自動車売却

「車査定士はここを見る」高価買取に導く12のポイントを完全公開!

白い車を見る査定士

車査定で中古車の査定額を算出する査定士は、突然の持ち込み査定であっても30分ほどで中古車の査定額を導き出します。査定士がこうした短時間で中古車を評価できるのは、重点的に見るポイントがそもそも決まっているからです。

総じてJAAIの規定する査定基準に基づき、査定士は中古車の価値を見極めるため、査定士の能力が等しいときには車の査定額はほぼ変わりません。

車査定で査定士がチェックする代表的なポイントのほか、高価買取への3つの方法やコツなどをご紹介します。

査定士はココを見る!高価買取に導く12ポイントと査定UPのワザ

重要度 ポイント
修復歴(事故車)の確認
車種の人気と需要
年式
骨格(フレーム)
外装のキズや凹み(車の前面⇒側面⇒後面⇒天井)
走行距離
エンジンルーム
内装の奇麗さ
タイヤ(スペアタイヤ含む)
ボディーカラー
オプション&装備品(純正カーナビ・ホイールなど)
車検の残期間

愛車を車買取で少しでも高く売りたいのであれば、査定士が車査定で見ているポイントを自分でも知っておかなくてはいけません。

車査定で高価買取に導く12のポイントに加えて、査定アップを果たすうえで押さえておくべきワザには、どのような内容が並んでいるのでしょうか?

【重要度:高】修復歴(事故車)の確認

タイヤに対して×をする

事故などで損害を受けた車は修理を必要としますが、車の状態や修理の範囲に応じて修復歴が付く場合と修理歴が付く場合があります。

修復歴はJAAIが定める特定の部位を交換した車に付く経歴であって、修復歴が付いた車は自動車業界で修復歴車や事故車と呼ばれます。

ATTENTION

修復歴車は、修復しても完全には元通りにならない車の骨格部位にダメージを受けた車になりますので、車査定では大幅の減額が行われます。

ボンネットやバンパーなど、JAAIの事故車定義に当てはまらない部位を修理した場合においては、修理歴が付くだけで済みます。

車査定で大幅の減額になるのはあくまでも修復歴車で、修理歴が付いた車はマイナス査定を受ける修復歴車ではありません。

まさか?バンパー修理・交換は事故車扱い?減額幅と買取価格の見方!

バンパー修理・交換は事故車(修復歴)扱い?減額幅と買取価格の見方 事故……続きを読む
車のフロント

【重要度:高】車種の人気と需要

査定をしている男性

JAAIは車種の需要をこまかく規定していませんが、車の査定額は車種の人気と需要によって常に変動しています。車買取業者が買い取った車は中古車市場で販売されるため、車買取業者が売りたい人気車種は車査定で高価買取を期待できます。

ここで注意しておきたいポイントは、中古車としての人気や需要の有無になります。車買取で高級車を売却するのであっても、中古車市場で人気や需要が無い場合には、査定額アップがさほど見込めません。

車の需要は時代で移り変わりますから、発売当時の人気車種が売却時に見向きもされないケースも十分にあり得ます。

車買取業者によって得意とする車種は違いますし、複数社で車査定を受ければ人気が無い車でも査定額アップを目指せます。

【重要度:高】年式

机に置かれたタブレットとメモ帳

車検証に記載されている初度登録年月の年式は、車査定で査定士が確実にチェックする重要度が高いポイントです。車の年式が新しいほど同一車種の最新モデルに近づきますので、車の需要に応じて査定額が高まります。

年式は毎年1月1日に古くなり、月日が経つにつれて車の査定額は落ちていき、10年経過で大幅の減額が発生します。車査定で相応の査定額を実現したい場合には、愛車の年式が10年経過する前に売却しなければいけません。

【重要度:高】骨格(フレーム)

タイヤ交換の作業中

車の骨格部位であるフレームが歪んでいると、ドアの開閉や車の動作などに不具合が生じます。フレームの歪みは安全な運転を妨げる要因になりますから、歪んだフレームを修復しない限り、車検に通ることはできません。

