自動車売却

「車売却の還付は”自動車税のみ”」自動車重量税は戻ってきません!

税の計算

車売却の際には、どうしてもその車がいくらで売れるかばかり気になるでしょう。確かにそれは大事なことではありますが、車売却をすると4月から5月にかけて支払った自動車税の還付も受けることができます。

ここでは、車売却時に受け取れる還付金についてまとめています。

車に関する税金としてはその他にも自動車重量税や自動車取得税などもありますので、それらの還付は受けられるのかについても解説していますので、車売却の前にチェックしておきましょう。

車売却した際の還付は「自動車税のみ」重量税は返金されない

法律について説明する男性

車売却したら税金が戻ってくるという話を聞いたことがあるでしょう。車の税金というと、自動車税や自動車重量税、自動車取得税、消費税などいろいろあるもので、実際どの税金がどれくらい戻ってくるのだろう、と思うのではないでしょうか。

結論から言えば、車売却した際に還付される税金は自動車税のみです。そもそも自動車取得税や消費税は購入した時にかかる税金ですから還付されません。

自動車重量税は自動車税同様、前払いしているので還付されると思っている人もいるでしょう。ですが、自動車重量税に関しては車売却では還付されることはありません。

還付される自動車税の額も、残りの期間や支払った自動車税の額によって変わってきます。

「自動車税」ってどんな税金?

スマホとパソコンを使う人

自動車税とは、車を持っている人は必ず支払わなければいけない税金で、毎年4月1日時点でその車の使用者に納付書が届きます。原則としてその年の4月から翌年の3月までの1年分を一括で支払うことになっており、形としては前払いです。

自動車税の額は以下のように排気量によって変わります。

1L以下 29,500円
~1.5L以下 34,500円
~2L以下 39,500円
~2.5L以下 45,000円
~3L以下 51,000円
~3.5L以下 58,000円
~4L以下 66,500円
~4.5L以下 76,500円
~6L以下 88,000円
6L超 111,000円

「自動車重量税」ってどんな税金?

スマホを触る男性

自動車重量税とは、新車購入時や車検時に支払う税金です。車検の期間分をまとめて支払うことになり、形としては前払いになります。自動車重量税の額は車の重量に応じて額が変わり以下の通りです。

0.5トン以下 8,200円
~1トン以下 16,400円
~1.5トン以下 24,600円
~2トン以下 32,800円
~2.5トン以下 41,000円
~3トン以下 49,200円

ただし、自動車重量税はエコカー減税で免税になるケースもありますし、逆に13年以上経過すると高くなってしまう車もあります。

自動車税と自動車重量税が戻ってくる条件は異なる

車の絵と現金

自動車税と自動車重量税はどちらも対象となる期間分を前払いして支払っている税金です。ですが、それぞれ戻ってくる条件が異なります。

自動車税 原則は廃車が条件だが、業者が未経過分は売却額に加えて還付
自動車重量税 永久抹消が原則のため、二度と乗らない車のみ還付

【自動車税】廃車が条件(未経過分の税金を売却額に含む形で還付)

自動車税は車売却で必ず戻ってくると思っている方も多いようですが、実際はそうではありません。法的に定められているのは、廃車をした時に残りの期間に応じて還付されるのです。

そのため、実際は車売却では法的には自動車税も還付されないことになります。ただ、ほとんどの場合は買取業者で未経過分の自動車税を売却額に含める形で還付してくれるのです。

自動車税が還付されるといっても、法的に還付を受けるのではなく、買取業者から未経過分の自動車税として受け取ることになります。

ただし、法的に定められている事でもないため必ず還付されるというものでもありません。

後から還付はないんですか?と確認しても買取額にすべて含まれていますと言われて終わりですから、事前にその旨を確認したほうがいいでしょう。

【自動車重量税】自動車を永久抹消登録しないと還付されない

窓口の男性

自動車重量税も自動車税同様前払いしている税金であり、次の車検までの期間があればその分の自動車重量税は還付されるはずと思うかもしれません。ですが、法的に自動車重量税は永久抹消登録しない限り還付を受けられないのです。

永久抹消登録とは、永久にその車には乗りませんという廃車の手続きになります。車売却をする場合には、中古車としてリユースするわけですから、これには該当しないというわけです。あくまで解体することが前提となります。

ただ、業者に廃車にしてもらうというのであれば、残りの期間の自動車重量税を受け取れるでしょう。また、自動車重量税自体は還付されないものの、車検までの期間が長ければそれだけ査定額は高くなる可能性はあります。

手放した車の自動車税や重量税はどれくらい戻ってくる?具体的な額は?

