メーカー・車種別

【最新版】おしゃれでかわいいと評判の軽自動車&軽ミニバンまとめ

車に乗る女性

燃費が良くて経済的、小回りもきいて運転しやすく、普段の買い物など日常的に使うのにちょうどいい軽自動車。

今回は女性におすすめな軽自動車をご紹介します。軽自動車のなかには、女性ドライバーをターゲットとした、かわいらしいデザインの車が数多く販売されています。

価格もリーズナブルですから、お好みの一台を見つけやすいのが軽自動車の良い所といえるでしょう。

かわいい&おしゃれな軽自動車・軽ミニバンの人気ランキング

ここでご紹介するのは新車の販売台数ランキングではなく、新車・中古車すべてを合わせたおすすめランキングになります。

1位 ムーヴキャンバス
2位 アルト ラパン
3位 ハスラー
4位 ジムニー
5位 キャストスタイル
6位 タント
7位 ミライース
8位 N-BOX
9位 ミラココア
10位 タフト
11位 ミラトコット
12位 スペーシア
13位 コペン
14位 アルト
15位 N-WGN
16位 ピクシスジョイ
17位 N-ONE
18位 ワゴンR
19位 ウェイク
20位 デイズ

軽自動車の販売に力を入れているダイハツ、スズキ、ホンダなどを中心に人気が高いです。一口に軽自動車といっても、トールワゴン、1BOX、SUV、スポーツカーなど様々なタイプがありますし、デザインの個性も多様です。

このランキングでは、かわいらしいデザインのほか、おしゃれなもの、かっこいいものなど幅広くピックアップしています。軽自動車を選ぶ際には見た目のほか、走行性能、運転のしやすさ、乗り心地、燃費などにもしっかりこだわるのがいいでしょう。

安いから買ってみたけれど、乗り出してから運転にストレスを感じるような車だと気づいて後悔したというような話もよく聞きます。では今から一台ずつ見ていきましょう。

ムーヴキャンバス

ムーブキャンバス
(画像出典:ダイハツ)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ムーヴキャンバス ~190万円 119~175万円

かわいい軽自動車といえばまずこの一台といっていいほど人気の高いのがダイハツ『ムーヴキャンバス』。二色のストライプスカラーが特徴的なデザインです。

カラーについてはモノトーンもあって選べる幅が充実しています。車内空間が広々としているのもポイント。両側スライドドアで、電動で開くタイプ。

パワフルなのに低燃費な先進の「TOPAZ NEOエンジン」を搭載。衝突警報機能や事前ブレーキなど安全性能もしっかり装備されています。

アルト ラパン

アルト ラパン
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
アルト ラパン ~165万円 95~163万円

ウサギのマークでお馴染みのスズキ『アルトラパン』。若い女性をターゲットに開発され、3代目開発時には購入者の9割は女性、そのうち6割が20代から30代の若い女性だったそうです。

車高が低くて、箱型のかわいらしいデザインが個性的ですが、3代目(2015年~)からは大人っぽさも意識したおしゃれなデザインになりました。

「ナノイー」搭載エアコンやプレミアムUV&IRカットガラス、シートヒーター&足元ヒーターなど女性目線での便利な装備にもこだわっています。

ハスラー

ハスラー
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ハスラー ~239万円 105~182万円

スズキのハスラーはクロスオーバーSUVタイプの軽自動車。アウトドア派や雪道などの路面を走る機会が多いユーザーが想定されているので走りはパワフル。かっこよさを感じられるかわいいデザイン性を持っています。

ボディーカラーは2トンカラーとモノトーンカラーから選べ、女性好みのカラーリングも充実しています。内装も、オレンジやデニムブルーの色を使った遊び心のあるおしゃれなデザインになっています。

ジムニー

ジムニー
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ジムニー ~388万円 99~187万円

スズキのジムニーはオフロード4WDの軽自動車。現在は4代目(2018年~)で、そのモデルが2018年度グッドデザイン賞で「グッドデザイン・ベスト100」に選出、同年10月にスズキでは初となる「グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)」を受賞。

オフロード車の無骨なイメージがありますが、どこか愛嬌がある見た目で、女性ドライバーにもおすすめです。

キャストスタイル

キャストスタイル
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
キャストスタイル ~173万円 122~180万円