車のフレームを修復すると修復歴で査定額は減額されますが、フレームを修復しなくても車査定では大幅の減額につながります。フレームの歪みや修復歴を申告せずに車を売却した場合には、瑕疵担保責任で損害賠償請求をされかねません。

査定士がフレームの歪みを見逃す可能性は極めて低いものの、歪みを把握しているときには自分で申告しましょう。

【重要度:中】外装のキズや凹み(車の前面⇒側面⇒後面⇒天井)

深めの傷が入った車

車査定で査定士は、外装のキズや凹みを主に以下の順で確かめていきます。

  1. 車の前面
  2. 両側面
  3. 後面
  4. 天井

車の前面ではボンネットやバンパーなどがチェックされ、両側面はドアパネルのキズや凹みがポイントです。後面のトランクやマフラーに続けて、天井ではキズと凹み以外に塗装の変化も見極められます。

外装のキズは度合いで評価が変わりやすく、以下の要因で減額の幅が増減します。

  • キズの大きさと深さ
  • 再塗装と板金の必要性

キズや凹みにおけるそれぞれの減額が少なくても、キズや凹みの数が多い場合には大きな減額が発生するので気をつけてください。

車査定の前にキズや凹みを修理すると損しか出ないので、キズや凹みはそのままの状態で車査定を受ける方法が推奨されています。

【相場表】車買取のキズ&凹みの減額はいくら?査定額UPでも修理NG!

どれに該当する?車買取のキズ&凹みの減額相場【一覧表】 傷・へこみ……続きを読む
傷と凹みが入った車

【重要度:中】走行距離

車のメーター

車種 1万km 3万km 5万km 7万km 10万km 15万km 20万km
プリウス 163万円 143万円 134万円 128万円 121万円 114万円 108万円
ONE POINT
上記の表は2018年式グレード「A」のプリウスの平均買取相場を参考にしています。

車の走行距離は走行で生じる劣化を示す指標であって、車査定でも車の価値を図るための指標として使われています。走行距離が長い中古車は車が傷んでいるとみなされますから、車査定の査定額は走行距離が短い車よりも低くなってしまいます。

愛車の走行距離を確認したいのなら、総走行距離をキロメートルの単位で表示しているオドメーターの数値を見てみましょう。

車査定で走行距離を判断する場合においては、1年1万キロといった基準が活用されます。

1年1万キロを超える走行距離の車は過走行車として扱われますが、2年2万キロや3年3万キロなら問題ありません。

ただし、車の走行距離が10万キロを超えた場合には、年間走行距離とは関係なく車の査定額が下がります。

【重要度:中】エンジンルーム

壊れている車

車査定で査定士が念入りにチェックする箇所が、車台番号も打刻されているエンジンルームです。エンジンルームの状態は車の良し悪しに強くかかわるため、査定士は以下の点検を実践します。

  • エンジンや装備機器の状態
  • エンジン本体や各装置の動作と不具合
  • エンジンルーム内全般の汚れ
  • オイルもれやガスもれ
  • 修復歴や改造パーツの有無
  • 検査証の車台番号と打刻番号の一致

エンジンのオーバーホールやエンジンの載せ換えは、査定額アップを期待できるポイントになっています。オイルもれなどは対処可能な場合もありますし、車査定の前にはエンジンルーム内を清掃しておきましょう。

【重要度:中】内装の奇麗さ

3シート

車買取業者は必ず買い取った車の修復と清掃を行いますが、車査定の前に内装をきれいにしておかないとマイナス査定が起こります。

車の内装が車内清掃で改善不可能なほど悪化していれば、車査定で大幅の減額にもなります。内装の状態を整えるうえでチェックすべきポイントは以下の通りです。

  • 内装全体の汚れ
  • シートや天井のへたりやたるみなど
  • シートやフロアマットの破れやタバコの焦げ跡
  • ダッシュボードやトランクルームの割れや破損
  • タバコやペットの臭い
  • 芳香剤や香水の臭い

汚れと臭いの有無や交換の必要性など、内装の状態は中古車の査定額を左右します。車内清掃を実行するだけでなく、タバコやペットの臭いも車用消臭スプレーなどで忘れずに対処してください。

芳香剤や香水の臭いが付着していてもマイナス査定に当てはまるため、タバコやペットの臭いを芳香剤や香水で誤魔化す方法は使えません。

【悲報】車査定でシート汚れや破れ&タバコの穴はマイナス査定評価!

