自動車購入

中古車を購入した時の名義変更の手順・流れ!かかる費用&日数・書類

カーショップ

中古車を購入したらすぐに車に乗れるというわけではありません。車を乗るためには、新しい所有者は購入した時に車の名義変更を行う必要があります。

車の名義変更は自分でもできないわけではありませんし、面倒な人は販売店に代行してもらうことができます。ただ自分で手続きするのか、販売店に代行してもらうのかによって準備する書類や費用も違ってきます。

ここでは車の名義変更の手順と必要書類、費用などについて、自分でやる場合と販売店に依頼する場合の違いも説明しています。

中古車の名義変更の大まかな流れ

手帳

中古車の名義変更をする場合のおおまかな流れについては以下の通りです。

  1. 必要書類を準備する
  2. 新所有者の地域を管轄する陸運局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で必要書類を提出する
  3. 陸運局が申請書と必要書類をチェックする
  4. 新しい車検証が交付される
  5. 自動車税に関する手続きをする
  6. ナンバープレートの取得と交換

陸運局で行う手続きについては、それほど難しいことではありません。ただ名義変更の手続きは中古車を購入してから15日以内と決められており、その間に必要書類を準備して陸運局に行かなければいけません。

必要書類の準備には時間がかかってしまうこともありますし、陸運局は平日のみの業務で時間も決まっているので、手間がかかるだけでなく意外と時間は少ないでしょう。

自分で中古車の名義変更をする場合

本

中古車の名義変更は自分でもできます。その場合の細かな手続きの手順と流れについては以下の通りです。

  1. 必要書類を準備する
  2. 新所有者の地域を管轄する陸運局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会へ行く
  3. 窓口で申請書と手数料納付書をもらう
  4. 手数料分の印紙を購入する
  5. 申請書を作成し必要書類を添えて提出する
  6. 運輸支局が申請書・必要書類を確認する
  7. 新しい車検証が交付される
  8. 自動車税・自動車取得税の申告
  9. 古いナンバープレートと新しい車検証を提出する
  10. 新しいナンバープレートを受け取る
  11. 手続き終了

手順はいろいろとありますが、陸運局に行けば意外と簡単に手続きができるので自分でも名義変更できます。またナンバープレートについては管轄が同じであれば、手続きの必要はありません。

中古車の名義変更に必要な書類一覧

車売却の必要書類をまとめる男性

中古車の名義変更を販売業者に代行してもらう場合、新所有者が準備する必要書類として以下の通りです。

  • 印鑑証明書: 3ヶ月以内のもの
  • 委任状:実印を押印
  • 車庫証明書
  • 実印

実際の名義変更では、旧所有者の譲渡証明書や印鑑証明書、車検証、管轄地域が変わる場合にはナンバープレートも必要です。

ですが、中古車購入と同時に名義変更を代行してもらう場合には業者側で準備しますので、新所有者側で準備するものはかなり少なくなります。

また委任状について販売業者が準備していますので、そこで書類に必要事項を記入して実印を押印するだけです。ですので、実際に新所有者が準備しなければいけないのは、印鑑証明書と車庫証明書、実印だけになります。

自分で名義変更の手続きをするときに必要な書類一覧

ノートPCで検索

車の名義変更は自分でも手続きができます。その場合に準備する必要書類としては以下の通りです。

  • 譲渡証明書:旧所有者の実印の押印があるもの
  • 新・旧所有者の印鑑証明書:3ヶ月以内のもの
  • 旧所有者の委任状:旧所有者の実印の押印があるもの
  • 車検証:車検が切れていないもの
  • 新所有者の車庫証明書
  • ナンバープレート:管轄地域が変わる場合
  • 申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 手数料納付書

このうち、中古車販売店から車を購入した場合には、旧所有者に関する書類は販売店側に用意してもらいます。

また申請書、自動車税・自動車取得税申告書・手数料納付書に関しては運輸支局でもらえます。

ONE POINT
車庫証明書は新所有者の管轄の警察署で申請して取得します。

中古車の名義変更にかかる費用

電卓と車のおもちゃ

中古車の名義変更には費用もかかります。主な費用と金額については以下の通りです。

  • 申請書の用紙代:100円
  • 移転登録手数料:500円
  • 車庫証明書の取得費用:2,500円から3,000円
  • 自動車取得税:車による
  • 印鑑登録証明書の取得費用:300円程度
  • ナンバープレート代:1,500円程度
  • 名義変更代行料:別途5,000円から30,000円

