メーカー・車種別

【車種別】コスパ最強の中古車を選ぶならコレ!おすすめ中古車BEST3

白い車

中古車をどうやって選べばいいか悩みがちです。

価格の安さばかりに気を取られていると、購入後に後悔してしまうような車を選んでしまうこともありますし、メーカーや車種、車両状態といった条件にこだわりすぎると中古車の割に予算が高くなり過ぎるといったことも。

中古車を買うなら、価格が安くて、かつ満足のいく良い車を探したいものです。この記事ではコスパ重視の中古車の選び方を解説し、コスパ最強のおすすめの車種をご紹介したいと思います。

コスパ最強の中古車の選び方

白い車

コスパ重視で安くてお得に良い車を探す方法として以下のようなものが挙げられます。

  1. 不人気車
  2. 販売終了した車種

そもそもの話ですが、コスパにこだわる際には人気車を外すのがポイントです。

ニーズの高い人気な車種は中古車でも値が落ちにくい傾向がありますので、なかなかお得な価格で販売されているものとは出会えません。

ポイント① 「不人気車=悪い車」ではない

中古車屋_店

そこでまずは不人気車に注目してみるといいです。不人気車という言葉から、見た目のダサい車種だとか、訳ありな車種などを想像してしまいますが、決してそういう車を指しているわけではありません。

デザインもかっこよく、走行性能も優れているのに、ライバルメーカーの人気車種のせいでで売れなかったとか、メーカーの販売に問題があったせいで今ひとつ話題にならなかったなどによって、知名度の低い車種がたくさん存在します。

こういう不人気車であれば、人気車と比べても遜色のない一台が手ごろな価格で見つかる可能性も高いです。

ポイント② 販売終了した車種

車

例えばトヨタ・ヤリスクロスは2020年から発売されたばかりの車種です。いうまでもありませんが、このように最近登場した車種は中古車でも高値で販売されています。

また、人気車・有名車であれば現在発売中のモデルではない古いモデルであっても、他の車種と比べてコスパが良いか判断するのが難しい微妙な価格帯のものが多いです。

すでに生産が終了している車種であれば、それなりに年式が新しく状態の良い車両でも、値が落ちてコスパの良いものを探しやすいです。

ONE POINT
例えばトヨタのウィッシュの場合、初代が2002年~2007年、2代目は2007年~2016年とすでに販売終了しています。

ウィッシュは名のあるミニバンで、デザインも古くありませんし、走行性能も高いです。新車価格は159~259万円でしたが、中古車価格の相場は低めになっており、良い条件でリーズナブルな車が見つかりやすそうです。

すでに生産終了している車種にあたってみるのもいいでしょう。

コスパ最強のおすすめ軽自動車

車

まず、現在どのような軽自動車がよく売れているのか見てみましょう。以下は新車の販売台数ランキングと、人気の中古車ランキング(参照:価格.com「中古車情報」)になります。

新車販売台数ランキング(2021年3月) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 N-BOX・ホンダ ~220万円
2位 スペーシア・スズキ ~250万円
3位 タント・ダイハツ ~250万円
4位 ルークス・日産 ~240万円
5位 ムーヴ・ダイハツ ~175万円
人気の中古車ランキング 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 ジムニー・スズキ ~398万円
2位 ハスラー・スズキ ~240万円
3位 N-BOXカスタム・ホンダ ~245万円
4位 ワゴンR・スズキ ~161万円
5位 タントカスタム・ダイハツ ~228万円

新車のランキングは5位までしか載せていませんが、ハスラーやワゴンR、ジムニーなどもランクインしています。新車で人気が高い車種は中古車でもニーズが高いです。

パレット(スズキ)

パレット
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
パレット 35万円 111万円~169万円

パレットはスズキの軽トールワゴン。2008年から2013年まで生産されていました。日産へルークスとして、マツダにはフレアワゴンとしてOEM供給も行っています。

クリッパーリオ(日産)

クリッパーリオ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
クリッパーリオ 41万円 125万円~193万円

NV100クリッパーの乗用モデルとして日産から発売されているクリッパーリオ。セミキャブオーバー型軽ワンボックスカーで、2007年に登場、現在3代目(2015年~)になります。アウトドア派な方におすすめの一台です。

ミラ(ダイハツ)

ミラ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
キックス(日産) 24万円 50万円~143万円

ダイハツのミラは1980年に登場、7代目2006年~2018年まで生産されていました。現在、ミライースとミラ トコットが販売されています。ミラは新しい年式でも安価で販売されているので、お気に入りの一台を見つけやすいでしょう。

