自動車売却

【見解】ガリバー『クレームガード保証』必要なし!こんな人だけ加入して

本を開いたビジネスマン

中古車買取の大手であるガリバーには、クレームガードという保証があります。いざというときのために利用を考えている人もいるかもしれませんが、ガリバーを利用する目的によっては特に必要ないサービスかもしれません。

クレームガード保証が絶対必要になるわけではなく、入った方が良い場合は限られているでしょう。では詳しく知らない人のためにどのような場合に入れば良いのか、そもそもどのような内容のサービスなのかについて紹介します。

【先に結論】クレームガード保証は必ずしも必要ではない

重要と書かれた文字

クレームガード保証に入ることは強制ではないため、入りたくないと思うのではあれば無理に入る必要はないでしょう。ただし以下のような状況から、ガリバーの一部の店舗では入る必要があるようです。

  • クレームガード保証を提案することがガリバーの接客マニュアルとして決まっている
  • クレームガード保証に入ることを買取サービスの利用条件としている店舗もある

どの店舗を利用しても提案されることが基本となるため、簡単な話だけは聞いておきましょう。その上で魅力や興味を感じないのであれば断れば良いですが、強制的に加入を求められる店舗もあるため事前に確認しておきましょう。

入ることを断った場合、買取サービスそのものが利用できないこともあります。サービスそのものが利用者ではなく、ガリバー側の都合のためにあるのかもしれません。

そもそもクレームガード保証とは?意味は『後のトラブル回避』

ガリバーのクレームガード補償
(画像出典:ガリバー「クレームガード補償」)

クレームガード保証の特徴をまとめると、以下の通りです。

クレームガード保証の特徴
  • 車の引渡し後に事故修復歴や故障などが見つかった場合に適用される
  • トラブルが起きても保証料を支払っていれば賠償を請求されなくなる
  • 保証期間は7ヶ月間
  • 輸入車でも対応してもらえる

要するに引き渡し後に車の状態に関するトラブルがあり賠償を請求されることになっても、そうなる心配がなくなるのです。後のトラブル回避のためのサービスではありますが、業者が丸儲けするためのオプションとも言えます。

このようなサービスが誕生するまでは、買取後に見つかった見落としなどの損失は業者が負担するのが一般的だったためです。

ガリバーのクレームガード保証内容と保証料(金額は消費税込み)

売却金額 車種 保証料
10万円まで ・国産
・車輸入車
4,900円
10万円から20万円まで 国産車 5,900円
10万円から20万円まで 輸入車 6,900円
50万円から100万円まで 国産車 9,900円
50万円から100万円まで 輸入車 14,900円

このように売買金額が高くなるにつれて保証料も高くなり、国産車の方が安くなります。

クレームガード保証に入ってれば、瑕疵担保責任による賠償の支払いが免除されるという内容です。

ビッグモーターのクレーム安心保証内容と保証料(金額は消費税込み)

売却車種 保証料
軽自動車 1万円
売却金額100万円未満の普通車 1万円
売却金額100万円以上の普通車 2万円
輸入車 3万円

車種によって保証料が変わりますが、輸入車になると高くなるのは同じです。またガリバーには7ヶ月間という保証期間があるのに対し、ビッグモーターは一生涯保証となります。

クレームガードに入るべきは『中古車購入の場合(修復歴の可能性)』

ビジネスマンの握手

引き渡し後に車の状態が悪ければ責任を問われるため、新品同様で状態の良い車を出すのであれば問題ないでしょう。しかし中古車購入の場合、以下のようなポイントからクレームガード保証に入ると良いでしょう。

  • 瑕疵担保責任が発生しやすい
  • 自分の前の持ち主にある責任まで追及される場合もある

買取時には査定が行われますが、そのときに申請しなかった不具合が見つかった後で見つかった場合に瑕疵担保責任が発生します。新品よりも誰かに使われ続けていた中古車の場合、見えない部分に不具合が潜んでいるかもしれません。

トラブルは嫌!そんな方は保険のためにクレームガード保証もアリ

落ち込む男性

後からトラブルとなって気持ちの良い取引ができなくなってしまうのであれば、保険としてクレームガード保証に入っても良いでしょう。自分では注意していたつもりでも、後になってから不具合が見つかることがあるかもしれません。

プロの査定スタッフは車の状態を細かくチェックし、一度の査定では発見できなかった不具合を見つけるかもしれません。後になってこちらからクレームを入れても話がまとまらない場合もあるため、念のために入るのは良いでしょう。

クレームガード保証を実際に利用した人の口コミ&評判

新車購入の場合はクレームガード保証は必要なし

ストップするサラリーマン

上記した通り中古車購入ではトラブルとなりやすいかもしれませんが、以下のような理由からクレームガード保証は必要なしと言えるでしょう。

新車購入の場合はクレームガード保証は必要なし
  • 新車に近い状態で不具合を感じないのであれば瑕疵担保責任を問われる可能性が低い
  • 保証料だけがかかり損となる
  • 不具合を見落とした業者側の責任を問える場合もある

そもそも不具合がなければ瑕疵担保責任を問われることはなく、その不具合を見つけられない責任は業者側にもあるのではないでしょうか。

まとめ

本を開いたビジネスマン

ガリバーのサービスであるクレームガード保証について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。このサービスがまったく無駄というわけではないものの、買取に出す車の状態によって入るかどうかを考える必要はあるでしょう。

中古車購入であればトラブル対策として加入し、新車購入であれば保証料がかかるため加入を断ると良いです。買取に出す車の状態を自分でもよくチェックし、後から瑕疵担保責任を問われないように注意することも重要です。