自動車売却

【実例】動かない車…不動車は処分より売る方が100%得する理由と方法

レッカー移動させられる車

動かない車はもう車としての価値がないと思いがちです。実際にディーラーや整備工場に相談すると、廃車処分するしかないといわれて、その費用を請求されてしまうこともあります。ですが不動車でも買取してくれる業者もあります。

ですので、不動車は処分よりも売る方が100%得するのです。嘘のような話に聞こえるかもしれませんが本当に得するので、ここではその理由を解説しています。

また高く売るにはいくつかの方法があるのでそれもチェックしてみてください。

あなたの車は該当する?不動車(動かない車)の定義と意味

事故車

不動車とはその名の通り動かない車のことです。とはいえ不動車には明確な定義はなく、必ずしも動かない車だけではなく、動かせない車も不動車扱いになります。

以下のような車は不動車となるので、ご自分の車が該当するかどうかチェックしてみましょう。

  • 事故で大破して動かない車
  • バッテリー切れやバッテリー上がりでエンジンがかからない車
  • エンジン等の故障で動かない車
  • 水没などで動かなくなった車
  • 車検切れで公道を走れない車

《プロ目線》動かない車(不動車)は処分より売る方が100%得する

親指を立てるサラリーマン

動かない車を廃車にする際、業者に処分を依頼すると費用がかかってしまうことがあります。実は動かない車でも売れるので売るほうが100%得をします。なぜ売れるのかというと以下の理由があります

《プロ目線》動かない車(不動車)は処分より売る方が100%得する

【得する理由①】リサイクル部品として売却可能

山積みにされた車

不動車になった理由は、車の一部分が故障や損傷で動かなくなったものがほとんどです。ですがだからと言って他の部分まで使えなくなったわけではありません。

車はいろいろな部品が組み合わさって1台の車ができるので、取り外せばリサイクル部品として使えるのです。そういったリサイクル部品を取り扱っている業者に売却することができますから、不動車を買取しても十分利益が出るというわけです。

部品によってはすでに製造中止になったものもあるので、思った以上の価値があったりします。

【得する理由②】修理をすればまだ動く可能性

車の査定にきた業者の男性

古くて動かなくなった車だと、廃車にするしかないと思う人も少なくありません。ですがその車によってはちょっと修理すればまだ動く可能性があります。特にバッテリーが上がっただけの車ならなおさらです。

もちろん修理するのにどれくらいの費用がかかるのか、そして修理してどれくらいの価格で売れるのかにもよりますが、利益が出るなら売れる可能性は十分にあります。

これは仮に事故車扱いになったとしても、売れる可能性はあるので査定してもらうといいでしょう。

【得する理由③】海外の輸出業者への販売

輸出中の港

日本では高年式車や過走行車は高く売れませんし、ましてや事故車や不動車となれば買い手が付きにくいです。仮に修理できる状況だとしても、修理費用のほうが高くなってしまうこともあります。

ただそれは日本でのことであり、海外ではそうとは言い切れません。海外では性能のいい日本車は人気ですし、日本では価値がない車でも買い手がつく可能性が高いのです。

そのため海外に車を輸出している業者だと、高く買取してくれる可能性は十分にあります。

【得する理由④】解体(スクラップ)で鉄くずとして買取可能

積まれた車

修理しても動かない、修理のしようがないほど大破している車はさすがに価値はないと思うでしょう。確かに車としての価値もない、使える部品もないとなれば処分するしかないと思うものです。ですがそれでも車は解体して鉄くずとしての価値もあるのです。

鉄くずはキロいくらで価値がありますから、重量の大きい車だとそれだけで価値があります。ですので、大破してボロボロの車だとしても、買取してくれる業者があるかもしれません。

【実例あり】不動車の買取実績(相場)を見れば”売るべき”と納得

(画像出典:「ハイシャル」)
(画像出典:「ハイシャル」)

不動車は売る方が100%お得といっても、本当に買取してくれるのだろうか、買取業者に査定を依頼したら鼻で笑われてしまうのでは、なんて不安もあるのではないでしょうか。

確かにディーラーはもちろん、買取業者によっては不動車は買取不可のところもあります。ですが実際にたいていの不動車は買取してくれますし、その額を見たらやはり売るべきと納得できるはずです。