ダイハツのキャストスタイル。キャストシリーズにはSUVテイストのキャスト アクティバと、スポーツテイストのキャスト スポーツが他にもあります。

スタイルは都会的なテイストで、ヨーロッパのレトロ風とでもいったデザインで、丸みのあるフォルムが特徴的です。見た目の小柄さに対して室内はゆったりしており、内装も落ち着いた印象を持っています。小回りが利くので、初心者ドライバーなどにもぴったりです。

タント

(画像出典:グーネット)
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
タント ~250万円 100~200万円

ダイハツのタントは背の高い軽トールワゴンで、ゆったりした車内空間がポイントです。「開け閉めスムーズ、乗り降りカンタン、車内移動ラクラク」のミラクルウォークスルーパッケージをコンセプトに、実用性にこだわっています。

子育て中の方や年配の方がいるファミリー層におすすめの一台です。予防安全機能「スマートアシスト」による安全性能もしっかり搭載。

ミライース

ミライース
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ミライース ~187万円 75~137万円

ダイハツのミラのシリーズは1980年から始まり、ミライースについては2011年から登場、2017年にはフルモデルチェンジして2代目になりました。

キャッチフレーズは「新・みんなのエコカー」で、環境への配慮を意識して開発されています。燃費の良さはもちろん、低価格でお求めやすいのも魅力です。見た目はどこか近未来的なおしゃれさを備えています。

N-BOX

N-BOX
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
N-BOX ~219万円 120~205万円

ホンダのN-BOXは人気の軽自動車で、新車の軽自動車の販売台数ランキングでも4年連続ナンバーワンを獲得しています。車内空間が広く、大人でもゆったり寛げるスペースが確保されています。

高剛性ながら極細のフロントピラーを採用し、広い視界で見晴らしのいい運転ができるのもポイント。デザインについては性別や年齢に関わらず好まれるような印象を持っています。

ミラココア

ミラココア
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ミラココア ~134万円 105~165万円

ダイハツのミラココアは、7代目ミラの派生モデルとして発売されました。先に紹介したミライースは2011年に登場し、現在も新車で販売中ですが、ココアは2009年から2018年まで販売されていました。

その名からも連想されるように、かわいらしい見た目をしています。カラーは15色で、お気に入りの一台が見つかりやすいです。

中古車になったからといって大幅に値が落ちているわけではありませんが、比較的新しい車両がそこそこ安い価格で販売されています。

タフト

タフト
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
タフト ~208万円 135~179万円

ダイハツのタフトは2020年から発売されているクロスオーバーSUVタイプの軽自動車です。2020年度「GOOD DESIGN AWARD」を受賞しています。

スクエアボディのごつごつとしたアウトドア派なイメージがありますが、デザインのディティールにはスマートさがあって、街乗りにもぴったりです。見晴らしも良く、小回りもきき、しっかり走ってくれます。かっこいいデザインも好きだという女性におすすめの一台です。

ミラトコット

ミラトコット
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ミラトコット ~155万円 107~145万円

2018年に2代目ミライースの派生モデルとして登場したダイハツのミラトコット。ミライースはシャープな近未来感のあるデザインですが、こちらは丸みを持たせたスクエアボディで、カジュアルな印象。

カラーはセラミックグリーンメタリックやサニーデイブルーメタリックなど9色あり、おしゃれさな色味が採用されています。また、2トーン仕様も設定。

スペーシア

(画像出典:スズキ)
(画像出典:スズキ)
車種名 中古車価格帯 新車価格
スペーシア ~249万円 122~195万円

スズキのスペーシアは軽トールワゴン。「ザ・かぞくの乗りもの」というキャッチフレーズを掲げており、広くて使いやすい空間、低燃費な走り、先進の安全装備の充実など、ファミリー層のニーズに応えてくれる一台です。

売れ行き好調で、軽自動車の新車販売台数ランキングにおいても上位にランクインしています。2021年5月の結果でいえば1位がホンダのNーBOX、つづく2位がスペーシアとなっています。

コペン

コペン
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
コペン ~318万円 150~250万円

コペンはダイハツの軽自動車タイプのオープンスポーツカーです。リーズナブルな価格帯でオープンカーを楽しめるので、セカンドカーとしてもニーズがあります。デザインは「Robe」「XPLAY」「Cero」「GR SPORT」の4種類が設定。

