自動車売却

「ウソ?外車の買取価格が安すぎ…」衝撃の理由と高額査定に導くコツ

外車に乗る男性

外車というと全般的に車の価格は高めというイメージがありますし、実際に新車で購入するとなると高額になることが多いです。ではそれを売る時にも高額買取になるはずと思うかもしれませんが、実際は外車の買取価格は思った以上に安くなる傾向にあります。

ここでは外車・輸入車の買取額が安くなる理由について解説しています。そしてその中でも、少しでも高く外車・中古車を買取してもらうコツもありますので、参考にしてみてください。

「ウソ?外車の買取価格が安すぎ…」決定的な”4つの理由”

外車は一般的に購入価格が高いです。ですが、いざその外車を買取してもらうという時には、その安さにびっくりする人も少なくないようです。その理由は以下の通りです。

「ウソ?外車の買取価格が安すぎ…」決定的な”4つの理由”

【理由1】国産車に比べて外車の需要は少ない

虫眼鏡を覗く男性

外車はどこか憧れの部分もありますが、実際は車を購入するときに外車を選択肢に入れる人は多くはありません。やはりほとんどの人は国産車の中から欲しい車を探すものです。そのため国産車に比べて外車に需要は少ないのです。

そもそも外車に乗りたいという人は新車で購入する人が多く、中古車としての外車の需要は少ないです。どの車でも言えることですが、車の買取額は需要によって変わってきます。需要がある車なら買い手が見つかりやすいため、買取額が高くなりがちです。

ですが、いつ売れるか分からない車だと維持費もかかりますし、売れなければ価格も下げざるを得なくなり、そのリスクがあるために買取額はどうしても低くせざるを得ないのです。

【理由2】維持費が高く一般人は敬遠する傾向あり

タブレットで計算するビジネスマン

外車の需要が少ない理由の一つとしては、外車だと維持費がかかるからという点が大きいです。外車に乗る場合の維持費が国産車よりも高くなる理由は以下の通りです。

  • 燃費が悪くガソリン代がかかる
  • 任意保険が高くなる
  • 修理費用が高い
  • 防犯対策をしなければいけない

国産車はたいていの車は燃費性能が向上していますが、外車はそうではありません。特にスポーツカータイプなどになれば、かなり燃費が悪くなるでしょう。また外車は事故のリスクが高く任意保険も高めですし、故障したら部品代なども高くなります。

さらには高級外車だと盗難に遭う可能性も高いため、防犯対策も必要になるなどかなりの費用がかかることが予想されるのです。だからこそ一般人には敬遠されてしまいます。

【理由3】輸入車は値崩れ・価格の下落幅が大きい

車を運転する男性

輸入車は購入する時には高いのですが、売却する時には大きく価格が下落する傾向にあります。実際に同じクラスで同じくらいの価格の国産車と輸入車の下落幅を比較すると、輸入車のほうがかなり下落してしまうのです。

その理由としては、国産車は性能が良く、年数や走行距離が多くなってもあまり性能がダウンしないという点があるでしょう。もちろん乗り方にもよるでしょうが、同じ年数を経過した車を比較すると、輸入車のほうが故障などが起こりやすくなっています。

国産車を比較してもそうですが、不具合が出ている車はどうしても査定額は低くなりがちです。それが輸入車では不具合が起こりやすいということでしょう。

さらに輸入車は部品も少ないので、修理費用も高くなってしまうため、それも価格の値崩れに繋がっているのでしょう。

【理由4】売れ筋モデルの買取額↓、個性的モデルの買取額↑(日本と逆)

車の絵を指差す男性

国産車の場合、一般的には人気のある売れ筋モデルは買取額が下がりにくく、逆に個性的なデザインやボディーカラーの車は買取額が低くなる傾向にあります。ただこれが輸入車となると日本とは逆になっているのです。

つまり多くの人が乗っているような輸入車はどんどん価格が下がっていき、個性的な車はあまり値崩れしにくいのです。日本では売れ筋モデルを購入する人が多いでしょうから、結果的に売る時には安くなってしまいます。

日本で国産車を購入するなら、人気モデルを買っておけば売る時にも高く買取してもらえるのですが、輸入車の場合には新車価格が高いからと言って買取時も高いとは限らないのです。これはやはり外車に乗る人は趣味で乗る人が多いからということも関係しているでしょう。

