メーカー・車種別

おすすめはコレだ!国産の小型車・コンパクトカーの人気ランキング!

小型の車

今ではすっかり人気のボディタイプとして定着化しているコンパクトカー。コンパクトカーは小回りが利いて運転しやすく、軽自動車よりもゆったりとした車内空間を持っています。

さらには燃費にも優れ、車両の価格はリーズナブル。そういった様々なメリットにより、若いドライバーからシニアの方まで幅広いニーズを獲得しています。

この記事では人気の国産コンパクトカー・小型車をランキング形式でご紹介します。

国産コンパクトカー・小型車の人気ランキング

コンパクト人気により、どのメーカーもこのタイプの販売に力を入れており、車種の数も豊富です。現在販売中のものから、中古車まで含めると、選べる種類が多くて迷ってしまいそうです。

まずはおすすめコンパクトカーをまとめてご紹介します。

1位 日産・ノート e-POWER
2位 トヨタ・ヤリス
3位 トヨタ・ルーミー
4位 ホンダ ・フィット ハイブリッド
5位 トヨタ・ライズ
6位 スズキ ・ソリオ
7位 トヨタ・ アクア
8位 トヨタ・ ヴィッツ
9位 スズキ・ ジムニーシエラ
10位 マツダ・ MAZDA2
11位 トヨタ ・パッソ
12位 スズキ・ スイフト
13位 スズキ・ クロスビー
14位 ダイハツ ・ロッキー
15位 トヨタ・ポルテ
16位 ダイハツ ・トール
17位 日産 ・マーチ
18位 トヨタ・ GRヤリス
19位 スズキ ・イグニス
20位 三菱・ ミラージュ

全体的に見ると、トヨタ車多めの結果になりましたが、他のメーカーについてもそれぞれの代表車、有名車がラインナップしています。

2021年度1月の新車販売台数ランキング(軽自動車除く)を調べてみると、以下のようなコンパクトカーがランクインしていました。

  • ヤリス・トヨタ (1位)
  • ルーミー・トヨタ  (2位)
  • ノート ・日産  (6位)
  • ライズ ・トヨタ  (7位)
  • フィット・ホンダ (10位)
  • ソリオ・スズキ (12位)

やはりトヨタは強いようです。ちなみに当サイトのランキングではトヨタのライズのような小型のSUVもコンパクトカーとして扱っています。

日産・ノート e-POWER

ノート e-POWER
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
日産・ノートe-POWER ~280万円 124~281万円

2016年末のフルモデルチェンジでハイブリッドモデルの「e-Power」が追加され、2020年の3代目となるノートではe-Powerのみで販売されています。静寂性が向上し、走行性能の評判も良いです。

内装ではスマホのワイヤレス充電器をオプションとして装備できるなど、快適なドライブへのこだわりがさらに磨かれている印象です。

トヨタ・ヤリス

ヤリス
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
トヨタ・ヤリス ~250万円 140~249万円

2020年に登場したトヨタのヤリス。売り上げは好調で、新車の販売台数においては上位をキープしています。

2021年には欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、デザインや安全・走行性能、環境性能など総合的なバランスの良さが評価されています。

トヨタ ・ルーミー

ルーミー
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
トヨタ・ルーミー ~259万円 146~209万円

トールワゴン型のコンパクトカーで、視界が良く扱いやすいと評判です。パワースライドドアが標準装備、乗り降りしやすい低床で、子どものいるファミリー層にもおすすめです。

小回り性能も軽自動車に匹敵するので、ちょっとした買い物などにも便利です。

ホンダ・フィット ハイブリッド

フィット ハイブリッド
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ホンダ ・フィット ハイブリッド ~213万円 159~241万円

フィット ハイブリットは2代目フィットをベースとし2010年に登場、2020年に4代目フィットへの入れ替えに伴って販売が終了しています。

4代目のフィットにもハイブリットモデルが設定され、Hondaのコンパクトカーで初となる2モーター方式を採用、名前は「フィットe:HEV」となりました。視界、座り心地、乗り心地、使い心地を追求しているのが特徴です。

