自動車売却

【記入例あり】車売買に必須『譲渡証明証』の書き方とテンプレート!

譲渡証明書

自動車を売却する時には、いくつか作らないといけない書類があります。その中の1つが譲渡証明書になります。

車には税金などがかかりますので、所有者が知らない間に名義変更などされることがないように、必ず譲渡証明書が必要になるのです。逆に言えば譲渡証明書がなければ、車売却に関わる諸々の手続きを進めることができないのです。

それだけ大事な書類になるため、しっかりと書き方などを覚えておくといいでしょう。ただ車買取業者に売却をした時などは店舗側が勧めてくれます。

【記入例】車売却時の譲渡証明証の書き方(テンプレ)&ダウンロード先

譲渡証明書の記入例

譲渡証明書については定まった様式があります。この書類ですが国土交通省のホームページから、ダウンロードが可能です。21号様式譲渡証明書というものになります。では書き方についても解説をしていきましょう。

ONE POINT
ダウンロードは国土交通省「譲渡証明書」からできます。

1つ1つを見ていきますので、特に難しいこともありません。また業者との取引では記入する欄などを教えてくれます。個人売買などで自分で作成する場合などは、情報を参考にして記入ミスなどがないように書類を作ってください。

車売却時の譲渡証明証の書き方

【書き方①】車の情報を記入(車検証用意)

譲渡証明書

車売却をした後に書く譲渡証明書ですが、用紙の最上段になる部分に譲渡する車の情報を記入していきます。記入する欄は全部で4種類あります。

  • 車名
  • 型式
  • 車体番号
  • 原動機の様式

といった項目があるのですが、これは車検証の内容に従って記入するようにしてください。業者に委任する場合は、自分で書く必要はありません。ただ自分で記入するのなら、ミスのないように車検証を確認しながら書いていくようにします。

【書き方②】譲渡人・譲受人と住所を記入

譲渡証明書

譲渡証明書の2段目には譲渡人と譲受人の氏名、住所を記入する欄があります。ここに旧所有者となる譲渡人から記入してください。その下の欄に譲受人の氏名などを記入していく形です。

  • 譲渡人の氏名や法人名、住所を書く
  • 譲受人の氏名や法人名、住所を書く

という流れになります。

ATTENTION

記入ミスをしてしまった時は、訂正印を押して正しく書き直してください。また走り書きなど読めないような文字を書かないように注意してください。

【書き方③】譲渡する年月日を記入

譲渡証明書

次に譲渡証明書の中に、譲渡する年月日を記入していきます。各場所としては譲受人の氏名と住所を書く欄の左側です。この日付については個人売買なら提出する当日で構いません。

業者と取引しているのなら、年月日については任せましょう。

印鑑証明に記載されている住所と現住所が異なるなどのケースでは、住民票が必要となります。

旧住所と現住所の間がわかるようにしなくては、書類の不備となって受付してもらえません。この点は忘れないように注意しておきましょう。

【書き方④】実印を押す

譲渡証明書

最後に旧所有者となる譲渡人が実印を押印して終わりです。押印する前には書類に不備がないかどうかをしっかり確認してください。押印する場所は譲渡人の氏名と住所を書いた欄の右側にあります。

ここで実印が必要になるのは譲渡人のみです。譲受人の実印は不要となります。個人売買で自分で手続きをする時には、この点を覚えておくといいでしょう。大事なことですので、再度確認しておきます。

実印を押すのは譲渡人のみです。間違って譲受人のハンコを押さないようにしてください。

【書き方⑤】捨印は絶対必要ではない

譲渡証明書

譲渡証明書の書類を作る時に、気をつけていても間違ってしまうことがあります。この時に捨て印は必要なのでしょうか。結論からお伝えしますと、捨て印は絶対に必要なわけではありません。

  • 車名や型式などを記入する欄は訂正印でしか修正できない
  • 譲渡人や譲受人の氏名、住所欄のみ捨て印で訂正できる

という書類作り上のルールがあります。ですので捨て印については氏名や住所欄にしか使えないので用意しておく意味は薄いでしょう。すべて訂正印で修正をしてしまって問題ありません。

