自動車売却

プロ直伝!車を高く売る6つの方法と流れ【おすすめ時期&必要書類】

車を高額で売却する方法

車を売るとき、できる限り高く売却できる方法を選びたい!誰もがそう思っているでしょう。

初めて車を売る人なら、どんなタイプの売り方があって、どんな流れでどんな手続きを行うのかが分からないはず。

これまで買い替えの際にディーラー下取りに出していたけど、「他の売り方の方が高く売れるんじゃないか?」など、気になって調べる方もたくさんいます。

車の売る方法は全部で6つあります。

車を売る6つの方法
  • ディーラー下取り
  • 中古車買取店
  • 車一括査定サービス
  • オークション代行
  • 個人売買
  • ネットオークション

では一体、どの方法で売れば最も高く、かつ適正価格で売却できるのでしょうか。

ここでは愛車を売る6つの方法を徹底比較するほか、タイプ別に手続きの流れ、売る時期のタイミング、税金やトラブルなどについてもご紹介します。

これを見れば愛車の売却で損をすることはないでしょう。車の売却を成功させるためにぜひ参考にしてください!

【タイプ別】車を高く売る6つの方法&比較一覧表

車を売る方法は6種類あります。

車を売る6つの方法

結論からいえば、確実に高く売れるのは1つの方法しかありません。それは車一括査定という方法ですが、まずは6つの概略から見ていきましょう。

【1】ディーラー下取り

車屋_店_ディーラー

ディーラー下取りとは、新車の購入の際、ディーラー店で一緒に自分の車も引き取ってもらえるサービスのことです。

ちなみに、ディーラーとは自動車メーカーと特約店契約を結んだ販売業者のことで、例えばトヨタの「ネッツ」や「トヨペット」などがそれにあたります。街で見かけるトヨタや日産などのお店がディーラーです。

下取りは新車購入の「おまけサービス」のようなものです。売っても現金として持ち帰ることはできず、新車の購入費としてあてられます。また、下取り査定では手数料もとられます。

ディーラー下取りのメリット・デメリット
メリット 愛車の売却から新車の購入まで一本化されてスムーズ
デメリット ディーラーは販売業者だから査定額は消極的

【2】中古車買取店

中古車屋_店

中古車買取店とは文字通り、買取専門の業者のことです。査定は無料で、買取店への持ち込み査定のほか、自宅での出張査定もサービスとしてあります。

ディーラーとは違い、買取店は車の買取→販売という流れで利益を生みます。他の業者や買取店との競争原理も働くため、査定額が高くなる傾向があります。

ただし、買取店選びには注意が必要です。相手もなるべく安く買い取りたいのが本音ですし、不当なほど査定額が低くつけられたりと、買取店によって対応にバラつきがあります。

中古車買取店のメリット・デメリット
メリット 高価買取&高額査定の可能性が高い
デメリット 中古車買取店によって査定額が異なる

【3】車一括査定サービス

車一括査定の流れ

車一括査定とは、一度に複数の中古車買取店に査定依頼できるサービスのことです。これは2の中古車買取店のデメリットを解消したいというニーズから生まれたものです。

中古車買取店の査定にはバラつきがあるため、なるべく多くの買取店に査定してもらい比較検討するのが必要不可欠です。査定の比較は査定額アップの交渉にも使えます。

ただし、問題は何度も買取店を調べ、自分の足で回る時間と労力。このせいで「そこそこの値で売れたらいいか」と妥協しやすくなります。

しかし、車一括査定はネット申し込みで面倒な手続きなく、複数の買取店に出張査定してもらえます。もちろん無料です。車一括査定サイトに参加する買取店は他店との競争を強く意識しているため、査定額を吊り上げやすいのも特徴です。

現時点で、最も簡単かつスピーディーに愛車を最高額で売れるサービスです。

▼車一括査定を詳しく見る▼

車一括査定のメリット・デメリット
メリット 手軽に最も高額査定してくれる買取店が分かる
デメリット 方法によって複数の買取店との対応が煩わしい

【4】オークション代行

USS
(画像出典:USS公式サイト)

オークション代行は、業者に依頼し、会員制のオートオークションへ代行で参加させてもらい、愛車を代わりに売ってもらう方法です。

費用はオークション代行業者に委託する代行料、オークション会場に支払う出品料、また車を預けて搬送するための陸送費が必要です。

個人でオークションに参加すればコストカットになりますが、オークション会員となる条件などにより、基本的には一個人で出品できない売却方法だと認識しておきましょう。

オークション代行のメリット・デメリット
メリット 高く売れる可能性がある
デメリット 必ず落札されるわけでなく、売れなくても手数料がかかる

【5】個人売買とは?

