を避けられないレッドブックは一般人には不向きな書籍になっています。

レッドブックの正しい見方~専門用語も解説~

専門用語 意味
中古車価格下取千円 千円単位で示した車を下取る際の金額
中古車価格卸売千円 千円単位で示した車を仕入れる際の最低金額
仕様 駆動方式や排気量のほか、グレードや乗車人数の記載
認定型式 エンジンの型式
通称型式 認定型式に数字や英字を足したグレードの表示
類別区分番号 車検証上で付与される番号
新車発売当時千円 千円単位で示した発売当時の価格
中古車小売千円 千円単位で示した中古車の最低小売価格

有限会社オートガイドの公式サイトにおいては、レッドブック各種の価格掲載期間とレッドブックのサンプルを公開しています。レッドブックに使われている専門用語とその意味は上記の通りです。

レッドブックでは車の仕様や価格情報などが横一列にそれぞれまとめられているだけで、特殊な内容は何も記載されていません。

情報量は多いため、表示価格に消費税が含まれないことに注意しつつ、明確な目的を持ってレッドブックの価格情報を見極めることが大切です。

車の状態にかかわらず高く売るなら”車一括査定”

重要と書かれた文字

レッドブックやイエローブックの影響を避けつつ、車の高価買取を目指したいときには、車一括査定の活用が主要な選択肢としてあげられます。

買取業者と提携したうえでサービスを展開している車一括査定は、買取業者に一括で車査定を依頼できるインターネット上のサービスです。

車一括査定では簡単な手順で複数社の競合を起こせますし、レッドブックやイエローブックを基準にした査定額を提示される心配はありません。

車一括査定を上手く活用して最も高い査定額の買取業者と交渉を進め、愛車を少しでも高く売却しましょう。
車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2019年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「かんたん車査定ガイド」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

まとめ

レッドブック
(画像出典:レッドブック)

1958年創刊の歴史あるレッドブックは、自動車販売業だけでなく、損害保険会社や法律事務所などでも活用されている自動車価格月報です。

オートガイド自動車価格月報がレッドブックの正式名称であり、毎月発行と隔月発行をあわせてレッドブックには全4種類が揃っています。

レッドブックでは中古車の価格情報がまとめられていますが、車査定で考慮すべき変動要因を全てカバーしているわけではありません。

車査定なら参考程度にしかならないため、車査定でレッドブックを交渉に使われた場合には安く買い叩かれないように気をつけましょう。