自動車売却

車下取り“キャンセル可否”引渡し前が条件《国産ディーラー9社調査》

カーディーラー

新車を購入するため、これまで乗っていた車を下取りに出すというケースも多いでしょう。ただいざ売買契約を交わした後に、他の人や業者が下取り額よりも高く買いたいと言ってくるケースも少なくありません。

契約したのだからキャンセルはできないだろうと思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。ここでは車下取りのキャンセルの可否について、どのタイミングなら可能なのか、どういう状況ならキャンセルできないのかについてまとめています。

ディーラー車下取りのキャンセル”売買契約書を交わした段階ならOK”

車売却の必要書類をまとめる男性

ディーラーで新車を購入し、その際に今まで乗っていた車を下取りしてもらうという人もいるでしょう。そのほうが手続きも一ヵ所で済むので手間もかからず大変です。

ですが、売るつもりだったのにディーラーでの下取り価格よりも高い価格で買取するという人がいた場合、下取りをキャンセルしたいと思う人もいるでしょう。

実際にディーラー下取りをよりも買取業者の買取価格の方が高いケースは多々ありますし、知人にもその価格なら俺が買う、なんていうことも十分考えられます。ただすでに売買契約を交わしてしまったら、キャンセルはできないのではと思うでしょう。

通常売買契約を交わしたらキャンセルはできないものですが、現実にはほとんどのディーラーで売買契約書を交わしただけであればキャンセルできます。

ATTENTION

売買契約書を交わした段階ならOKと説明をしましたが、それは多くの対応であって必ずキャンセルできるということではありません。キャンセルが気になる方は個別の店舗に事前に問い合わせるか、契約前に聞くことをおすすめします。

車下取りキャンセルは”車両引き渡し後は99%NG”

法律について説明する男性

ディーラーの車下取りのキャンセルは可能とはいっても、いつでもキャンセルOKというわけではありません。売買契約書を交わした段階ならOKなのですが、車両を引き渡した後だと99%NGだと思ったほうがいいでしょう。

その理由としては以下の理由が関係しています。

  • すでに名義変更済みのため
  • 様々な経費が掛かっているため
  • すでに買い手がついている可能性も
  • すでにオークション等に出品されている

売買契約書を交わしただけでは、ディーラーでは大きな損害は発生していません。ですが車両を引き渡すと、いろいろな費用もかかっていますし、すでに買い手がついていることもあります。そこで購入を無効にすることなどできません。

そういった面から車両を引き渡したらもうキャンセルはできないと思っていたほうがいいでしょう。

車下取り”キャンセルポリシー”国産ディーラー9社《徹底調査》

車下取りのキャンセルについて、国産ディーラー9社ではどう対応しているのか調査した結果は以下の通りです。

トヨタ 個別対応
レクサス 個別対応
日産 個別対応
ホンダ 個別対応
ダイハツ 個別対応
マツダ 個別対応
SUBARU 個別対応
スズキ 個別対応
三菱自動車 個別対応

【キャンセル:個別対応】トヨタ

(画像出典:TOYOTA)
(画像出典:TOYOTA)

国内最大手のメーカーで、世界的にも有名なトヨタでは車下取りキャンセルは可能であるとのことです。ただしそれは車両の引き渡し前であることが条件で、キャンセルするなら契約直後ならOKのようです。

その理由としては車両を引き渡した後だと、すでにリユースのための手続きに入るため、すでに買い手が決まっている可能性があるからのようです。

ただ場合によってはキャンセルに応じられないとのことですから、車両引き渡した後でも状況次第では可能かもしれません。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

【キャンセル:個別対応】レクサス

(画像出典:LEXUS)
(画像出典:LEXUS)

レクサスの回答は「ケースバイケース」でした。売買契約後といっても所有者は持ち主です。多くの場合はキャンセル可能です。

ただ、下取りは購入前提です。下取り額込み(値引き後)の見積書を提示されています。下取額を現金で用意すれば可能というケースもあるみたいですが、内容によってはキャンセルが難しい場合もあるとのこと。

担当によって対応は違うようです。車両引き渡し後のキャンセルは原則「不可」です。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

【キャンセル:個別対応】日産

(画像出典:日産)
(画像出典:日産)

日産の回答は「ケースバイケース」でした。売買契約後といっても所有者は持ち主です。多くの場合はキャンセル可能です。

ただ、下取りは購入前提です。下取り額込み(値引き後)の見積書を提示されています。下取額を現金で用意すれば可能というケースもあるみたいですが、内容によってはキャンセルが難しい場合もあるとのこと。

担当によって対応は違うようです。車両引き渡し後のキャンセルは原則「不可」です。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

【キャンセル:個別対応】ホンダ

(画像出典:HONDA)
(画像出典:HONDA)

ホンダでは車下取りのキャンセルについては、できるといわれればできるというスタンスのようです。ただもし他の買取業者の方が買取額は高かったからという理由であれば、契約の時点でその可能性があるという旨を言っていただきたいとのことです。

それでも新車を購入していただき、今後も長くお付き合いをしていきたいため、できる限りの対応はしてくれるようです。またすぐにキャンセルということではなく、価格の問題ならもう一度査定のやり直しをして協議させてくれればと良心的な対応です。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

【キャンセル:個別対応】ダイハツ

(画像出典:ダイハツ)
(画像出典:ダイハツ)

ダイハツの回答は「ケースバイケース」でした。売買契約後といっても所有者は持ち主です。多くの場合はキャンセル可能です。

ただ、下取りは購入前提です。下取り額込み(値引き後)の見積書を提示されています。下取額を現金で用意すれば可能というケースもあるみたいですが、内容によってはキャンセルが難しい場合もあるとのこと。