握手する男女

個人売買は業者を介さず、個人間で売り買いする方法です。知人同士での売買もこれにあたります。

業者による中間マージンが発生せず、自分で売値を自由に設定できるため、買い手との交渉がうまくいけば高価買取が期待できます。

ただし、この方法だと複雑な手続きを自ら行う必要があるうえ、支払いの滞りなど金銭トラブルのリスクが大きく、慣れた方以外おすすめしません。

個人売買のメリット・デメリット
メリット 売値を自由に決めれる
デメリット トラブルや手続きが多い

【6】ネットオークション

ヤフオク
(画像出典:Yahoo! JAPAN)

ネットオークションは個人売買をネットでするという方法です。メルカリ、ヤフオク、モバオクといったサイトが有名です。

この場合、個人売買の場としてサイトが存在していますが、それでも契約後の手続き、例えば名義変更など法的手続きも個人間で行わなければなりません。知人同士でなく、見ず知らずの個人と連絡を取り合うので、心労も感じやすいでしょう。

ネットオークションのメリット・デメリット
メリット 売値を自由に決めれる
デメリット トラブルや手続きが多い

【比較一覧表】車を売る6つの方法~おすすめは車一括査定~

車売却の方法 メリット デメリット
ディーラー下取り 手間がかからない 査定額が安い
中古車買取店 下取りよりも高い 業者によって買取額にばらつきがある
車一括査定 最高額の査定結果が分かる 買取店からの電話営業が多い場合も
オークション代行 高値で売れることも可能性も 必ず売れるわけではないが代行手数料はかかる
個人売買 売値を設定できる トラブルやリスクの可能性が高い
ネットオークション 売値を設定できる トラブルやリスクの可能性が高い

「ディーラー下取りで偶然にも高額査定が出た」という状況は万が一にも起こりえないので、手続きの面で多少の手間にはなりますが、新車購入と車の売却は別で行った方がいいです。

また、個人売買やネットオークションはおすすめできません。慣れている方以外、金銭的なトラブルになる可能性が非常に高いです。

確実に、できる限り高値で車を売りたい人は、車一括査定を利用するのが最善の策といえます。

もしそれでも「自分はディーラー下取りがいい」という場合も、下取り査定の結果が妥当な額かどうかを見極めるために、車一括査定で相場を把握しておいた方がいいでしょう。

▼車一括査定を詳しく見る▼

【タイプ別】車売却の流れ〜手続き〜必要書類まで

車の売り方を6つご紹介しましたが、各タイプごとにどのような流れで売却するのかを説明します。

各売却方法の流れ・手続き・必要書類一覧

1つずつの詳細を解説すると膨大な量になるので、この記事では売却の流れの全体像が眺められるような形で留めておきます。

【1】ディーラー下取りの流れ〜手続き〜必要書類まで

ディーラー下取りの流れと手続き
手順 内容
1 購入する車種を決める
2 その車種を販売するディーラーで自分の車の下取り査定を依頼
3 下取り査定の結果、購入車の値引き交渉をする
4 購入車の契約手続き、下取り手続きを始める
5 必要書類を揃える(ディーラーが手続き代行)
ディーラー下取り必要書類一覧
必要書類名 保管場所
自動車検査証 ダッシュボード内に保管
自賠責保険証明書 ダッシュボード内に保管
自動車納税証明書 ダッシュボード内に保管
委任状譲渡証明書 ディーラーから受け取る書類
実印 自宅
印鑑登録証明書 印鑑を持って役所で申請
リサイクル券の預託証明書 ダッシュボード内に保管
戸籍謄本・住民票 現在の住所や氏名が異なる場合のみ役所で発行

ちなみに、軽自動車の下取り必要書類は少し異なります。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • 軽自動車税納税証明書
  • 認印
  • リサイクル券の預託証明書

下取りの場合には納車日に自分の車を引き渡し、購入車を受け取ることになります。

 【2】中古車買取店の流れ~手続き~必要書類まで

中古車買取店の流れ
手順 内容
1 買取店を探して選ぶ(複数の業者を候補にする)
2 買取店に車を持ち込む、もしくは自宅での出張査定を依頼
3 他の買取店でも手順2を行い、査定額アップの交渉をする
4 買取契約後に必要書類提出や車の引き渡し日などを決める
5 車を引き渡した後、振込みなどで買取代金を受け取る

買取代金についてですが、買取店によっては即日現金払いのところもあります。しかしながら、多くは振込みのため、条件に合った業者を探さなければなりません。

特に、業者選びは慎重に行いましょう。なかには悪徳業者もいますし、必ず複数の買取店で査定して交渉を重ねてください。

中古車買取店の手続き
中古車買取店の必要書類 保管場所
自動車検査証 ダッシュボード内に保管
自賠責保険証明書 ダッシュボード内に保管
自動車納税証明書 自宅かダッシュボード内に保管
委任状譲渡証明書 業者から受け取る書類
実印 自宅
印鑑登録証明書 印鑑を持って役所で申請する
リサイクル券の預託証明書 ダッシュボード内に保管
戸籍謄本・住民票 現在の住所・氏名が異なる場合のみ役所で発行

必要書類は買取契約後、後日準備したものを店に持っていく、もしくは前もって用意しておけばスムーズに手続きを進めることができます。

 【3】車一括査定の流れ~手続き~必要書類まで

車一括査定の流れ
【手順1】 ネットで車一括サイトで申し込む
【手順2】 買取店から電話が来るので、出張査定の日時を決める
【手順3】 複数の買取店が査定した結果、最高額を出した業者と契約する
【手順4】 「中古車買取店の流れ(4,5)」と同じ流れ

