自動車売却

【体験レポ】車一括査定を電話なし!メールのみで行う方法《2023最新版》

パソコンに置かれたメール

車一括査定サイトを利用すると、便利だけど営業電話が多くて困るといったコメントを目にすることがあります。

確かに車一括査定を使った後は営業電話が増えます。電話が何回もかかってくるのは嫌だと感じますよね。

せっかくインターネットで査定を依頼したのだから、メールだけでやりとりできないのかと思われるかもしれません。メールだけで車一括査定をすることが出来るのか試してみました。

【口コミ】車一括査定のしつこい電話の実態

車一括査定は複数の買取業者にまとめて査定依頼できるサービスです。

利用者によって査定の依頼数は違ってきますが、少しでも高く売るために5社前後で査定することをおすすめします。

口コミでよく見かける「大量の営業電話」というのは車一括査定サイトで申し込んだ際、査定を依頼した買取業者から連絡が来るときのことです。

では、どんな風に営業電話がかかってくるのか口コミを見てみましょう。もっと詳しく知りたいという方は以下の記事も参考にご覧ください。

《恐怖》車一括査定のしつこい迷惑電話の実態&誰でも簡単に断る方法

トラブル必死!車一括査定サービスの"しつこい迷惑電話"の実態 予想はし……続きを読む
迷惑電話

車一括査定に申し込んだ直後から電話がかかってくる

最悪

登録するなり一気に電話なりまくり
ネット査定申し込んでも、ワンクッションでメールとかしろよ
かなり対応イライラした

車一括査定サイトに申し込んだ瞬間から電話ラッシュが始まったという口コミをたくさん見かけます。実際、依頼した業者からいっせいに電話がかかってくるのが一般的です。

車一括査定サイトと提携している買取業者は他社も査定に入ってくることが分かっているので、自社との交渉を有利に進めるべく、迅速に電話してきます。

どの業者もそのように動くので、結果、申込み後に業者いっせいで電話ラッシュになってしまいます。

もちろん査定日時のアポさえ取れれば目的は完了なので、それ以降わけの分からない営業電話があるというわけではありません。

口コミと体験レポで見る迷惑電話の実態

では、すぐに電話対応できないとどうなってしまうのかを見てみましょう。まず当サイトで実際に車一括査定を利用した時の様子がこちらになります。

SNSなどでも同じような画像を見たことがある人もいるかもしれませんが、実際に利用者と連絡がとれるまでしつこいくらい電話してきます。

ストーカーか?

1時間での不在着信が50件超。これはマジでないわ。

腹立って!

夜8時にネットで買い取り査定を見つけ、記入して送信。
直後に中座したため気づかなかったが、着信あり。が、その後同社2店舗からあわせて10回着信。
一回切れても30秒空けずにまた着信。
依頼はしたがしつこいのは困る。
さすがに引きました。

短い時間に何十件と着信があって、業者対応を放置すればするほど不在着信が大量に溜まっていくという感じになります。

ただし、JPUC(日本自動車購入協会)に加盟している業者は、その協会の規定によって21時から午前8時までの電話を禁止されています。

大手の買取業者や優良業者はJPUCに加盟しているので、夜遅くに申込みをすれば直後の電話ラッシュは回避できます。もちろん翌日の午前中から電話がかかってきますが、少し余裕を持って対応できるかもしれません。

営業電話の対処法「メールのみ」以外にできること

この記事ではメールのみで業者とやり取りする方法を解説しますが、その前に他の営業電話の対処法についても説明しておきます。

そもそもの話ですが、少しでも車を高く売るなら車一括査定はマストです。電話の激しさからも分かる通り、車一括査定では業者それぞれが他社を意識した態度で買取に臨みます。

車一括査定は効果的に査定額をギリギリまで吊り上げることができる買取方法といえます。

その最大のデメリットが営業電話ですが、これをお読みの方はすでに電話がどんなものか知っています。なので営業電話がかかってくる前提で、

  • 査定日時のスケジュールを考えておく
  • 電話に出られる時間帯に車一括査定に申し込む

この2点をおさえて電話対応すれば、迷惑電話といっても十五分もあれば査定依頼した全ての業者の電話対応をさばくことができるでしょう。

考え方によっては車一括査定に申し込んだ直後、わずか数十分で複数業者の査定依頼をスピーディに済ますことが可能だと言えるでしょう。

「車を高く売るためだから」と割り切って少しの間だけ営業電話に付き合うのが、どんな対処法よりもストレスがないかもしれません。

車一括査定で電話なし!メールのみで行える『カーセンサー』

車一括査定を利用すると必ず営業電話がたくさんかかってきます。しかし、カーセンサーならメールだけで対応してくれます。どうしても営業電話が嫌な人はカーセンサーを利用することをおすすめします。

