自動車購入

走行距離7万キロの中古車は購入しても大丈夫!選ぶコツ&平均相場価格

車のダッシュボード

車を買い替えようとした時に中古車を選ぶ人も多いでしょう。一般的に走行距離が長くなるほど、中古車というのは価値を落としていきます。販売価格は安くなっていくのですが、反面で車の状態が気になる人も増えるはずです。

そこで走行距離が7万キロの中古車はどうでしょうか。一般的に上限と言われるのが10万キロですので、まだ3万キロの余裕があります。

ですが中古車として見た場合、走行距離は多いとも言えるのです。そこで走行距離7万キロの中古車を選ぶコツを紹介します。

走行距離7万キロの中古車は購入しても問題なし

車

そもそも走行距離7万キロの中古車は、購入しても問題がないのでしょうか。中古車というのは、1台1台状態が異なるものです。そのため一概にいうのは難しいのですが、概ね問題ないと考えても良いでしょう。

  • 走行距離10万キロが目安だったのは一昔前の話
  • 最近の車は耐久性が向上したため10万キロを超えても大丈夫

上記の2つが走行距離7万キロの車を購入しても、概ね問題がないといえる根拠となっています。最近の車は耐久性や技術が向上したこともあり、走行距離が10万~15万キロであっても問題なく走るのです。

実際に海外ではメンテナンスなしでも、走行距離が20万キロを超える日本車が現役で走っています。そのため10万キロを目安とするのは、少し古い情報だと言えるでしょう。確かにリスクがある車もあるのですが、概ね大丈夫だと言えます。

1年=1万kmの走行距離を目安に購入するのがおすすめ

車買取

中古車において価格に大きく影響するのは、年式と走行距離の2つです。そこで重視したいのが、年式と走行距離の関係になります。

  • 普通車なら1年あたり1万キロ
  • 軽自動車なら1年あたり8000キロ

という数字が1つの目安であると考えてください。例えば年式が5年落ちで走行距離が4万キロの普通車があったとしましょう。この場合は1年あたりの走行距離が8000キロとなりますので、お買い得な車だと言えます。

逆に1年あたりの走行距離が、上記の数字を超えてくるようだと走行距離が目安よりは多いといえるでしょう。逆に車庫に入れっぱなしで乗っていない車というのも市場にはあるのです。

8年落ちで1万キロ程度しか走っていないなどの場合、1年あたりにすれば1000キロ強しか走っていません。こうした車は逆に走行距離が短すぎるため、避けた方がいいでしょう。

走行距離7万キロの中古車を購入するメリット・デメリット

では実際に走行距離7万キロの中古車を購入するとして、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。当然どちらも存在しますので、あらかじめ知った上で購入するかどうかを検討してください。

走行距離7万キロの中古車を購入するメリット・デメリット

走行距離7万キロの中古車を購入するメリット

車

走行距離7万キロの中古車を購入するメリットから見ていきましょう。

  • 価格が安価である
  • 選択肢が増える

以上の2つが大きなメリットになるでしょう。中古車の販売額は走行距離と密接な関係があるため、7万キロともなると販売価格が下る傾向にあるのです。人気のある車種などであれば、下がり幅は少ないかもしれません。

ですが中古車市場として、さほど人気のない車種であれば大きく値段が下がってくるのです。そのためお買い得な車が増えると考えて良いでしょう。また走行距離7万キロというのは、買い替えるタイミングでもあります。

そのためどのモデルであっても、全体的に流通量が増えてくるのです。供給量が多いため、自分が狙っている中古車の条件を細かく指定していくことができるでしょう。こうした選択肢の多さも魅力です。

走行距離7万キロの中古車を購入するデメリット

中古車屋_店

反対に走行距離7万キロの中古車を購入するデメリットも見ていきます。

  • リセールバリューには期待できない
  • 経年による劣化がある
  • 古さが否めない車種もある

といった点がデメリットとして考えられるでしょう。そもそも走行距離7万キロは1つの基準となるため、リセールバリューに期待してはいけません。販売額が安くなっているのも、そうした理由があるからです。

そのため車を買い替える時に、売却資金として考えるのなら走行距離7万キロの中古車は向いていません。また経年による劣化がある点も仕方がないことでしょう。

7年落ち程度の車が多くなるので、外観や内装にしても新品同様というわけにはいきません。また車種によってはモデルチェンジが行われていたりもします。

そのため車種によっては、古さが否めない車もあるでしょう。ただモデルチェンジがあった車は、より販売額が下がっているはずです。

安全な走行距離7万キロの中古車を選ぶコツ

車売却の必要書類をまとめる男性

最後に走行距離7万キロの中古車でも、リスクの低いものを選ぶポイントを紹介していきましょう。

  • 定期点検や車検をきちんと受けている車
  • オイル交換を定期的にしている
  • 液体漏れやサビなどがない
  • 修復歴がない
  • 水没車や塩害車ではない

などが主なものとなります。大事なのは定期的にメンテナンスをしていたかどうかです。定期点検や車検をきちんと受けていて、整備記録もしっかりと残っているのなら、どこを修理したなどの情報も残っているはずです。

そうした情報が確認できれば、安全な車である可能性が高まります。エンジンオイルの交換についても同じです。目安としては3000キロ~5000キロに1回となります。7万キロの走行距離だと20回~30回交換されていると安心です。

ただオイル交換の詳細は把握できないので、直近で2回~3回交換されていると安心でしょう。また現物を見て液体の漏れやサビがないかを確認してください。できればボディの下や、シートをめくって確認しましょう。

修復歴がない車、水没車ではない車なども大事なポイントです。

まとめ

車のダッシュボード

走行距離7万キロの中古車を購入しても大丈夫なのかについて考えてみました。一昔前までは走行距離10万キロが1つの目安とされていたのですが、最近は耐久性が向上したこともあり、10万キロを超えても問題なく走ってくれます。

そのため7万キロという走行距離でも問題なく購入できるでしょう。ただしすべての中古車が良いわけではありません。

状態次第でもあるので、年式や走行距離だけではなく、整備記録などを確認するとコストパフォマンスの良い車が購入できます。