中古車を納車する最短日数は3日~4日!期間を短くする『5つのコツ』

納車

何らかの事情があって新車を買おうとした時に、納車までに1ヶ月程度かかると言われて、とりやめてしまう人もいます。

特に人気の高い車種だと、新車購入で数ヶ月待ちというのも珍しくありません。他方で中古車を購入した場合、納車までにどの程度の時間がかかるのでしょうか。

中古車は現物販売となるだけに、すぐにでも納車してもらえると思う人も多いはずです。そこで中古車の最短納車期間について調べてみました。

目次

中古車を納車する最短日数は『3日~4日』

予約なしの飛び込み査定

中古車を購入したあとで、納車までにかかる最短日数について見ておきます。

  • 中古車で納車までの最短日数は3日~4日
  • ただし条件を満たした上での日数
  • 一般的には1週間~2週間程度

一般的に中古車を購入した場合、納車までにかかる期間は1週間~2週間程度だと言われています。どうしてここまで時間がかかるのかというと、大きなボトルネックになっているのが車庫証明の取得です。

車庫証明は警察署で申請をし、実際に駐車する場所を警察が確認した後で発行されるものだと考えてください。ですので通常は車庫証明の手続きをして、発行されるまでに1週間程度はかかるのです。

ただし車台番号を後から申請することができる軽自動車の場合、取得までの時間を短縮できます。これが上記であげた条件を満たすことです。

つまり軽自動車の中古であれば、最短で3日~4日程度で納車ができます。

ちなみに新車の納車までの最短日数について

2月のカレンダー

では中古車ではなく、新車を購入した時の納車までの最短日数についても見ておきましょう。そもそも新車の場合は在庫のあるなしで大きく変わってきます。

  • 在庫があれば2週間~3週間程度
  • 在庫がないと1ヶ月以上
  • オプションをつけた数で納車までの期間が長くなる

というのが一般的な新車購入時の納車期間を示す目安となります。つまり在庫があれば、中古車の納車と1週間程度しか違わないことになるでしょう。

ただしオプションは最低限のものとします。新車であっても車庫証明の取得にかかる時間は変わりません。ただし先程お伝えしたように、軽自動車なら日数を短くできます。

他にもローンで購入する場合の審査期間や、ディーラーに入庫した後の検品などにも時間がかかるでしょう。

中古車を購入して納車までの流れ

ディーラーの下取り

次に中古車を購入する前から納車までの流れを全体的に見ておきましょう。

  1. 購入する中古車を決め、インターネットなどで探す
  2. 目的の車を確認し納得がいけば契約する
  3. 警察に車庫証明の申請をする
  4. 販売店に必要書類を提出する
  5. 登録と名義変更などの手続きをする
  6. 販売店側で納車前点検と調整が行われる
  7. 車両の代金の支払う
  8. 納車

というような流れになっています。基本的に中古車は現物での販売なので、納車前に点検と調整がある程度ですむのが特徴です。

前述したように車庫証明の取得に時間がかかるので、事前に申請しておくことが重要でしょう。

ONE POINT
ちなみに販売店に提出する必要書類についても、事前に用意しておくとスムーズに取引ができます。

中古車の購入で納車までの期間を短くする『5つの方法』

では実際に中古車を購入し、納車までの期間を最短にする方法を確認しておきましょう。ここでは5つの方法を紹介するので、すぐにでも納車して欲しい人は覚えておくとスピーディーに取引できるはずです。