車一括査定サイトに申し込んだ後、どれくらいの数の業者に査定依頼するのか自分で選択します。依頼する買取店の数は平均3~5社ほどがいいでしょう。

ATTENTION
車一括査定サイトによっては業者選択できないサービスがあります。人気が高いカーセンサーや、ナビクル車査定は選択可能です。

自分で各買取店に連絡し、自ら足を運んで交渉する必要はないので余計な手間も省けてとても便利です。また、自力で買取店に回るのとは違い、複数の業者が自然と競ってくれるのでそれほど念入りに買取交渉しなくて済みます。

ちなみに「業者から電話がかかってくるのに抵抗がある」という人は例えば、カーセンサーではメールでのやり取りでも可能な方法もあります。

まずは公式サイトにいきます。すると以下のような項目が表示されます。

カーセンサー

メーカーや車種名、事故歴や郵便番号を入力して「申込みスタート」のボタンをクリックすると次の画面に進みます。

カーセンサー

5つの項目を順番に入力し、⑤をクリックします。

カーセンサー

矢印の項目欄「連絡希望時間帯」に「メールのみで連絡希望」と入力してください。するとほとんどの場合、営業電話はかかってこなくなります。

※業者の中には自動で電話するオートコールシステムがあるため、絶対に電話がかかってこないとは断言できません。

ガリバーやビッグモーターは申し込みと同時に電話がかかる自動システムのため、この方法では電話がかかってきます。どうしても電話対応が嫌な場合は上記2社を外して申し込みしてください。

そのほかユーカーパックを使えば、複数の買取業者との交渉をすべてユーカーパックの担当者が代行してくれます。

車一括査定の手続き
車一括査定の必要書類 保管場所
自動車検査証 ダッシュボード内に保管
自賠責保険証明書 ダッシュボード内に保管
自動車納税証明書 自宅かダッシュボード内に保管
委任状譲渡証明書 業者から受け取る書類
実印 自宅
印鑑登録証明書 印鑑を持って役所で申請する
リサイクル券の預託証明書 ダッシュボード内に保管
戸籍謄本・住民票 現在の住所・氏名が異なる場合のみ役所で発行

車一括査定サイトを利用するには申し込み手続きが必要ですが、買取契約に際して特別な書類等はありません。

なお、車一括査定サイトには様々な種類や特徴がありますので、申し込み前に自分に合ったサイトを見つけておくといいでしょう。

カーセンサー ユーカーパック ナビクル車査定 楽天car ズバット Carview
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム 楽天 ウェブクルー Carview
提携業者数 1,000社 5,000社 55社 2000社 220社 201社
同時査定依頼数 30社 10社 10社 8社
業者選択 × × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分 約3分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
電話の多さ 多い(メール可) 1社のみ 少ない 1社のみ 多い 多い

【2022最新】車一括査定サイトランキング!おすすめ7社を徹底解剖

車一括査定サイトとは~利用法からメリット&デメリット~ 最初に、車一括……続きを読む
車一括査定ランキング

【4】オークション代行の流れ~手続き~必要書類まで

オークション代行の流れ
【手順1】 オークション代行業者を探して問い合わせる
【手順2】 オークション相場の報告を受け、オークション出品の契約をする
【手順3】 車を持ち込むか、陸送する
【手順4】 オークション結果の報告を受ける
【手順5】 代行費用等を差し引いた金額が振り込まれる

輸入車や不人気車、修復歴車など落札されにくい車もあるので、まずは自分で相場を調べておくのがいいかもしれません。

例えば過走行車などであれば、ハイシャルといった廃車&事故車の専門買取業者を利用した方が買取額が高い可能性があります。

ちなみにオークションの諸費用の一例として、ある代行業者は、

名目 諸費用
オークション申込金 10,000円
出品料 6,000円~12,000円
成約料 10,000円~18,000円
陸送費用 5,000円~
オークション出品代行手数料 3,0000円(落札価格60万円以上の場合、落札価格の5%)

また、1回目で落札されず、再出品する場合にも追加費用が必要になります。

オークション代行の手続き
オークション代行の必要書類 保管場所
自動車検査証 ダッシュボード内に保管
自賠責保険証明書 ダッシュボード内に保管
自動車納税証明書 自宅かダッシュボード内に保管
委任状譲渡証明書 業者から受け取る書類
実印 自宅
印鑑登録証明書 印鑑を持って役所で申請する
リサイクル券の預託証明書 ダッシュボード内に保管
戸籍謄本・住民票 現在の住所・氏名が異なる場合のみ役所で発行

【5】個人売買の流れ~手続き~必要書類まで

個人売買の流れ
【手順1】 売り手と交渉
【手順2】 契約書を交わして代金を受け取る
【手順3】 車を引き渡す
【手順4】 名義変更(購入者)

個人売買の場合も事前に車の査定相場を知っておく方が交渉を有利に進めやすいので、車一括査定サービスで査定額を出しておくといいでしょう。

トラブル防止のために「売買契約書」は作成しておいた方がいいです。ネット上で自動車売買契約書のテンプレートをダウンロードできます。

名義変更する際には、

名目 諸費用
移転登録手数料 500円
ナンバープレート代(変更の場合) 約1,500円
車庫証明書の所得費用 2,500円~3,000円程度
検査・登録手数料 自動車の種別による
自動車所得税 買い手が負担

