自動車売却

まさか?バンパー修理・交換は事故車扱い?減額幅と買取価格の見方!

車のフロント

車のバンパーは緩衝装置として取り付けられていますが、スタイリングや空気抵抗を踏まえたデザインのバンパーも珍しくありません。

安全性やデザイン性を重視するのなら、車のバンパーに発生した損傷は放置せずに修理や交換で対処する方法が向いています。

その一方で、車の売却を見据えている場合においては、バンパーの修理や交換で事故車扱いになることを心配する人も多いのではないでしょうか?

車の修理で事故車扱いになる具体例のほか、前もって確かめておきたいバンパーと車査定の関係性を取り上げてみましょう。

2020
1025

車を高く売る最新情報

TIMING
ベストな売り時

車を高く売るにはタイミングが重要。先月よりも買取額が大幅にダウンすることもあれば、シーズンによって値上がりすることも…。

現在の買取相場は"先月から下落気味"。高価査定が狙いやすいシーズンも過ぎ、例年通りならこの数ヶ月は少しずつ値落ちしていくでしょう。

車は日々、価値が下がっていくので早めの売却をおすすめします!

METHOD
ベストな売り方

車の売り方を間違ってしまうと、買取額が10万、20万円の単位で損してしまう可能性が高いです。

「車一括査定サイト」を利用すれば、最高額をつけてくれる買取店を簡単に見つけることができます!また、愛車の平均相場がすぐにわかります。

当サイトおすすめは以下の2サイト。利用者急増中で高価買取が実現できると評判です!

カーセンサー

カーセンサー

  • とにかく高く売りたい方向け
  • 業界最大手&同時査定依頼は最多30社
  • 古い車やボロボロの車も高価買取の可能性大

最高額を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部所有のプリウスを査定した結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。

ユーカーパック

ユーカーパック

  • 価格交渉が苦手な方向け
  • 掲載買取業者5,000社は圧倒的
  • 申し込みと同時に買取相場がわかる

ユーカーパックは売主の代わりに担当者が買取業者との交渉を全て代行。交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

バンパー修理・交換は事故車(修復歴)扱い?減額幅と買取価格の見方

フロントカー

事故などで損害を受けた車では修理を要しますが、車の状態や修理する範囲に応じて以下の呼称が使い分けられます。

車の状態や修理する範囲に応じた呼称
  • 事故歴
  • 修復歴
  • 修理歴
  • 修復歴車
  • 事故車

事故歴は事故や災害などで損害を受けた車の経歴であって、修復歴はJAAIが定める特定の部位を交換した車の経歴です。厳密にいうと修復歴は特定の部位に損傷がある車にも適用されますし、修正や交換を済ませていない車でも修復歴はつきます。

修理歴は修復歴とは関係の無い部位を修理した車の経歴になり、修復歴車は修復歴がある車を示した呼称になります。事故車という呼称は事故歴のある車にも用いられますが、自動車業界では修復歴車を事故車と称するケースが一般的です。

とはいえ、事故歴や事故車といった呼称は、確実な定義の存在しない一般消費者向けの呼称としても使われる言葉なので注意してください。

ATTENTION

車買取で査定士が事故車と発言した場合には、修復歴車を示すのではなく、あやふやな意味で使っている場合もあるので気をつけましょう。

バンパーは修復歴に該当しない修理範囲ですから、バンパーの修理や交換をしても、修復歴車や事故車(修復歴)として扱われません。

あくまでも修理歴がある車扱いになりますので、修復歴車と比べて、バンパーの修理や交換が車買取の査定額に与える影響は限定されます。

なお、傷ついたバンパーの修理や交換を行わずに車買取を希望する場合には、新車に近いほど査定額の下がり幅が大きくなってしまいます。

バンパー修理・交換はJAAIの事故車定義に該当しない

タブレットで計算するビジネスマン

JAAIが定める事故車定義では一定の基準が明確に示され、基準を満たさない修理範囲の車は修復歴車や事故車(修復歴)に含まれません。修復歴車や事故車(修復歴)に該当しない車の代表的な修理範囲は以下の通りです。

  • バンパー
  • ボンネット
  • フェンダー
  • ドア
  • トランク
  • エアロパーツ

もちろんバンパーはJAAIの事故車定義に当てはまらないため、バンパーの修理や交換をしても修復歴車や事故車(修復歴)になりません。

バンパーの修理や交換をした車を事故車扱いする査定士に車査定を任せたときには、車買取の査定額が相場より低くなるリスクが生じるでしょう。

事故車(修復歴)の定義と具体例

事故車

JAAIの事故車定義においては、以下の部位を損傷したり、交換もしくは修復した車が修復歴車や事故車(修復歴)として扱われています。

車の売却方法一覧
  • フレーム
  • クロスメンバー
  • インサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロア
  • トランク
  • フロアラジエータ
  • コアサポート

事故や災害などで車におけるネジ止め部分以外の骨格部位が損傷すると、修復歴を免れることができません。

修復歴車になる具体例としては、追突事故でクロスメンバーを損傷した場合や、側面から衝突されてピラーが損傷する場合などがあります。骨格部位のダメージは優れた修復技術を駆使しても、完全に元通りにすることはなかなか望めません。