自動車の契約を説明する男性

月/排気量 1000cc以下 1000cc~1500cc以下 1500cc~2000cc以下 2000cc~2500cc以下 2500cc~3000cc以下 3000cc~3500cc以下 3500cc~4000cc以下 4000cc~4500cc以下 4500cc~6000cc以下
1月 4,900円 5,700円 6,500円 7,500円 8,500円 9,600円 11,000円 12,700円 14,600円
2月 2,400円 2,800円 3,200円 3,700円 4,200円 4,800円 5,500円 6,300円 7,300円
3月
4月 27,000円 31,600円 36,200円 41,200円 46,700円 53,100円 60,900円 70,100円 80,600円
5月 24,500円 28,700円 32,900円 37,500円 42,500円 48,300円 55,400円 63,700円 73,300円
6月 22,100円 25,800円 29,600円 33,700円 38,200円 43,500円 49,800円 57,300円 66,000円
7月 19,600円 23,000円 26,300円 30,000円 34,000円 38,600円 44,300円 51,000円 58,600円
8月 17,200円 20,100円 23,000円 26,200円 29,700円 33,800円 38,700円 44,600円 51,300円
9月 14,700円 17,200円 19,700円 22,500円 25,500円 29,000円 33,200円 38,200円 44,000円
10月 12,200円 14,300円 16,400円 18,700円 21,200円 24,100円 27,700円 31,800円 36,600円
11月 9,800円 11,500円 13,100円 15,000円 17,000円 19,300円 22,100円 25,500円 29,300円
12月 7,300円 8,600円 9,800円 11,200円 12,700円 14,500円 16,600円 19,100円 22,000円

では、実際に手放した車の自動車税や重量税がどれくらい戻ってくるのか、具体的な例を挙げて紹介します。自動車税は4月から翌年3月までの12ヶ月分を一括で支払うわけですが、売却した次の月から翌年3月までの分が戻ってくるのです。

計算方法としては、年税額×残りの月数÷12となります。例えば排気量が1.5L以下の車なら年税額は34,500円ですら、仮に10月10日に売却したとすれば残りの月額は11月から3月までの5ヶ月です。

そのため、計算式は34,500円×5ヶ月÷12となり、14,375円となります。ただしこの場合、100円未満の端数は切り捨てとなるので、還付される額は14,300円です。

重量税は廃車にした時のみ還付になりますが、同じような計算式で額が割り出せます。

損しない!自動車売却における自動車税の『5つの注意点』

チェックするサラリーマン

自動車売却の際には自動車税に関して5つの注意点があります。それを知らないと損をすることもあるのでチェックしておきましょう。

自動車売却における自動車税の『5つの注意点』

【1】自動車税を考えるなら乗り換えは「3月中の売却〇」「4月以降は×」

2月のカレンダーとメモ帳

車の乗り換えを検討する時期は人それぞれですが、たいていは車検の時期に合わせて乗り換える人が多いです。もちろんこれは間違いではありませんが、自動車税のことを考えるのであれば、乗り換えするなら3月中の売却がベストです。

なぜなら前年の4月に支払った自動車税が3月で切れるからです。

ONE POINT
還付を受けることもありませんので面倒な手続きや業者への確認も必要ありません。

そこで乗り換えれば4月に来る納付書も新しい車のものですからわかりやすいです。逆に4月以降に乗り換えするのは避けたほうがいいでしょう。

特に4月前半に売却すると、4月1日の使用者のもとに自動車税の納付書が届くので、車がないのに自動車税を支払わなければいけなくなるのです。もちろん還付されるといっても、面倒なことには間違いありません。

車買取の時期を見逃すな!お得に売却するなら「2月」と「8月」を狙え

最もお得に車を売る時期は2つ!「1~2月」と「7~8月」 売却時期……続きを読む
2月のカレンダー

【2】4月までに売却したのに自動車税納付書が届いている

机に置かれた書類

自動車税のことを考えたら3月中に売却するのがベストです。ただ、中には4月までに売却したのに、4月末から5月上旬にかけて、売却した車の自動車税納付書が届くということもあります。

これはおそらく業者が名義変更の手続きに手間取って4月1日以降までずれ込んでしまったからでしょう。

自動車税は4月1日時点での使用者が支払い義務があるので、売った後でも納付書が届いてしまいます。

ATTENTION

3月中に売ったのだから関係ないと思って放置していると、延滞料を含めた督促状が届いてしまうこともあるのです。

かといって、すぐに支払うのではなく、まずは車売却をした業者に確認をしてみましょう。それに応じて適切な対応をしていくのが望ましいです。

【3】車売却の際に自動車税の還付委任状に押印するのはNG

書類に書き込む女性

車売却の際には買取業者との間に売買契約書などさまざまな書類に記入、押印することがあります。本来ならすべての書類を細かくチェックしてから記入、押印するのが正しいですが、面倒なのであまり読まずに押印することもあるでしょう。