このような費用がかかります。名義変更は買い手側が手続きを行いますが、連絡をとって不備がないかを双方でチェックした方がいいかもしれません。

個人売買の手続き
個人売買の必要書類 保管場所
自動車検査証 ダッシュボード内に保管
自賠責保険証明書 ダッシュボード内に保管
自動車納税証明書 自宅かダッシュボード内に保管
委任状譲渡証明書 業者から受け取る書類
実印 自宅
印鑑登録証明書 印鑑を持って役所で申請する
リサイクル券の預託証明書 ダッシュボード内に保管
戸籍謄本・住民票 現在の住所・氏名が異なる場合のみ役所で発行

名義変更では売り手や買い手、それぞれの書類に不備がないようにしなければ手続きがもたついてしまいます。そのせいで税金の請求先が違ってしまい、トラブル事例が多いのが現状です。

名義変更(移転登録の手続き)を行う(必要書類や費用については国土交通省のHPを参照)

【6】ネットオークションの流れ~手続き~必要書類まで

ネットオークションの流れ
【手順1】 オークションサイトに登録
【手順2】 車の撮影、サイトの掲載文を作成
【手順3】 出品する
【手順4】 落札後、必要書類のやり取りや支払い、名義変更(購入者側)

ネットオークションの場合にも、事前に車の相場を調べておきましょう。

この場合には出品までの準備に手間がかかります。洗車した車を撮影、車を説明する掲載文のために車両情報を入力します。

利用料についてはヤフオクの場合、出品システム利用料として3,024円(税込)となっています(※2019年現在)。

ネットオークションの手続き
ネットオークションの必要書類 保管場所
自動車検査証 ダッシュボード内に保管
自賠責保険証明書 ダッシュボード内に保管
自動車納税証明書 自宅かダッシュボード内に保管
委任状譲渡証明書 業者から受け取る書類
実印 自宅
印鑑登録証明書 印鑑を持って役所で申請する
リサイクル券の預託証明書 ダッシュボード内に保管
戸籍謄本・住民票 現在の住所・氏名が異なる場合のみ役所で発行

個人間の売買と同じく、売り手買い手が自ら手続きを行わなければいけません。

車の売買は大きな金額が動きますから、支払いが未納、契約後のクレームなどトラブルのないように注意して進めなければなりません。

よほどの理由がない限り、個人売買やオークションはやめた方が無難です。トラブルになると訴訟問題になった例も耳にしたこともあります。

気になる!車売却に関する12の疑問(トラブル・売る時期・税金・保険など)

車の売却に関する気になる点について解説したいと思います。よく耳にする疑問をなるべく多く上げています。ここでは簡潔に回答しているので、詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。

車売却に関する疑問一覧

【1】事故歴を隠す…買取後のキャンセル…車を売る時の注意点

車を売る時の注意点を売り手側の対応について心がけておくことと、業者とのやり取りで注意しておきたいことの2パターンに分けて紹介したいと思います。

売り手がトラブルを起こさないように気をつけておきたいこと

車を高く売りたいという気持ちが強すぎて、査定時に事故歴や修復歴をごまかしたりするのは絶対にNGです。

そもそも業者は査定のプロ。修復歴を隠してもばれてしまうものですし、売買契約後に隠ぺいが発覚した場合、瑕疵担保責任を問われるおそれがあります。

そのほか注意しておきたいのがキャンセルについて。

査定をしてもらって査定額に納得がいかない場合には、売らないと断ることは可能です。キャンセル料などもできないのがふつうです。

しかし、売買契約を結んだ後にキャンセルする場合には状況次第で違約金等が発生する可能性があります。

『車買取の二重契約トラブル』当事者がやるべき違法業者への対策!

車買取・売却時の二重契約によって起こるトラブル 車買取における二重契約……続きを読む
買取店で契約

車買取の契約はキャンセルできる?違約金は?《大手買取店10社調査》

車買取・査定後に結んだ契約後のキャンセルは原則できない 車買取の流れと……続きを読む
説明をする男性

査定時の交渉など買取業者とのやり取りで気をつけておくこと

車を売る時に失敗しないために業者との交渉に注意しましょう。

例えば、ある業者で査定したら「この車は古いので、値段がつきません…」などと言われたケース。ディーラー下取りなどでそう告げられ、廃車費用を請求されたという経験をした方もいるかもしれません。

現在、廃車や事故車・不動車などを必ず0円以上で買取ってくれる業者もあります。レッカー代や廃車手続きなどすべて無料です。

こういう業者は海外に販路を持っていたり、買い取った車をパーツや鉄資源として売ったりとどんな車でも利益を生み出す仕組みを持っているので、積極的に買い取ってくれます。

業者選びはとても重要。どんな車をお持ちでも、どこで売れば高く売れるかを意識して業者を探しましょう。

実際に査定をしてもらった時の交渉の仕方にも注意が必要です。こちらが高く売りたいのと同じく、業者側もできれば安く買い取りたいと考えています。営業マンと交渉の仕方次第では、買取額が安くなってしまうこともあります。