車査定でシート汚れや破れ&タバコの穴はマイナス査定要因 車査定では、車……続きを読む
車のシート

【重要度:低】タイヤ(スペアタイヤ含む)

スタッドレスタイヤの交換

タイヤの評価基準は溝の深さがポイントであり、JAAIが定める溝の深さと査定額への影響は以下の通りです。

  • 残っている溝が5mm以上ならプラス査定
  • 溝が1.6mm以上5mm未満なら影響なし
  • 溝が1.6mm未満ならマイナス査定

タイヤの摩耗が進んで溝が1.6mm未満になると、タイヤの使用限度を示すスリップサインがタイヤの溝に現れます。スリップサインが出ているタイヤの使用は法令違反に該当しますので、このようなタイヤは車検にそもそも通りません。

タイヤのマイナス査定はそれほど心配ありませんが、スペアタイヤが搭載されている車からスペアタイヤを外すとマイナス査定になってしまいます。

「車査定でタイヤの影響はほぼナシ」その理由と高価買取のコツ!

車査定・下取り時のタイヤの影響は『1.6mm以上の溝』 車査定や下取り……続きを読む
車のタイヤ

【重要度:低】ボディカラー

jaaiに書かれたボディーカラーの項目
(画像出典:JAAI公式サイト)

JAAIが設定している中古自動車査定基準では、乗用車系についてはボディカラー加減点を行うことができるといった記載があります。

「行うことができる」と表現されている通り、地場の車買取業者などは車査定でボディカラー加減点を重視しない場合が見られます。

とはいえ、中古車市場でボディカラーにおける需要の格差が明確に出ていると、良くも悪くもボディカラー加減点が査定額に影響します。車査定で査定額アップを期待できる中古車の代表的なカラーは以下の通りです。

タイプ 車種 白黒カラー その他のカラー
軽自動車 N-BOX 177万円 146万円
コンパクトカー アクア 179万円 166万円
セダン プリウス 209万円 184万円
SUV エクストレイル 245万円 280万円
スポーツカー ロードスター 259万円 249万円
ミニバン アルファード 345万円 283万円

万人受けする無難な色や安定した人気を誇る色の中古車は、車買取業者が売りやすい車なので、基本的に車査定で査定額ダウンは起こりません。

派手で奇抜な原色系カラーや時代のニーズを捉えたトレンドカラーの車は、売れ残りかねないこともあってマイナス査定の対象になっています。

【重要度:低】オプション&装備品(純正カーナビ・ホイールなど)

車の中をチェックする男性

中古車の購入層は純正のオプションや装備品を好む傾向があるため、社外品に付け替えても純正パーツを保管しておくことが大事なポイントです。

社外品のパーツで車をドレスアップしていても、車査定で査定額アップはなかなか実現しません。

車買取業者は基本的に社外品をマイナス査定しますので、車査定で車を売却する場合には社外品のパーツを純正パーツに戻す手順が向いています。

ホイールを社外品にしているときには純正ホイールに交換し、製造年から3年以内の純正カーナビは車査定でアピールしましょう。

【重要度:低】車検の残期間

車に貼られた車検のステッカー

一般的に車検の名称で呼ばれる自動車検査登録制度は、自動車が保安基準に適合していることを確認する検査です。車検は新車登録日から3年後が初回で、2回目以降は2年ごとに継続して受け続ける必要があります。

車査定を依頼した時点で車検の残期間が長くても、査定額への加算は車検代以上にはなりません。不人気な車種はむしろ査定額の減額につながるため、車査定を受ける前に車検を通すと損が生じてしまいます。

