車のマットを外すとマイナス査定?プラス査定につながるパーツ・オプションを紹介

車のマット
この記事を読めば解決できること
  • 車査定時のフロアマットの影響を知りたい
  • プラス査定になりやすいパーツ・オプションをチェックしたい

車を乗り換える際、それまで乗っていた車のフロアマットを次に乗る車にも使おうと思う方もいるでしょう。ですが、フロアマットがない状態で査定するとマイナス査定になってしまいます。

また社外品のフロアマットでもマイナス査定になることもあります。

ここではフロアマットが車査定にどう影響するのかをまとめています。またそれとともにフロアマット以外のパーツ・オプションについても、車買取の際につけておくべきか、外したほうがいいのか解説しています。

目次

フロアマットがなければ車の買取や下取りで「マイナス査定」

運転

車の買取の際、次に乗る車に使おうとフロアマットを外す方もいます。

ですが、車買取においてフロアマットは付属している事が前提となっているため、万が一フロアマットを外して査定してもらうとマイナス査定になってしまいます。

これは査定基準にも明記されているもので、間違いなく減額です。その額については車種にもよりますが、基準は35点の減点で、つまり35,000円もの減額になってしまう事もあります。

ATTENTION
ちなみに、欠損していなくても穴が開いていたりボロボロの状態も減額の対象です。

車を売る時にパーツを付けておいた方が良いケース

車にはフロアマットの他にもいろいろなパーツがあるものです。車売る時には以下のようにパーツを付けておいた方がマイナス査定を避けられる、もしくはプラス査定になるものもあります。

車を売る時にパーツを付けておいた方が良いケース

メーカー・ディーラーの純正パーツ

車屋_店_ディーラー

車にはいろいろなパーツがありますが、新車購入時にメーカー・ディーラーで付けた純正パーツは査定に大きな影響を及ぼします。

純正パーツは製造過程で取り付けるものですので基本的に新車購入時にしか付けることができません。そのため希少価値が高く、純正オプションなら尚更買取額アップに期待できます。

逆にフロアマットのように標準で装備されているものの場合、逆に外してしまうとマイナス査定になる可能性が高いです。ですので、基本は純正パーツは残しておくのが望ましいです。

人気のパーツ(純正・社外品問わず)

白い車のボディ

車を自分なりにカスタマイズする方は少なくありません。そのため新車購入時にいろいろとオプションで純正パーツをつける人もいますし、購入後に社外品を取り付ける人もいます。

そのパーツが人気の高いものであれば、純正はもちろん社外品でも高価買取が期待できます。ただこの場合、一般的に人気のパーツということであり、個人的に好きなパーツというわけではありません。

例えば、タイヤホイールやカーナビ、オーディオ、ETCなどは利用する方がほとんどですので高評価です。

プラス査定になりやすいパーツ(オプション)まとめ

以下のようなパーツは買取の際に付けているプラス査定になる可能性があります。

プラス査定になりやすいパーツ(オプション)まとめ

【パーツ①】純正カーナビ・ETC

ETC

カーナビやETCは後から取り付けることも可能なパーツではありますが、そうなると車の開いているスペースに取り付けることになることもあります。それよりも最初からボディーにはめ込んでおく純正の方が評価が高いです。

車との連動性も良く性能についても純正であれば安心ですから、プラス査定になることもあります。

逆にどんなに高価なカーナビやETCを取り付けていたとしても、プラス査定にはならないでしょう。かといって、取り外すとマイナス査定になってしまう恐れもあります。

車の下取りはETCを取り外すと買取額はダウン?車をラクに高く売る方法を解説

この記事を読めば解決できること 車を売る時のETCのベストな扱いを知りたい……続きを読む
ETC

【パーツ②】純正フロアマット

BMWの運転席

純正フロアマットは標準で付いてくるもので、当然その車に合ったマットになります。

もちろん社外品のフロアマットでも適合するマットはありますが、純正の方が評価は高いです。とはいっても、純正フロアマットだからといって大幅なプラス査定を期待できるものでもありません。

ただ純正フロアマットはオプションではありませんので、付いていて当然のもので逆に取り外してしまうとマイナス査定になってしまう恐れもあります。

ONE POINT
もし社外のフロアマットに変えたのであれば買取の際には元に戻すことをおすすめします。

【パーツ③】キーレスエントリー

BMWの運転席

キーレスエントリーは車のドアのロック・アンロックを鍵穴にカギを差し込まずにボタン1つでできるシステムです。非常に便利で手がふさがっていても簡単にドアを開けられるとして人気のパーツでもあります。

