自動車売却

走行距離10万キロの車はガタ落ち…諦めるな!高価買取の秘訣はコレだ

夕日に走る車

よく車の寿命は10万キロと言われ、10万キロを超えた車は買取額がガタ落ちするといわれます。確かに走行距離が多いと査定額はマイナスされてしまう可能性はありますが、それでも高価買取も十分可能です。

ここでは走行距離10万キロを超えた車でも高く買取してもらえる理由を解説しています。それとともに過走行車でも高価買取を勝ち取れる秘訣も紹介しているので、もし10万キロを超えた車を売りたいと思っている人は参考にしてみてください。

「車の寿命は10万キロ…は大昔の話」だから諦めるな!

車のメーター

よく車の寿命は10万キロだから、10万キロを超えた車は買取額はほとんど付かない、などと言う話があります。確かに昔は本当に10万キロを超えると走行性能が大きく低下する、いろいろなパーツにガタが来て頻繁に修理が必要となったものです。

そのため10万キロを超えた車は高く買取してもらえなかったものです。ですがその話は大昔の話であり、今は車の性能も非常に高く10万キロを超えた車でもトラブルなく走行できます。そのためよほど大きな欠陥がない限りは高価買取も可能です。

走行距離が10万キロを超えた車でも高価買取できる理由は以下の通りです。

走行距離が10万キロを超えた車でも高価買取できる理由一覧

【理由①】国内販売はNGでも海外需要あり

輸出中の港

走行距離が10万キロを超えた車に限ったことではありませんが、車の状態によっては国内では売れない車もあります。例えば10万キロで高年式車、さらに事故車となればやはり買い手は付きにくいです。

ですが、日本では買い手がつかないような車でも海外では需要があるのです。日本車は世界的にみても性能が良く、ステータスもあります。

そして20万キロを超えていようと高年式車であろうと、ボディーが大きく凹んでいても走行できれば問題なしという国もあります。日本では車検があるので、過走行車や高年式車などは車検時にお金がかかってしまうことも多いです。

それが車検もない車もあり、長く乗れる性能のいい日本車は人気なのです。そのため海外への販売ルートのある買取業者だと買取してくれる可能性があります。

【理由②】車種次第で需要が異なる

並んだ車

車はその車種によって人気は異なります。好みは違いますが、人によっては昔から乗りたかった車も少なからずあるでしょう。そしてそれが高級車だった場合には新車では高くて手が届かないなんてこともあります。

そのため人気車種だといくら10万キロを超えても買い手が付きやすく、安いからこそ買える人もいるのです。また一部には昔のモデルの方が人気がある車種もあり、希少価値が高いことから需要があり高く買取してくれる可能性は十分にあります。

【理由③】メンテナンス次第で買取額

車の乾拭き

走行距離10万キロを超えた車が売れないといわれた理由は、まさに10万キロを超えた過走行車はいろいろな部位に不具合が出るからです。今の車は性能も良く、10万キロを超えても問題なく乗れる車が多いです。

ただそれもメンテナンス次第で、ろくにメンテナンスもしない車はやはりガタはきやすいといってもいいでしょう。その一方でしっかりとメンテナンスがされていれば、10万キロを超えていても、そこからさらに10万キロ乗っても問題ないというケースも考えられます。

つまりメンテナンス次第では10万キロを超えていようと、車の性能に問題がないので高く買取してもらえる可能性があるというわけです。

整備記録もしっかり残っていれば、高価買取のアピールにもなるはずです。

【理由④】車の部品やパーツに価値があるから

タイヤ交換の作業中

走行距離も多く年式も古くなってボロボロの車だと、日本はもちろん海外でも売れないというケースも中にはあります。そんな場合でも車の部品やパーツに価値があるため、高価買取できることも少なくありません。

特に走行距離が多くなってしまっただけの車なら、車のパーツはそれほど古くなっておらず十分に使える可能性もあります。逆に年式も古くなってしまった車だと、逆に製造中止になっているパーツもあるため価値が高まるケースもあります。

【普通車&軽自動車】走行距離10万キロ以上の平均買取相場《査定額調査》

車種名 タイプ 走行距離 査定額
N-BOX 軽自動車 10万キロ 42万円
タント 27万円
アクア コンパクトカー 10万キロ 32万円
ノート 13万円
ステップワゴン ミニバン 10万キロ 37万円
ノア 55万円
VOXY 73万円
セレナ 57万円
エクストレイル SUV(ワゴン含む) 10万キロ 84万円
ヴェゼル 58万円
C-HR 142万円
アルファード ミニバン 10万キロ 160万円
エルグランド 80万円