担当によって対応は違うようです。車両引き渡し後のキャンセルは原則「不可」です。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

【キャンセル:個別対応】マツダ

(画像出典:MAZDA)
(画像出典:MAZDA)

マツダでは車下取りのキャンセルは可能です。実際に車買取店に持っていかれるケースはあるとのことで、そもそも新車を購入していただけただけでありがたいため、買取店に売却されたとしてもそれほど気にしないとのことです。

ただキャンセルするのであれば、車両を引き渡す前にしてほしいとのこと。それは引き渡す前ならリユースの準備をまだ進めていない状況だからとのことです。ただしできることならキャンセルは避けたいので、早めに相談してほしいそうです。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

【キャンセル:個別対応】SUBARU

(画像出典:SUBARU)
(画像出典:SUBARU)

SUBARUの回答は「ケースバイケース」でした。売買契約後といっても所有者は持ち主です。多くの場合はキャンセル可能です。

ただ、下取りは購入前提です。下取り額込み(値引き後)の見積書を提示されています。下取額を現金で用意すれば可能というケースもあるみたいですが、内容によってはキャンセルが難しい場合もあるとのこと。

担当によって対応は違うようです。車両引き渡し後のキャンセルは原則「不可」です。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

【キャンセル:個別対応】スズキ

(画像出典:SUZUKI)
(画像出典:SUZUKI)

軽自動車が主流となるスズキでは、車下取りのキャンセルは比較的多いようで、よほどのことがない限りキャンセルはできるそうです。キャンセルについても柔軟な対応をしており、契約した後でもよくよく考えてもらってもOKというスタンスです。

スズキの販売代理店は地域に密着しており、買い替えの情報などの情報も流れやすいのだとか。そのため契約後に個人的に売ってほしいというケースもあるようです。ただ車下取りのキャンセルについての条件としては、車両の引き渡し前であることとのことです。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

【キャンセル:個別対応】三菱自動車

(画像出典:MITSUBISHI)
(画像出典:MITSUBISHI)

三菱自動車の回答は「ケースバイケース」でした。売買契約後といっても所有者は持ち主です。多くの場合はキャンセル可能です。

ただ、下取りは購入前提です。下取り額込み(値引き後)の見積書を提示されています。下取額を現金で用意すれば可能というケースもあるみたいですが、内容によってはキャンセルが難しい場合もあるとのこと。

担当によって対応は違うようです。車両引き渡し後のキャンセルは原則「不可」です。

ATTENTION

この情報は2020年9月の時点での情報になります。店舗によって対応が変わる可能性があるので、一度事前に聞くことをおすすめします。また、具体的な対応は店舗によって違うこともあるので、問い合わせは個別の店舗にするといいでしょう、

どうしても下取りキャンセルしたい…それなら”違約金やキャンセル料支払う”

査定について説明する作業員

車下取りをキャンセルしたいというケースは少なくないですが、たいていは車を引き渡した後だと難しくなるようです。ただしそれでも絶対ダメとも限りません。ディーラーによっては違約金やキャンセル料を支払うことで可能になるケースもあります。

違約金やキャンセル料がかかってしまう主な理由は以下の通りです。

  • 名義変更の手間と人件費
  • 車の整備・洗車費用
  • 車の輸送費
  • 出品取り消しの手数料等

このように車両を引き渡してしまうと、ディーラーではリユースするための準備に取りかかるため、どうしても費用がかかってしまうのです。

しかも売買契約後のキャンセルですから、非があるのがこちらですから、少なくともその費用は負担しなければいけないでしょう。

《注意》車の売買にクーリングオフは適用不可

車の下取りをキャンセルして違約金やキャンセル料が発生するのは納得できないという人もいるのではないでしょうか。その中にはクーリングオフの適用期間だから、契約成立後でも取り消しができるはずと思う事でしょう。

クーリングオフは一般的に通信販売や訪問販売など、強引な販売などで契約してしまった人に対して、契約を無効にできる制度です。

ですが、これはすべての契約に適用になるわけではなく、車の売買にはクーリングオフは適用不可なのです。その理由としては、車の売買は本人が十分に考えた上での取引がほとんどだからです。

そもそも車の売却は、セールスと違って自分からすすんで下取りを望んで交渉しているわけですし、契約までにじっくり考える時間もあるはずなので、クーリングオフできないのは当然と言えば当然です。

ディーラー下取り車のキャンセルをするなら”連絡早めに”

スマホを触る男性

ディーラー下取り車のキャンセルは、車引き渡し後でも可能になるケースはあります。ただその場合でも連絡はできるだけ早くするのが望ましいです。なぜなら以下のような理由があるからです。

  • すでに買い手がついていてキャンセルが無理になる
  • 違約金やキャンセル料がかかってくる
  • 買取価格も下がってくる

いくら新車を買っていただいたお客様なので、希望通りにしたいと思っていても、すでに買い手が決まってしまえばキャンセルはできません。そして、買い手は決まっていなくてもリユースするためにいろいろな費用をかけてしまえば、その分の費用を負担しなければいけなくなります。

さらに言えば、買取も遅くなりますから価格が下がってしまうことも考えられるのです。このように連絡を早めにするのは、ディーラーのためではなく自分が損をしないためなのです。

まとめ

カーディーラー

このように各ディーラーに車下取りのキャンセルについて確認したところ、ほとんどのディーラーでは車両の引き渡し前であればキャンセル料もなくキャンセル可能のようです。

ただ引き渡した後だと、どうしても無料でキャンセル可能とはならないのです。そもそも契約後のキャンセルは良いことではありませんし、ディーラーにも迷惑をかけてしまうことになります。

ですので、損をしないためにも車下取りの際には基本的にキャンセルをしないように、他の買取店でも査定して熟考した上で契約するようにしましょう。