【補足】国産車の買取相場が輸入車より高い理由

輸入車の買取額が低いといっても、厳密に言えば日本車の買取相場が高いからなのです。なぜ国産車の買取相場が輸入車よりも高いのかは、以下の理由があるからです。

  • 一般人の人気が高い
  • 維持費が安い
  • 海外でも人気

日本人からすれば見慣れている車かもしれませんし、性能も当たり前と思うのですが、海外から見たら日本車はかなり性能がいいのです。

そのため古くなって日本で売れなくなった車でも海外では買い手が付きやすく、それがいつまでも国産車の買取額が高い理由でもあります。

登録不要!外車・輸入車の買取相場を最速で調べる『2つの方法』

パソコンで買取店を検索

外車・輸入車は乗っている人が少ないですから、実際に自分の車がどれくらいの価値があるか分からないでしょう。そんな時には以下の2つの方法を利用すれば、登録もせずに外車・輸入車の買取相場がわかります。

登録不要!外車・輸入車の買取相場を最速で調べる『2つの方法』

【方法①】カーセンサーを利用して買取相場を調査

カーセンサー

中古車買取大手のカーセンサーでは国産車だけでなく外車・輸入車の買取もおこなっています。そして登録せずにウェブ上で買取相場をチェックすることができるのです。その手順としては以下の通りです。

  1. カーセンサーのサイトを開く
  2. 【メーカーから探す】の輸入中古車からメーカーをクリック
  3. そのメーカーの車種から売りたい車のモデルをクリック
  4. 車の検索地域選択があるので、対象の地域もしくは全国をチェックし検索
  5. 【価格相場情報】の【詳しく見る】をクリック
  6. そこで年式と走行距離の相場がでてきます

カーセンサーは扱っている輸入車も多いですから、ある程度の相場はこれを見ることで判断できます。ただあくまでこれは販売価格ですので、それよりは低くなるので、実際の査定額を知りたいなら車買取のページから査定を申し込んでみましょう。

【方法②】ナビクルを利用して買取相場を調査

ナビクル

外車・輸入車の買取相場がチェックできるサービスのある車一括サイトとしてはナビクルがあります。ナビクルは登録不要でその車の買取相場をチェックできるので、外車・輸入車の買取相場を知りたいなら試してみましょう。

その手順としては以下の通りです。

  1. ナビクルのサイトを開く
  2. 【下取り・買取相場】に移動
  3. メーカーと車種名を探して【車の買取・査定相場を見る】をクリック
  4. ページを開くと年式・グレード・新車購入年月・走行距離を選び、【買取・下取り相場をチェック!】をクリック

自分の車の情報を入力すると、現在の買取相場だけでなく、過去の買取相場も出てきますし、今後予想される買取相場も出てくるので、いつ外車・輸入車を売るべきかの参考にもなるでしょう。

ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)の一括査定は高額?買取体験レポも!

ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)の一括査定サービスとは? [caption……続きを読む
ナビクル

国産車と異なる輸入車のJAAI(日本自動車査定協会)査定基準

(画像出典:JAAI)
(画像出典:JAAI)

輸入車の査定基準は買取業者の需要や販売傾向などによっても変わってきますが、たいていはJAAI(日本自動車査定協会)の査定基準も関係しています。この査定基準については、以下のように国産車と輸入車ではちょっと異なる点があります。

走行距離 年数×1万kmを基準に多ければマイナス、少なければプラス
傷・ヘコミ 国産車よりも1.2倍から2倍ほどマイナス

このように傷やヘコミについては、国産車よりもかなりマイナス査定になってしまいます。また走行距離についても価格が安いクラスの車は基準となる走行距離が少なめに設定されているので、1年に1万kmの走行距離でもマイナス査定になることもあります。

ATTENTION

フェラーリなどのような超高級車となると、ちょっと走行距離が多いだけでも大幅ダウンになるので注意しましょう。

輸入車・外車で買取額が高くなるオプション

青い色クラシックカー

輸入車・外車は通勤などで使用するのではなく、どちらかというと趣味で乗る人が多いです。そのためオプションを気にする人が多く、オプションによっては買取額がアップする傾向にあります。一般的にプラスになるオプションは以下の通りです。

サンルーフや本革シートについては、後からつけることができないため、ついていると査定額アップが期待できます。さらにカーナビやオーディオに関しても、市販されているカーナビを取り付けることが難しいため、純正カーナビがついているとプラス査定になるでしょう。

ONE POINT
オーディオに関してはついているだけでは査定額の大幅アップは期待できませんが、車によっては数十万円もする高価なオーディオを付けていれば査定額のアップになるはずです。

