自動車売却

9割の方が勘違い!車査定『3月説』は手遅れ【ベストタイミングは2月】

2月のカレンダーとメモ帳

就職や転勤など新生活のスタート直前に該当する3月は、車の販売台数が増加するため、車が最も売れる時期として一般的に認知されています。

3月に車の需要が高まることは確かですが、車がよく売れるからといって、必ずしも車査定で高価買取になるわけではありません。

車買取店は3月の時点で売却可能な在庫車を揃えておく必要がありますから、車査定のベストタイミングは3月ではなく2月になっています。

車査定3月説が手遅れとされる代表的な理由に加えて、2月がベストタイミングとしておすすめの理由を順に見ていきましょう。

3月の車売却は高く売れるが面倒…大損する”2つのデメリット”あり

×をする男性

車を3月に売却すると高く売れる可能性こそありますが、車の売却がスムーズに進まなければ、自動車税の課税日を迎えてしまいます。

もちろん3月は決算期ですから、ディーラーや車買取店が車査定で高価査定を出し渋るリスクにも注意しなければいけません。

車を3月に売却する2つのデメリット

【デメリット1】名義変更が間に合わないと自動車税を払うはめに

ソニー損保の自動車税について
(画像出典:ソニー損保「自動車税」)

車を毎年4月1日時点で所有している場合には、5月上旬に通知書が届き、5月末までに自動車税を払う必要があります。

ATTENTION

3月に車を売却しても、車買取業者が名義変更の登録手続きを4月1日時点で完了していないときには、自動車税を課税されてしまうので要注意です。

自動車税は4月1日時点の所有者に納税義務が発生し、法的な自動車税の還付は、車の売却ではなく廃車を選択した際にのみ適用されます。

名義変更が間に合わない3月のタイミングで車を売却するのなら、自動車税の還付金について車買取業者と交渉する手間がかかるでしょう。

なお、車業界のローカルルールに過ぎませんが、自動車税の還付金は売買契約書における売買の合計金額や諸費用に含まれたりします。

3月に車を売却するときには、還付金の扱いを踏まえつつ、売買契約書の内容を見極める手順が欠かせません。

【デメリット2】3月はディーラー下取り&買取店が高価査定を出し渋るかも

車の査定額に納得行かない女性

日本国内においては3月を決算期に定める企業が主流であって、一般的なディーラーや車買取店も3月を決算期に設定しています。

車の需要が高まる3月は、決算期の企業にとって売上や販売台数を増やせるタイミングになり、集客を目指した値引きも積極的に行われます。

その一方で、ディーラーや車買取店は値引きした車の販売台数を増やしても、車買取を高額のままにしていれば、決算期の数字は良くなりません。

自動車税の課税前で尚且つ値引きした車が出揃う3月には、車の乗り換えを決断する人も増加します。3月になればこのように中古車が売却されますので、ディーラーや車買取店は高価査定を控えても在庫車を確保できるかもしれません。

ディーラーや車買取店が何よりも決算期の数字を重視する場合には、3月の下取りや車買取で高価査定の出し渋りがあり得ます。

【販売データ調査】車査定すべきベストタイミングは『2月』

重要と書かれた文字

車査定を3月に依頼する場合には自動車税の課税や高価査定の出し渋りが心配されますが、車査定は3月ではなく2月に依頼するべきなのでしょうか?

2月から3月における登録車数の変化を分析したうえで、2月が愛車を高く売るベストタイミングになる理由をチェックしてみましょう。

【分析】登録車数が2月~3月にかけて急激に伸びている

月別 登録者台数
1月 255,188台
2月 309,730台
3月 479,675台
4月 307,958台
5月 314,710台
6月 315,450台
7月 314,144台
8月 299,557台
9月 285,006台
10月 337,156台
11月 316,915台
12月 301,993台

自動車ディーラーの全国組織に当てはまる日本自動車販売協会連合会では、自動車の月別統計データや年別統計データを公表しています。2018年度の中古車・登録車合計を参照すると、登録車数は上記の通りになっています。

年間で最も中古車の登録車数が多いのは3月であり、中古車の登録車数が急激に伸びているのは2月から3月です。2017年度のデータを参照しても3月が503,327台で最も多く、2016年度や2015年度のデータでも同様の傾向は変わりません。