コスパ最強のおすすめコンパクト

車

まず、現在どのようなコンパクトがよく売れているのか見てみましょう。以下は新車の販売台数ランキングと、人気の中古車ランキング(参照:価格.com「中古車情報」)になります。

新車販売台数ランキング(2021年3月) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 ヤリス・トヨタ ~260万円
2位 ルーミー・トヨタ ~260万円
3位 アルファード・トヨタ ~1400万円
4位 ノート・日産 ~280万円
5位 カローラ・トヨタ ~290万円
6位 ライズ・トヨタ ~313万円
7位 ハリアー・トヨタ ~550万円
8位 ヴォクシー・トヨタ ~450万円
9位 フリード・ホンダ ~290万円
10位 フィット・ホンダ ~270万円

ヤリス、ルーミー、ノート、フィットとコンパクトタイプの車種が上位を占めています。

人気の中古車ランキング(コンパクト) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 アクア・トヨタ ~239万円
2位 MINICooper・ミニ ~658万円
3位 フィット・ホンダ ~249万円
4位 フィットハイブリッド・ホンダ ~269万円
5位 ノートe-POWER・日産 ~278万円

中古車でもフィットやノートは人気があります。そのほかアクアやMINICooperなどの有名車もよく売れています。

イスト(トヨタ)

イスト
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
イスト 40万円 118万円~215万円

クロスオーバーコンパクトカーであるイスト。初代は5ナンバー車であり、人気も高かったのですが、2代目に3ナンバー車となってから売り上げが伸び悩み、2016年で販売終了しました。かっこよいいデザインのコンパクトでありながら、低価格の相場となっています。

マーチ(日産)

マーチ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
マーチ 41万円 60万円~187万円

マーチは知名度が高く、現在も新車で販売されています。現在は4代目(2010年~)となっており、ヨーロッパと南アフリカでは5代目が販売されています。

3代目のモデルでは2002年~2010年、そして2010年から現行モデルであるということから分かるように、マーチはフルモデルチェンジの周期がかなり長いです。

そのため年式が古くて、デザイン自体は古臭さを感じさせません。値段も手ごろでコスパ良しの一台と出会いやすいでしょう。

ベリーサ(マツダ)

 ベリーサ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ベリーサ 34万円 153万円~192万円

ベリーサは2004年から2016年まで販売されていました。日本カー・オブ・ザ・イヤー2004 – 2005の特別賞である「Best Value(ベスト・バリュー)」を受賞という実績もあります。

優れたデザインを備えていますが、あまり話題にならずに生産が終了してしまいました。コスパ良くおしゃれなコンパクトに乗りたい方におすすめの一台です。

コスパ最強のおすすめミニバン

車のシート

まず、現在どのようなミニバンがよく売れているのか見てみましょう。以下は新車の販売台数ランキングと、人気の中古車ランキング(参照:価格.com「中古車情報」)になります。

新車販売台数ランキング(2021年3月) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 ヤリス・トヨタ ~260万円
2位 ルーミー・トヨタ ~260万円
3位 アルファード・トヨタ ~1400万円
4位 ノート・日産 ~280万円
5位 カローラ・トヨタ ~290万円
6位 ライズ・トヨタ ~313万円
7位 ハリアー・トヨタ ~550万円
8位 ヴォクシー・トヨタ ~450万円
9位 フリード・ホンダ ~290万円
10位 フィット・ホンダ ~270万円
人気の中古車ランキング(ミニバン) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 アルファード・トヨタ 1400万円
2位 ハイエースバン・トヨタ ~1065万円
3位 セレナ・日産 ~419万円
4位 ヴェルファイア・トヨタ ~1050万円
5位 ヴォクシー・トヨタ 450万円

新車ランキングにランクインしているアルファードやヴォクシーをはじめ、ヴェルファイア、セレナなど中古車市場でも値が崩れにくく高値の相場になっています。

スペイド(トヨタ)

スペイド
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
スペイド 72万円 145万円~224万円

スペードは2012年~2020年まで発売されていました。生産終了してまだ新しいですが、少し古めの年式であれば手ごろな価格で販売されています。

フリード(ホンダ)

フリード
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
フリード 99万円 164万円~297万円

コンパクトミニバンであるフリードは2008年に登場し、現在2代目(2016年~)となっています。徹底的に安さにこだわりたい方は初代のモデルからチェックしてみるのもいいでしょう。

エクシーガ(スバル)

エクシーガ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
エクシーガ 55万円 191万円~374万円

