自動車売却

「まさか談合なんて…」車買取業者間で横行する談合に隠された実態!

談合を行う会社員

車買取で談合があるという話はご存じでしょうか。談合と言えば、公共事業を落札するのに建設会社がしていた、というイメージが強いかもしれません。

そのため自分には関係のないことだと思う人も多いでしょうが、そうではないようです。最近では車買取でも、高く売れる方法が浸透してきました。

いわゆる相見積もりを取るという方法です。この時に買取査定で複数の業者を同時に呼んでしまうことがあります。ですがこの時に、談合が行われる可能性もあるのです。

車買取査定の出張現場で行われる”談合”は存在する

タブレットで計算するビジネスマン

車買取査定の現場で談合が行われているのでしょうか。結論からお伝えしますと、その可能性はあります。すべての現場で行われているかと言えば違うでしょう。しかし談合が行われる可能性というのはあるのです。

ただ談合が行われるといっても、実は条件が決まっています。

談合が行われる2つの条件
  • ①出張査定であること
  • ②複数の業者を同時に呼んで査定をしてもらうこと

この2点を満たしている時は談合される可能性があります。先述したように近年では車を高く売る方法として相見積もりをとって、複数の業者から査定を受けることが常識となってきました。

そのため業者側としても、安易に値段をつけられなくなっているのです。ですが上の条件を満たすような場合は、業者同士が集まってしまいますので談合をするチャンスが生まれてしまいます。

そのためせっかく相見積もりをとって用意をしても、すべてが無駄になるのです。

談合って何?原因は車一括査定による買取店同士のバッティング

自動車の契約を説明する男性

ではそもそも談合とはどういうことでしょうか。これは複数の車買取業者が集まって、今回はこの額でA社さんに譲りますという協定を組んでしまうことを指します。本来であれば、各社が競争をして高値をつけるのが理想です。

しかし業者同士が査定の時にバッティングをして、顔を合わせる機会が増えれば買取額を高く設定しなくても、お互いに車を回し合うことで安く、確実に仕入れができます。

談合というものは売り手側からすると1つもメリットはありません。

談合が起きる理由は”買取価格を事前に決めること”

現金とグラフと虫眼鏡

ではどうしてこのような談合が行われているのでしょうか。その理由は大きく2つ考えられます。

  • 買取額を安く抑えられる
  • ノルマが達成しやすくなる

という点です。中古車買取や販売というのは、比較的に参入しやすい業界の1つと言われています。

事実として近年では中古車買取に参入する業者が増えていて、その分競争が厳しくなっているのです。そうした状況で、業者同士が顔を合わせる機会があると、談合へと話が進む可能性があるのです。

査定額が低くなる談合は許さない!事前に知るべき3つの対策

チェックするサラリーマン

売り手側からすると、車買取の査定額が低くなる談合は許されるものではないでしょう。せっかく相見積もりをとっても、その意味がなくなるからです。

ではどうすれば業者間での談合を、防ぐことができるのでしょうか。3つのポイントに絞って、その対策方法を紹介していきます。

車買取をしてもらう事前に知るべき『3つの対策』

【対策1】同日の同時刻に複数の買取店を査定に呼ばない

8月のカレンダー

最もシンプルな対策方法は、同日の同時刻に複数の車買取業者を呼んで、一緒に査定をさせないというものです。車買取で高額査定を出すためには、業者同士の競合は欠かせません。

しかし労力や時間の問題から、ひとまとめで査定をすまそうという人もいます。確かに1度で査定が終わりますので、正しく競合が行われているのなら便利な方法ではあります。

ATTENTION

業者同士が現場で顔を合わせることになると、談合される可能性がかなり高くなるのです。ですので面倒ですが、査定の日時はずらすようにしましょう。

【対策2】大手と中小の買取店を組み合わせる&多くの買取店に依頼

交渉中の机

次に車買取で談合を防ぐ手段としては、大手と中小の買取店を組み合わせるように査定をしてもらうことです。大手なら大手のみ、中小なら中小のみという組合せですと、業者同士が顔見知りである可能性が高くなります。

基本的に車買取では、自分のお住まいに対応するエリアの中で車買取業者を選別するのですが、この時になるべくたくさんの業者から選びましょう。選択肢が増えるほど、業者にとっては初顔合わせとなるケースが増えるからです。

【対策3】正確な買取相場を把握する

査定結果を説明する男性

最後の対策としては正確な買取相場を把握しておくことです。中古車買取の世界では相場というのはあってないようなものですが、多くの業者から相見積もりを取ることで、およその相場が見えてきます。

相場を下回るような買取額だと、談合されているのがわかります。

多くの買取店に査定依頼するなら車一括査定は必須

パソコンで買取店を検索

車買取査定の場で談合される可能性を低くするには、やはり多くの買取店から見積もりを取ることが大切です。そうした時に利用したいのが車一括査定でしょう。車一括査定とは車買取業者に対して、一括して見積もり依頼ができるサービスです。

  • 無料で利用できる
  • 24時間365日受付をしている
  • 手間がかからない

というメリットがあります。さらに談合を避けたいのなら車一括査定も2つか3つくらい使いましょう。

ONE POINT
車一括査定もサービスごとに特徴があって、大手に強い業者や中小に強い業者などがあるからです。両者を使うことで、より選択肢を増やせます。
車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2020年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

まとめ

談合を行う会社員

車買取の査定現場で談合が行われているという話でした。結論としては談合が行われる可能性は高いです。では談合を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

  • 同日同日時に複数業者の査定はさせない

これが大原則となります。

どうしても時間の都合が合わないという場合は、大手と中小というように顔を合わせたことがなさそうな業者を呼んで、査定をしてもらうといいでしょう。また自分自身でも買取相場を知っておくと、買いたたかれることもありません。