査定時の交渉で失敗したくないという方はぜひ関連記事をご覧になってください。

車買取の交渉は事前の対策が重要!会話パターン&注意すべきNG対応

➀店に行く前、愛車の買取相場を調べておこう 車の買取に出した利用者によ……続きを読む
車を見ている男性

《恐怖》車一括査定のしつこい迷惑電話の実態&誰でも簡単に断る方法

トラブル必死!車一括査定サービスの"しつこい迷惑電話"の実態 予想はし……続きを読む
迷惑電話

「車の査定額は0円です…」を信じるな!確実に高く売る方法はコレだ

「車の査定額は0円です…」でも諦めてはいけない! 車買取業者が車の査定……続きを読む
親指を立てるサラリーマン

もう騙されない!車買取の売買契約書で必ず見るべき『鉄則11箇条』

そもそも車買取で必要となる売買契約書とは?法的効力のある紙 [caption ……続きを読む
車買取の売買契約書で必ずみるべき11箇条

【極秘】買取業者もたじたじ…車を高く売る10の価格交渉術を全公開!

まだ待って!車買取業者との交渉前にやるべき『3つのコツと心構え』 車買……続きを読む
電卓で計算

【2】車を売るベストなタイミングと時期はいつ?

車が高く売れる時期は次のシーズンです。

買い時ランキング 時期 理由
1位 決算期(3月) ・株価に影響する時期
・年度末に当たるから
2位 中間決算(9月) ・半期の業績を意識
3位 夏のボーナス時期(6~7月) ・ボーナス時期を狙う販売促進
・翌月の半期に合わせた戦略
4位 冬のボーナス時期(11~12月) ・ボーナス時期を狙う販売促進
車を売るベストな時期は『2つ』
  • 1~2月
  • 8~9月

その理由は、中古車市場では3月、9月にセールを行うので、その在庫確保のために高価買取の可能性が高まります。

もちろん「時期」というのは車検の残り期間などと同じく、あくまで査定に影響する一要素です。そのため、すべての売り手に共通して何よりも重要なのは「どこで売るか」という点をくれぐれも忘れないようにしましょう。

【3】車を売却した後の税金(所得税&消費税や自動車税)の扱いは?

税金

車を売ることでお金を手にいれることになりますが、個人の場合、基本的には所得税も消費税も支払う必要はありません。もちろん、確定申告も不要です。

自動車税については5月中に1年分の自動車税を前払いしているので、車を手放した翌月分以降の金額はあとで返金される仕組みになっています。

また、自動車税は4月1日時点の使用者に納税の義務が発生し、5月に納付書が届けられます。

仮に、4月初旬くらいに売却しようと予定を立てたとしても、5月に届いた納付書の1年分はひとまず支払う必要があり、のちに返金という流れは同じです。

【4】車を売った帰りはどうするの?

送迎サービスなどはありませんが、代車レンタルサービスをしている買取業者もあります。車一括査定を使う場合、申し込みの備考欄(希望欄)に代車レンタルしたいと書いてみる方法もあります。

朗報!車買取店で代車は借りれる!電話で聞いてみた《大手10社調査》

車買取店で買い替え時に代車は借りられるか『大手10社』に聞いてみた! ……続きを読む
代車に乗る女性

車一括査定であれば出張査定を無料で行ってくれるので自宅にいながら買取契約が行えます。店舗まで足を運んで車を渡す必要がないので便利です。

また、廃車専門買取店などでも不動車などを扱っているため、通常、自宅まで引取に来てくれます。

【5】車を売る時はちゃんと掃除した方が良いの?

査定前に車を掃除する・しないで、どれくらい査定額に影響するかという話ですが、洗車をしたからといって査定額が大幅に上がることはありません。

しかし、査定員の印象を良くする意味で、きれいにしておくことをおすすめします。車の見た目によっては、普段からきちんと手入れされていない車だと思われてしまい、マイナス査定につながる要因をこまかく注意して探されてしまうかもしれません。

大事に乗っていた車だというアピールのためにも、外装・内装ともにきれいにしておきましょう。

「車査定前の洗車は意味がない」それでもやるべき根拠と洗車方法!

車査定前の洗車で査定額が上がることはない 車査定の直前に洗車をしたから……続きを読む
車の乾拭き

【6】車買取や買取店に関するトラブルってどんなケースがある?

車買取のトラブルにはいろいろなケースがありますが、なかでも性質が悪いものに悪徳業者の詐欺があります。

詐欺の手口として「再査定(二重査定)」といって、高額な査定額だったから売買契約を結んだのに後になってから減額されるといったものがあります。ほかにも詐欺のパターンは多種多様、不安な方は以下の記事をチェックしてみてください。

自分で買取業者を探す時、近所にある店やネットでよさげな業者を見つけて選ぶ人もいますが、信頼性の高い優良業者かどうか判断しづらく、悪徳業者に査定依頼してしまう可能性もあります。

【実例あり】車買取の再査定(二重査定)で減額された場合の4つの対処法

車を売った後(契約後)に再査定(二重査定)で買取金額を減額される 査定……続きを読む
車の査定額に納得行かない女性

《実録》車買取業者の『詐欺手口11種類』騙されないトラブル回避術!

