自動車売却

『車買取の二重契約トラブル』当事者がやるべき違法業者への対策!

買取店で契約

車買取でよくあるトラブルが、二重契約をしてしまうことです。二重契約といっても業者側がするのではなく、売り手であるユーザー側がしてしまうケースが目立ちます。

複数の業者から査定を受けて、より高いところに売ろうとするのが原因です。A社が最も高く買取をしてくれたと思って契約をすると、その後からB社の方が10万円も高い買取額を提示してくれたというケースは少なくありません。

こんな時につい二重契約をする人が多いのですが、素直にキャンセルできるとは限りません。

車買取・売却時の二重契約によって起こるトラブル

本を開いたビジネスマン

車買取における二重契約によって起こるトラブルがあります。

車買取における二重契約によって起こる2つのトラブル
  • 【トラブル1】キャンセルができない
  • 【トラブル2】違約金を支払うことになる

大きくはこの2つのトラブルがあります。先ず原則として覚えておきたいのは、車買取の売買契約はキャンセルできないという点です。車買取業者としても契約をした車は、既に自社の物として扱うため整備をしたり、売りに出したりとします。

そのため原則としてキャンセルができないのです。ただ大手を中心として一部の業者がキャンセルに対応しているという話です。そのため基本的に二重契約によるトラブルは、ユーザー側が招いている事象だと言えるでしょう。

ONE POINT
ちなみに売買契約書の中には、キャンセルについての規定が書かれてあるはずです。
  • キャンセルできる期間
  • 違約金が必要かどうか

この2点については必ず確認するようにしておきましょう。またキャンセルできる期間については、いつから起算するのかも必須です。契約書を交わしてからなのか、車両の引き渡しをした後かで日数が変わるからです。

車買取・売却の二重契約の解約はキャンセル規定による

机に置かれた書類

では仮に車買取で二重契約をしてしまった時には、キャンセルに応じてくれるのでしょうか。この問いについては、既にお伝えしたように原則としては無理だと考えてください。ただ一部の業者はキャンセルができるはずです。

一方的に契約を破棄することはできませんので、しっかりと売買契約書に書かれているキャンセル規定を確認しましょう。

また契約書に規定が書かれていない場合は、事前に確認しておくことが必須です。ただ多くの業者ではキャンセルが不可となります。

ATTENTION

フランチャイズで全国展開をしている業者があります。このケースでは店舗ごとに、対応が違ってくるので注意しておきましょう。以前はキャンセルできたのに、今回はできないというパターンが考えられるからです。

契約の段階別キャンセルの可能性一覧

契約の段階 キャンセルの可能性
契約はしたが書類と車両を渡していない キャンセル可能
契約し書類を渡した状態(車両は自分のところ) キャンセルはほぼ可能
車両と書類を渡した状態(入金前の段階) 買取店舗によるが可能なところもある
入金されて間もない期間(1週間以内) ほぼ不可能だが買取店次第では可能
入金されて日が経っている(1週間以上経過) キャンセル不可能

【大手10社調査】車買取契約後のキャンセルポリシーと違約金

買取業者名 キャンセル規定 違約金
ガリバー 一定期間キャンセル可能 7日間以内なら無料
ビッグモーター キャンセルできない
アップル 店舗によって異なる 店舗による
オートバックスカーズ 車両の引渡し前まで可能 無料
カーセブン 車両の引渡しから7日間まで可能 引渡しから7日間まで無料
ラビット 店舗によって異なる 店舗による
カーチス キャンセルの状況次第で対応可能 キャンセルのタイミングによる
T-UP 契約後のキャンセルは不可能
ユーポス 契約後のキャンセルは不可能
ネクステージ キャンセルの状況次第で対応可能 キャンセルのタイミングによる

二重契約トラブルを回避するために違法業者に気をつける

代理人の男性

二重契約をした時に起こるトラブルを回避するには、違法な業者に気をつけるという点があります。違法な業者とはなにかと言うと、法外な違約金を請求してくる業者です。こうした業者かどうかを見極めるポイントを紹介します。

違法な業者かどうかを見極めるポイント
  • 契約書にキャンセル事項が書かれているか確認する
  • 違約金についての項目があるか確認する

この2点をしっかり確認しておきましょう。契約書に記載がないケースであれば、一筆取るなりして確認するのがベストです。

ちなみに違約金については数万円程度が相場となります。これを超える請求があっても支払う必要はありません。

ただやはり売り手側のミスとなるため、二重契約をしないように契約をする時は慎重に行うべきです。複数の業者から査定を受けているのなら、すべて結果が揃ってから契約するのが確実でしょう。

車一括査定のアポ電話でキャンセル可否を聞く

口コミを検索する男性

少しでも高く車買取をするために、車一括査定を使う人も増えてきました。そうした場合は、車一括査定を使って実際に査定を受ける業者にアポを取る時、キャンセルの可否を聞くのもポイントです。

先に聞いてキャンセルができないのなら、断ってしまえばいいでしょう。中には今回の査定に限っては、キャンセルができるとするケースもあります。この場合は後で言った言わないにならないよう一筆もらうようにしてください。

そもそも二重契約をしてしまう理由のほとんどが、他社の方が買取額が高かったというものでしょう。ですので先にキャンセルができるかを聞いておくと、契約した後で困るということがなくなります。

二重契約をしないようにするのがいちばんですが、強引な勧誘で契約をしたというケースでもキャンセルできるのなら安心です。
車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2020年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「かんたん車査定ガイド」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

まとめ

買取店で契約

以上、車買取における二重契約についてでした。

二重契約に関するポイント一覧
  • 原則として車買取業者はキャンセルができない
  • 一部の業者はキャンセルに対応している
  • 二重契約によるトラブルは違約金関連が多い

というのがポイントになります。こうした状態を避けるために2点気をつけておきましょう。

  • 焦って契約をしない
  • キャンセルできるか確認しておく

先に確認をしておくとトラブルを防止できます。キャンセルができないという業者とは、契約をしないようにしましょう。