「いらない車のパーツはどう処分する?」部品を捨てる&買取の出し方

車のパーツ

車が好きな人の中には、自分でメンテナンスや整備をする人がいます。またパーツを交換するというケースもあるでしょう。そうした場合に困るのが、交換し終わったパーツです。

不用品となるパーツの素材は様々です。樹脂製のものもあれば、金属製のものもあるでしょう。

基本的には各地域のルールに従ってゴミに出せばいいと考える人もいるのですが、出せない場合が多いのです。そこで車のパーツを処分する方法を見ていきましょう。

目次

【注意】車のパーツ(部品)をゴミとして出すのは不可

最初にゴミとして車のパーツを処分できないという点について見ていきます。

  • 樹脂製のパーツ
  • 金属製のパーツ
  • ゴム製のパーツ
  • その他のパーツ

車のパーツは以上のような分類ができます。これらのほとんどがゴミとして処分はできないのです。各自治体のルールにもよるので、小さなパーツなら処分できる可能性もあるでしょう。

しかし一般的には自動車やバイクの部品に関しては、ゴミ収集ができないという決まりがあるのです。仮に処分できたとしても一部のものでしかないので、実際には他の方法を使って処分していく方がいいです。

ONE POINT
ちなみにパーツのみの買取をする業者もあるので、処分する部品が多いのならこうした業者を利用するのも方法の1つでしょう。

不要なパーツ(部品)の『5つの廃棄方法』

では実際に車の不要なパーツを処分する方法を見ていきます。

不要なパーツ(部品)の『5つの廃棄方法』

といった5つの方法について詳しく確認していきましょう。

【方法①】中古車パーツ専門店での買取

営業トーク

中古車の買取店があるように、車のパーツを買取している業者があります。こうした業者を利用すれば、手軽に処分ができるでしょう。

  • パーツを仕分ける必要がない
  • 出張買取にも対応可能

などのようなメリットが考えられます。パーツをゴミとして処分するのなら、仕分けをしないといけません。

しかし買取してもらう場合、仕分けは業者が行なってくれます。ただしデメリットになる部分もあるので紹介しておきましょう。

  • 状態の良いパーツに限られる
  • 買取額が安くなる可能性がある

以上のような点があるので注意してください。

特に処分したいパーツが多い場合は、買取対象にならない可能性があります。その場合は無料で引取してくれるのかを確認するといいです。

車のパーツ(部品)買取業者情報:ACP

商号 ACP株式会社
本社所在地 大阪府摂津市鳥飼本町3-16-58
事業内容 自動車部品、及び自動車の買取
リース、メンテナンス、自動車保険代理業、及びそれに付随する業務

車のパーツ(部品)買取業者情報:アイパーツ

商号 アイパーツ株式会社
ネット事業部 埼玉県比企郡小川町青山1515
TEL 0493-72-7783

車のパーツ(部品)買取業者情報:アップガレージ

商号 株式会社アップガレージ
本社所在地 神奈川県横浜市青葉区榎が丘7-22
事業内容 ●カー&バイク用品買取・販売
●フランチャイズ店舗支援
●システムソリューション

【方法②】パーツごとに廃品回収業者・リサイクル業者に処分依頼

車の修理

車のパーツを処分する方法としては、廃品回収業者やリサイクル業者を利用するケースもあります。パーツごとに引き取りしてくれるか分かれるので、事前に相談をしておくといいでしょう。

  • 樹脂製のパーツはリサイクル処分業者が利用できる
  • 金属製パーツは鉄くず業者に回収してもらえる
  • ゴム製のパーツに関しては廃タイヤ業者が利用できる
  • その他のパーツは不用品回収業者に依頼できる

といったように使い分けができます。

自分で車のパーツを仕分けできるのなら、各業者に依頼するといいでしょう。ただし仕分けをするのにも時間がかかるので、手間をかけても売りたいという人におすすめです。

【方法③】ネットオークション・フリマアプリに出品

ノートPCで検索

最近になって増えているのがネットオークションや、フリマアプリを利用して不要な車のパーツを処分する方法です。手軽に個人売買ができるので、車のパーツ以外にも利用する人は多いでしょう。

  • 人気車種のパーツは売れやすい
  • 人気のない車種のパーツは売れにくい
  • ある程度の知識がないとトラブルになる可能性がある

といった特徴も持っています。

手軽に処分ができる方法ですが、入札する人がいないと話になりません。そのため中古車の需要にパーツも大きく影響を受けてしまうので、車種によっては出品料だけがかかるかもしれません。

【方法④】新車購入時にディーラーで下取りする車と一緒に依頼

ディーラーの下取り

新車をディーラーから購入する時には下取りを利用する人がほとんどです。下取りとは、今の車を引き取りしてくれるサービスになります。この時に一緒に不要な部品も引き取ってもらえないかと交渉するといいでしょう。

すべてのディーラーで引取してくれるわけではありませんが、対応してくれる場合もあるのです。また無料では引取できないけれど、手数料を払ってくれるのなら引取処分してくれるケースもあります。

どういう形になるのかはディーラーごとで変わってくるので、新車の購入を検討しているのなら相談してみてください。

ATTENTION
ディーラー次第で結果が変わるため、処分できない場合は他の方法を試す必要があります。

【方法⑤】廃車/事故車買取専門業者で買取時に一緒に依頼

営業トーク

車のパーツを処分する方法の最後にあげておくのが、廃車予定の車や事故車などの買取をしている業者を利用することです。こうした業者は買取した車からパーツを取り出して、海外へと輸出するビジネスも行なっています。