《実在》車買取業者の"詐欺手口11種類"最新詐欺の実態を暴く [caption……続きを読む
法律について説明する男性

車買取のトラブルを回避するために優良業者を紹介してくれる車一括査定を利用するのがおすすめです。

ただ、車一括査定を使った方のなかには不満を感じたという声もあります。

例えばしつこい営業電話。一括査定を申し込んだ直後にたくさんの電話がかかってきて迷惑を被ったという話をよく聞きます。営業電話がかかってくる理由は、査定を依頼された業者が査定日時のアポをとりたいからなので、それが決まればそれ以上かかってくることはありません。

それでも、電話が迷惑だという人は「カーセンサー」ならメールでの連絡を希望できます。

【最新対処法】車一括査定のトラブル5事例に挑む!プロが考えた対抗策

【最新対処法】車一括査定のトラブル5事例に対抗する『5つの方法』 車一……続きを読む
パソコンで調べる男性

車の売却を個人間でする場合にはトラブルになる可能性が大きいです。

車を売ったのに相手から支払いがなくて詐欺だったというケース、名義変更でもめるケースなど、リスクがつきまといます。個人間での車売却はおすすめできない売り方です。

親名義&他人名義の車売却は代理OK!必要書類一覧【トラブル回避術】

親名義&他人名義の車売却(車買取)は代理で手続きOK 実は親や他人名義……続きを読む
書類に記入

自分で車の名義変更する方法!必要書類から費用までの流れ《まとめ》

そもそも「名義」とは? 名義変更とは、車の持ち主が変わったという内容を……続きを読む
車とビル

【7】車を売って即金で支払ってもらいたいけど可能?

査定に出した車をその場ですぐに現金買取している業者はありますが、多くの買取業者が即金の対応をしていないのが現状です。査定から入金まで早くても2日、3日かかるのがふつうです。

即金でもいける業者の場合、足元を見られて安く買い叩かれるケースもあります。高く売りたい方にはあまりおすすめできません。

即金可能な車買取業者はある!でも大手10社の即日現金化はNG【注意】

その場で即金買取できる車買取業者を探す方法 即日現金化可能な車買取業者……続きを読む
査定結果を説明する男性

【8】ボディーに傷が付いていると査定額に大きく影響する?

車のキズやへこみなどがあった場合、どれくらい減額されるのか気になる方もいるはず。

詳しい内容は以下の記事を読んでいただきたいのですが、簡単にいえば、キズによりけり、というのが回答です。

例えば1cm未満のちょっとしたキズやへこみでは減額の影響はありません。査定スタッフは決まった査定基準によって、「1センチ以上カードサイズ未満」だからいくら減額、などと判断していきます。

車のキズやへこみに関係することに「事故車」や「事故歴」「修復歴」のような言葉があって、「事故歴があるから査定で大幅に減額される」というような話を聞いた方もいるかもしれません。

例えばバンパーを修理したから「修復歴」がついて査定で不利になるんじゃないかと誤解している人もいるようですが、バンパーの修理は修復歴に該当しません。そのように事故車や修復歴には一定の基準が設けられています。具体的な内容を知りたい方はぜひ参考記事をご覧ください。

【相場表】車買取のキズ&凹みの減額はいくら?査定額UPでも修理NG!

どれに該当する?車買取のキズ&凹みの減額相場【一覧表】 傷・へこみ……続きを読む
傷と凹みが入った車

まさか?バンパー修理・交換は事故車扱い?減額幅と買取価格の見方!

バンパー修理・交換は事故車(修復歴)扱い?減額幅と買取価格の見方 事故……続きを読む
車のフロント

【9】車を売る時に自賠責保険や任意保険はどうなる?

自動車保険においては「自賠責保険」と「任意保険」がありますが、これらは全く異なる保険なのでまずは注意しましょう。

車を売却する時の自動車保険はどうするのかを簡単にまとめると以下のようになります。

  • 自賠責保険の手続きは基本的にディーラーや車買取店で代行してもらえる
  • 任意保険は車の売却方法に応じて必要となる手続きが決まる
  • 任意保険の手続きには車両入替手続きや保険中断手続き、解約手続きがある

自賠責保険の手続きは業者に任せることができますが、任意保険は自分で手続きする必要があります。

個人によって、車を買い替えるのか、車を売ったらもう車を持たないのか、何年後かに車を購入予定など、それぞれ違います。それに合わせた手続きがあるので状況に合わせてチェックしてみましょう。

車売却時に保険はどうする?正しい手続き方法と損しない全知識【まとめ】

車売却時の保険はどうするのがベスト?損しないための全知識 車売却時には……続きを読む
保険について説明する男性

【10】ローンが残っている車を売ることはできる?

ローン残債ありの車を売却することは可能です。ただし、名義によって対応が異なります。

  1. 本人名義であれば売却は自由
  2. 家族名義であれば本人からの同意や委任状の作成が必要
  3. ローン会社またはディーラー名義であれば所有権の解除が必要

ローンの支払いが残っていたとしても車検証の所有者が自分自身であれば、好きなように売却できます。

しかし、ディーラー店や中古車販売店で車をローン購入した場合、車検証に記載される所有者はディーラーやローン会社、クレジット会社の名義になっているのが通常です。

このケースでは所有権解除をしてもらうためにローンを完済する必要があります。車を売ったお金を残りのローンにあてるという方法で、ローン残債ありの車を売却することはできますが、売却額がローンの支払いに足りない場合なども出てきます。詳しい流れは以下の記事で確認してみてください。

ローン残債ありの車売却&買い替えは可能【売る方法と全手順を公開】

ローン残債ありの車売却や買い替えは可能!まずは名義確認を まだローンあ……続きを読む
タブレットで計算するビジネスマン

【11】個人で車を売る時に名義変更はどうする?

