中古車購入の陸送費はいくらかかる?平均相場&安くするポイント!

車

中古車の購入をする時に、最近ではオンラインという便利な選択肢ができました。基本的に中古車の購入というのは、自分の目で見て確認することが重要です。

ですがどうしても欲しい車が、希少なもので地元にはない可能性があります。そうした時にオンライン上で、自分の気に入っている車を探して購入するという人も増えているのです。

ですが遠隔地で購入した時に気になるのが、陸送費の問題でしょう。ここでは陸送費について詳しく見ていきます。

市場に出回らない新古車(未使用車)・中古車を探す方法
非公開の新古車・中古車を探す方法

決して市場に出回らない「非公開車両」を見つける方法が存在します。それは希望の車を探してくれる「ズバット車販売」を利用するというもの。

「ズバット車販売」はネクステージ運営の中古車提案サービス。国産車は3ヵ月または3,000km、輸入車は1ヵ月/走行距離無制限の保証が無料で付帯されます。

以下のように伝えるのがコツになります。

  • 新車とほぼ同じ状態の新古車(未使用車)を希望
  • 走行距離が3000km未満、もしくは5000km未満がほしい
  • 予算は150万円、N-boxの新古車がほしい
ズバット車販売
ズバット車販売

ズバット車販売はこちら

目次

中古車の陸送費とは?指定の場所まで運ぶ費用

車屋_店_ディーラー

最初に陸送費とはなにを指すのか、から確認していきましょう。結論からお伝えしますと、納車などのために車両を陸送で、指定場所まで運ぶための費用だと考えてください。ちなみに陸送のみではなく、船を使うケースだと輸送費という言い方をします。

飽くまでも陸地で車両を運搬するための費用となるため、遠隔地以外で購入したとしても発生することがあります。つまり車を運んでもらったらかかる料金だと考えてください。

ただし近隣であれば陸送費は無料だとしている業者もあります。近隣だけではなく、遠隔地であっても無料という業者も少なくありません。業者ごとに陸送費にかかる費用が違ってくるので、最初に確認するようにしましょう。

遠方から中古車を取り寄せるときの費用&注意点!平均相場とメリット

中古車は現物での販売になるため、新車のように購入時にカスタムすることはできません……続きを読む
車

陸送費と納車費用の違い

車

陸送費とよく勘違いされるのが納車費用になります。この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。おさらいしますと、陸送費というのは車両を指定場所まで運搬するためにかかる費用のみを指します。

  • 洗車代
  • ガソリン代
  • 登録費用
  • その他手数料など

他方で納車費用というのは上述したような代金のことです。端的にお伝えするのなら、中古車を指定場所まで輸送する以外の費用だと考えてください。ただ見積書によっては、陸送費という項目がない場合もあります。

その場合は納車費用の中に、運搬用のコストが計上されているのがほとんどです。ですので見積書に陸送費という項目がない場合は、販売店に確認しておくといいでしょう。

中古車の陸送費の平均相場

税金の計算をする男性

では中古車を購入したとして、陸送費はどの程度かかってくるのでしょうか。先に軽く触れましたが、実は業者ごとでかかってくる費用が違います。一般的にはどの程度の距離を運搬するのかで料金が変わる形です。

ただしすべての業者で同じではなく、業者ごとに費用も違っています。中には国内であれば、陸送費は無料という良心的な中古車販売店もあります。実際の相場としては以下の通りです。

ディーラーで同都道府県内 2万~3万円程度
ディーラーで同都道府県外 3万円~10万円程度
中古車販売店で同都道府県内 1万円~3万円程度
中古車販売店で同都道府県外 3万円~7万円程度

格安で中古車を購入できたとしても、陸送費がかかることもあるため、事前に確認をとってください。

陸送方法の違いによる相場の確認

レッカー移動する車

前段で大まかな陸送費の相場というのを確認しましたが、次に陸送方法の違いという点でも見ておきましょう。大まかに陸送をする業者は3つあります。

  • 販売店
  • レッカー業者
  • 陸送を専門とする業者

販売店は担当者が運んできてくれるもので、主に近場で使われる方法です。費用としては3つの中で、最も安価であると言えるでしょう。

次にレッカー業者ですが、1台の車を陸送してくる方法です。料金的には販売店よりも高く、専門業者よりも安価になります。

最後の陸送専門の業者ですが、こちらは大型の車を使って何台も一気に陸送していくといった方法です。料金的には3つの方法の中で、最も高額になります。

要注意!陸送費用が割増になる中古車の『3つの特徴』

ここまで陸送費の相場について解説をしました。次に知っておきたい注意事項があります。それは陸送費が割増になる中古車がある、という点です。ここでは3つの車について見ておきましょう。

陸送費用が割増になる中古車の『3つの特徴』

【特徴1】ローダウン車

白い車のボディ

最初に知っておきたいのがローダウン車です。これはいわゆる車高の低い車のことを意味します。通常の陸送であれば割増料金にはならないのですが、ローダウン車の場合は特別な車両で運ぶかもしれません。そのため割増になるのです。

  • フロントバンパー
  • サイドステップ
  • リアマフラー

これらの下部と地面との間が15cm以上というのが条件になります。逆に15cm未満だと割増になるのです。なぜなら積載車と呼ばれる車で運ぶのですが、この時に地面に擦れてしまって傷がつくのです。

そのため特別な車両が必要となり、陸送費が割増になります。改造車を取り扱う業者もありますが、特にローダウン車を購入するのなら、事前に確認をとっておくべきでしょう。

【特徴2】全高2.0m以上の自動車

白の破線が書かれた道路

ローダウン車とは逆に全高が高すぎても、陸送費が割増になってしまいます。条件としては以下の通りです。

  • 全高が2m以上ある車

車種でいうのならハイエースなどが該当します。また全高に限らず、車体そのものが大きいと割増料金になる可能性が高いです。なぜなら一般的に使われる積載車に載らない可能性があるためです。