カーセンサーを使うことには、営業電話がかかってこない以外のメリットもあります。例えばどのような利点があるでしょうか。

  • 提携企業が多い
  • 買い取り価格が高くなりやすい
  • 知名度が高い

カーセンサーは提携企業が1000社近くになります。他の車一括査定サイトは数百社の提携企業なので、カーセンサーのすごさが分かります。業者が多いので競争率が高く、買い取り価格がアップしやすいのです。

テレビCMもたくさん流しているので、知名度も高いです。初めてでも安心して利用することが出来ます。

【手順】車一括査定『カーセンサー』でメールだけにする方法

パソコンに置かれた車のおもちゃと虫眼鏡

車一括査定カーセンサーで、メールだけで査定してもらう具体的な手順を解説します。パソコンから申し込む場合は下記を参考にしてください。

ATTENTION
※業者の中には自動で電話するオートコールシステムがあるため、絶対に電話がかかってこないとは断言できません。

【PCでの申し込み】


まずは車両情報を入力します。「次へ」をクリックすると「お客様の情報」が表示されます。

「お客様の情報」の下部にある「任意項目:売却希望時期など」をクリックします。

すると、このように任意項目がいくつか出てくるのですが「連絡希望時間帯」という項目があります。

「連絡希望時間帯」に「メールのみで連絡希望」と記入します。

手順をまとめると…

  1. 「任意項目」をクリック
  2. 連絡希望時間帯の欄に「メールのみで連絡希望」と記入

繰り返しになりますが、メールでの連絡を希望しても電話をかけてくる業者もいます。その対応策は後述します。

【スマホでの申し込み】

  1. ③の「お客様の情報」にある「▼任意項目:売却希望時期など」をクリック
  2. 連絡希望時間帯の欄に「メールのみで連絡希望」と記入

画像は「▼任意項目:売却希望時期など」をクリックして項目が展開済みになっていますが、PC版と同じく「お客様の情報」の下の方に任意項目が小さく表示されています。

【注意点】申込み先からガリバーとビッグモーターを外す(オートコール)

ストップするサラリーマン

メールのみで連絡を希望する方がカーセンサーから申し込みをするときに一つ注意する点があります。それは申込先から特定の業者を外すことです。どの業者に気をつけたら良いでしょうか。

  • ガリバー
  • ビッグモーター

ガリバーとビッグモーターを査定の依頼先から外すことを忘れないでください。なぜならこの二つの業者はオートコール対応になっているからです。

申し込みがあったら、自動でコールセンターから電話がかかるようになっています。チェックを入れたままだと自動で電話がかかってくるのです。

しかし、この2社は大手の車買い取り店。

高値を提示してくる可能性があるので、なるべくチェックを入れたままにして査定してもらう方がいいかもしれません。

こちらはPC版の申し込み画面です。右の方に注目してください。

住所を入力すると「〇件の査定依頼可能な店舗があります!」とお住いのエリアの買取店が紹介されます。画面では10件の査定依頼が可能。大手業者だけでなく地域密着型の業者も含まれています。

ここでガリバーやビッグモーターのチェックを外せばOKです。

ONE POINT
ただし、紹介される業者数は地域ごとで異なります。ガリバーやビッグモーターを外すことで依頼数があまりに少なくなってしまうのであれば、電話は割り切って査定してもらった方がいいでしょう。

もしくはガリバーやビッグモーターを外して申込み、他の車一括査定サイトも使って業者数を確保するという手もあります。

スマホ版でも申し込みの途中で買取業者が紹介されるので選択するだけです。カーセンサーの提携業者数は業界トップだけあって大手以外の業者も充実しています。

「結局、大手業者の方が査定額が高かった」というケースも少なくはないのですが、高値で売却できる業者をじっくり探したい方はいろんなタイプの買取店を比較検討してみるといいでしょう。

車一括査定をメールのみにした場合の『3つのデメリット』

メリット・デメリット

車一括査定をメールだけにすると営業電話に煩わされません。それが大きなメリットですが、デメリットがないわけではないです。メール対応だけを希望した場合の3つのデメリットについて調べてみました。

車一括査定をメールのみにした場合の『3つのデメリット』

【デメリット1】100%電話連絡ナシにできない場合もある

スマホを触る男性

メール連絡だけを希望しても、100パーセント電話連絡無しに出来ない場合もあります。ガリバーやビッグモーターのように、自動で電話連絡をするようなシステムにしている業者があるかもしれません。