個人間で車を売買する時に重要な手続きが名義変更。買取業者で売る時には名義変更は業者に任せられますが、個人同士では自分でやる必要があります。

通常、名義変更を行うのは買主側になります。買主がなかなか名義変更を行わないせいで、車を手放した売主の方に自動車税の請求が届いたなどのトラブルも多いので、個人売買での手続きは念入りに進めなければなりません。

自分で車の名義変更する方法!必要書類から費用までの流れ《まとめ》

そもそも「名義」とは? 名義変更とは、車の持ち主が変わったという内容を……続きを読む
車とビル

【12】車を売るタイミングは車検前の方がいい?

車を売るタイミングはいつがいいのか悩みますが、車検を受ける前に売るのがおすすめです。

車検を通すことで査定額はアップしますが、車検費用は10万円前後など高額なので損をする場合が多いです。

ちなみに「車検の残存期間が1年以上でプラス査定」「車検の残存期間が1年未満なら若干のプラス査定」という具合で、車検の残存期間が1年以上の場合でも査定額がいくらアップするという明確な金額は決まっていません。

一般的に、車検の残存期間が1年以上なら2万~3万円程度といわれています。これを考えると、査定のために車検をわざわざ受けるのは得ではありません。

また車検を通したばかりの時期、なんとなく車を売りたくなった場合なども、費用の面からいえば買い替え時期を先に延ばすなど検討した方がいいかもしれません。

ただし、車の価値は日々落ちていっているので、早めに売るほど高値がつきます。個人の状況によってどのタイミングで売るのがベストなのか異なるので、いろいろな面から考えてみるのも大切です。

車を買い替えるのは車検前がおすすめ!おすすめする『3つの理由』

車の買い替えは車検前にするのがおすすめ!買い替えの目安 では車検前以外……続きを読む
車

車検切れでも車は売れる!高価買取術&売却時の必要書類【全まとめ】

車検切れの中古車でも問題なく売却できる 実は買取において車検切れである……続きを読む
車に貼られた車検のステッカー

「車を売るならどこがいい?」評判の良い買取業者をリサーチ

車を売る時、業者を探してどこがいいのか迷ってしまうことがあります。

「どうせ、どこでも一緒だから」と考えて売ってしまうのはくれぐれも注意。車種や年式、車両状態などに関わらず、どこで売るかによって査定額が大きく違ってくるものです。

どうせなら満足のいく買取にしましょう。ここでは日本全国にどのような買取業者があって、評判の良し悪しはどうなのかを参考にしていただけるようにピックアップしました。

車を売るならどこがいい?口コミや知恵袋をチェック

夫の単身赴任で、自分一人で2台の車を所有するのに苦痛を感じ、8年落ちのヴェゼルハイブリッドを手放すことにしました。少しでも高く売りたかったため、知人への個人売買を考えていましたが、念のために一括査定をすることに。一番最初に電話をくれたビッグモーターさんと交渉を。100万で知人に売却するつもりだったので、その値段を提示しましたが、ほぼ満額で成立しました。個人売買では面倒であった手続きも全てお願いでき、素早く丁寧な対応でした。またの機会には是非お願いしたいです。

2台連続でネクステージへ売却した。
オークション相場より若干高めの金額でかなり価格的には頑張ってくれていたように感じる。

質問:車を売るなら、どこがいいですか? 初めてなので、体験談も教えていただけると嬉しいです。 ちなみに車はBb(トヨタ)です。

回答:買取店を数件回ってください。
お勧めは
最初にT-UP (トヨタ系買取店)
2番目にアップル
3番目にラビットかカーセブン
最後にガリバーの順番です。
注意点は、様々な理由をつけてその場で即契約を迫る
買取店は手ごわい店ですので気をつけてください

質問:車を売るならどこがいいのですか? 車を乗り換えたいですが、 今乗っている車をどこで売ったら一番よい値段がつきやすいのでしょうか? やっぱり、大手の買取り店がいいのでしょうか?

回答:私が車を乗り換えた時は大手の買取店数社、個人の買取店、車の販売店数社から下取りの値段を見てもらいました。
最低と最高の差がなんと!45万ほどありました。
私は車に詳しくないため、なぜそのようになったかは不明なのですが、高く下取ってくれるに越したことはないので当然金額のよかったところでお願いたしました。
それは車の販売店でした。
個人の買取店も同額つけてくれたのですが、車を買い換える販売店で下取りをしたほうが手間が省けるのでそちらにしました。

口コミを調べてみればみるほど、結局どの業者が良いのか分からなくなってしまいそうです。

くれぐれも注意が必要なのは、「査定に出したら、A社が最も安かった」という話があっても、別の人の場合にはA社が最高額だったというケースもありますから、あまり素直に参考にするのはやめた方がいいでしょう。