そのため不要となったパーツを引き取りしてくれるケースがあるのです。またパーツのみを買取してくれるケースもあるので、廃車買取業者を利用するのも方法の1つでしょう。

  • 出張買取に対応可能
  • 高値をつけてくれることもある
  • 自動車解体業も行っている業者が多いので引取してくれる可能性が高い

などのような特徴もあります。意外と廃車買取を専門とする業者も多いので、地元にあるのか調べてみるといいでしょう。

処分する車のパーツの種類と処分例

ではもう少し具体的に車のパーツを処分する方法を見ていきます。車のパーツは何を素材にしているかで分類できるので、各分類に該当するパーツがどのように処分できるのかを1つずつ確認していきましょう。

処分する車のパーツの種類と処分例

【金属】ホイール・ドア・マフラー・フェンダー・ナット・エンジン等

カーショップ

車の部品で最も多いのが金属製のものでしょう。本格的に整備を行なっているのなら、金属製の不要なパーツが多く出ます。

  • 足回りのスプリングやダンパーは個人売買の利用もしやすい
  • 金属製パーツは再利用ができるので専門業者での引取も可能
  • ゴムや樹脂などが混在しているパーツは相談した方がいい
  • ネジなどの小さなパーツだとゴミとして出せる可能性がある

といった方法があるでしょう。他にもガソリンスタンドやカー用品店などでも、処分できるケースがあります。くず鉄処理の業者なら大概のものが対応可能です。

エンジンやマフラーなどは高値がつく可能性もあるでしょう。ただし車を売る時のことを考えると、純正品のパーツは残しておく方が有利になる場合もあります。

【ゴム製品】タイヤ等

車

車のパーツでゴム製品と言えばタイヤが代表的でしょう。ゴムだと可燃ごみになるのではと考える人もいるのですが、車のタイヤには金属繊維が入っているため可燃ごみにはできないのです。

  • 中古タイヤ屋を利用する
  • 廃タイヤ業者を利用する

この2つが一般的な処分の方法でしょう。ただ中古タイヤ業者に売れるのは、状態の良いものに限られています。

  • タイヤの溝が残っている
  • あまり摩耗していない

などが見分けるポイントです。

【樹脂パーツ】バンパー・テール・ボディパーツ・内装パーツ等

車の内装・外装に多く使われているのが樹脂パーツです。大きさの割には軽いこともあり、扱いにはあまり困らないでしょう。ただしスペースが取られる部品が多いので、できれば早めに処分したい人が多いはずです。

  • パーツショップで引取できる
  • 損傷がある場合はカーショップなどに相談してもらう
  • リサイクル業者が利用できる

樹脂パーツは廃プラスチックして再利用することもできます。また燃料として使うサーマルリサイクルという方法もあるので、比較的に引き取りされやすい部品です。

傷がなくてきれいな状態のパーツなら、ネットオークションにかけてみるのも良いでしょう。思わぬ高値がつくかもしれません。

【油脂類】エンジンオイル.ギヤオイルなど

車の査定にきた業者の男性

最も代表的な車の不要なパーツとも言えるのが油脂類です。

  • エンジンオイル
  • ギアオイル
  • パワステオイル

などが代表的なものでしょう。特にエンジンオイルは交換するたびに出るものなので、処分に困る人も少なくありません。最も簡単な処分方法としては廃油処理箱でしょう。これを使うと可燃ごみとして処分できます。

ただし自治体によっては利用できないケースもあるので、事前に確認しておく方がいいでしょう。利用できないのなら廃油だめを用意しておいて、ある程度の量がたまったら廃油処理業者を利用するといいです。

  • ガソリンスタンド
  • カー用品店

などのような自動車整備をしている業者で、引取してくれることもあります。

【その他】バッテリー

車のボンネットを開ける

車のパーツとしてはその他に分類されるのがバッテリーです。交換する頻度は高くないのですが、旧車などを利用しているのなら交換する人も多いでしょう。基本的にバッテリーは消耗品なので、いずれ交換することになります。

基本的にバッテリーは人体に有害な物質を含んでいるものなので、できるだけ素早く処分するのがおすすめです。ちなみに重量の半分以上が鉛となっているので、資源としての価値があります。

  • 資源回収業者が利用できる
  • 金属スクラップの業者に依頼する

といった方法が代表的でしょう。

まとめ

車のパーツ

不要な車のパーツを処分する方法についてでした。車が好きな人なら自分で整備や、メンテナンスをするというケースも珍しくありません。

しかし交換し終わった部品を、どのように処分するのかで悩む人もいます。基本的なこととして車の不要なパーツは、ほぼ家庭ごみとしての処分ができません。

各自治体のルールにもよるのですが、原則としてどこかの業者に引き取ってもらうかを選択することになります。

この記事を書いた人

「もっと価値を見つける」をテーマに自動車の買取現場に立ち会い数多くの交渉を経験。現在は自動車買取メディアの立ち上げから運営、さらに自ら車売買を行うため古物商を取得(奈良県公安委員会第641180000388号)。WEBメディアを通じて分かりにくいことを分かりやすく解説し、リユースに関する正しい知識を提供し、適切な判断ができるように情報を発信中。

my car value check
愛車の価値が
60秒でわかる!!
1愛車の種類を選択
2年式を選択
3走行距離を選択
データがありません

申し訳ございません。査定データがありませんでした。

あなたの愛車の価値は...

万円

~

万円

です

現在

相場を確認したら一括査定サービスで
実際の価格を比較しよう

愛車の相場を確認したあなたは一括査定サービスを利用することをおすすめです。

一括査定サービスは最大30社に査定依頼できるので高額が狙えます。

サービスは無料で愛車情報を入力するだけとかんたんなので是非試してもらいたいです。

目次