自動車売却

車を手放すなら『引っ越し前』に引っ越し後の手続きは面倒だから!

引っ越しの作業をする男性

何らかの事情で引っ越しをする人もいるでしょう。引っ越しすると環境が一変しますから、これまで使っていた車が不要になるケースも少なくありません。

車の売却はいつでもできるのでついつい後回しになってしまいがちですが、できることなら引っ越し前に済ませたほうがいいでしょう。

ここでは車を手放すなら引っ越し前の方がいい理由について解説しています。実際に引っ越し前と後ではどんな違いがあるのかをまとめているので、車を売るつもりの人は検討してみてください。

車手放すなら”引っ越し前”を強く勧める理由

重要と書かれた文字

引っ越しが決まった場合、引っ越し先では車は使わない、駐車場代が高くなるから処分したいなどいろいろな理由で車を手放そうと思う人もいるでしょう。

引っ越しとなるといろいろと忙しいもので、車の処分は引っ越し後になってしまう人もいるのではないでしょうか。ですがもし車を手放すことが決まっているのであれば、引っ越した後よりも引っ越し前の方が断然におすすめです。

その理由は以下の通りです。

  • 準備する書類が少ない
  • 早く売ったほうが買取額が高い
  • 引っ越し先で駐車場を借りる必要がない

車は時間が経つにつれて価値が下がっていくもので、引っ越し後に生活が落ち着いてからとなると、どんどん後回しになってしまいがちです。

ATTENTION

1ヶ月も2ヶ月も遅くなると、場合によってはかなり損をしてしまうこともあります。

【引っ越し前】車売却に必要な書類一覧

車売却の必要書類をまとめる男性

車を手放すなら引っ越し前がいいという理由の一つに、準備しなければいけない書類が少なくて済むという点があります。引っ越し前に車を売却する際に必要な書類は主に以下の通りです。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書2枚
  • 委任状
  • 譲渡証明書
  • リサイクル券

車検証や自賠責保険証、リサイクル券、納税証明書などはたいていは車のダッシュボードに入れているものです。また委任状や譲渡証明書は車買取業者が準備しているでしょうから、あえて準備する必要はありません。

実印も大切に保管しているでしょうから、必要になるのは印鑑証明書だけです。

ONE POINT
ちなみに軽自動車の場合には実印ではなく認印でもOKですので、印鑑証明書は不要になります。

車売却の必要書類は9つ!普通車と軽自動車で異なる手配方法《全まとめ》

【普通車版】中古車売却の必要書類は9種類!買取で焦らない手配方法 中古……続きを読む
車売却の必要書類をまとめる男性

【引っ越し後(車検証住所から1回目)】車売却に必要な追加書類は”住民票”

机に置かれた書類

引っ越し後に車を売却するとなると、車検証に記載されている所有者の住所と引っ越し先の住所が別になってしまいます。車検証の住所が異なる場合、そのままでは車を売却できませんから、その前に陸運局にて住所変更の届け出をする必要があります。

そのため陸運局で住所を変更するには、新しい住所が記載されている住民票が必要になります。さらに言えば印鑑証明書は旧住所のままでは取得できませんので、転入届をした時に同時に印鑑登録が必要になってきます。

印鑑登録をし直すこともそれほど難しいことではありませんし、役所に行けば簡単に住民票も取れますからそれほど大変なことではありません。ですが引っ越し後は何かと忙しいものですから、その手間が面倒に感じてしまうことは少なからずあります。

【引っ越し後(車検証住所から2回以上)】車を売る際の追加書類は”戸籍の附票”

ミニカーと書類

前述のように引っ越し後に車を売る場合には、車検証の住所を変更するために住民票が必要になります。ですが中には車検証に記載されている住所が引っ越し前の住所ではなく、さらに前の住所になっている人も少なからずいます。

おそらく前回引っ越しをした時に車検証の住所変更をしなかったためでしょう。住民票には現住所とその前の住所までしか載っていません。そのため2回以上引っ越しをしている人は住民票ではなく戸籍の附票が必要となります。

取得する書類が住民票から戸籍の附票に変わるだけと思うかもしれませんが、戸籍の附票は本籍地の役所でしか取得できません。そのため、本籍地が遠い人は車検証の住所を変更するにも時間も手間もかかってしまうのです。

ちょっと待って!引っ越しの際に車を賢く売却する『3つの方法』

メモにチェック

引っ越し前に車を売ったほうがいいと言いましたが、必ずしもそうとは限りません。ちょっとしたことで安く買い叩かれてしまうことがあるので、以下の3つの方法を頭に入れておくと安心です。

引っ越しの際に車を賢く売却する『3つの方法』

【売却方法1】引越すことを買取業者に伝えない(足元を見られない為)

