自動車売却

「海外輸出なら高額買取狙える!」輸出に強い中古車業者&人気車種

海外輸出

中古車を高く売りたいとしても年式や走行距離などの条件が悪くなると、なかなか高額での取引はできません。

特に国内の中古車市場では10年の年式、10万km以上の走行距離だとほぼ値段がつかないでしょう。そうした条件の悪い車でも高値がつくかもしれない方法があります。

それが海外へ輸出するという方法です。ではどのようにすれば海外への買取輸出ができるのでしょうか。ここでは海外への中古車買取輸出について見ていきます。

国内で売れない車でも海外では人気!高値で売却できるワケ

廃車

最近では中古車買取業者も幅が出てきており、買取した車は海外へ輸出する販路を持つ会社も出ています。そうした業者では故障車や不動車などでも買取対象としているのですが、なぜ海外で日本車が人気なのか理由を確認しましょう。

日本車は高品質で故障が少ない

日本車が海外で人気になっている理由は以下の通りです。

  • 品質が高い
  • 故障しにくい
  • 中古車でも十分に動く

などが代表的なものとなります。近年製造されている国産車は、技術の進歩から高い精度で作られているのです。

そのため国内市場では10年落ち、10万km超えの過走行車の人気はありませんが、海外では高く評価されています。

実際に10年落ちの車でもメンテナンスをしていれば、故障をせずに現役で走る車はたくさんあるのです。そうした評価を海外で得ているからこそ、輸出を目的とした中古車買取をする業者があります。

走行距離の価値基準「日本国内では買い替えサイクルが早い」

駐車場にある車

前段でもお伝えしていますが、国内の中古車市場においては走行距離が10万kmというのが1つの目安です。

この走行距離を超えてしまうと、国内では一気に買取額が下がってしまいます。しかし海外では10万km程度の走行距離を気にしていないのです。

まだまだ乗ることができる車だと判断されるため、海外の業者からすれば価値が高いのです。つまり日本国内では買い替えのサイクルが早いと言えるでしょう。

車査定に響く走行距離目安は【5万&10万キロ】減額と過走行の基準!

車査定に走行距離は影響する!目安は"5万キロ"と"10万キロ" 車種な……続きを読む
車のメーター

海外に車を売る『3つの方法』

では実際に海外に車を売るための方法を紹介します。

海外に車を売る『3つの方法』

という3つが一般的な方法ですので、1つずつ解説していきます。

【方法①】オークション代行サイト

インターネット

車を売る方法の1つがオークション代行です。ただ一般的なものは国内業者用のものとなります。それとは別に海外業者用のオークションもあるのです。

個人でも参加できるのですが、やはり細かい取引もあるので代行サイトを経由した方がいいでしょう。

  1. オークション代行業者に売却依頼を出す
  2. 業者が査定をして落札金額を設定してオークションに出品する

といった流れで利用することになります。ただ業者を経由する分の手数料がかかりますし、オークション形式だと売れない場合もあるでしょう。

車買取をオークション代行で依頼する方法!形式&おすすめの業者!

自動車オークションのタイプ そもそも「オークション」といっても、車売却に関する……続きを読む
オークション

【方法②】バイヤー

営業トーク

各国の中古車輸入を行なうバイヤーに買取を依頼するのも1つの方法です。例えば日本車が人気のアラブ首長国連邦のバイヤーに売りたいのなら、こちらから連絡を取るという形を取ります。

ただしやり取りは英語となりますし、細かい対応なども必要となるでしょう。

もちろん車に関する知識も必要です。手数料などを支払わなくてもすむのですが、かなり面倒な手続きを自分で処理しないといけません。

【方法③】中古車を海外輸出している業者で買取

ディーラーの下取り

中古車を海外輸出している業者に買取を依頼するというのが、恐らく最も手軽な方法だと言えるでしょう。一般的な中古車買取と同じだと考えて良いです。

ただ買取された車が海外に輸出されるか、国内市場に回されるかの違いがあるだけです。そのため10年落ち・10万km超えの過走行車の買取を希望する場合、こうした業者に依頼するのが良いでしょう。