【おすすめ順】外車・輸入車を高価買取に導く方法

外車・輸入車は買取価格が思ったより低くなる傾向にあります。ただそれでも必ず査定額が低いというわけではなく、やり方によっては高価買取も可能です。ここでは外車・輸入車を高価買取に導く方法をまとめていますので参考にしてみてください。

【おすすめ順】外車・輸入車を高価買取に導く方法

【おすすめ度:低】外車・輸入車を買取査定する5つの手段

査定について説明する作業員

外車・輸入車を買取査定してもらうには以下の5つの手段があります。

  • 国産車ディーラーで下取り
  • 輸入車ディーラーの下取り
  • 一般的な車買取専門店に売る
  • 輸入車専門店の買取店に売る
  • 輸入車専門の中古車販売店に売る

どの方法がダメということはありませんが、やはり適正な価格で買取査定してもらう、そして外車・輸入車のニーズを考えると、輸入車専門の買取店・中古車販売店に売るのが効果的です。

輸入車を専門に取り扱っていれば相場もわかるでしょうし、外車・輸入車を好きなお客さんとの取引があるため、買い手が付きやすいからです。輸入車ディーラーでの下取りもいいような気がしますが、実際は輸入車の中古の販売ルートが確立していないケースも多いのであまりおすすめできません。

【おすすめ度:中】外車専門店「外車王」で買取査定

(画像出典:外車王)
(画像出典:外車王)

外車・輸入車を買取してもらうなら、外車買取専門店がおすすめです。ただ外車買取専門店はあまり多くはありません。その中でおすすめなのは外車王です。外車王がおすすめの理由としては以下の通りです。

  • 外車の買取実績が豊富
  • 全国対応可能
  • いろいろな車種に対応
  • 二重査定なし
  • 出張査定無料
  • 手続き代行手数料無料

外車王は外車買取に特化しており、20年以上の実績を誇ります。そのため安心して外車・輸入車の買取を依頼できます。また全国対応もしているので、どこに住んでいる方でも査定を依頼できるのも魅力です。

ただ車買取では他の業者との競合が常套手段ですから、外車王だけに査定してもらうよりも他の買取業者とも交渉したほうがいいでしょう。

【おすすめ度:高】複数の買取店を競合させる”車一括査定”を推奨

車一括査定の流れ

外車・輸入車は国産車以上に買取業者によって買取額に大きな差が出てしまいます。そして外車買取専門店も多くはありませんので、どこに依頼したらいいのかわからないものです。そのため外車・輸入車を少しでも高く売るには複数の買取店を競合させる車一括査定を利用するのがおすすめです。

車一括査定を利用するメリットは以下の通りです。

  • 外車・輸入車の買取に積極的な業者がわかる
  • 外車・輸入車の買取相場がわかる
  • 一度の入力で複数の業者に査定を依頼できる
  • 複数の業者を競合させることで買取額が高くなる
  • 悪徳業者がほとんど含まれていない

実際に買取査定をしてみないと、どこの業者が外車・輸入車の買取に強いかわかりませんので、それを知るためにも車一括査定は有効です。

【2020年最新】車一括査定おすすめ人気ランキング《3選》

車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

外車・輸入車を売却する際に必要な書類一覧

必要書類一覧 備考欄
車検証 ・車内に携帯されている
・紛失していたら運輸局へ連絡
リサイクル券 ・自動車リサイクル料金を預託している場合は必要
自賠責保険の保険証 ・期限が切れていると車の売却はできない
・紛失していたら保険会社へ連絡
自動車税の納税証明書 ・車検を受けるとき必要な書類
・紛失していたら都道府県ごとの税務署へ連絡
委任状 ・車検証に記載されている人のが必要
譲渡証明書 ・車検証に記載されている人のが必要
印鑑証明書 ・2通
・車検証に記載されている人のが必要
印鑑証明書 ・2通
・売却する人のが必要
委任状 ・売却する人のが必要
身分証明書 ・売却する人のが必要

まとめ

外車に乗る男性

このように外車・輸入車は国産車と同じような感覚で買取査定をすると、思った以上に買取価格が安くなりがちです。だからといって、諦めて買取額を妥協するのは良くありません。

もちろん全般的に外車・輸入車は購入した時の価格に比べると下落幅が大きいのですが、それでも少しでも高く買取してもらう方法はあります。

実際に外車・輸入車を購入したいというお客さまもいるわけですから、外車を高く買取してくれる業者を見つけて取引しましょう。