あくまで一例ではありますが、下記にも買取実績を書いておくので見てください。

チェイサー(1990年式・14万km・事故車・自走不能) 15,000円で買取
レジアスエース(2007年式・35万km・事故車) 80,000円で買取
フェアレディZ(2008年式・2万4,000km・事故車) 400,000円で買取
エリシオン(2007年式・12万km・バッテリー上がり) 12,000円で買取

《口コミ》動かない車(不動車)を売却した方の評判

実際に不動車を売却した方の口コミを見てみましょう。

動かない車(不動車)を相場より高く売る『7つの秘訣』

メモにチェック

動かない車はどうしても安くしか買取してもらえないと思いがちです。ですがやり方次第では相場よりも高く売ることもできます。ここでは動かない車でも相場よりも高く売る7つの秘訣を紹介しますので、参考にしてみてください。

動かない車(不動車)を相場より高く売る『7つの秘訣』

【買取額UPの秘訣①】少しでも査定が有利になるものはアピール

黒い車のホイール

買取額をアップするには、少しでも査定が有利になるものはアピールすることが大切です。どうしても動かない車は買取してもらえるだけで満足してしまいがちですが、不動車でも車によって価値が大きく異なります。

ですので、何かプラスになりそうなポイントはしっかりアピールしましょう。もちろん査定員は車をしっかりチェックしますが、まったく見落としがないわけではありません。

ONE POINT
査定員はマイナスのポイントだけはしっかりチェックするので、しっかりプラスポイントを伝えましょう。

車買取でプラス査定になる【全13ポイント】査定士が見るのはココだ!

【前提】査定士はプラス査定を「JAAI基準」で判断する [caption id……続きを読む
虫眼鏡を覗く男性

【買取額UPの秘訣②】嘘はつかない!車両情報を正確に伝える

男性と女性の会議

誰でも車は少しでも高く売りたいと思うものです。そのためできることならマイナスになるポイントは伝えたくないものでしょう。ですが高く買取してもらうためには、嘘はつかず車両情報を正確に伝えることが必須です。

嘘をついてしまうと後でバレた時に査定員の心証が悪くなり、それが査定額に響くこともあります。また不動車は一般的な中古車買い取りとは違って、実車査定をせずに電話査定のみというケースも少なくありません。

そのため、しっかりと正確な車両情報を伝えないと、安く査定されてしまうこともあるのです。ですので、電話査定をする場合には車検証を準備して正確な車の情報を伝えましょう。

また内外装についても、キズがどれくらいあり、エンジンはかかるのかなどもチェックしておくと安心です。

【買取額UPの秘訣③】自動車税の還付金を受け取る

電卓を持ったビジネスマン

車を売却する時期にもよりますが、たいていは車の売却をすれば自動車税の還付金を受け取ることができます。その金額は車を売却した月や排気量によって異なりますが、数万円戻ってくることもあるのです。

本来なら受け取れる自動車税の還付金が、買取業者によっては渡さないケースもあります。すでに買取額に含まれている業者もありますが、そもそも還付金があることを伝えずに業者が代わりに受け取ってふところに入れるケースもあります。

自動車税の還付金は車を廃車にした場合でも受け取れるので、自動車税の還付金はどうなるのか事前に確認しておきましょう。

ATTENTION

いくら高く買取されてもそのほとんどが還付金だったりすると、実際は損している場合もあるので注意が必要です。

「車売却の還付は”自動車税のみ”」自動車重量税は戻ってきません!

車売却した際の還付は「自動車税のみ」重量税は返金されない 車売却したら……続きを読む
税の計算

【買取額UPの秘訣④】月末や年度末の売却は還付金減額を意識する

2月のカレンダーとメモ帳

少しでも高く買取してもらうためには、業者との交渉も重要なポイントです。ただ月末や年度末はできるだけ次の月になる前に売買契約を済ませてしまいましょう。それは自動車税の還付金が減額になってしまうからです。

車を売却すれば残りの期間の自動車税の還付金を受け取れますが、次の月になると1ヶ月分が損してしまいます。排気量にもよりますが1ヶ月で3,000円から1万円ほどの差が付きます。