中古車の購入で納車までの期間を短くする『5つの方法』

【方法1】車庫証明を用意しておく

営業トーク

中古車・新車を問わずに車を購入する時には、車庫証明が必要となります。自分で申請をしなくても、販売店に代理で手続きしてもらうことも可能です。

ただし自分で行なう方が早いですし、余計な手数料を支払う必要もなくなります。

手順としては保管場所の住所を管轄する警察署へ行き、窓口にて以下の書類を発行してもらいます。

  • 自動車保管場所証明申請書を2通
  • 保管場所標章交付申請書が2通
  • 保管場所の所在図は1通
  • 保管場所使用権原疎明書面も1通

これらの書類を記入し、提出してください。その後に警察官による駐車場の確認があり、確認後に車庫証明が発行される流れです。

ATTENTION
ちなみに軽自動車だと車庫証明が不必要だという地域もありますので、事前に確認を取るといいでしょう。

【方法2】ローンの審査を済ませておく

ローン返済

中古車でも購入費用をローンで支払うという人も多いでしょう。そのため契約が済んだ段階で、早めにローンの手続をしてください。

自動車ローンで最も有利に借りられるのが、銀行が提供しているものです。

この銀行提供の自動車ローンは、審査の期間が長めになっています。1週間程度かかることもあるので、その点は相談しながら決めるといいでしょう。

ちなみに審査期間が短いローンもありますが、その場合は金利が高くなるので注意してください。

  • 納車期間を短くするのが現金一括払い
  • ローンを有利に組みたい時は、審査期間が長くても銀行のものが良い
  • 金利よりも最短の納車を目指すなら、自社ローンやディーラーローンが良い

以上の点を考慮した上で、自分にとって最も都合の良い支払い方法を選択してください。

車購入は分割ローンor一括払いどっちがおすすめ?メリット・デメリット

車購入をする方法としては一括で支払いをするか、分割ローンを利用するかで悩むという……続きを読む
車

【方法3】印鑑証明を用意しておく

印鑑証明書

中古車の購入で必要になる書類の1つが印鑑証明です。正確には印鑑登録証明書と呼ばれています。

既に実印がある人だと、自分の居住地域を管轄する役所へ行き、窓口で申請すれば発行してもらえるでしょう。

  • 1通あたり0円~300円程度の手数料がかかる
  • 発行までの時間は10分程度
  • マイナンバーカードがあれば、コンビニでも発行可能

実印を持っていないという人は、役所に行って実印を登録してください。登録後に印鑑証明を発行するといいでしょう。

発行から3ヶ月以内のものが有効となるため、車を買うことを検討しだしたら発行しても良いです。軽自動車の場合は認印で大丈夫です。

これは国土交通省に登録をしないで良いため、実印でなくても問題ありません。ただし地域によっては三文判やシャチハタのハンコは認められない可能性があります。

車売却の印鑑証明書は2通?3通?必要枚数から取得方法まで【全手順】

この記事を読めば解決できること 車売却での印鑑証明書について 印鑑証……続きを読む
印鑑証明書

【方法4】中古車販売の繁忙期を避ける

中古車買取店

中古車を最短で納車して欲しいのなら、できるだけ繁忙期は避けてください。中古車販売店ではいくつかの繁忙期があります。

  • 最大の繁忙期が1月~3月
  • ボーナスの時期も忙しくなる

日本国内では4月から新年度ということで、新しい生活をスタートさせる人も少なくありません。その生活にあわせて車を売買する人が多いことから、1月~3月が最も忙しい時期になります。

またボーナスが出る夏や冬の時期にあわせて、中古車を売買する人も多くなります。こうした時期というのは、店舗側も忙しいため最短で納車することができません。そもそも納車期間が伸びることもある時期です。

そのため夏前や冬前になる5月や11月といった繁忙期前に購入することで、最短での納車に対応してくれるでしょう。

【方法5】付けるオプションパーツを考える

運転

中古車の購入でもサービスで、オプションパーツをつけてくれることがあります。

特に多いのがドライブレコーダーや、バックカメラといったものです。サービスで付けてくれるなら、と考える人も多いでしょう。

ですが最短での納車を目指すのなら、断った方がいいのです。その理由は以下の通りです。

  • オプション取り付けに時間がかかってしまう
  • 純正品のパーツではないので不具合が出る可能性がある
  • オプションの在庫がないことから納車期間が伸びることがある