トヨタ・ライズ

ライズ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
トヨタ・ライズ ~313万円 168~228万円

トヨタのライズは小型のクロスオーバーSUVです。売り上げ好調のSUVで、5ナンバーでありながら堂々したエクステリアのデザインを備えています。

大径タイヤでありながら小回りもきき、「衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能」「ブレーキ制御付誤発進抑制機能」など安全性能も充実しています。

免許をとったばかりの若いドライバーの方で、かっこいいSUVに乗りたいという場合にはおすすめの一台です。

スズキ ・ソリオ

ソリオ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
スズキ ・ソリオ ~223万円 100~221万円

2020年にフルモデルチェンジした4代目ソリオはボディサイズを拡大し、前モデルよりも全幅20mm、全長80mmが大きくなり、より広々とした車内空間となりました。

安全性能も強化され、ステレオカメラによって最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止や車両通行禁止を認識する標識認識機能が新たに搭載されています。

トヨタ・ アクア

アクア
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
トヨタ・ アクア ~239万円 169~261万円

トヨタのアクアは5ナンバーサイズのコンパクト型ハイブリットカー。プリウスをベースとしたデザインで、落ち着きのあるかっこよさを備えています。

環境性能については、「世界トップクラスの低燃費」を謳っており、2013年には国土交通省が発表した「燃費の良い乗用車ベスト10」で普通・小型車部門で1位になっています。燃費重視の方にぴったりの一台です。

トヨタ・ ヴィッツ

ヴィッツ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
トヨタ・ ヴィッツ ~399万円 ~400万円

ヴィッツは国外ではヤリスという名称でしたが、2020年からヤリスに統一されました。丸みのあるデザインで女性の方にも人気です。

狭い道でも運転しやすく、小回りも利くので初心者ドライバーの方にもぴったりです。ハイブリットモデルも設定されており、燃費にこだわりたい方にも。

スズキ・ ジムニーシエラ

ジムニーシエラ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
スズキ・ ジムニーシエラ ~407万円 133~205万円

ジムニーは軽自動車の4WDとして有名ですが、ジムニーシエラは普通自動車として登録されたモデルです。こちらもラダーフレーム構造の本格的な4WDで、内装は機能性を突き詰めてシンプルになっています。

セーフティサポートが装備され、安全性能も先進。個性的なコンパクトに乗りたい方におすすめです。

マツダ・ MAZDA2

MAZDA2
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
マツダ・ MAZDA2 ~242万円 145~277万円

MAZDA2は当初、デミオの名で販売されていましたが、2019年から4代目デミオの一部改良車が海外での名称であるMAZDA2で販売されることになりました。

「シンプルなエレガンス」を追求した上品そうなデザインが特徴です。エンジンはガソリンとディーゼルが設定されています。「i-ACTIVSENSE」という先進安全技術が装備されているので安全面も強化されています。

トヨタ ・パッソ

パッソ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
トヨタ ・パッソ ~189万円 95~190万円

パッソはダイハツが開発生産し、トヨタが販売するコンパクトカーです。2016年にフルモデルチェンジし現在は3代目となります。

2WDと4WDが設定されており、4グレードが用意されています。特別使用車である「MODA¨charm¨」はピンク色のかわいいデザインとなっていて、女性の方におすすめです。

スズキ・ スイフト

スイフト
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
スズキ・ スイフト ~198万円 79~208万円

2000年に登場したスイフトは現在4代目です。現行モデルはガソリン、マイルドハイブリッドモデル、ハイブリッドモデルが用意されており、初代からATだけでなくMT車も設定されています。

2017年度グッドデザイン賞を受賞。スポーティーな内装・外装が特徴です。

スズキ ・クロスビー

クロスビー
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
スズキ・ クロスビー ~251万円 177~224万円

クロスビーはSUVタイプのコンパクトカーで2017年に登場しました。「ワゴンとSUVの要素を融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン」として開発。