査定額の調査をしてみると、走行距離が10万キロだからといって査定額が数万円になるということはほとんどありませんでした。

ただ、車の状態が悪ければ査定額がどんどん下がっていくので、走行距離を気にするよりかは車を綺麗にするという意識のほうが大切です。

走行距離10万キロ以上の車を今より〇万円高く売る『3つの秘訣』

メモにチェック

走行距離が10万キロ以上の車でも買取可能とはいえ、やはり過走行車は査定ではマイナスになってしまいます。ですが、それでも以下の3つの秘訣を駆使すればより高く売れるでしょう。

走行距離10マンキロ以上の車を今より〇万円高く売る『3つの秘訣』

【秘訣①】ディーラー下取りに売るのは絶対NG

ストップするサラリーマン

10万キロを超えた車を売って新車を購入するという人も少なくないでしょう。その場合、ディーラーに下取りを考えている人もいるはずです。確かに購入と売却を一ヵ所でできますし、新車を購入するのだから高く下取りしてくれるはずと思うかもしれません。

ですがディーラーではリユースできる車しか高価買取してくれません。10万キロを超えた過走行車だと、廃車にするしかないといわれてしまう可能性も少なくありません。その場合は廃車費用を支払うことになることもあります。

よくて無料で引き取るといわれる程度でしょう。下取り額が付いたとしても他の買取業者よりも低くなることは必須です。ですので、10万キロを超えた車はディーラー下取りに出さないことが否決の1つです。

損しない車売却『ディーラー下取り』買取との違いもイチから全解説!

ディーラー店の下取りとは?店舗はどこ? 普段から車にはよく乗るけど、車……続きを読む
ディーラー下取りをイチから解説します

【秘訣②】車のコンディションを整える(洗車・車内清掃・純正パーツ戻し等)

車を掃除する男性

車の買取額は走行距離はもちろん、年式や車種、エンジン等に不具合がないかなどが大きなポイントになります。そのため現状では何もすることはないと思うでしょう。ですが車の以下のような部位のコンディションを整えることで少しでも高くれる可能性があるのです。

  • 洗車する
  • 車内の清掃
  • 純正パーツに戻す

洗車や清掃だけで射程額は変わらないと思いがちですが、やはりコンディションがいい車だと査定員の心証も良くなり、日々メンテナンスをしている人だと思われます。それが査定額に影響を与えることは十分にあります。

ただしキズや凹みを修理に出してしまうと、その費用の方が高くついてしまうのでそのままにしておくのがベストです。同じように自分で純正パーツに戻せないものは、無理をせずに保管しておくだけでも構いません。

「車査定前の洗車は意味がない」それでもやるべき根拠と洗車方法!

車査定前の洗車で査定額が上がることはない 車査定の直前に洗車をしたから……続きを読む
車の乾拭き

【秘訣③】複数の買取店を競合させて”相見積もり”を取る

電卓を持ったビジネスマン

走行距離10万キロを超えた車だと、どうしても買取業者との交渉では強気に出られないものです。ですが今は10万キロを超えた車でも十分に価値がありますので、しっかりと交渉すると高く買取してもらえます。

ただ買取業者も足元を見る傾向にあるので1社だけと交渉しても、それほど買取額をアップしてくれません。そのため複数の買取店を競合させて相見積もりを取るのが高く売る秘訣です。

そして複数の買取店を競合させるだけで、特に難しい交渉も必要ありません。単純にA社はいくらで買取してくれるそうです、と伝えるだけで他の買取業者はもっと買取額を上乗せしてくれるでしょう。

ATTENTION

昔のように10万キロを超えた車は価値がないという時代ではないので、強気で交渉しましょう。

《推奨》相見積もりを取るなら”車一括査定”がおすすめ

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2020年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

《実録》実際に車一括査定を利用した方の口コミ&評判

実際に車一括査定を利用した方の口コミを見てみましょう。

「10万キロ以上+車がボロボロ」買取不能の場合は廃車専門業者へ

レッカー移動させられる車

10万キロを超えた車はただ走行距離が多いというだけではないケースも少なくありません。年式もかなり古くなっていることもあるでしょうし、大きなキズや凹み、エンジントラブルなどいろいろな問題を抱えている車もあるものです。

そうなるとリユースできないので買取できないと不安に思う人もいます。確かに買取業者によっては買取不可になることもあります。そんな時には廃車買取専門業者に査定してもらうと思った以上の価格で買取してくれる可能性もあります。

