中古車の購入で必要な書類一覧!必要書類を準備する方法&確認事項

書類の説明

中古車購入をする時には、いくつかの書類が必要となります。ただどんな書類が必要なのか知らない人も多いでしょう。

すぐに集めることができるものもあれば、事前に入手しておくとスムーズなものもあります。ですので中古車購入をする前に、先ずは必要書類について知っておくといいでしょう。

ちなみに普通車と軽自動車では手配する書類が違いますので、それぞれで必要なものを詳しく調べてみました。

目次

中古車を購入するときに必要な書類一覧

書類に書き込む女性

中古車購入をする時の必要書類について見ていきましょう。ただし前段で触れたように、普通車と軽自動車では用意すべきものが違います。ですので普通車と軽自動車、それぞれに手配が必要な書類を確認していきます。

普通自動車を購入するときに必要な書類

では普通車を中古購入する時の必要書類について見ていきましょう。

  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 車庫証明書
  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • 委任状

といった形になっています。自動車検査証・自賠責保険証・委任状の3つについては、原則として販売店側で用意してくれる書類です。車庫証明書は警察署で手続きをして入手する書類になります。

ただし平日に時間を作る必要があるため、販売店に代行してもらうことも可能です。ですが代行してもらうと手数料がかかります。他に自分で用意すべきものは、実印と印鑑登録証明書ということです。

印鑑登録証明書については、発行から3ヶ月以内のものに限られます。手に入れるには市役所などの窓口で手続きをしてください。手数料がいくらかかかりますが、数百円程度ですみます。

軽自動車を購入するときに必要な書類

書類の記入

次に軽自動車を中古購入する時の必要書類を確認しておきます。

  • 住民票
  • 印鑑
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 委任状

普通車を中古購入する時と同じで、自動車検査証・自賠責保険証・委任状の3つについては、販売店側で用意してくれます。大きな違いとしては、実印や印鑑登録証明書が必要ない点でしょう。

印鑑とありますが認印でも大丈夫です。ただしシャチハタのものや、三文判については認めていない自治体もあります。ですので販売店側にシャチハタでも大丈夫かどうか確認してください。

住民票は役所で手に入る書類です。こちらも交付から3ヶ月以内のものとなります。ただ住民票が手元に余っているような状況などないので、役所に出向いて交付してもらってください。

中古車を購入する時に必要な書類を準備する方法

中古車購入をする時の必要書類は、自分で手配しないといけないものがあります。前段で軽く触れましたが、どのようにして入手したら良いのか、詳しく見ておきましょう。あまり難しいことはないですが、役所などへ行くため平日に時間をとらなくてはいけません。

中古車を購入する時に必要な書類を準備する方法

実印の準備

個人事業主

 

実印と印鑑は何が違うのという人もいるでしょう。簡単にお伝えすると、実印というのは役所で印鑑登録をしたハンコのことを指します。つまり実印以外のハンコはすべて印鑑と考えて良いでしょう。

登録の方法は以下の通りです。

  1. 実印として登録する印鑑を用意する
  2. 身分証明書を用意する
  3. 近くの役所で申請書を提出する

委任状を用意すれば本人ではなく、代理人でも手続きができます。ただし2回役所に行く必要があるため、急ぎの場合は本人が手続きをした方がいいでしょう。

本人手続きの場合だと、窓口の混雑具合にもよりますが1時間かかりません。

ちなみに登録をする場合は、各自治体によって手数料が必要です。

  • 無料の自治体もある
  • 有料でも100円~300円程度
ATTENTION
手数料が無料の自治体もありますが、有料でも300円程度しかかかりません。

印鑑証明書の用意

印鑑証明書

実印を作る時に印鑑登録を行います。この作業をすでに行なっているとできるのが、印鑑登録証明書の手配です。

  • 印鑑登録証もしくは印鑑登録カードを用意する
  • 役所の窓口で申請する
  • 役所にある電子端末でも発行可能

実印を持っていない人ですと、印鑑登録をすませる時に一緒に証明書を発行してもらうと手間がかかりません。

すでに実印登録を行なっている人は、印鑑登録証か印鑑登録カードを用意して市役所の窓口で申請します。

ただ役所によっては電子端末が用意してあり、その端末から発行することも可能です。ただし電子端末では暗証番号が聞かれます。

ONE POINT
ちなみに印鑑登録証明書の発行にも手数料がかかるはずです。自治体によっては無料のこともあります。

車庫証明の取得

駐車場にある車

車庫証明を手配する場合は、最寄りの警察署へ行く必要があります。警察の窓口で申請をして、取得するといった流れです。

  1. 車庫となるスペースを用意する
  2. 必要書類を手配する
  3. 書類に記入する
  4. 警察の窓口で書類を提出する
  5. 警察による駐車スペースの確認
  6. 手数料を払って証明書を発行してもらう