近年は新車で購入すればほとんどがキーレスエントリーが付いていますので、当たり前の機能のためプラス査定はあまり期待はできなくなっています。

だからこそ逆にキーレスエントリーがついていない車だとマイナス査定になる可能性が高いです。

【パーツ④】レザーシート

本革のシート

レザーシートは車内を落ち着いたラグジュエリーな空間にしてくれるパーツです。基本的に車の製造工程でつける純正オプションであり、状態が悪く無ければ買取の際にはプラス査定になること間違いなしです。

もちろん購入後もレザーの張り替えもできますが、プラス査定にならない可能性が高いです。ただレザーとファブリックのコンビシートだとプラス査定にはならない傾向にあります。

またレザーに傷やシミなどがあると査定額が下がってしまう事もあるので、普段の手入れも需要です。

車査定で本革シートは買取額UPの鉄板オプション…だが状態による!

この記事を読めば解決できること 本革シートと車査定の関係 車の……続きを読む
本革のシート

【パーツ⑤】バックモニター・サイドモニター

車の査定額に納得行かない女性

近年は安全運転のため、運転手から見えない部分をサポートしてくれるバックモニターやサイドモニターが付いている車が増えています。人気のパーツであり、付いているとプラス査定になる傾向にあります。

バックモニターやサイドモニターは後付けも可能ではありますが、やはり連動性や操作性などを考えると純正の方が評価は高いです。

またバックモニターは装着の義務化が進んでいくため、今後は付いていないとマイナス査定になる可能性もあります。

【パーツ⑥】エアロパーツ

並んだ青の車と白の車

車がスタイリッシュに見せるために取り付けるエアロパーツですが、これもプラス査定になる可能性があります。

特に純正のエアロパーツだと査定額がアップしやすいです。エアロパーツは社外パーツもありますが、社外品だとプラス査定にはなりにくいです。

逆に一般受けしないようなエアロパーツだと、いくら高価なものをつけていたとしてもマイナス査定になることもあります。また純正エアロパーツでもフロントやリヤのみのように一部だけ付いていてもプラス査定にはなりにくいです。

「車査定にエアロの影響はあるのか」プラスとマイナスの差は紙一重!

この記事を読めば解決できること 車査定でのエアロについて エア……続きを読む
車のエアロ部分

【パーツ⑦】電動スライドドア

車のシート

電動スライドドアは小さい子どもをお持ちのファミリー層や高齢者のいる家庭にも人気です。そのため電動スライドドアが付いていてマイナスになることはなく、むしろ買取額の高額アップも期待できます。

もちろんついていないからといってマイナス査定になることはないですが、買取額には大きな差が出るでしょう。

ただ近年は片側電動スライドドアが標準装備となっている車も多いため、両側電動スライドドアだとより買取額のアップが期待できるでしょう。

【パーツ⑧】先進安全技術

車を見ている男性

車は日々進化しており、高齢者の方や運転が未熟な方でも安全に走行できる装備が備わっている車が多くなっています。

実際に操作ミスや判断遅れなどによる事故も増えてきているため、こういった先進安全技術がついた車の需要が高まっています。

そのため先進安全技術が備わった車だと買取額のアップが期待できます。純正オプションだと車との連動性も高いのでより評価が高くなります。

逆に次々といろいろな技術が出てきているので、数年後になると付いていないことでマイナス査定になるかもしれません。

【パーツ⑨】サンルーフ

駐車場に停められた車

一般的にサンルーフが付いている車は少なく、サンルーフがついていることで買い手が付きやすくなる傾向にあります。

そのためサンルーフがあると買取額もアップしますし、査定評価基準でも加点となる装備となっています。

ただサンルーフが装備されていないからといってマイナス査定になることはありませんし、逆にサンルーフが劣化しているとマイナス査定になってしまいます。ですので、新車購入時には必要な方のみつけたほうがいいでしょう。

車査定でサンルーフは査定額UP!気になる買取金額とプラス評価の根拠

この記事を読めば解決できること 車査定とサンルーフについて 車……続きを読む
車のサンルーフ部分

フロアマットの売却はどうするべきか

車を売却する際、純正のフロアマットならそのまま査定すべきです。では純正以外のフロアマットをつけている場合はどうすべきか、というと方法としては以下の2つがあります。