車は車検切れでも売れますが、買い叩かれるリスクを避けたい場合には、車検の残期間が1か月から2か月の段階で車を売却する方法が望ましくなります。

誰でも今すぐできる!高価買取への3つの方法とコツを伝授

チェックするサラリーマン

車査定で査定士が見るポイントは多岐にわたりますが、誰でも今すぐ始められる車査定の対処方法は3つほど存在しています。車買取業者に車査定を依頼する前に心がけたい、高価買取に役立つ3つの方法とそれぞれのコツを順にまとめてみました。

車の高価買取への3つの方法とコツ一覧

1.「内装は清掃」「外装は洗車」でキレイにする

車の内装を掃除する

車を少しでも高く売りたいのなら、車査定を受ける前に車内清掃と洗車で車の内装と外装をキレイに整える手順が欠かせません。

内装の汚れは運転者や家族が積み重ねますし、以下の車内清掃をしておかないと車の査定額は減額されてしまいます。

  • マットや背もたれなどにあるゴミや汚れを掃除する
  • タバコの臭いやペットの臭いを消臭する
  • チャイルドシートなどを取り外し、シートの凹みを元に戻す

ゴミや汚れの掃除には車内掃除機や水拭きを使う方法が望ましく、臭い取りには車用の消臭スプレーやスチームタイプの消臭剤が適しています。

内装の掃除と比較して洗車は車の査定額を左右する要因にはなりませんが、査定士へのアピールといった役割を果たします。洗車をしていないと査定士は車の査定を厳しくしかねませんので、査定額ダウンを避けるためにも売却する車は洗車しておきましょう。

「車査定前の洗車は意味がない」それでもやるべき根拠と洗車方法!

車査定前の洗車で査定額が上がることはない 車査定の直前に洗車をしたから……続きを読む
車の乾拭き

2.純正オプションの安全装備や付属品があれば用意する

窓口の男性

車査定では車種の需要や年式などの査定評価基準に限らず、純正オプションの安全装備や付属品を揃えることでも査定額がアップします。

純正オプションにはメーカーオプションやディーラーオプションが当てはまり、これらは信頼性の高さからプラス査定を期待できます。

同じく後付けできない特徴を備えているエアバッグやブラインドモニターなどの安全装備は、車査定で優れたアピール対象になっています。

査定額アップが見込めるスペアキーだけでなく、取扱説明書や整備手帳といった付属品も車査定を受ける前には準備してください。

3.複数の車買取店が競合する”車一括査定”を利用する

重要と書かれた文字

提携している車買取店に一括で車査定を依頼できる車一括査定は、複数社の競合を簡単に起こせるインターネット上のサービスです。車一括査定で複数社の競合を起こせば、最も高い査定額を提示した車買取店を選んでうえで、売却額の交渉などを始められます。

誰でもインターネット環境下なら無料で車一括査定を活用できますし、出張査定の日付を同日同時刻にする手段も不可能ではありません。

複数社を出張査定で同時に集めるのなら、オークション形式で査定額を高めていく方法も狙えるでしょう。

ただし、車一括査定で同時査定を実践する場合には、顔見知りの車買取店が裏で談合するリスクが発生します。車一括査定では数多くの車買取店に欠かさず車査定を依頼して、談合の防止に努めていくことが大切です。

【2019年最新】車一括査定おすすめランキング

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2019年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

かんたん車査定ガイド
かんたん車査定ガイド
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「かんたん車査定ガイド」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

まとめ

白い車を見る査定士

車査定で中古車の査定額を左右する重要なポイントは、修復歴と車種の需要に加えて、年式とフレームの状態です。外装と内装の状態や、走行距離とエンジンルームは、これらに次いで車査定で重視されるポイントになっています。

ボディカラーやタイヤにおいては査定額に影響しない場合が見られ、車検の残期間は1か月以上あれば大丈夫です。

純正のオプションや装備品は査定額アップに役立つため、車一括査定を受ける前に必ず用意しておきましょう。