【注意】譲渡証明証の作成で気をつけるべきポイント

重要と書かれた文字

譲渡証明書を作って上で気をつけるべきポイントがあります。

  • 車検証の名義が所有者と違うケース

意外とこのポイントに気がつかない場合があるのです。代表的なのは家族や友人から、車を譲ってもらったというケースでしょう。車検証の名義が所有者と異なる場合には、次の書類を用意してください。

車検証の名義が所有者と異なる場合に必要な書類一覧
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 印鑑証明書

この3つを揃えることで自分の名義に変更して、それから譲渡証明書を作成するという流れになります。

車検証の名義がディーラーやローン会社である場合は、先方に連絡をとって譲渡証明書を郵送してもらってください。

なぜ車売買に譲渡証明書が必要になるのか?その実態に迫る

チェックをするサラリーマン

車売却では譲渡証明書が必要になるとお伝えしてきましたが、いったいその理由はどこにあるのでしょうか。譲渡証明書とはいつ誰に譲渡されたのかを証明する書類になります。

これはその車に対する権利をすべて譲ったということになるので、売却以外にも必要となるのです。

車売買に譲渡証明書が必要になる理由

【理由1】車検証の名義がディーラーやローン会社の場合

査定結果を説明する男性

既に軽く触れましたが車をローンで購入していると、車検証の所有者の欄がディーラーやローン会社であるケースがあります。これは万が一に支払いができなくなった時の担保であるという意味です。

車売却をするとしても、この状態では売却ができません。ローンを既に完済しているのなら、上述の通りに所有者の名義元に連絡をすれば譲渡証明書を送ってくれます。

しかし残債があるというケースでは、名義変更をするのにローンを完済しなくてはいけません。交渉次第ではローンを残したまま、所有権を移してもらえることもあります。

【理由2】廃車手続きをする場合も譲渡証明証が必要

壊れている車

廃車をする時にも譲渡証明書は必要となります。ただしすべての手続きを自分で進めていく場合は必要ありません。ですが多くの場合は、廃車買取業者に任せてしまいます。この場合は譲渡証明書を作成した後に名義変更をしなくてはいけません。

廃車買取業者としても名義変更をしなくては、その自動車の所有権を持つことができないため、後の手続きを進めることができないのです。ですので買取業者に名義変更をした後に、廃車手続きを行うという形をとっています。

【理由3】譲渡証明証が必要なケースは主に名義変更

ビジネスマンの握手

このように譲渡証明書が必要になるケースというのは、車の名義を変更する時が主となっています。譲渡証明書はその自動車に関する権利をすべて、移譲することになるのです。

そのため売却をするにしても、廃車をするにしても必要となります。ただし廃車手続きを自分で進める場合は、名義が自分の物ですから譲渡証明書を作成しなくても問題ありません。

車売却については買取業者に名義変更をしなくては話にならないでしょう。いずれにしても業者を通した場合は、そちらで手続きを進めてくれます。

譲渡証明証含め名義変更で必要な書類一覧

必要書類名 発行方法 費用 注意点
譲渡証明書 ・インターネット
・買取店
無料 以前の所有者の実印が押されている
以前の所有者の委任状 ・インターネット
・買取店
無料 以前の所有者の実印が押されている
新しい所有者の委任状 ・インターネット
・買取店
無料 新しい所有者の実印が押されている
以前の所有者の印鑑証明書 ・役所
・コンビニ
300円 以前の所有者の実印が押されている
新しい所有者の印鑑証明書 ・役所
・コンビニ
300円 新しい所有者の実印が押されている
新しい所有者の車庫証明書 警察署 ・軽自動車(500~600円)
・普通自動車(2,000円~3,000円)
発行してから1ヶ月以内のもの
車検証 車の中 無料 車検が切れていないもの

まとめ

譲渡証明書

車売却に必要な譲渡証明書についてでした。車買取業者を通して売却するようなケースでは、業者側で書類などすべてを用意してくれます。また手続きを進めるのに印鑑証明書と実印があれば、後は業者で進めてくれるでしょう。

しかし個人売買などのケースでは自分で手続きを進めていきます。陸運局の窓口で書類をもらうか、国土交通省のホームページからダウンロードしてください。作成をする時には印鑑証明書が必要となるので忘れないように用意しておきましょう。