最近ではウェブサイトなどを使って、輸出しているから高く買取できると宣伝する業者も増えているので、使いやすくなっているでしょう。

個人で中古車を海外に売るのは難しいのが現実

前段でもお伝えしたように、個人でも中古車を海外に売ることはできます。しかし手続きが面倒であったり、海外のバイヤーに連絡をして自分でやり取りする必要が出てくるのです。では実際にどんな問題があるのかを確認します。

個人で中古車を海外に売るのは難しい理由

【理由①】車の海外輸出は費用や手続きが面倒!必要書類が煩雑

手帳

中古車を海外に輸出する場合、必要となる書類が多いのもポイントです。中古車買取でも書類が複数必要ですが、面倒なのは印鑑証明くらいでしょう。

しかし輸出する場合は以下のような書類を用意しないといけません。

  • インボイス
  • 船荷証券
  • 輸出抹消登録証明書
  • 船積前検査証明書
  • パッキングリスト

最低でもこの5つの書類が必要で、輸出先となる国によっては他にも書類を用意しないといけないのです。

【理由②】古物商許可証を取得する必要がある

本

個人であっても中古車を輸出する場合、古物商の許可証を取得しないといけません。業として行なうのではないとしても、この許可証がなければ法律違反になるので十分に注意が必要です。

ちなみに古物商許可証を取得するには、最寄りの警察署で届け出をします。この手続自体は、特に難しいことはありません。しかし車買取を利用するだけなのに、免許を取得するのは面倒に感じる人が多いはずです。

【理由③】バイヤーを探して英語で交渉

車

海外へ中古車を輸出するためには、買取先を探さないといけません。この買取先なのですが、先ずはどの国に売るのかから決め、実際にその国で活動しているバイヤーに連絡をとって交渉します。

  • アラブ首長国連邦
  • ニュージーランド
  • ミャンマー

などが日本から中古車の輸出が多い国です。ただ業者からは買取するバイヤーが多く、個人からの依頼で買取するケースは少ないのです。そのため英語で地道に交渉する必要があるでしょう。

海外で高く売れる中古車は”6つの特徴がある”

では海外輸出で車買取を利用するとして知っておきたいことがあります。それは国内市場と同じように、海外でも中古車に対する需要のポイントがあることです。

ここでは国内の市場とは大きく異なる、6つの点を紹介していきましょう。

海外で高く売れる中古車は”6つの特徴がある”

【特徴①】ハイエースなど大型車・商用車

本革のシート

基本的に海外での需要が高いのは大型の車になります。日本とは違って複数人を乗せて長距離の移動を行なうことが多いので、大型の車が人気となっているのです。他にも幅広い用途で利用できるのも人気の理由です。

  • ハイエース
  • アルファード

などが代表的な車種でしょう。日本国内のように電車などの公共交通機関が少ない地域では、特に大型車両の需要が高くなっているのがポイントです。

【特徴②】ハイブリット車以外の車種

駐車場に停められた車

日本車が人気の理由は故障しにくいことですが、もう1つ修理がしやすい車でもあるのがポイントです。そのため国内市場では人気の高いハイブリッド車は、海外ではさほど人気がありません。

ハイブリッド車は修理をするとしても、専用の工具や設備などが必要になることがあるからです。そのため海外への輸出買取を考えるのなら、ハイブリッド車以外の車の方が買取額に期待できるでしょう。

【特徴③】人気なオプション付き

車のサンルーフ部分

中古車の海外輸出といっても国によって事情が異なります。一般的に途上国への輸出では実用性が求められますが、先進国ではラグジュアリーさが求められるのです。

そのため純正オプションのついている車が評価されます。

などのようなオプションがついていると、高値での取引になりやすいです。

社外品パーツをつけている場合は、取り外した方がいいのか買取業者に質問してください。

【特徴④】スポーツカー

スポーツカーのホイール

日本車の中でもスポーツカーは評価されています。ただしこちらも先進国向けのものだ考えてください。特に高く評価されているのが、スカイラインのGT-Rです。

国内市場でも人気が高い車ですが、場合によっては輸出の方が買取額が高くなるケースもあるでしょう。

特にアメリカでは25年ルールというものがあります。原則として右ハンドルの車しか行動が走れないのですが、年式が25年落ちになると適用外となるのです。そのためアメリカでは古い日本車のスポーツカーが人気になっています。