一般的な積載車に載らないのなら、特別な車両を使うしかありません。その結果として陸送費が割増になります。こちらも中古車を購入する際に、必ず確認するようにしてください。

場合によっては陸送費が割増どころか、2倍や3倍になってしまうこともあるためです。

【特徴3】不動車

レッカー移動させられる車

不動車を動かすといった場合も陸送費が高くなる可能性が高いです。例えば事故を起こして動かなくなってしまった車や、長年放置していて動かない車などが対象だと考えてください。

これらの不動車は自走できないため、積載車に積むためにはウィンチなどが必要となってきます。つまりウィンチを搭載した積載車が必要となるため、陸送費が必要以上にかかってしまうのです。

相場と比較すれば、3倍~4倍程度の陸送費がかかるケースもあります。ですので費用面については事前に相談をしましょう。こうした不動車の場合は、廃車にするのが一般的です。そこで廃車買取を行なっている業者を探すといいでしょう。

【実例】動かない車…不動車は処分より売る方が100%得する理由と方法

この記事を読めば解決できること 動かない車のお得に売る方法 不動車の……続きを読む
レッカー移動させられる車

中古車の陸送費を安くする『3つのポイント』

陸送費が高くなる中古車があることを解説しました。では逆に陸送費を安くする方法はあるのでしょうか。ここでは3つのポイントに絞って解説していきます。このポイントを実行すれば、割安になるでしょう。

中古車の陸送費を安くする『3つのポイント』

【ポイント1】近くの陸送業者の営業所に取りに行く

パソコンで調べる男性

中古車の売買というのは、販売店から購入するだけではありません。特に最近ではインターネットを通して、個人売買をすることもあるでしょう。そうした時に陸送費を安くする方法があります。

  • 近くにある陸送業者の営業所に持ち込む
  • 近くの陸送業者の営業所へ取りに行く

といった方法です。単純な話ですが自宅、もしくは指定の駐車場まで運んでもらうよりも、若干ですが陸送費が安くつきます。業者にもよるのですが、だいたい5000円~1万円前後の値引きになるでしょう。

ただし業者によっては対応していません。なぜなら陸送してきた車を保管する場所がないと、この方法は選択できないからです。そのため見積もりをする時にヤード持ち込み、ヤード取引はできますかと相談するといいでしょう。

【ポイント2】時間に余裕を持たせる

査定について説明する作業員

実は陸送業者というのは繁忙期が決まっています。

  • 2月~4月が繁忙期になる業者がほとんど
  • 繁忙期の料金は1.5倍~2倍程度になることが多い

2月~4月という時期を見て、予想ができた人もいるかもしれません。この春先の時期は引っ越しや新生活を迎える人が多くいます。それに合わせて車を手放したり、購入する人も少なくありません。

そのため2月~4月というのは、陸送業者にとって繁忙期となるのです。引越しの業者と同じで、この時期だと割増料金としているケースも珍しくありません。ですので時間に余裕をもたせて申込みをするのがおすすめです。

2ヶ月~3ヶ月程度の時間的な余裕があると、陸送業者としても対応しやすくなります。また料金も抑えることができるため、急ぎでないのなら時間的な余裕をもって依頼するといいでしょう。

【ポイント3】引越しの場合は陸送会社に依頼

白い車を見る査定士

転勤をするなどの事情で引越しをする時に、自分の車も転居先に持っていきたいと考える人も多いでしょう。近場なら良いのですが、遠隔地になると自分で運転していくのも大変です。

そうした時に引越し業者に、車の移動をオプションで依頼する人もいます。ですがこの場合、実は引越し業者ではなく陸送業者に依頼をすると料金が割安になる可能性が高いのです。

何故なら引越し業者に依頼をしても、結局のところ陸送業者に仕事を依頼するためです。この場合、引越し業者は仲介手数料を取ることになるので、どうしても割高になります。

逆に自分で陸送業者に頼めば、仲介手数料が取られませんのでその分を安くできる形です。また先述したように繁忙期にかぶるのなら、事前に連絡をとっておくことで、より陸送費を安くできます。

まとめ

車

中古車を購入した時の陸送費についてまとめてみました。陸送費というのは購入した車を、運搬する時にかかる費用だと考えてください。

中古車を購入する時に家の近くの業者だと、陸送費についてはあまり考慮しなくても良いです。ですが遠隔地の業者を利用した時は、陸送費がかかることが多くなります。

運搬する距離に応じて、陸送費というのは高くなるので注意しましょう。ただし中古車販売店によっては、日本全国どこでも陸送費が無料というケースもあります。

この記事を書いた人

「もっと価値を見つける」をテーマに自動車の買取現場に立ち会い数多くの交渉を経験。現在は自動車買取メディアの立ち上げから運営、さらに自ら車売買を行うため古物商を取得(奈良県公安委員会 第641180000388号)。WEBメディアを通じて分かりにくいことを分かりやすく解説し、リユースに関する正しい知識を提供し、適切な判断ができるように情報を発信中。

my car value check
愛車の価値が
60秒でわかる!!
1愛車の種類を選択
2年式を選択
3走行距離を選択
データがありません

申し訳ございません。査定データがありませんでした。

あなたの愛車の価値は...

万円

~

万円

です

現在

相場を確認したら一括査定サービスで
実際の価格を比較しよう

愛車の相場を確認したあなたは一括査定サービスを利用することをおすすめです。

一括査定サービスは最大30社に査定依頼できるので高額が狙えます。

サービスは無料で愛車情報を入力するだけとかんたんなので是非試してもらいたいです。

目次