見た目で分からないほど修復できてもきしみやへたりが起きかねないため、車買取で修復歴車や事故車(修復歴)の査定額は大幅に下げられています。

JAAIのバンパー修理・交換の減額幅と評価基準一覧表

カードサイズ未満 修理〔小〕 修理〔大〕 交換
すり傷、さび 10点(-1万円) カードサイズ以上
A4サイズ未満
A4サイズ以上
凹み、曲がり、ふくらみ 10点(-1万円) カードサイズ以上
ささくれ A4サイズ未満 A4サイズ以上
亀裂 カードサイズ未満 カードサイズ以上
腐食
不要(取外し)穴
1cm未満 1個 1cm未満 2〜3個 1cm未満 4個以上
1cm以上

小さな擦り傷程度では減額対象にしない場合もある

JAAI「中古自動車査定基準及び細則」
(画像出典:JAAI「中古自動車査定基準及び細則」)

車の傷はケースバイケースでその度合いが変わりますし、車買取における傷の評価は以下の要因で決まります。

  • 傷の大きさ
  • 傷の深さ
  • 再塗装の必要性
  • 板金の必要性
  • 傷の数

バンパーに付いた傷の大きさが1センチ未満であり、爪が引っかからない程度の傷なら、車買取で減額される心配はほぼありません。

ただし、バンパーの評価基準にはヘコミやワレも該当しますから、査定額への影響を知りたいときには傷以外の要因にも目を向ける必要があるでしょう。

傷の大きさや傷の深さが問題視されない程度でも、バンパー全体に無数の傷が見られるケースでは減額の可能性があり得るので要注意です。

トラブル防止!バンパー修理後の交換履歴を保管しよう

車の査定額に納得行かない女性

車のバンパーは修理歴の部位なので、傷ついたバンパーを新しいものへと交換しても修復歴車や事故車(修復歴)にはなりません。

バンパーの交換で車買取の大幅な減額は起こりませんが、トラブル防止のためにもバンパー修理後の交換履歴をしっかり保管しておくことが大切です。

交換履歴の保管を要する主な理由においては、バンパー交換時のボルトを外す手順が関係しています。ボルトを外すと車のボルト跡に変化が残りますし、車査定で査定士はボルト跡が変わった理由を疑問に感じたりします。

車査定に未だ不慣れな査定士であれば、修復歴を隠して車査定を依頼していると思い込んでしまうかもしれません。疑わしい車は総じて車買取の査定額を下げられますから、修復歴車でないことを証明する手段として交換履歴を備えておきましょう。

査定士はここをチェック!バンパーの故障・ダメージの検査方法

男性に説明を受ける家族

査定士が車査定でバンパーの故障やダメージをチェックする際には、バンパーのどのような箇所を見て評価を行っているのでしょうか?傷・ヘコミ・ワレの検査など、車査定で実践されている具体的なバンパーの検査方法を確かめてみましょう。

車の売却方法一覧

【1】傷・ヘコミ・ワレの検査

深めの傷が入った車

車体の前後に付けられているバンパーは衝撃や振動をやわらげる役割を果たしますが、その位置関係上、バンパーが傷つくケースは少なくありません。査定士が目で見てバンパーをチェックする場合には、傷・ヘコミ・ワレの検査として以下の箇所を確認していきます。

  • 左右コーナー
  • 下部
  • 格子部

車高の低い車はバンパーの下部にダメージが起こりやすく、バンパーが下から衝撃を受けているときには格子部にワレが出ていたりします。

バンパーにヘコミなどが存在しなくても、バンパーそのものが押され、クォーター・パネルとの間にズレが発生しているケースもよく見られます。

【2】補修歴の検査

傷と凹みが入った車

1990年代以降では車のバンパーはそのほとんどが樹脂製になり、樹脂製のバンパーは容易に修理できないことで知られていました。

かつてはバンパーの交換が多く、バンパーの破棄は社会問題化しましたが、近年では修理技術の進歩で補修が行われるようになっています。バンパーにおける補修歴の検査では、以下の状態をチェックしていきます。

  • 凹凸部の肌や色調
  • マスキング跡
車買取の査定士はパテを用いた補修をパテ目で確かめ、再塗装を色調の違いやマスキング跡で見極めます。

バンパーの素材によっては補修していなくても肌や色調に乱れがありますし、経年変化の色違いにも注意しつつ補修歴の検査は実行されます。

バンパー故障は修理不要!高く売るなら”車一括査定”

重要と書かれた文字

バンパーが損傷していると車査定で減額されてしまいますが、必ずしもバンパーの修理が望ましいとは限りません。浅い傷や小さな擦り傷なら、修理せずにバンパーをそのままにしていても、車の査定額はそれほど影響を受けないところです。

加えて、バンパーの修理にかかる費用は、修理しない場合に発生するマイナス査定よりも結果として高額になったりします。バンパーが故障した車に乗り続けるつもりがなく、車の売却を見据えているときには、バンパーを修理せずに車一括査定を活用しましょう。

車買取店と提携している車一括査定は、車買取店に車査定を一括で依頼できるインターネット上のサービスです。車一括査定では複数社の競合を起こせますので、バンパーが故障していても洗車と清掃に注力すれば車の高価買取を目指せます。

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2020年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

まとめ

車のフロント

車のバンパーは、JAAIが定める事故車定義の修理範囲に含まれない部位であり、修理や交換をしても事故車扱いされることはありません。

バンパーを修理した場合には修理歴といった経歴こそ付きますが、査定額が大幅にダウンする事故車や修復歴車のような修復歴は避けられます。

車買取の査定士がバンパーの修理や交換で車を事故車や修復歴車として扱ってくるときには、別の車買取店に査定を依頼する方法が適しています。

バンパーに小さな擦り傷がある程度なら、修理せずに車一括査定を活用して車を少しでも高く売る手順をおすすめできるでしょう。