中古車・登録車合計のデータからは、車買取店が2月の販売台数よりも決算前の駆け込み販売に力を入れていることが明確に見て取れます。

車買取の時期を見逃すな!お得に売却するなら「2月」と「8月」を狙え

最もお得に車を売る時期は2つ!「1~2月」と「7~8月」 売却時期……続きを読む
2月のカレンダー

最需要期(3月)より前の『2月』が愛車を高く売るベストタイミング

机に置かれたPC

3月に新車や中古車の販売台数が増えている主な理由は以下の通りになります。

  • 4月に新生活を迎える人などが新車や中古車を購入する
  • 自動車税を払う前に車の売却を済ませたい人が多くいる
  • 数多くのディーラーや車買取店が決済前の駆け込み販売に注力している

ライフスタイルの変化が起こる3月は車の需要が高まるため、ディーラーや車買取店は3月までに売る車を準備しなくてはいけません。

車買取業者は最需要期の3月に売る車が全く無い事態を避けようとしますから、3月より前の2月が愛車を高く売るベストタイミングになります。3月ではなく2月に車査定を受けて車を売却する場合には、以下のメリットを得られます。

2月に車査定を受けて車を売却するメリット一覧
  • 安く買い叩かれるリスクを抑えられる
  • 遅くても3月中に名義変更の登録手続きが終わる
  • 人気車種は最高額での売却を目指せる
ONE POINT
車査定で高価査定を実現したいときには、車査定3月説や最需要期で知られる3月よりも少し前の2月に車査定を受けましょう。

【筆者見解】余裕見て年始から3月上旬までが高く売れる時期

机に置かれたタブレットとメモ帳

車買取業者は3月を決算期にしていますので、おおよそ年始から3月上旬は車が高く売れる時期に数えられます。愛車を高く売るベストタイミングは2月ですが、年始や3月上旬に売る場合にも以下のメリットが発生します。

  • 車の売却先を慎重に選びたい場合には年始の車査定が適している
  • 年始に車を売れば自動車税を課税される心配が無い
  • 年始に車を買い替えると2月や3月といった車検の繁忙期を避けられる
  • 3月上旬には年度末決算セールを注視しながら車の売却を検討できる

年始にも車検は混雑しますが2月や3月ほどではなく、車を乗り換えてユーザー車検を受ける人には年始の売却がおすすめです。

愛車を高く売って新車や中古車を購入したいときには、年始から3月上旬までに愛車を売る方法を選んでください。

3月に売る?2月?時期関係なしに高く売るなら”車一括査定”

黒板に書かれたcheckの文字

車を売却する理由は人それぞれですから、お金を目的に車を売却する場合には2月や3月といった時期を考慮する余裕が無いかもしれません。

車査定で高価買取を目指すのであれば、洗車や車内清掃など事前準備も必要になりますし、高く売れる時期を逃してしまう可能性は大いにあり得ます。

2月や3月に車査定を依頼できないときには、提携している車買取業者に一括で車査定を申し込める車一括査定を活用する方法が向いています。

車一括査定は簡単な手順でいつでも複数社の競合を起こせますので、2月や3月などの時期関係なしに車を高く売ることができます。

愛車の高価買取を車一括査定の活用で実現したいのなら、競合させる車買取業者を増やすことが何よりも重要です。車買取業者の出張査定における日時は同日同時刻も選べるため、時間の確保が難しい場合には複数社の同時査定を使ってみましょう。

【2019年最新】車一括査定おすすめランキング

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2019年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「かんたん車査定ガイド」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

まとめ

2月のカレンダーとメモ帳

車査定3月説は有名ですが、3月中旬から下旬に車を売ると、名義変更の登録手続きが間に合わずに自動車税を課税されるリスクが高まります。

3月は車買取業者の決算期でもありますから、ディーラーや車買取店が車査定で高価査定を出し渋る可能性も心配されます。こうしたリスクを避けつつ、車査定で車を高く売りたい場合には、年始から3月上旬を車の売却時期として選ぶことが大切です。

総じて車を高く売るベストタイミングは2月になりますが、時期関係なしに車を高く売りたいのなら車一括査定を活用してみましょう。