しっかりとした走りで、小回りも利くので、運転しやすいのが特徴です。ふつうの軽自動車とは違った車に乗りたいという方におすすめの一台です。

アルト

アルト
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
アルト ~152万円 50~129万円

スズキのアルトは現在8代目のモデルになります。それ以前のデザインは女性をターゲットにしたデザインでしたが、現行モデルとなってからは性別にこだわらないデザインにシフトしています。

とはいえ、かわいらしさを感じる見た目をしており、アルトの特徴は外装・内装ともにミニマル。ムダがなくてとにかくシンプルです。

N-WGN

N-WGN
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
N-WGN ~172万円 109~166万円

2011年にN-BOXが発売されて以来、「Nシリーズ」の第4弾として登場したのがN-WGN。軽自動車の「新しいベーシック」が目指され、基本性能を高次元で備えた軽自動車規格のミニバンともいえる軽ハイトワゴンとして開発されました。

停車中にブレーキペダルから足を離しても、停車状態とアイドリングストップが続くオートブレーキホールド機能、メーターの右側に、液晶カラーディスプレーを装備したマルチインフォメーション・ディスプレーなどストレスなく快適な運転が実現できることを追求しています。

ピクシスジョイ

ピクシスジョイ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ピクシスジョイ ~159万円 122~180万円

ピクシスジョイはトヨタの販売する軽トールワゴンです。ダイハツからのOEM供給を受ける「ピクシス」シリーズの第5弾にあたるのがピクシスジョイで、ダイハツのキャストがベースとなっています。

現代的なフォルムでありながらレトロさを感じさせるデザインになっています。日本で最も人気の高いメーカーといえるトヨタなので、メーカーにもこだわりたいという方にもおすすめです。

N-ONE

N-ONE
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
N-ONE ~231万円 115~202万円

N-ONEは「Nシリーズ」の第3弾として登場しました。先述のN-BOXは新車の軽自動車の販売台数ランキングでも4年連続ナンバーワンを獲得しています。N-WGNは第4弾として登場した車種です。

N-ONEはN-BOXに比べて全高が低くなっており、デザインも個性を持っています。かわいさやおしゃれという点ではN-BOXやN-WGNよりも優れている印象を受けます。

ワゴンR

ワゴンR
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ワゴンR ~161万円 70~160万円

ワゴンRはスズキの販売する軽トールワゴンで、1993年に登場するや、たちまちヒット車となりました。現在6代目が販売中です。

今でも人気があって、ゆったりした室内空間で、乗り降りが最適なヒップポイントに設計、運転しやすいと評判です。HYBRID FX/FAというタイプではボディーカラーが10色、HYBRID FZでは8色選べます。

ウェイク

ウェイク
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
ウェイク ~195万円 135~189万円

ダイハツのウェイクは2014年に登場。「ドデカクつかおう。WAKE」というキャッチフレーズを掲げており、車内空間の広さが特徴です。車の背を高くしているのでミニバン並みの愛ポイントでとても見晴らしが良いのが特徴です。

荷室も広々。アウトドア派の方にもおすすめです。かわいいというよりもかっこいいですが、選ぶカラーによってポップな印象を与えてくれます。

デイズ

デイズ
(画像出典:グーネット)
車種名 中古車価格帯 新車価格
デイズ ~183万円 107~191万円

日産の軽トールワゴンであるデイズ。三菱のekシリーズとの共同開発車として誕生しました。セレナやエクストレイルに採用されている「プロパイロット」という先進技術を軽自動車として初めて採用されました。

2019年度グッドデザイン賞を受賞するほか、2020年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー、2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」を受賞。ボディカラーは18種類のバリエーションで、きっとお気に入りの一台が見つかるでしょう。

まとめ

車に乗る女性

今回は女性におすすめな軽自動車をご紹介しました。軽自動車のなかには、女性ドライバーをターゲットとした、かわいらしいデザインの車が数多く販売されています。

デザインや特徴は多種多様なので、これだという一台と出会えるでしょう。軽自動車を選ぶ際には見た目のかわいらしさ、カッコよさだけでなく、走行性能、運転のしやすさ、乗り心地、燃費などにもしっかりこだわるのがいいでしょう。

デザインや価格など特定の面だけにこだわって購入すると、あとでいろいろ不備が見つかって後悔するというケースも多いです。