査定結果を説明する男性

引っ越し前に車を売る場合には、買取業者に引っ越しをする旨を伝えない事です。たいていは引っ越し日時が決まっているもので、それまでには売りたいものです。ということは、車買取業者との交渉が長引かせるわけにはいきません。

もしもそれを買取業者が知っていると、一気に査定額を上げなくても売ってくれるはずと推測してしまいます。そのため、思った以上に買取額が高くならず、結果的に安く買い叩かれてしまうことにもなりかねないのです。

特に複数の業者と交渉するとなると、どうしても時間がかかってしまうものですが、足元を見られてしまうと負けです。そもそも自分から言わなければ、車を売る理由は聞かれないでしょうし、聞かれても車を買い替えるもしくは乗らなくなったというだけでOKです。

【売却方法2】売却額(査定額)には地域差がある

大阪の町並み

基本的に車を売るなら引っ越し前がいいのですが、その理由の1つには車の売却額には地域差が出てしまうことがあるからです。例えば、東北や北海道などの雪国では寒冷地仕様になっている車や4WD車の需要が多いです。

そのためそういった仕様になっていない車だと需要が少なくなってしまい、買取額が低くなりがちなのです。逆に雪国から温暖な地域に引っ越すとなると、そういった装備はほぼ不要ですから、それも需要が少なくなるでしょう。

おそらく売ろうとしている車はその地域に適した車でしょうから、たいていは引っ越し前に売ってしまったほうが価格が高くなります。逆に引っ越し先の方が高く売れるケースもあるので、それをふまえて車売却を考えるのもポイントです。

【都道府県別】評判口コミの高い車買取店&おすすめ業者《まとめ》

車買取店を探す前に知っておくべき買取の注意点 お住い地域の車買取店をリ……続きを読む
評判の良い車買取店&おすすめ業者

【売却方法3】高く売るために”車一括査定サイト”を利用する

車一括査定の流れ

車を売るなら車一括査定サイトを利用するのもおすすめですが、特に引っ越し前の方なら利用したほうがいいです。その理由は以下の通りです。

  • 複数の業者に査定を依頼できる
  • 早く車を売れる
  • 買取額が高くなる
  • 業者選びがしやすい

引っ越しする日は決まっているでしょうから、その前には車を売らなければいけません。車を高く売るには服須の業者を競わせるのが鉄則ですが、1社1社に査定してもらうとそれだけで時間がかかってしまいます。

時間がないとどうしても焦ってしまい、査定を依頼する業者も少なくなりがちで買取金額にも妥協してしまうことが多いです。

車一括査定サイトなら一度の入力で複数の業者に査定を依頼できますし、その時点で競合する事にもなるのでより早くそして高く買取してくれる業者が選べるのです。

【2020年最新】車一括査定おすすめ人気ランキング《3選》

車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

《補足》引っ越し後でも”車検証の住所変更済み”は通常通り売却可能

自動車の契約を説明する男性

本来なら引っ越しをした場合には、車検証の住所も15日以内に普通自動車なら陸運局で、軽自動車なら軽自動車検査協会で変更しなければいけません。

普通自動車の場合は自動車の保管場所も申請しなければいけませんので、直ちに変更したほうがいいでしょう。変更せず15日以上経過したとしても、厳しく取り締まられることはありませんがやっておいたほうがいいです。

そして引っ越し後に車を売るという時には、すでに車検証の住所変更が済んでいれば、問題なく車を売却できるので安心です。

引っ越し後に車を手放した方がいいケース

車の絵を指差す男性

たいていの場合、車を売却するなら引っ越し前に済ませたほうがいいです。ですが必ずしも引っ越し前に車を手放したほうがいいとは限りません。状況によっては引っ越し後に手放した方がいい場合もあります。

引っ越し後は実際に生活してもないとわからない場合も多いです。車は不要になると思っていたら、生活してみたらやっぱりないと不便だったなんてこともあります。また買い替えをするつもりの人は、駐車場や地域の状況によっては合わない車だったなんてこともあるでしょう。

まずは引っ越してみないとわからない状況であれば、急いで引っ越し前に売る必要もありません。また引っ越しで車を使うことで引っ越しが楽になるのなら、手放さない方がいいケースもあるので、いろいろな状況を想定してみましょう。

まとめ

引っ越しの作業をする男性

引っ越しとなると仕事の面でも私生活の面でもいろいろと忙しくなるもので、たくさんの手続きが必要になります。そのため車の売却は後回しになってしまいがちですが、もし引っ越しを機に車を売るつもりなら、より手続きが楽な引っ越し前の方がいいでしょう。

引っ越しはその後もいろいろ忙しくなりますから、ますます車の売却が後になってしまいがちで、それで車の買取額が大幅にダウンすることも考えられます。ですので、忙しくてもできるだけ引っ越し前に済ませて新生活をスタートさせましょう。