フロアマットの売却はどうするべきか

【方法①】カー用品の買取業者でパーツのみを売る

窓口の男性

社外品のフロアマットをつけている場合、そのまま車を買取してもらってもプラス査定になることはありません。むしろ純正フロアマットでないためにマイナス査定になってしまう恐れもあります。

ですので、純正フロアマットをお持ちであれば、それに戻して社外品のフロアマットは買取業者に売るのも1つの方法です。

フロアマットの状態にもよりますが数万円での買取も可能です。また車種によっては純正フロアマットも高く売れるのでマイナス査定とフロアマットの買取相場で比較してみるのもいいでしょう。

【方法②】パーツでプラス査定を狙って高く売るなら”車一括査定”

車一括査定のメリット

純正フロアマットをつけて車を査定してもらえば、マイナス査定になることはないでしょう。ただプラス査定になるわけでもありません。

一般的には社外品のフロアマットに変えて査定すると、マイナス査定になることがありますが、必ずしもそうとは限らないのです。

買取業者によっては社外品パーツもしっかりとプラス査定してくれるところもあります。特にカスタム車をメインで取り扱っている業者だと、人気のパーツは高く買取してくれる場合もあるのです。

ただ実際のどこの業者が高く買取してくれるかはわからないので、そんな時には車一括査定を利用してみるのもいいでしょう。車一括査定であれば一度に複数の買取業者に査定してもらえるので、手間もかからず簡単です。

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば5社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2024年12月最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー MOTA車買取 ズバット車買取
運営会社 リクルート MOTA ウェブクルー
提携業者数 1,000社以上 500社以上 200社以上
同時査定依頼数 30社 20社 10社
業者選択 ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。

編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも90万円以上高い査定額がつきました。
MOTA車買取
MOTA車買取
  1. 最大3社のみと交渉
  2. 車一括査定とオークション形式のハイブリッド
  3. 査定前にWEB上で最大20社が概算査定額を入札

「MOTA車買取」は車一括査定とオークションを合わせたサービス。申し込むと翌日18時に最大20社の買取店による概算査定額がWEB上に表示されます。

そのうち高額査定の3社だけが利用者と連絡できる仕組みです。

最初のWEB査定、次の実地査定と段階を踏んで査定額アップを狙うチャンスがあります。

「査定額は知りたいけど営業電話は極力減らしたい…でも高く売りたい」という、交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ズバット車買取
ズバット車買取比較
  1. 10年の実績と東証一部上場企業の安心感
  2. 申込みと同時に買取相場がわかる
  3. 査定業者を選定できる

ズバット車買取は車買取業者として実績が長く、東証一部上場企業の運営という安心感があるサービス。大きな特徴は申込後スグに買取相場がわかることです。

比べられる業者も200社以上と多く、大手中古車買取業者との提携は8社と十分なスペックをもっています。

また、運営実績が長いため、実績のある買取店との提携から高価買取にも期待できます。

車査定時のフロアマットの扱いまとめ

車のマット

車査定時のフロアマットの扱いをまとめると、以下の通りです。

この記事を読めば解決できること
  • フロアマットを外して査定するとマイナス査定
  • 純正パーツや人気のパーツはプラス査定

この記事を書いた人

「もっと価値を見つける」をテーマに自動車の買取現場に立ち会い数多くの交渉を経験。現在は自動車買取メディアの立ち上げから運営、さらに自ら車売買を行うため古物商を取得(奈良県公安委員会 第641180000388号)。WEBメディアを通じて分かりにくいことを分かりやすく解説し、リユースに関する正しい知識を提供し、適切な判断ができるように情報を発信中。

my car value check
愛車の価値が
60秒でわかる!!
1愛車の種類を選択
2年式を選択
3走行距離を選択
データがありません

申し訳ございません。査定データがありませんでした。

あなたの愛車の価値は...

万円

~

万円

です

現在

相場を確認したら一括査定サービスで
実際の価格を比較しよう

愛車の相場を確認したあなたは一括査定サービスを利用することをおすすめです。

一括査定サービスは最大30社に査定依頼できるので高額が狙えます。

サービスは無料で愛車情報を入力するだけとかんたんなので是非試してもらいたいです。

目次