自動車売却

車買取でプラス査定になる【全13ポイント】査定士が見るのはココだ!

虫眼鏡を覗く男性

中古車を業者に買い取りしてもらおうとする際に、必ず査定が行われます。査定士が車をチェックするときにプラス査定にしてもらうには、どんなコツがあるのでしょうか。プラス査定になりやすいポイントを紹介します。

初めて車を売る人が高価買い取りを実現するために必要な情報をまとめてみました。業者はどんな基準で車を査定するのか、どんなことがプラス査定になるのか解説していきます。

【前提】査定士はプラス査定を「JAAI基準」で判断する

画像出典:JAAI公式サイト
(画像出典:JAAI公式サイト)

査定士は車をチェックするときに、JAAI基準に基づいて判断していきます。JAAI基準とは、コンディションがそれぞれ違う中古車を測るために全国で使われている物差しです。

この基準では理想的な中古車の状態が具体的に決められています。JAAI基準で定められている車の状態に比べて、査定をする車がプラス査定かマイナス査定かが決められていきます。

基準になっている良好な中古車の状態以上ならプラス査定になります。

査定士が見るところcheck!車買取でプラス要因になる『全13ポイント』

メモにチェック

これから具体的に査定士がJAAI基準を参考にしながら、どんな点をチェックするのか説明していきます。知っておくと得する情報がありますので参考にしてください。査定の前の準備のためにも役立つ情報ですよ。

車買取でプラス要因になる『全13ポイント』

【査定額アップ①】事故歴&修復歴や改造がない

車の傷に驚く男性

査定士が最初に確認するのが以下の三つです。

  • 事故歴
  • 修復歴
  • 改造の有無

車に事故歴や修復歴があると中古車市場では高く売れません。一回修理した車は不具合が出やすいと判断され、敬遠されるからです。では、ちょっとした事故や修理をしていた車はどう判断されるのでしょうか。

事故歴や修復歴に残る車というのは、フレームが変形するほどの事故に遭ったケースです。それ以外の軽い事故であれば事故歴は残らないので安心してください。事故歴や修復歴がなければプラス査定になります。

ATTENTION

塗装を塗り替えていたり、板金を加工していたりする改造はプラス査定にはなりません。パーツを取り付けているなどの簡単な改造をしているなら、そのパーツを取り外しておくと良いでしょう。

まさか?バンパー修理・交換は事故車扱い?減額幅と買取価格の見方!

バンパー修理・交換は事故車(修復歴)扱い?減額幅と買取価格の見方 事故……続きを読む
車のフロント

【査定額アップ②】車検が残り3ヶ月以上残っている

車に貼られた車検のステッカー

車検が3ヶ月以上残っている車はプラス査定になります。中古車市場では車検の残り期間が長ければ長いほど人気があります。買ってもしばらくは車検がないと、購入後の経済的な負担が軽いからです。

3ヶ月を切った車はマイナス査定です。このことを知っておくと車を売るタイミングを判断しやすくなります。売ろうか迷っているなら、車検が残り3ヶ月を切る前に査定をしてもらってください。

車検の残り期間が3ヶ月を切るか切らないかで査定金額が変わってきます。

車検切れでも車は売れる!高価買取術&売却時の必要書類【全まとめ】

車検切れの中古車でも問題なく売却できる 実は買取において車検切れである……続きを読む
車に貼られた車検のステッカー

【査定額アップ③】外装・内装のキズや凹みがない

黒い車のホイール

外装や内装のコンディションも査定士は細かくチェックします。特にどのあたりを確認していくのでしょうか。

  • ボディの傷
  • シートの汚れ

中古車市場ではボディに傷があるかどうかがシビアにチェックされます。そのため査定士は買い取る車のボディに傷があるかを細かく見ます。もし無傷なら4万円程度はプラス査定になります。

ほんの小さな傷で、業者の方ですぐに直せそうならマイナス査定にはなりません。使用をしている際に付いてしまった小さな傷はマイナス査定の対象にはならないので安心してください。続いてシートの汚れもしっかり見られます。

シートにタバコの焦げ後やコーヒーのシミなどが付いていると、マイナス査定になります。できるだけ前もってシートの掃除をしておいてください。

【相場表】車買取のキズ&凹みの減額はいくら?査定額UPでも修理NG!

