自動車売却

カービューの一括査定は高額?買取体験レポ(流れ・電話・デメリット)

カービュー

『carview!(カービュー)』は日本最大級の自動車情報サイトで、「くるまたかし」や「みんカラ」など様々なサービスを運営しています。

『carview!(カービュー)』は車一括査定のサービスも提供しているので、詳しく知りたいと調べている方もいるでしょう。

そこで今回は『carview!(カービュー)』の車一括査定について詳しく解説したいと思います。

カービューはどんな会社?

カービュー2

carview(カービュー)は自動車総合サイトで、1999年にカーポイントとして始まりました。

2001年にカービューという名称に変更し、SNSサイトの「みんなのカーライフ(みんカラ)」や中古車輸出支援サイトなどを手掛け、上場企業に。2015年にはヤフーの子会社化しています。

車一括査定サービスを利用するとき、どんな会社がやっているのか気になりますが、先述のカービューの概要だけでも信頼性の高い企業であるのが分かるはずです。

  • carview!:自動車総合情報
  • みんカラ:車情報を共有できるSNS
  • pitte:車のスキルを売り買いできるフリマアプリ
  • クリア車検:車検の見積・比較サービス
  • 中古車査定仲介:一括査定サービス
  • ヤフオク!自動車のオークション・フリマアプリ

このようにサービスも様々なものを提供しています。

『カービュー』は車一括査定サービスを提供

車一括査定の流れ

カービューのサービスのなかでも有名なのが車一括査定。

車一括査定を利用すれば、一度の申し込みで様々な買取店へ査定依頼ができます。

高額査定してくれる業者を簡単に見つけることができるので、車の買取を予定している方にとってはとても便利で人気があるサービスです。

車一括査定について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧になってください。

車一括査定サイトの全てがわかる!メリット・デメリット・注意点まとめ

車一括査定サイトとは?仕組み・流れをイチから丁寧に解説 まずは車一括査……続きを読む
一括査定のサイトのメリットとデメリット

『カービュー』と『くるまたかし』はどこが違う?

車一括査定について調べているかたは、『くるまたかし』を運営しているのが「carview(カービュー)」だと気づいた方もいらっしゃるでしょう。実際、『くるまたかし』と検索してみるとこの2つの名前が一緒に出てきたります。

『くるまたかし』は車一括査定サイトですが、『carview(カービュー)』の方でも車一括査定のサービスを提供しています。

では、どこがどう違うのか?という話ですが、実は、サービス内容に違いはありません。同じサービスだけど窓口が違うといった感じですので、どの一括査定サイトを使おうかと探している方は「carview=くるまたかし」という風に捉えておいて問題ありません。

車一括査定『くるまたかし』の評判・口コミは良い?会社の情報&特徴

『くるまたかし』は車一括査定をサービス提供 『くるまたかし』は車一括査……続きを読む
くるまたかし

『カービュー』を他の一括査定サイトと比較

Carview/
くるまたかし
カーセンサー ユーカーパック ナビクル 楽天オート ズバット
運営会社 Carview リクルート UcarPAC エイチーム 楽天 ウェブクルー
提携買取業者数 201社 1,000社 5,000社 55社 100社 220社
同時査定依頼数 8社 30社 10社 10社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分 約1分 約3分 約1分
利用料金 無料 無料 無料 無料 無料 無料
連絡 多い 多い(メール可) 1社のみ 少ない 多い 多い
対応地域 全国 全国 全国 全国 全国 全国

Carviewは車一括査定というサービスを最初に始めた老舗サイトです。ほかのサイトの運営もとを見ると、リクルート、楽天など知名度の高い大手企業も参画しているので、そのなかで長年人気サイトを維持しているのは確かな実績がある証拠といえるでしょう。

各サイトの目立った違いは提携業者数になります(ユーカーパックのみサービス内容のタイプが違うので、他社と比較はできません)。最多であるのがカーセンサーですが、ほとんどのサイトが100を超えています。

最大依頼数についてもカーセンサーが30社と群を抜いていますが、平均10社ほどなのでカービューも少なくありません。

単に数字だけを見比べた場合には、カーセンサーにつづいて、ズバット、カービューという順のサービス充実度になっています。

『カービュー』の一括査定サービスの評判・口コミは?

指先について口コミ

車一括査定を利用するとき、どうしても気になるのが口コミでよく見かける「営業電話」。電話がうるさいほどかかってくるというような悪評の声も少なくありません。

これは一括査定サイトと提携する買取店は他の店も査定するのだと分かっているからです。他の業者よりも先に査定日のアポをとりたいという気持ちの表れです。

買取店によっては申し込みがあると自動で電話をかけるオートコールシステムを採用している業者もあります。しかし、これは業者間に競争意識が働いていることを意味しています。

ONE POINT
車一括査定での依頼では他の買取店よりも高く買い取らなければ自社で契約してもらえません。そのため、自然と査定額もアップしていくことになります。とはいえ、迷惑な電話営業だけは回避したいところです。

査定日を決めてしまえば、それ以上その店からは電話がかかってこないので、スムーズに査定日時を決めてしまえば「電話が鳴りっぱなし」だということもありませんが、仕事などで忙しい方は電話の対応ができない場合もあるはずです。

余計な電話はしたくないという方ならメールで査定日を相談する方法もありますので、以下の記事を参考にしてください。

【体験レポ】車一括査定を電話なし!メールのみで行う方法《2020最新版》

車一括査定で電話なし!メールのみで行える『カーセンサー』 車一括査定を……続きを読む
パソコンに置かれたメール

公式サイトから見る『カービュー』の詳細情報

カービューの会社情報・サービス内容について説明しましたが、もう少し詳しく知りたいという方のために公式サイトの内容をとりあげてより詳しく解説したいと思います。

まず実績についてですが、「利用者450万人突破(2019年4月時点調べ)」という多さです。さすが老舗の一括査定サイトだけあります。

提携しているのは200社以上であり、大手の買取店から地域密着型まで多数です。

査定依頼のポイントは様々なタイプの買取店で査定してもらうことです。似たような店舗だけだとどうしても査定額の傾向が似てしまいます。特色の違う複数の店で見積もってもらうのがいいでしょう。

依頼数は最低3社~5社くらいがほどよいかと思います。

あまり少なすぎると一括査定のメリットが生きてこないですし、多すぎるとスケジュール管理や交渉が大変です。

こちらが申し込み画面です。

  • メーカー・車種
  • 年式・走行距離
  • 氏名・住所
  • メールアドレス・電話番号

入力項目はこれだけなのですぐに完了できます。

まとめ

カービュー2

『carview!(カービュー)』は日本最大級の自動車情報サイトで、「くるまたかし」や「みんカラ」など様々なサービスを運営しています。

2015年にはヤフーの子会社化しています。カービューのサービスのなかでも有名なのが車一括査定。車一括査定というサービスを最初に始めた老舗サイトです。

車一括査定について調べているかたは、『くるまたかし』を運営しているのが「carview(カービュー)」だと気づいた方もいらっしゃるでしょう。

実際、『くるまたかし』と検索してみるとこの2つの名前が一緒に出てきたります。『くるまたかし』は車一括査定サイトですが、『carview(カービュー)』の方でも車一括査定のサービスを提供しています。