エクシーガは2008年~2018年まで発売されていました。デザイン性や走行性能、価格帯とバランスの良い車種です。

コスパ最強のおすすめSUV

SUV

まず、現在どのようなSUVがよく売れているのか見てみましょう。以下は新車の販売台数ランキングと、人気の中古車ランキング(参照:価格.com「中古車情報」)になります。

新車販売台数ランキング(2021年3月) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 ヤリス・トヨタ ~260万円
2位 ルーミー・トヨタ ~260万円
3位 アルファード・トヨタ ~1400万円
4位 ノート・日産 ~280万円
5位 カローラ・トヨタ ~290万円
6位 ライズ・トヨタ ~313万円
7位 ハリアー・トヨタ ~550万円
8位 ヴォクシー・トヨタ ~450万円
9位 フリード・ホンダ ~290万円
10位 フィット・ホンダ ~270万円

 

人気の中古車ランキング(SUV) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 ハリアー・トヨタ ~550万円
2位 ランドクルーザープラド・トヨタ ~688万円
3位 ラングラー・ジープ ~818万円
4位 フォレスター・スバル ~359万円
5位 CX-5・マツダ ~427万円

新車、中古車ともにハリアーの人気が高いのが分かります。ライズについては2019年から発売の新しい車種なので、中古車市場でも高値をキープしています。

SUVはトレンド化したボディタイプなので、コスパ重視で選ぶなら特に人気車を避ける必要がありそうです。

ムラーノ(日産)

ムラーノ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ムラーノ 78万円 285万円~499万円

ラージサイズのクロスオーバーSUVであるムラーノ。2002年に登場し、現在3代目(2014年)となっています。価格重視の方は2代目のモデルを中心に探してみるのもいいかもしれません。

XVハイブリッド(スバル)

XVハイブリッド
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
XVハイブリッド 160万円 250万円~332万円

スバルのコンパクトクロスオーバーSUVであるXV。2代目(2012年~2017年)からハイブリッドモデルであるXVハイブリッドが販売されています。

CX-7(マツダ)

CX-7
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
CX-7 62万円 295万円~366万円

マツダのクロスオーバーSUVであるCXー7。2006年から2012年まで販売されていました。少し古い車種ですが、しっかり走れる車両が見つかればコスパ良しの一台と出会えるかもしれません。

コスパ最強のおすすめセダン

車

セダンの中古車でよく売れているのは以下の通りです(参照:価格.com「中古車情報」)。

人気の中古車ランキング(セダン) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 プリウス・トヨタ ~428万円
2位 3シリーズ・BMW ~799万円
3位 クラウンハイブリッド・トヨタ ~746万円
4位 スカイライン・日産 ~2200万円
5位 Cクラス・メルセデス・ベンツ ~599万円

プリウスの場合、現行モデルの中古車は高値の相場です。

3代目2009年~2015年のモデルであれば4代目に比べると安いですが、走行距離、修復歴など車両状態が良いものはそれなりの価格を維持しており、他の車種と比べてコスパが良いといえるかどうか判断しにくいです。

しかしセダン自体が今では不人気なジャンルであるうえ、セダンは高級感を求められるので中古車になると価格が崩れやすいという特徴があります。

高級外車であっても大幅に安くなっているものもあるので、知名度の高いものも含めていろんな車種をチェックしてみるといいでしょう。

シルフィ(日産)

シルフィ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
シルフィ 94万円 194万円~272万円

2000年に登場、3代目(2012年~2020年)まで生産されていました。セダン人気の低迷もあって、新しい年式のものでもあと数年経てば大幅に値が落ちている可能性もあります。

アリオン(トヨタ)

アリオン
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
アリオン 101万円 150万円~278万円

トヨタのアリオンは2001年に登場し、2代目(2007年~2021年)で生産終了となっています。アリオンは人気のあった車種で、最近の年式のものはまだ高値の相場をキープしています。コスパ重視の方は少し古めの年式のものをチェックしてみるのもいいでしょう。

マークX(トヨタ)

マークX
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
マークX(トヨタ) 115万円 238万円~540万円

マークXは2004年に登場、2代目の2019年まで生産されていました。いわゆる高級セダンですが、手ごろな価格で販売されている車両が多い印象です。コスパにこだわりながら高級セダンに乗りたい方の狙い目の車種といえるでしょう。