どれに該当する?車買取のキズ&凹みの減額相場【一覧表】 傷・へこみ……続きを読む
傷と凹みが入った車

【査定額アップ④】エンジンや足回りの状態

壊れている車

エンジンや足回りの状態も査定に影響します。走行距離が少なくてもエンジンの調子が良くないなら、マイナス査定になります。例えば、アイドリングが安定していないと査定に響いてきます。

普段からオイル交換をまめにするなどして、エンジンをメンテナンスしましょう。サスペンションから音がしたり、ダンパーがへたっていたりするとマイナス査定になります。

しかし、よほど荒い乗り方をしていなければ足回りに不具合が出ることはないでしょう。

【査定額アップ⑤】人気ボディカラー(白・黒・シルバー)

売り物の車

売りたい車が人気のボディカラーだと、プラス査定になることがあります。どんなボディカラーが人気でしょうか。

  • シルバー

簡単に言うと一般的な色が人気です。悪目立ちする色や、あまり見慣れない色は中古車市場では敬遠されます。好みが大きく分かれるので、派手な色は売りにくいのです。反対に一般的な色だと売れる確率が上がります。

上記で取り上げた色の中でも、黒は高く売れる可能性があります。黒は高級感があり老若男女問わず人気だからです。もし白色でパール加工がされているなら、プラス査定になることがあります。

ONE POINT
ここで取り上げた色でなくても、限定色なら高く売れることもあるので覚えておきましょう。

車査定は色の違いで変わる!リセールバリュー抜群のカラーとその理由

車査定は色の違いで査定額やリセールバリューが変化 中古車市場はボディカ……続きを読む
駐車場にとめてある車

【査定額アップ⑥】走行キロ数が標準(1年1万キロが標準)

車のメーター

どれくらい走行している車かどうかによって、最終的な査定額は変わってきます。一般的には所有年数と走行距離が標準かどうかチェックされます。1年1万キロが標準として定められています。

5年所有している車なら5万キロが標準です。もし5万キロ以上ならマイナス査定となり、5万キロ以下ならプラス査定になります。

しかし、10万キロを超えている車は過走行車と見なされ、自動的にマイナス査定となりますよ。

車査定に響く走行距離目安は【5万&10万キロ】減額と過走行の基準!

車査定に走行距離は影響する!目安は"5万キロ"と"10万キロ" 車種な……続きを読む
車のメーター

【査定額アップ⑦】ABS・サンルーフ・カーナビなどの装備が充実

車のサンルーフ部分

人気のオプションや装備が付いていると査定額がアップすることがあります。どんな装備が人気でしょうか。

  • ABS
  • サンルーフ
  • カーナビ

ABSなどの安全装置はプラス査定になりやすいです。最近は自動ブレーキなどの色々な安全装置が出てきています。前車追従型クルーズコントロールや、先行車発進お知らせ機能が付いているなら評価は高くなります。

安全運転支援システムはオプション価格が高くなりがちですが、査定の時に同じ価格くらいのプラス査定になります。

もしそれらが装備されているなら、査定士にアピールしてください。サンルーフもプラス査定になりやすい装備です。

なぜならサンルーフは車の製造過程で着けなければいけない装備で、後付けできないからです。後付けできない装備は希少価値があります。

カーナビは純正品でなくても、プラスになりやすいです。よほど古い製品でなければ多少買取金額はアップします。

車査定でサンルーフは査定額UP!気になる買取金額とプラス評価の根拠

車査定でサンルーフは査定額UP(リセールバリュー)に繋がるオプション ……続きを読む
車のサンルーフ部分

【査定額アップ⑧】本革シートの有無と状態

本革のシート

本革シートの車は人気があります。なぜ本革シートの車は中古車市場で売りやすいのでしょうか。

  • 高級感がある
  • 後付けできない

本革シートは高級感があって所有欲を満たしてくれます。しかも、後付けできないメーカーオプションです。覚えておきたいのは、古い本革シートはそこまでプラス査定にならないことです。

6年前後の車だと1万円くらいのプラスです。反対に6年以内なら、5万円から10万円程度のプラスになります。

車査定で本革シートは買取額UPの鉄板オプション…だが状態による!

