自動車購入

走行距離8万キロの中古車は購入しても大丈夫!メリット・デメリット

車売り場

中古車を購入する際の1つの判断ポイントとして走行距離があります。走行距離は車の劣化度合いを測る1つの指標であり、あまり多すぎると故障やトラブルのリスクが高くなります。

では走行距離8万キロの中古車は購入すべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

ここでは走行距離8万キロの中古車について、購入するメリット・デメリット、安全な中古車の特徴などをまとめていますので、8万キロの中古車の購入を迷っている方は参考にしてみてください。

走行距離8万キロの中古車は購入しても大丈夫

整備中の車

中古車の状態を判断する1つの指標となるのが走行距離です。走行距離が多ければ多いほど、さまざまなパーツが消耗していると言えます。走行距離に関しては昔から車は10万キロが限界などと言われてきました。

では、走行距離8万キロの中古車だと10万キロまであと2万キロしかないから、買うべきではないのかと思う人もいるでしょう。車の状態によっても異なりますが、結論から言えば8万キロの中古車は購入しても大丈夫です。

確かに昔の車は10万キロを過ぎると故障やトラブルが多くなったのかもしれません。ですが、今の車は非常に性能が良くなっており、10万キロどころか15万キロ、20万キロ走行しても何のトラブルもない車もたくさんあるのです。

走行距離8万キロの中古車を購入するメリット・デメリット

走行距離8万キロの中古車は購入する上でメリット・デメリットがあるものです。もし購入を検討しているのであれば、安易に購入もしくは諦めるのではなく、しっかりとその点も把握して、それに納得できる場合に購入してみるといいでしょう。

走行距離8万キロの中古車を購入するメリット・デメリット

走行距離8万キロの中古車を購入するメリット

車

走行距離8万キロの中古車を購入するメリットとして以下のような点が挙げられます。

  • 安く購入できる
  • 数年間問題なく乗り続けられることも多い
  • 年式が新しく、燃費や安全性能が備わっているものもある
  • 昔の人気車種に乗れる

今の車は10万キロを超えても問題なく走行できますが、昔から言われている車は10万キロが限界というイメージが残っていることもあり、買い手は付きにくいです。それに伴い、走行距離8万キロの中古車はかなり安く購入できてしまいます。

それでいてメンテナンス次第では15万キロ、20万キロと問題なく走行できるのですから、これから10万キロも走れるのです。中には年式が新しいものもあり、しっかり整備されていれば、優良車を格安で購入できるというわけです。

走行距離8万キロの中古車を購入するデメリット

ローン返済

走行距離8万キロの中古車を購入するデメリットとして以下のような点が挙げられます。

  • ある程度の消耗は避けられない
  • 購入後に不具合が出る可能性もある
  • リセールバリューは期待できない
  • 旧モデルのため古臭さがある
  • 燃費や安全性能は現モデルより悪い

今の中古車は15万キロ、20万キロでも走れるとは言っても、8万キロを走行していれば各パーツのある程度の消耗は避けられません。それに伴い、購入してからすぐに不具合が出てくるリスクはあります。

また格安で購入できるメリットがある反面、リセールバリューは期待できないでしょう。今は年々燃費性能やさまざまな安全性能が良くなっていますが、8万キロの車は年式が古くなっている事が多いため、どうしてもその点は悪くなります。

そして日本車は頻繁にモデルチェンジをするため、どうしても古臭さは出てしまうかもしれません。

走行距離8万キロで安全な中古車の特徴一覧

本

走行距離8万キロでも比較的安全・安心な中古車の特徴としては以下の通りです。

  • ディーラーもしくは信頼できる販売店で販売している
  • 点検記録簿が付いており、しっかりメンテナンスされている
  • 走行距離と年式のバランスが良い
  • 修復歴車・水没車ではない

先述の通り、今の車は走行距離が10万キロを超えても問題なく走行できます。ただそれはしっかりとメンテナンスをされている車であればの話で、修復歴車や水没車は問題外です。

また年式とのバランスが良いと車の状態も良いので、8万キロなら年式が7年から8年落ちならいいでしょう。そして状態がいい中古車を選ぶにはやはり信頼できる販売店やディーラーを選ぶのもポイントの1つでしょう。

年式と走行距離から中古車を購入するのがおすすめ

車

中古車を購入する際、年式と走行距離は大きな判断ポイントとなっているでしょう。もちろん年式が新しければ、燃費や安全性能が高く、新しさもありますし、走行距離が少なければ消耗度は少ないものです。

ですが、中古車を購入する際には年式と走行距離の関係も重要で、バランスが悪いと以下のようなケースが考えられます。

走行距離8万キロ×12年落ち 年式に対して走行距離が少ないため、12年のうち数年間乗らずに放置された可能性がある
走行距離8万キロ×4年落ち 長距離移動などハードな乗り方をされた可能性があり、年式が新しくても消耗が激しい可能性がある

車は1年に1万キロが一般的ですので、走行距離8万キロの車なら7年落ちから9年落ちくらいがベストです。

まとめ

車売り場

走行距離8万キロとなると、かなり乗られた車というイメージがあるでしょう。確かに全く消耗していないとは言えませんが、今の車は10万キロを越えてもメンテナンスさえしっかりしていれば、問題なく走行できます。

ただそれでも走行距離は多い方ですから、故障のリスクはあります。また状態の悪い車もありますから、購入するにはしっかりと車を見極める必要があります。

逆にしっかりとチェックすれば、今後何年も安全に乗れる車をお得に購入できるでしょう。