自動車売却

ボロボロの古い車は売れない?実は高価買取OK《廃車費用の負担は大損》

山積みにされた車

ボロボロの古い車はもう買い手がつかないだろうから、廃車にするしかないと諦めている人は少なくないでしょう。そう思って、車買取ではなく廃車費用や代行料を支払って車を処分する人もいるかもしれません。

ですが、今はボロボロの車だからといって売れないとは限りません。それどころか、車によっては高価買取になるケースもあるのです。

ここではボロボロの車がなぜ売れるのか、売りに出すときの注意点などをまとめていますのでボロボロの車を手放す人は参考にしてみてください。

ボロボロの古い車(普通車&軽自動車)でも買取できる『3つの理由』

メモをする男性

なぜボロボロの古い車なのに買取してくれるのだろうか、と逆に不信感を抱いてしまう人もいるかもしれません。その理由としては、以下の3つが考えられます。

ボロボロの古い車(普通車&軽自動車)でも買取できる『3つの理由』

【理由①】海外に販売ルートがある業者が輸出して転売する

輸出中の港

ボロボロの車はハッキリ言って日本で買い手は付きにくいです。ですが、海外では実はそうではないのです。

よくテレビ番組などでも本当に動くのか、と思えるような車に乗っているシーンをよくみかけるでしょう。海外では車検がない国もあり、本当に動かなくなるまで乗ることが多いのです。

日本車となれば性能も良く、そこから何十万キロも乗れる車が多いでしょう。海外への販売ルートがある業者は、ボロボロの車でも海外で転売して利益が出せるのです。

【理由②】パーツや鉄くずとして売れる

スクラップ作業中

ボロボロの車といっても状態はピンからキリまであります。本当に自走が不可能、売れる額よりも修理費用の方が高くなってしまうような車だってあるでしょう。さすがにそんな車は売れないと思うかもしれません。

ですが、そんな車でもつかえるパーツはいろいろあるものでそれだけで数万円から数十万円もの価値がある場合もあります。

それだけでも買取する価値がありますし、仮にそれもないとしても鉄くずとして高く売れるので、買取できるというわけです。

【理由③】年式が古い車種ほど価値が高い可能性

青い色クラシックカー

一般的には高年式車や過走行車は買取不可となることも多いです。特に日本では昔から10万km、10年というデッドラインが言われており、これを超えると買い手が付きにくくなります。

ですが、車によっては古いほど価値が高い車種もあるのです。俗に旧車と呼ばれる車は、古ければ古いほどプレミア価格が付くことも多いのです。

古い車を探しているマニアからすれば、仮に動かないとしても高額な費用をかけても修理したいと思っています。そのため、どんな車が価値があるのかわからないのです。

【実績】10年・20年落ちの高年式車の買取価格一覧!ポンコツでも売れます

車種 10年落ちの買取価格 20年落ちの買取価格 差額
トヨタ「プリウス」 70,000円(6万5千km) 21,000円(1,160km) 49,000円
レクサス「LS400」 10,000円(13万km) 20,000円(4万5千km) 10,000円
日産「エルグランド」 42,000円(21万km) 45,000円(20万km) 3,000円
ホンダ「ステップワゴン」 23,000円(13万km) 5,000円(13万km) 18,000円
三菱「パジェロ」 50,000円(7万6千km) 30,000円(15万5千km) 20,000円
マツダ「アテンザワゴン」 30,000円(11万km) 20,000円(10万5千km) 10,000円
スバル「インプレッサ」 6,000円(10万km) 20,000円(10万km) 14,000円
スズキ「スイフト」 16,000円(10万km) 2,000円(25万km) 14,000円
ダイハツ「ムーヴ」 10,000円(11万km) 0円(17万km) 10,000円
アウディ「A4」 30,000円(17万2千km) 8,000円(6万km) 22,000円
BMW「330i」 400,000円(7万km) 20,000円(7万km) 380,000円
ベンツ「300E」 80,000円(17万km) 0円(不明) 80,000円
ATTENTION

※上記の車種によっては発売した年の関係上、年式が20年落ちではなく19年落ちや18年落ちのものもありますのでご了承ください。

上記の買取価格はあくまで一例ではありますが、車種によっては10年落ちよりも20年落ちのほうが高く買取されているものがあります。

走行距離が短ければ、年式が古くても買取価格が高くつく可能性があるようです。また丁寧に車を乗っていて状態が良ければ、たとえ10年・20年落ちの車であっても買取をしてくれるでしょう。

ボロボロの年式が古い車を売りに出す際の『2つの注意点』

ストップするサラリーマン

ボロボロで年式も古くなった車を売る時には、注意しなければいけない点が2つほどあります。その点の頭に入れておくことで安く買いたたかれることがなくなります。

ボロボロの年式が古い車を売りに出す際の『2つの注意点』

【注意点1】ボロボロ基準とは?錆び?歪み?腐食?