車査定で"本革シート"は買取額UPの鉄板オプション 車買取では査定額の……続きを読む
本革のシート

【査定額アップ⑨】アルミホイールの有無

タイヤの交換

アルミホイールがあると良い査定になることがあります。鉄のホイールに比べて、アルミホイールは軽くて車の走行能力を向上させるからです。車重が軽くなる分、燃費にも有利だと考えられています。

見た目もスタイリッシュなので若者に人気があります。タイヤ4本すべてに装着されているケースに限ってプラス査定になります。一本でも欠けていると査定アップの対象にはなりません。

車査定は純正ホイールが有利?それとも社外品?意外と知らない事実!

純正ホイール&社外品も中古車査定時の評価対象になる 中古車の査定の時に……続きを読む
駐車場に停められた車

【査定額アップ⑩】タイヤの残り溝が1.6mm以上(スリップサイン)

車のタイヤ

タイヤの残り溝が1.6mm以上かどうかも査定の大切なポイントです。スリップサインが出ている使い込んだタイヤはマイナス査定になります。古いタイヤが付いていると中古車市場で売る際に、付け替えないといけないからです。

装着されているタイヤの溝が4mmから5mmほど残っているなら、数千円のプラス査定になります。人気ブランドのタイヤが装着されていると査定額がアップすることもあります。

「車査定でタイヤの影響はほぼナシ」その理由と高価買取のコツ!

車査定・下取り時のタイヤの影響は『1.6mm以上の溝』 車査定や下取り……続きを読む
車のタイヤ

【査定額アップ⑪】ワンオーナー

白い車を見る査定士

中古車市場で高評価になるのがワンオーナーであるかどうかです。ワンオーナーというのは車を新車で買ったときから名義人が変わっていないことです。車の所有者が1人だけだと、管理がきちんとされていて安心と見なされるのです。

逆にコロコロ車のオーナーが変わると、メンテナンスなどがキチンとされていないのではないかと疑われて敬遠されます。買取の際にプラス査定にしたいなら新車をワンオーナーで乗り続ける方が有利です。

ワンオーナー中古車の評価や価値は高い!だが査定額UPは厳しい現実

ワンオーナー中古車の評価や価値は高いが"査定額UPの期待は低い" まず……続きを読む
運転している

【査定額アップ⑫】禁煙、子供の有無、腐食等

運転している

プラス査定にするために覚えておいた方が良い、別のポイントをまとめておきましょう。

  • 禁煙車
  • 子供の有無
  • 腐食

喫煙車よりも禁煙車の方が売りやすいのでプラス査定になりやすいです。子供を乗せていた車は車内が汚れている傾向があります。小さな子供を乗せていない車なら、そのことを査定士にアピールしてください。

ボディに腐食があるとマイナス査定になります。海沿いの道や融雪剤がまかれている道をよく走っていた車は要注意です。

【悲報】車査定でシート汚れや破れ&タバコの穴はマイナス査定評価!

車査定でシート汚れや破れ&タバコの穴はマイナス査定要因 車査定では、車……続きを読む
車のシート

【査定額アップ⑬】必要書類が全部揃っている

ミニカーと書類

必要書類が揃っていることもプラス査定にしてもらうために大切なポイントです。どんな書類を揃えておくべきでしょうか。

  • 定期点検整備記録簿
  • 取扱説明書

定期点検整備記録簿は、車のメンテナンス状況や履歴が書かれている書類です。車の所有者や車体番号だけでなく、点検整備の日時や検査責任者の名前などが細かく記録されています。

検査をしたときの走行距離も書かれていますよ。この一冊があれば車の状態が分かるので、中古車市場では信頼できる車と見なされるのです。

取扱説明書は次に乗る所有者にとって必要な書類です。車の使い方や装備の説明が書かれているため、新しいオーナーにはあると助かる書類です。取扱説明書を自分は使わなかったので、なくても良いだろうとは考えないでください。

もし社外品のカーナビを取り付けていたらその説明書もあると良いです。社外品でも純正品でも、追加で着けたパーツの取扱説明書があれば揃えておきましょう。

まとめ

虫眼鏡を覗く男性

車買取でプラス査定になるポイントを把握しておいてください。簡単な改造をしているなら元の状態に戻しておいたり、内装の汚れを取っておいたりするだけでプラス査定になることがあります。

車検が3ヶ月以上残っている状態で売ることも査定額を大きく左右します。カーナビが新しいことや、子供が乗っていなかったことなどもアピールしてください。

ここで解説したポイントを覚えておくと、プラス査定になる確率が高くなるでしょう。