【特徴⑤】悪路でもよく走る4WD車

夕日に走る車

海外でも途上国は特に道路の舗装がされていません。先進国でも国土が広い場合は悪路が多くなるそうです。そうした状況であるため、走破性の高い車への需要が必然的に上がってきます。

  • SUV
  • 4WD車
  • ディーゼル車

などの需要が高いことから、思わぬ高値をつけることがあります。国内市場でも人気があるタイプですが、海外ではより切実な理由があるため高値をつけやすいでしょう。

【特徴⑥】日本でのみ新車発売する車

白の破線が書かれた道路

日本車のメーカーは海外でも新車を販売しています。しかしすべてを販売しているわけではなく、日本国内向けの新車も出しているのです。

当然日本の環境に合わせて作られているので、海外では販売していません。こうした日本のみで購入できる車にも需要が高まっているのです。

自分の国では入手できない車を欲しいというのは、どの国であっても同じなのでしょう。そのため海外輸出ルートを持つ業者では、高値での査定が期待できます。

【最新版】海外で高く売れる人気車種ランキング

1位 トヨタ・ハイエース
2位 トヨタ・ランドクルーザー
3位 トヨタ・プリウス
4位 三菱・パジェロ
5位 トヨタ・アルファードとヴェルファイア

走行距離10万km超・事故・不動車の輸出に強い車買取業者

ここまでお伝えしてきたように、中古車買取では海外への輸出も転売先の1つです。そのため走行距離が10万km超えや、年式の古い車でも買取対応としている業者が増えています。

また自動車として輸出するのではなく、必要なパーツのみを取り出して輸出するケースもあるのです。そのため事故車や不動車といった車での買取対応とする業者もあります。

少し前まではこうした海外への輸出という販路を持っていても、積極的に宣伝する業者は少なかったのです。しかし最近ではウェブサイトやSNSを活用するケースも増えているので、以前よりも業者を見つけやすくなっています。

売り手側としても一般的な中古車買取業者と同じように利用できるため、特殊な書類や面倒な手続きが必要ないというメリットもあるでしょう。

走行距離10万キロの車はガタ落ち…諦めるな!高価買取の秘訣はコレだ

「車の寿命は10万キロ…は大昔の話」だから諦めるな! よく車の寿命は1……続きを読む
夕日に走る車

海外輸出に強い買取業者を探すなら”車一括査定サービス”

車一括査定のメリット

海外への輸出販路を持っている買取業者は増加傾向にあります。しかし積極的に宣伝をしている業者ばかりではありません。

自分が居住している地域で、海外輸出に強い車買取業者が見つからない場合は、車一括査定サービスを使うといいです。

  • インターネットで無料利用できるサービス
  • 24時間申込みが可能
  • 複数の業者に対して一括して査定の見積り依頼ができる

といった内容になっています。中古車買取では各業者ごとに買取額が違うので、複数店舗から見積もりを取るのが高く売るコツです。

条件の悪い車だと販路を持たない業者と、販路がある業者の買取額に大きな差が出るので車一括査定を使うと判別しやすいでしょう。

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2023年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック ナビクル
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 49社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は5,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. 厳しい基準をクリアした優良業者(JPUC含む)と提携

消費者保護のための厳しい基準をクリアした業者(JPUC)を含む、複数の優良業者と提携している「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

まとめ

海外輸出

中古車買取における海外への輸出という点を詳しく調べてみました。

中古車買取において国内市場では、10年落ち・10万km超えの車は一気に買取額が下がってしまうものですが、海外ではまだ需要がある車が多いのです。

そのため高値をつけるケースがあるので、条件が悪い車であっても諦める必要はありません。

海外への輸出を考えた場合、個人で行なうのはよほどの知識がないと無理でしょう。そこで海外への販路を持つ中古車買取業者を利用するのがおすすめです。