4WD車には急な下り坂などでブレーキペダルを踏まなくても自動的に車速をコントロールするヒルディセントコントロールなどが標準装備されています。

ダイハツ・ ロッキー

ロッキー
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ダイハツ ・ロッキー ~268万円 135~242万円

コンパクトタイプのSUVであるロッキーは2019年に2代目が登場しました。トヨタのライズと兄弟車になります。トヨタとダイハツが共同開発した車両づくりのシステム「DNGA」が採用され、DNGA小型車第一号としてロッキーが開発生産されました。

「大型タイヤをはきながらも、小回りがいい」「コンパクトボディなのに、車内・荷室が広い」を両立。2020年にはGOOD DESIGN AWARDを受賞しています。

トヨタ・ポルテ

ポルテ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
トヨタ・ポルテ ~179万円 139~224万円

トヨタのポルテは2004年、ミニバン的要素を持つコンパクトカーであるプチバンとして登場しました。広々とした室内空間やスライドドアなどが特徴で、スペイドが姉妹車にあたります。

丸みを帯びたかわいらしさのあるデザインと実用性の高さを備えているため、ファミリー層や女性などにおすすめの一台です。

ダイハツ ・トール

トール
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ダイハツ ・トール ~249万円 146~210万円

ダイハツのトールはOME車として、トヨタではルーミーやタンクとして、スバルではジャスティとして販売されています。エンジンはNA仕様の1KR-FE型とターボ仕様の1KR-VET型の2タイプが用意されています。

大開口スライドドアが自動でオープンする機能が装備されるなど、日常的な利便性にこだわっています。

日産・ マーチ

マーチ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
日産 ・マーチ ~198万円 60~187万円

現在日本で販売されているマーチは2010年に登場した4代目にあたります。かつては軽自動車のような小型なボディとおしゃれなデザインによって女性を中心に人気がありました。

最近ではノートなどの勢いによって存在感が薄くなっていますが、かわいいコンパクトカーとしておすすめの一台です。

トヨタ・ GRヤリス

GRヤリス
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
トヨタ・ GRヤリス ~555万円 265~456万円

新車の売れ行き好調なコンパクトカーのヤリスのスポーツカーのモデルがこのGRヤリスになります。GRシリーズの第一弾がGRスープラで、この車種が第二弾となります。

4人乗りの3ドアハッチバッククーペで、グレードはRZ、RC、RSの3種類が用意されています。

スズキ・ イグニス

イグニス
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
スズキ ・イグニス ~195万円 138~197万円

イグニスはクロスオーバーSUV型のコンパクトカーで、ハスラーとエスクードの中間に位置する新ジャンルとして開発されました。

マイルドハイブリッドを搭載、4WD車には急な下り坂や雪道、ぬかるみなどに効果的に対応したヒルディセントコントロール、グリップコントロールが標準装備されています。

三菱 ・ミラージュ

ミラージュ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
三菱・ ミラージュ ~139万円 76~253万円

ミラージュは2012年から現在の6代目となっているので、長くフルモデルチェンジはしていません。そのため、デザインという点では中古車であっても古臭さは感じにくいです。

燃費が良いのも特徴です。誰もが知る人気車ではありませんが、その分、中古車市場で値が落ちやすい傾向です。コスパ重視の方はチェックしてみるといいでしょう。

まとめ

小型の車

この記事では人気の国産コンパクトカー・小型車をランキング形式でご紹介しました。コンパクト人気により、どのメーカーもこのタイプの販売に力を入れており、車種の数も豊富です。

現在販売中のものから、中古車まで含めると、選べる種類が多くて迷ってしまいそうです。ここでピックアップしたのは新車販売台数ランキングとは別の独自ランキングになりますが、トヨタ車多めの結果になりました。

一口にコンパクトカーといっても、メーカー、デザイン、性能、価格帯とそれぞれ特徴が異なります。多様な車種があるので満足のいく一台と出会いやすいボディタイプといえるため、一度、じっくり時間をかけてリサーチしてみるといいでしょう。