また4月になってしまうと、新たに自動車税を支払わなければいけなくなるので、その前に売却したほうがいいでしょう。

【買取額UPの秘訣⑤】移動レッカー代や引き取り費用無料の業者を選ぶ

レッカー移動する車

不動車はそもそも車を動かすことができないわけですから、売却した場合にはレッカーで運ぶことになります。レッカー代は業者によっても異なりますが、1万円から2万円ほどかかることもあり、そうなると結果的に買取額が少なくなってしまいます。

買取業者によっては移動レッカー代や引き取り費用が無料という業者もあります。ですので、少しでも買取額を高くするためには、こういったレッカー代が無料のところを選ぶのもポイントです。

【買取額UPの秘訣⑥】ディーラー下取りNG!処分や移動費用が発生

税の計算

不動車を処分して新たに車を購入するという人も少なくないでしょう。そのため、不動車はディーラー下取りにするという人も少なくありません。ですが買取額を高くしたいのであれば、ディーラー下取りはNGです。

ディーラーの下取りはリユースできるかどうかがポイントですから、不動車となると逆に廃車費用やレッカー代を請求されてしまう可能性が高いです。

そのためプラスどころかマイナスにしかならないケースもあるので、ディーラー下取りはやめたほうがいいでしょう。

損しない車売却『ディーラー下取り』買取との違いもイチから全解説!

ディーラー店の下取りとは?店舗はどこ? 普段から車にはよく乗るけど、車……続きを読む
ディーラー下取りをイチから解説します

【買取額UPの秘訣⑦】当サイトおすすめは”廃車買取”

重要と書かれた文字

一般的な車買取業者は、リユースできる車が対象としています。そのため廃車寸前の車はあまり高く買取してくれない傾向が強いです。それどころか買取を断られてしまうこともあります。それは廃車寸前の車の価値をうまく活用できるすべがないからです。

そのため不動車を売るのであれば廃車買取業者がおすすめです。廃車買取業者なら廃車寸前の車の買取に特化しているので、どのような車でも買取してくれます。

そして海外への販売ルートや部品取りなどいろいろなルートがあるため、高く買取してくれる可能性が高いのです。それでいてすべての車を廃車にするのではなく、リユースするルートもあるので思った以上の価格で買取してもらえることもあります。

廃車買取なら『ハイシャル』『廃車買取.com』がおすすめ

ハイシャル

廃車買取業者といってもたくさんの業者があります。その中でもおすすめなのが『ハイシャル』『廃車買取.com』です。

ハイシャルの特徴は以下の通りです。

  • どんな車でも0円以上で買取保証
  • 日本全国対応可能
  • 年中無休
  • レッカー代や書類代行費用など手数料が一切かからない
  • 自動車税の還付金を受け取れる
(画像出典:廃車買取.com)
(画像出典:廃車買取.com)

また廃車買取.comの特徴は以下の通りです。

  • どんな車でも買取可能
  • 日本全国対応可能
  • 年中無休
  • レッカー代無料
  • 廃車手続き無料で代行
  • 自動車税の還付金を受け取れる

このように『ハイシャル』と『廃車買取.com』では、レッカー代などの費用は一切かかりません。またどんな車でも買取可能と謳っているので、損をすることがないどころか思った以上のお金を得ることができます。

【普通車&軽自動車別】不動車の買取に必要な書類一覧

不動車の買取に必要な書類は以下になります。

中古車買取店の手続き
中古車買取店の必要書類 保管場所
自動車検査証 ダッシュボード内に保管
自賠責保険証明書 ダッシュボード内に保管
自動車納税証明書 自宅かダッシュボード内に保管
委任状譲渡証明書 業者から受け取る書類
実印 自宅
印鑑登録証明書 印鑑を持って役所で申請する
リサイクル券の預託証明書 ダッシュボード内に保管
戸籍謄本・住民票 現在の住所・氏名が異なる場合のみ役所で発行

まとめ

レッカー移動させられる車

不動車はほとんど価値がない、むしろ廃車費用を支払って処分するしかないと思いがちですが、実はどんな車でも買取してくれる業者もあります。ですので、不動車だからと言って処分するのは100%損をしてしまうでしょう。

ですので、不動車だからと諦めるのではなく、価値のある車と思ってしっかりと業者と交渉して高く売ることが必須です。

ただすべての業者が不動車を高く買取してくれるわけではありませんので、業者選びも重要になります。