書類の手続きそのものは数分で終わります。ただし警察が駐車スペースの確認をするために日数がかかるのです。

手続き開始から証明書の発行まで、だいたい1週間程度はかかるでしょう。手数料としては2000円程度が相場になっています。

ちなみに車庫証明も代理人が取得することができます。一般的には中古車の販売店に頼むことになるのですが、その場合は手数料が必要です。

ONE POINT
店舗によっても異なるのですが、1万5000円程度が相場だと考えてください。

住民票の取得

手帳

中古車購入の必要書類として住民票があります。住民票の取得も近隣の役所で行うようにしてください。

本人が手続きをする以外にも、委任状があれば代理人が取得することも可能です。用意するものとしては、写真がついている身分証明書になります。

代表的なものは以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障害者手帳
  • パスポート

これらの写真付き証明書を持って、役所の窓口で手続きをします。混雑の具合にもよるのですが、早ければ数分で発行してもらえるでしょう。手数料としては1通あたり300円程度が相場になります。

住民票は特に春先の引越しシーズンでは、役所の窓口が混雑すると予想できます。ですので春先の場合は、発行するのに時間がかかるかもしれません。

中古車を購入するときローンや保険の確認も必須

中古車購入では必要書類の手配に意識がいきがちです。ですがローンで購入するのなら、どのローンを選ぶのかなども注意しておきましょう。

また自賠責保険だけではなく、任意保険についても確認しておく必要があります。

ローンはどの金融機関を利用するかで金利が違ってきます。また金利幅なども含めて、しっかりと見ておきましょう。

特に繰り上げ返済がしやすいローンだと、総支払額を減らすことにつながります。任意保険は加入中のものがあれば、保険会社に連絡を入れてください。

車を買い替えると伝えると、必要な手続きなどを教えてくれるでしょう。中古車購入にあわせて加入するのなら、保険一括見積もりなどのサービスを利用するといいです。

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば5社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2024年12月最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー MOTA車買取 ズバット車買取
運営会社 リクルート MOTA ウェブクルー
提携業者数 1,000社以上 500社以上 200社以上
同時査定依頼数 30社 20社 10社
業者選択 ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。

編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも90万円以上高い査定額がつきました。
MOTA車買取
MOTA車買取
  1. 最大3社のみと交渉
  2. 車一括査定とオークション形式のハイブリッド
  3. 査定前にWEB上で最大20社が概算査定額を入札

「MOTA車買取」は車一括査定とオークションを合わせたサービス。申し込むと翌日18時に最大20社の買取店による概算査定額がWEB上に表示されます。

そのうち高額査定の3社だけが利用者と連絡できる仕組みです。

最初のWEB査定、次の実地査定と段階を踏んで査定額アップを狙うチャンスがあります。

「査定額は知りたいけど営業電話は極力減らしたい…でも高く売りたい」という、交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ズバット車買取
ズバット車買取比較
  1. 10年の実績と東証一部上場企業の安心感
  2. 申込みと同時に買取相場がわかる
  3. 査定業者を選定できる

ズバット車買取は車買取業者として実績が長く、東証一部上場企業の運営という安心感があるサービス。大きな特徴は申込後スグに買取相場がわかることです。

比べられる業者も200社以上と多く、大手中古車買取業者との提携は8社と十分なスペックをもっています。

また、運営実績が長いため、実績のある買取店との提携から高価買取にも期待できます。

まとめ

書類の説明

中古車購入で手配しておくべき必要書類についての情報でした。必要書類は軽自動車を購入するか、普通車を購入するかで若干の違いがあります。

いずれにしても販売店側で用意してくれる書類が多いです。スムーズに契約をしたいのなら、あらかじめ書類を用意しておくといいでしょう。

印鑑登録証明書にしても、住民票にしても直近3ヶ月以内であれば有効期間になるからです。

この記事を書いた人

「もっと価値を見つける」をテーマに自動車の買取現場に立ち会い数多くの交渉を経験。現在は自動車買取メディアの立ち上げから運営、さらに自ら車売買を行うため古物商を取得(奈良県公安委員会 第641180000388号)。WEBメディアを通じて分かりにくいことを分かりやすく解説し、リユースに関する正しい知識を提供し、適切な判断ができるように情報を発信中。

my car value check
愛車の価値が
60秒でわかる!!
1愛車の種類を選択
2年式を選択
3走行距離を選択
データがありません

申し訳ございません。査定データがありませんでした。

あなたの愛車の価値は...

万円

~

万円

です

現在

相場を確認したら一括査定サービスで
実際の価格を比較しよう

愛車の相場を確認したあなたは一括査定サービスを利用することをおすすめです。

一括査定サービスは最大30社に査定依頼できるので高額が狙えます。

サービスは無料で愛車情報を入力するだけとかんたんなので是非試してもらいたいです。

目次