このうち、ナンバープレート代については管轄地域が変わらない場合には不要で、もし希望ナンバーや図柄ナンバーなどがある場合には4,000円から9,000円ほどかかります。

また細かく言えば車庫証明書や印鑑登録証明書も自治体によって若干変わります。

ATTENTION

最も費用がかかってしまうのが、業者に名義変更を代行してもらった場合の代行料です。これについては、業者によって金額に差がありますので、金額を確認した上で検討してみるといいでしょう。

自分で中古車の名義変更をするときの費用

電卓で計算

中古車の名義変更は自分でもできます。その時の費用は前述の費用から名義変更代行料を差し引いた額となりますので、ナンバープレート代を含めても5,000円程度です。そのため、費用面で言えば自分で名義変更をしたほうがお得と言えるでしょう。

ただ、細かく言えばお住まいに地域によっては交通費をかけて管轄する陸運局まで行かなければいけませんので、人によっては数千円かかってしまうこともあるでしょう。

また陸運局は平日しか業務を行っていないので、仕事をしている人は平日に仕事を休まなければいけなくなります。それにより収入が減ってしまう人もいるかもしれません。

陸運局での手続き自体は初めての方でもそれほど難しいものではありませんが、陸運局に行くこと、手続きする事はそれなりの手間となります。

中古車の名義変更の日数について

2月のカレンダーとメモ帳

中古車の名義変更はどれくらいかかるのか、申請してから名義変更が完了して新しい車検証が発行されるまでどれくらいかかるのだろうか不安に思う人もいるでしょう。

名義変更の手続き自体は、必要書類を持って陸運局で申請すれば約1時間程度で終わり新しい車検証も発行されます。

ただこれを中古車販売店などに依頼した場合には、販売店側の都合もありますので必要書類を販売店に持っていってから早くても2日から3日ほどかかってしまうのが一般的です。

業者は他の方の名義変更なども一緒に手続しに行くこともあるので、1週間以上かかってしまう場合もあります。特に販売店が県外となれば、さらに日数はかかってしまうでしょう。

また車検が切れている中古車を購入した場合には、必要書類が揃っていても車検を取得する時間も必要になるので時間がかかります。

自分で名義変更を行ったときにかかる日数

2月のカレンダー

自分で車の名義変更を行う場合、必要書類が終わったら陸運局に行って手続きをするだけですので、手続き時間は1時間程度で済みます。

ただ実際は陸運局まで行く往復の時間もありますから、地域によってはほぼ1日かかってしまうなんてこともあるかもしれません。これは販売店に代行してもらう場合も同じですが、必要書類の準備までにも時間がかかります。

名義変更には印鑑証明書や車庫証明書が必要になりますが、車庫証明書は申請してから3日から1週間ほどかかります。

また印鑑証明書・車庫証明書の申請窓口は基本的に平日しか業務を行っていません。そのため土日祝日、特に大型連休がある場合には、かなりの日数がかかってしまうこともあるので注意しましょう。

【注意】名義変更は購入から15日以内に済ませる

査定について説明する作業員

中古車を購入した時の名義変更ですが、いつ手続きをしてもかまわないというわけではありません。実は道路運送車両法で車の名義変更は中古車を取得してから15日以内に済ませることと決められているのです。

とはいえ実際は15日を超えても罰則が科せられるわけではありません。ただ、名義変更が遅くなってしまうと、その間に事故や違反をしたら前オーナーに請求がいってしまうこともあります。特に注意が必要なのは3月下旬に車を購入した場合です。

毎月支払わなければいけない自動車税は4月1日時点での所有者に支払い義務が発生します。もし名義変更が手間取ってしまうと、それも前オーナーに納付書が届いてしまうことになるので、できるだけ早く手続きを進めるようにしましょう。

まとめ

カーショップ

このように中古車は購入すれば終わりというわけではなく、最後の手続きともいえる名義変更が残っています。名義変更自体は自分でもできるのですが、どうしても時間と手間がかかってしまいます。

名義変更は15日以内に済ませなければいけないと決められていますので、多少費用が多くかかってしまいますがスムーズに手続きを終えるためには販売店に代行してもらうのも1つの方法です。

ただ代行費用も業者によって異なりますので、まずはその費用を確認してみましょう。