コスパ最強のおすすめクーペ・カブリオレ

車

クーペ・カブリオレの中古車でよく売れているのは以下の通りです(参照:価格.com「中古車情報」)。

人気の中古車ランキング(クーペ) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 フェアレディZ・日産 ~2480万円
2位 911カレラ・ポルシェ ~5880万円
3位 86・トヨタ ~775万円
4位 GT-R・日産 ~2680万円
5位 718ケイマン・ポルシェ ~1538万円
人気の中古車ランキング(オープンカー) 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 ロードスター・マツダ ~889万円
2位 Z4・BMW ~708万円
3位 MR-S・トヨタ ~398万円
4位 718ボクスター・ポルシェ ~1250万円
5位  SLKクラス・メルセデス・ベンツ ~598万円

名車や高級車ばかりが人気ランキングに並んでいますが、中古車情報を調べてみると新車価格から大幅に値が落ちている有名車もちらほら見かけます。

RX-8(マツダ)

RX-8
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
RX-8 97万円 240万円~383万円

マツダのRX-8は2003年~2012年まで生産されていたロータリーエンジン搭載のスポーツカーです。

4ドアクーペで、前後ドアが観音開きになるフリースタイルドアを採用。家族4人で乗ることができるファミリーカーとして開発されたという経緯を持ったスポーツカーです。

S660(ホンダ)

S660(ホンダ)
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
S660 186万円 198万円~304万円

S660は軽自動車タイプの2ドアオープン。2015年に登場し、2022年に生産中止予定です。エンジンはNシリーズに搭載されるS07A型ターボエンジンをベースに、新設計のターボチャージャーを採用した改良型が搭載されています。

ファンも多く、中古車価格も安いとはいえませんが、探せば納得のいく値段のコスパ良しの一台が見つかるかもしれません。

シルビア(日産)

シルビア
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
シルビア 198万円 146万円~325万円

シルビアは1965年に登場し、2002年に生産が終了した2ドアクーペです。根強いファンがいて、古い車種にもかかわらず今でも高値で取引されています。

クーペ・カブリオレについては特にドライバーの好みやこだわりが強く出るので、その個人によってコスパ良しの基準が大きく違ってくるかもしれません。そのため気に入った車種を見つけたら、じっくりリサーチしてお得に購入できる一台を探し出すことが大事になってきます。

コスパ最強のおすすめステーションワゴン

車

ステーションワゴンの中古車でよく売れているのは以下の通りです(参照:価格.com「中古車情報」)。

人気の中古車ランキング 車種・メーカー 中古車価格帯
1位 レヴォーグ・スバル ~417万円
2位 レガシィツーリングワゴン・スバル ~398万円
3位 Cクラスステーションワゴン・ベンツ ~578万円
4位 カローラツーリング・トヨタ ~339万円
5位 3シリーズツーリング・BMW ~568万円

ステーションワゴンはSUVやコンパクトなどと比べるとニーズが少なく、コスパの良い車が見つかりやすいです。デザイン性に優れながら知名度の低い車種、すでに販売終了しているもの、外車などいろいろあたってみるといいでしょう。

アベンシスワゴン(トヨタ)

アベンシスワゴン
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
アベンシスワゴン 91万円 237万円~347万円

アベンシスワゴンは2018年販売されていた5ドアのステーションワゴンです。この車種はもともとイギリスで生産され、ヨーロッパを中心に販売されていたのを日本でも輸入販売されるようになりました。

アテンザスポーツワゴン(マツダ)

アテンザスポーツワゴン
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
アテンザスポーツワゴン 40万円 200万円~275万円

アテンザスポーツワゴンは2002年~2012年まで販売されていました。古い年式のものですが、今でも十分に走れて値段も手ごろな一台を探しやすいそうな車種です。

フィットシャトル(ホンダ)

フィットシャトル
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
フィットシャトル 50万円 161万円~200万円

フィットシャトルハイブリッドは2代目フィットをベースとしたステーションワゴンで、2011年~2015年まで販売されていました。

それほど古い車種ではないのですが、ステーションワゴンの不人気もあってか、車両状態が良く、リーズナブルな価格で販売されています。

まとめ

白い車

この記事ではコスパ重視の中古車の選び方を解説し、コスパ最強のおすすめの車種をご紹介しました。まず、不人気車に注目してみるといいです。人気車と比べても遜色のない一台が手ごろな価格で見つかる可能性も高いです。

また、すでに生産が終了している車種も狙い目です。それなりに年式が新しく状態の良い車両でも、値が落ちてコスパの良いものを探しやすいです。

ここでは国産車の車種をピックアップしていますが、外車でもコスパの良い中古車はありますのでチェックしてみるのもいいでしょう。