純正品のパーツではないことから、搭載したのは良いものの上手く動かないケースも珍しくありません。そうした時に別パーツと交換したりで、納車までの期間が伸びるケースもあります。

納車を早くできる中古車の特徴

白い車

最後に納車を最短にしやすい中古車の特徴を見ておきましょう。

  • 車検の残存期間がある
  • 軽自動車
  • 購入店と納車場所が近い
  • 日取りは選ばない

納車までの期間を短くしたいのなら、車検の残存期間がある中古車を選んでください。

車検がない車だと納車までの間に車検を取らなくてはいけません。これに2日~3日は取られてしまうので、残存期間がある車を選ぶべきです。

軽自動車を選ぶのは車庫証明の期間を短縮できるためです。地域によっては車庫証明が不要です。また最短で納車して欲しいのなら、保管場所から近い販売店を利用するといいでしょう。

さらに納車の日取りを選ばないことも重要です。大安で土日祝といった日は混み合うことが多いので、いつでも大丈夫といっておくと最短で納車してくれるでしょう。

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば5社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2024年12月最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー MOTA車買取 ズバット車買取
運営会社 リクルート MOTA ウェブクルー
提携業者数 1,000社以上 500社以上 200社以上
同時査定依頼数 30社 20社 10社
業者選択 ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。

編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも90万円以上高い査定額がつきました。
MOTA車買取
MOTA車買取
  1. 最大3社のみと交渉
  2. 車一括査定とオークション形式のハイブリッド
  3. 査定前にWEB上で最大20社が概算査定額を入札

「MOTA車買取」は車一括査定とオークションを合わせたサービス。申し込むと翌日18時に最大20社の買取店による概算査定額がWEB上に表示されます。

そのうち高額査定の3社だけが利用者と連絡できる仕組みです。

最初のWEB査定、次の実地査定と段階を踏んで査定額アップを狙うチャンスがあります。

「査定額は知りたいけど営業電話は極力減らしたい…でも高く売りたい」という、交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ズバット車買取
ズバット車買取比較
  1. 10年の実績と東証一部上場企業の安心感
  2. 申込みと同時に買取相場がわかる
  3. 査定業者を選定できる

ズバット車買取は車買取業者として実績が長く、東証一部上場企業の運営という安心感があるサービス。大きな特徴は申込後スグに買取相場がわかることです。

比べられる業者も200社以上と多く、大手中古車買取業者との提携は8社と十分なスペックをもっています。

また、運営実績が長いため、実績のある買取店との提携から高価買取にも期待できます。

まとめ

納車

中古車を購入した時に、納車までの最短期間は何日かを調べてみました。中古車は新車と違って、納車までの期間が1週間~2週間程度ですむものです。

諸条件にもよるのですが、目安として考えてください。これが最短での納車だと3日~4日程度になります。

ただしこの日数で納車してもらうためには、車庫証明が必要ない軽自動車を選んでいたり、現金一括で支払うなどできる限り条件を揃えていないといけません。

この記事を書いた人

「もっと価値を見つける」をテーマに自動車の買取現場に立ち会い数多くの交渉を経験。現在は自動車買取メディアの立ち上げから運営、さらに自ら車売買を行うため古物商を取得(奈良県公安委員会 第641180000388号)。WEBメディアを通じて分かりにくいことを分かりやすく解説し、リユースに関する正しい知識を提供し、適切な判断ができるように情報を発信中。

my car value check
愛車の価値が
60秒でわかる!!
1愛車の種類を選択
2年式を選択
3走行距離を選択
データがありません

申し訳ございません。査定データがありませんでした。

あなたの愛車の価値は...

万円

~

万円

です

現在

相場を確認したら一括査定サービスで
実際の価格を比較しよう

愛車の相場を確認したあなたは一括査定サービスを利用することをおすすめです。

一括査定サービスは最大30社に査定依頼できるので高額が狙えます。

サービスは無料で愛車情報を入力するだけとかんたんなので是非試してもらいたいです。

目次