ボロボロの車の上に乗る男性

ボロボロの古い車といっても、その状態はピンからキリまでありますし、所有者によってボロボロの基準も異なるでしょう。主にボロボロといわれる基準としては以下のようなケースがあります。

  • 年式が古い
  • 走行距離が多い
  • ボディーの傷や凹み
  • ボディーのサビや腐食
  • フレームや車体の歪み
  • エンジンや足回りのトラブル

この中で一般的にボロボロと感じるのは、ボディーのさびや腐食、フレームや車体の歪み、エンジンや足回りのトラブルでしょう。それ以外の基準は査定額は低くなるとしても買取に大きく影響が出るものでもありません。

実際はエンジンや足回りのトラブルもパーツの交換や整備で修正可能です。ですので、自分の基準でボロボロと決めつけないほうがいいでしょう。

【注意点2】複数社からの相見積もりで買取相場を把握しておく

男性に説明を受ける家族

ボロボロの古い車を売る時にありがちなのが、安く買いたたかれてしまうことです。

業者に、ボロボロですがお世話になっているので1万円で買取します、といわれたら相場がわからなければ、つい売ってしまう人もいるでしょう。ですが、実際はもっと価値がある車の可能性もあります。

そのためには、複数の買取業者から相見積もりをとって、買取相場を把握しておく必要があります。ある程度の相場さえ知っておけば、安く買いたたかれる恐れもありません。

廃車・事故車・過走行車を高く売る方法は”たった一つ”

重要と書かれた文字

中古車を売る方法としては主に以下の3つがあります。

中古車を売る主な方法一覧

ですが、この中で廃車・事故車・過走行車を高く売る方法としてたった1つしかありません。個人売買はトラブルになることが多いので、却下するとしてどの方法が最適か見ていきましょう。

【おすすめ:★・・・・】ディーラー下取りは損をする可能性高い

自動車の契約を説明する男性

ディーラーは基本的に新車を売るのがメインの業務です。新車を購入する時には今まで乗っていた車を下取りしてくれますし、ディーラー中古車として販売するルートもあります。

ただ、ディーラー中古車は状態も良く安心して購入できるといわれているでしょう。その一方で、ボロボロの車などはほとんど置いていません。

つまりディーラーではボロボロの車はもちろん、事故車・過走行車を販売するルートは確立していないのです。ですので、新車を購入する人にだけサービス的な意味で廃車費用無料などと言って引き取りする程度でしょう。

ONE POINT
ボロボロの車でも価値はあるのに、無料で引き取りされてしまっては、大きく損をしてしまう可能性が高いです。ですので、ボロボロの車こそディーラーには下取りしてもらわないほうがいいでしょう。

損しない車売却『ディーラー下取り』買取との違いもイチから全解説!

ディーラー店の下取りとは?店舗はどこ? 普段から車にはよく乗るけど、車……続きを読む
ディーラー下取りをイチから解説します

【おすすめ:★★★・・】大手の車買取店に売る

売り物の車

一般的な中古車なら大手の車買取店に売るのもいいでしょう。世の中には事故車や過走行車でも構わないと思っている人もいますから、全国規模の買取店であれば、ボロボロの車でも買い手がつくことも多いため、高価買取も期待できます。

中には海外への販売ルートも確立している買取店もあるので、日本では買い手がつかないようなボロボロの車だとしても高く買取してくれることもあるでしょう。

さらにはパーツとしての再利用や鉄くずとして売却するルートもあります。もし、それほどボロボロではない車であれば、大手車買取店に売れば想像以上に高価買取になる可能性があります。

ただ、それでも状態によっては、廃車にするしかなくレッカー代や廃車費用がかかってしまう場合もありますし、買取不可となることもあるでしょう。

【おすすめ:★★★★★】廃車買取の高価査定なら専門店『ハイシャル』

ハイシャル

ボロボロで廃車にするしかないような車や、買い手がつかなそうな事故車や過走行車は、廃車買取専門店であるハイシャルに売るのがおすすめです。ハイシャルをおすすめする理由としては以下の通りです。

  • どんなにボロボロの車でも0円以上で買取
  • 引き取りの際のレッカー代が無料
  • 海外への販売ルートもあるので、高価買取も期待できる

ポイントはどんな車でも買取してくれるという点でしょう。当然廃車費用を請求される事もありませんので、損をすることはありません。

車検切れや動かなくなった車だとレッカー代が別途請求されることがありますが、この費用も無料なのでその点も心配いりません。

それでいて、海外で売れそうな車ならそちらへの販売ルートもあるのですから、思いがけず高価買取になることもあるのです。

まとめ

山積みにされた車

このように今はボロボロの古い車でも売れる可能性は非常に高いです。特に廃車買取専門店ハイシャルなどのように、どんな車でも0円以上買取を謳っている業者もあるので、廃車費用を支払って手放すことは大損をしてしまうでしょう。

自分ではボロボロの車と思っていても価値がある車もあるので、自分で判断せずどの辺がボロボロなのかをまず見極めましょう。

その上で車一括査定などを利用して、どれくらいの買取額になるのか比較してみることで本当の価値がわかるはずです。