廃車買取ならどんな状態の車でも0円以上買取『ハイシャル』

ハイシャル

廃車買取業者はいろいろありますが、おすすめしたいのはハイシャルです。ハイシャルをお勧めする理由は以下のような特徴があるからです。

  • どんな車でも0円以上買取保証
  • 全国どこでも対応でレッカー代も無料
  • 年中無休
  • 手続きをすべて無料代行
  • 最短翌日引き取り対応

他の買取業者だと過走行車でボロボロの車だと廃車費用やレッカー代を請求されてしまうことも多々あります。結果的にお金を支払って処分してもらうことにもなりかねません。ですがハイシャルなら仮にホントに価値のない車だとしても、費用はかかりません。

実際は使えるパーツが残っていたり、海外で売れる車も多いため、思いがけない高価買取になることもあります。しかも全国どこでも年中無休で対応ですから、どこに住んでいる人でも安心です。

中古車の走行距離10万キロ以上に関する”Q&A”

口コミ

走行距離が10万キロ以上の中古車に乗っている人は、いろいろな面で不安を抱えているものです。このまま乗り続けるべきか、今のうちに売ったほうがいいのか、お金の面でもいろいろ悩みがあるでしょう。ここではそんなよくある悩みをQ&Aで解説しています。

中古車の走行距離10万キロ以上に関する”Q&A”

【Q1】基本的に過走行車(10万キロ以上)は買取査定の値段で不利?

落ち込む男性

過走行車は一般的に買取査定では不利になるといわれます。確かに買取査定において走行距離は査定額に大きく影響するポイントの1つではあります。そのため走行距離が多い車は安く買取されてしまう可能性は少なくありません。

ただ過走行車は単純に走行距離が10万キロ以上の車というわけではありません。過走行車が買取査定で不利になるのは、車のいろいろな部分に負担がかかっている可能性があるからです。

10万キロ以上の車でも、3年で10万キロ乗った車と5年で10万キロを乗った車とでは車にかかる負担は違います。もちろん年式でも古い方が安くなりますが、あくまで過走行車で不利になるのは、短期間で長距離を走行している車なのです。

今は走行距離が10万キロ以上の車でも問題なく走行できるので、標準的な乗り方をしての10万キロなら買取査定であまり不利にはならないようです。

【Q2】走行距離10万キロは車検費用が高くなる?

車の中をチェックする男性

走行距離10万キロ以上の車は車検費用が高くなるのではという不安もあるでしょう。10万キロに限ったことではありせんが、やはり車は消耗品でもあるので走行距離が多くなればなるほどいろいろなパーツが劣化していくものです。

それが10万キロを超えたあたりで多発してくる可能性は十分に考えられます。そのため車検の時に支払う費用が高くなることはあります。

裏を返せば、定期的にメンテナンスをしていて、定期的に部品交換などもしているなら、修理・交換する部分が少なく車検費用も抑えられるでしょう。

ただあまり車に詳しくない人、メンテナンスもあまりしていなかった人は、一気に車検時に修理・交換しなければいけないパーツが増えて、車検費用が高額になってしまうこともあります。そんな時には買い替えも検討したほうがいいかもしれません。

【Q3】軽自動車10万キロ超は買取額への”影響低”はホント?

軽自動車

軽自動車で走行距離が10万キロを超えるケースも少なくないでしょう。10万キロを超えた軽自動車はほとんど価値がないだろうと思うかもしれませんが、実は軽自動車は10万キロ超でも買取額への影響は少ないのです。

その理由としては軽自動車の性能が良くなっている事と、需要が多い点からでしょう。軽自動車は普通自動車に比べて軽自動車税も少ないですし、燃費もいいため、コストを抑えられます。

コンパクトでありながら、昔に比べて規格が大きくなって車内も広くなっているので、乗りやすさもあります。

普段乗り、買い物や通勤だけに乗るセカンドカーとしての役割もあるので、10万キロを超えていようと問題なく乗れるのであれば需要はあります。そのため10万キロ超でも買取額が下がりにくいのです。

まとめ

夕日に走る車

このように昔は走行距離が10万キロを超えた車は買取額はガタ落ちするといわれていましたが、今は過走行車でも高価買取が可能です。ただ売り方を間違えると、やはり10万キロを超えているという理由で安く買い叩かれてしまう危険性もあります。

10万キロ以上の車を売る時には、どうしても弱気になってしまいがちですが今は高く買取できるので、気にせず強気に交渉してみましょう。それだけで買取額に大きく差が出ることもあるのですから。