もしたくさんの書類の中に還付委任状という書類があれば、それには押印してはいけません。

還付委任状は自動車税の還付があっても受け取りませんという書類ですから、押印すると自動車税は業者が受け取ることになってしまいます。

【4】軽自動車税は還付がない

横に並んだ車

軽自動車も普通自動車同様に自動車税の支払い義務があります。正式には軽自動車税という名称ですが、同じ意味合いで、自動車税同様5月末まで支払います。

軽自動車税は自動車税に比べて安価という特徴がありますが、少しでも還付されればうれしいでしょう。ですが、軽自動車税に関しては自動車税のように、残りの期間分を月割で還付されることはありません。

なぜなら、軽自動車税は月割ではなく1年単位だからです。ですので、5月に売ろうと還付は受けられません。

【5】自動車税が未納だと売却自体できない(自動車税納税証明は必須)

×をする男性

自動車税は排気量の大きさによっても異なりますが、決して低い金額ではありません。年間とはいえ3万円から6万円もの金額を支払うのは大変でしょう。そのため、滞納してしまっている方もいるかもしれません。

また、車を売るつもりだから支払わないという人もいるのではないでしょうか。例えば5月に売るのであれば、4月と5月の2ヶ月分だけ支払えばいいのではと思うかもしれませんが、これはできません。

それは車売却の際には自動車納税証明書が必須だからです。自動車納税証明書は当たり前ですが、自動車税を支払わないと入手できませんので、そもそも売却自体出来ません。

ですので、あとから還付を受けるとしても、まずは1年分支払ってから車を売ることになります。

自動車税、重量税以外の税金について還付あるの?ないの?

家族に対して営業する男性

車に関する税金には自動車税や自動車重量税の他にも、さまざまな税金があるものです。それらの費用に関しても車売却したら、還付があるのかもと思う人もいるでしょう。

自動車税、重量税以外でも車売却で還付されるものがあります。

自動車税、重量税以外の税金について還付ある・なし

【還付×】自動車取得税

ストップするサラリーマン

50万円を超える車を購入した時には自動車取得税がかかってきます。金額については車によって異なってくるのですが、実際に支払った記憶がないという人も多いでしょう。

この自動車取得税はたいてい車を購入したディーラーや中古車販売店に車代金と一緒に支払っているものです。

自動車取得税に関しては、自動車税のように1年分を一括で支払うというものではなく、車を購入したことに対しての税金です。そのため、車売却をしても戻ってくることはありません。

【還付〇】自賠責保険料

ミニカーと書類

自賠責保険料に関しては、車に乗ってる人すべてが加入しなければいけない強制保険です。保険をかけたつもりはないと思うかもしれませんが、これは新車購入時や車検時に一緒に支払っていますので、車検を受けていれば必ず支払っています。

そしてこれは次の車検までの分を前払いしている形になります。そのため一時抹消や永久抹消すれば、それに応じた保険料が還付されるのです。ただし、車売却の際には基本的に自賠責保険料の還付はないでしょう。

車売却時に保険はどうする?正しい手続き方法と損しない全知識【まとめ】

車売却時の保険はどうするのがベスト?損しないための全知識 車売却時には……続きを読む
保険について説明する男性

【還付△】リサイクル料金

書類の記入

リサイクル料金とは、その車を廃車にした時の部品をリサイクルする時にかかる費用になります。支払ったつもりはないと思う人もいますが、これも新車購入時や車検時にしっかり支払っているものです。

この費用は車を解体する際に必要なお金ですので、廃車にしても戻ってくることはありません。ただ原則として所有者が負担するものなので、車売却の際にはリサイクル料は返金されます。

リサイクル料については買取店によって対応が異なるので、確認が必要です。

リサイクル券がない?車買取時には必要ナシ!料金が返金されない裏事情

リサイクル券がない?自動車の売却・買取時に必要なし 結論から言うと自動……続きを読む
リサイクル券

まとめ

税の計算

このように車売却をすると、そのタイミングによっては自動車税の還付金を手にすることができます。ですが、廃車にした場合と違って、法的に還付されるわけではなく業者から受け取るという形になるので知らないとうやむやにされることもあります。

また、売買契約後にその点を追及しても、売却額に含まれていますと言われればそれまでです。ですので、損することなくしっかりと還付金を受け取るためには、業者と交渉する際にしっかり確認が必要でしょう。