連絡事項のところにメールのみでの連絡希望と書いていても、それを見逃して営業マンが電話してくることもあります。

ONE POINT
メール査定を希望したときには、営業電話の数が減るというくらいの認識でいる方が良いでしょう。

【デメリット2】メールの連絡では対応に時間がかかる

スマホとパソコンを使う人

メールの連絡であれば好きなペースで返信することができますが、例えば5社など複数業者とのやり取りをすべてメールで行う場合、それなりの時間と手間がかかります。

電話であれば、たくさんの業者と連絡をとることになっても十五分くらいあれば査定のアポを済ませることができます。

また、査定日時の調整だけでなく、査定や手続きに関する不明点など前もって聞いてみたいことがある場合には電話で問い合わせる方がラクでしょう。

【デメリット3】ライン査定にした場合は査定額が低い&参考にならない

インターネット

営業電話を避けるためにライン査定はどうだろう?と考えている方もいるかもしれません。

ライン査定というのは車一括査定ではなく、買取業者のサービスです。ラインで車両情報を伝えて査定する方法です。

この査定ならいきなり直接業者とやり取りしなくていいので車一括査定のような営業電話はありません。

ただし、この査定で分かるのはあくまでも概算査定額・買取相場です。最終的な査定額は、実車を見なければはっきり分かりません。

ライン査定をした後、その業者で車を売却する際には改めて実地の査定を行うことになります。

例外的なものは廃車系の買取サイトです。

廃車や事故車を専門とする買取業者では立ち合い査定がない業者も少なくありません。申し込みをすると買取額の連絡が入ります。納得いけばそのまま契約で、あとは必要書類や車の引き渡しの手続きに入ります。

大量電話なし!電話一本だけで高く売るなら『ユーカーパック』

メール査定だけでは心許ないが、大量の営業電話も嫌だと感じる人におすすめなのがユーカーパックです。ユーカーパックは電話が1本しかかかってきません。

なぜならユーカーパックは、一般的な車一括査定サイトとは違った査定システムだからです。このサイトはユーカーパックの査定員が、複数の買取業者の査定員を代表して車を見に来ます。その査定の情報をもとに各買取業者が入札します。

一般的な車一括査定サイトは、それぞれの車買取業者の査定員が車を見ていきます。そして査定額を他社と競合させていきます。ユーカーパックはその手間を省ける画期的な査定システムを取っています。

実車を見る査定が一回だけなので、電話連絡も一回だけで済むのです。

高額査定の買取店3社(最大)と交渉
「MOTA車買取」

最大20社の簡単比較、連絡があるのは高額査定の3社(最大)のみの一括車買取査定「MOTA車買取」。

  1. 45秒の簡単入力、査定はネットで完結
  2. 申込み翌日18時に最大10社の査定額をお知らせ
  3. 連絡・交渉は、高額査定をつけた3社(最大)だけ

MOTA車買取は余計なやり取りを省いて複数の買取業者に査定してもらいたい方にぴったりのサービスです。

一般的な一括査定サービスでは電話で複数業者とやり取りし、実地で査定してもらったうえで最高額をつけてくれた業者を選ぶという流れになります。

それに対して「MOTA車買取」ではネット上で最大20社の買取店が査定を行い、概算査定額を提示します。

WEBで業者を比較し、高額査定をつけた買取店3社(最大)だけと連絡を取り合えばいいので、しつこい営業電話などはいっさいありません。

ネット上での査定だと「高額買取が期待できるのか?」と疑問を抱く方もいるかもしれませんが、顧客満足度調査では「売却額の満足度が高い買取サービスNo.1(ゼネラルリサーチ 2018年10月調べ)」を受賞しています。

ほかにも「対応スピードが早い買取サービスNO.1」や「安心して利用できる買取サービスNO.1」という実績もありますので、満足のいく一括査定サービスが受けられるでしょう。

まとめ

パソコンに置かれたメール

車一括査定サイトで申し込むと、大量の営業電話がかかってきて大変だという印象があるかもしれません。しかし、この記事で紹介したようにメールのみで査定依頼を行うことができます。

カーセンサーを利用し、メールのみで連絡希望と記入するのです。このときにガリバーとビッグモーターを申込先から外すことを忘れないでください。

メールの査定だけでは当てにならないと感じるなら、ユーカーパックがおすすめです。電話一本だけで高く愛車を売ることが出来ますよ。