ではどうすればいいのかといえば、やはりその人・その車にマッチした業者を探すしかありません。

そのため本文で何度も出てきた「車一括査定」というサービスが必須になります。複数の業者をまとめて査定することで、リアルな買取相場が把握でき、自然と最高額を提示してくれる業者を調べることが可能です。

都道府県/市で見るおすすめの車買取業者

お住まいの地域ごとで利用できる買取業者が違うので、エリアでどんな買取業者があるか知りたいという方もいるでしょう。

【都道府県別】評判口コミの高い車買取店&おすすめ業者《まとめ》」には各都道府県の評判の良い業者を紹介しています。

札幌市、青森市など市まで絞って業者を紹介している記事もたくさん揃えているので興味のある方はお住まいエリアの記事をぜひチェックしてみてください。

人気の車買取業者ランキング

まずは大手の買取業者を一覧で紹介しておきます。

買取店名をクリックすると店の特徴や口コミ、他社との実績比較ランキングなどの詳細情報を調べられます。

ランキングについてはいろんなタイプのものがありますが、ここではユーザーがありのままに評価するオリコン顧客満足度ランキングである「おすすめの車買取会社ランキング・比較(総合ランキング)」を見てみましょう。

以下の結果は、利用者6,990人に調査されたデータです。調査対象企業は33社、ここに挙げているのは上位13社の高評企業です。

車買取業者 推奨得点
1位 オートバックスカーズ 77.5点
2位 アップル 77.4点
3位 カーセブン 76.9点
4位 ラビット 75.3点
5位 ユーポス 75.2点
6位 トヨタ販売店 74.1点
7位 ダイハツ販売店 73.9点
8位 カーチス 73.5点
8位 ホンダ販売店 73.5点
10位 日産販売店 73.1点
11位 スズキ販売店 72.1点
12位 ネクステージ 71.8点
12位 ビッグモーター 71.8点

最も高評価だったのはオートバックス・カーズ。それに続いてアップルやカーセブンと有名な買取業者が並んでいますが、6位からトヨタ販売店などディーラー下取りの業者がラインナップしています。これは何年か前には見られなかった傾向です。

車を高く売る3つのコツ

車を高く売る3つのコツを見ていきましょう。

車を高く売るコツ

  • 【ポイント①】日々車の価値は下落!なるべく早めの売却を
  • 【ポイント②】純正オプション・パーツでプラス査定
  • 【ポイント③】車を高く売る方法は「車一括査定」がマスト

【ポイント①】車の価値は日々下落!なるべく早めの売却を

車の価値は時間とともに下がり続けています。当然、新車の状態に近ければ近いほど、値打ちがまだ落ちておらず、高値の査定額になりやすいです。

一般的な話として、3年落ちの車は新車価格の70%程度に、5年で新車価格の50%程度になると言われていますが、実際の査定ではもっとシビアになることが多いように思います。車種によっては3年落ちで新車価格の50%以上まで値が落ちてしまう車も珍しくありません。

また年式だけでなく走行距離も査定では大きな影響を与える要因です。

できるだけ高く売ろうと考えているなら、早めの売却をおすすめします。

【ポイント②】純正オプション・パーツでプラス査定

純正オプションは人気があってプラス査定の期待大です。オプションはメーカーの工場で取りつける純正オプションのほか、ディーラーオプションや社外オプションがありますが、社外オプションについてはあまり査定評価につながりません。

いずれにせよ、車を売却する前にあえてオプションをどうこうするものでもありませんので、純正オプションのついている車の方は査定時、査定スタッフにアピールするといいでしょう。

純正オプションのほかにもプラス査定につながる条件は複数あります。気になる方は以下の記事をご覧ください。

車買取でプラス査定になる【全13ポイント】査定士が見るのはココだ!

【前提】査定士はプラス査定を「JAAI基準」で判断する [caption id……続きを読む
虫眼鏡を覗く男性

【ポイント③】車を高く売る方法は「車一括査定」がマスト

  1. ディーラー下取り
  2. 中古車買取店
  3. 車一括査定
  4. オークション代行
  5. 個人売買
  6. ネットオークション

どの方法で売るにしても車の相場を知っておくのは必須です。安く買い叩かれないよう、そして無理な買取額を要求しないように正確な買取相場を把握し、契約の落としどころを見極めましょう。

また、複数の業者同士で買取を競い合わせる方法も必須です。特に理由がなければ、車一括査定で買取を行うのがおすすめです。

▼車一括査定を詳しく見る▼

利用しないと大損!車一括査定で高価買取&査定を実現させる

重要と書かれた文字

車一括査定はたった一度きりの申し込みで、複数の買取店に査定依頼ができるサービスです。ネットで簡単、無料で利用できます。

最大の特徴は、利用者がややこしい交渉なしに査定額を上げることができるという点です。

例えば3社が競合した場合、各買取店は他の業者の買取額以上を提示しないと買取できません。よって業者間に競争原理が働いて、特に何もせずともどんどん査定額は高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい人
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい人
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような人にはかなり満足できるはず。もちろん、車一括査定は車を売る全ての人の必須アイテムだと言っても差し支えないでしょう。

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2022年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック ナビクル
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 49社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は5,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. 厳しい基準をクリアした優良業者(JPUC含む)と提携

消費者保護のための厳しい基準をクリアした業者(JPUC)を含む、複数の優良業者と提携している「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。