自動車売却

ワンオーナー中古車の評価や価値は高い!だが査定額UPは厳しい現実

運転している

中古車を査定してもらい売却に出す場合、ワンオーナーであることが高く評価される場合もあります。今まで1人だけのオーナーに新車として購入された後に売却され、新たに中古車市場に出回った車のことをワンオーナーと言います。

状態の良いワンオーナー中古車は人気が高くなる場合もありますが、実際には査定額UPは厳しいと言えるでしょう。今回はワンオーナー中古車の特徴や厳しい現実について情報をまとめますので、参考にしてみてください。

ワンオーナー中古車の評価や価値は高いが”査定額UPの期待は低い”

現金とグラフと虫眼鏡

まずワンオーナー中古車の評価や価値が高いと言われている理由ですが、以下の通りです。

  • 新車として購入された車であることが定義である
  • オーナーの人数が1人であるため履歴がわかりやすい
  • 新車から同じ人が所有していたため保証書や点検記録簿などが残っている可能性が高い

このように複数の人に使われているよりも、人数に限りがあるためイメージの良さから評価や価値が高いのです。

しかし価値が高いといってもそれが実際の売却時に有利になるわけではなく、査定額UPの期待は低いのではないでしょうか。

ATTENTION

中古車の売却では実車の状態こそが重視されるためであり、たとえワンオーナーでも1人のオーナーによって状態が悪くなればそれまでなのです。

ワンオーナー中古車が人気の理由と『4つのメリット』

メモにチェック

査定額UPの期待は低いものの、ワンオーナー中古車には人気の理由と4つのメリットがあります。そのため査定額UPが期待できないからと簡単にあきらめてしまうのではなく、まずはどのようなメリットがあるか理解すると良いでしょう。

ワンオーナー中古車が人気の理由と『4つのメリット』

【メリット1】前所有者の履歴や乗り方がわかる

代車に乗る女性

上記にもある通り経歴がわかりやすいことがメリットであり、どのような乗り方をされていたかがわかる場合もあります。たとえば5人のオーナーがいた中古車の場合、そのうち1人でも悪い乗り方をしていれば状態は悪くなるでしょう。

オーナーの数が1人しかいない場合状態をチェックして良ければ、大切に乗られていたとわかるのではないでしょうか。

査定スタッフは新しい車の買い手が履歴まで気にする場合、前所有者が限られていることはメリットとなるでしょう。

【メリット2】比較的に年式が新しく走行距離が少ない場合が多い

車のメーター

中古車の売却では、以下のポイントによって査定額が決定すると言われています。

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • ボディーカラー

プロの査定スタッフはこれらを総合的に判断して査定額を提示しますが、このうち走行距離については少ない方が高額になりやすいです。走行距離の長い車はそれだけ長く使われていたことになり、状態が悪くなりやすいためです。

きちんと3年落ちや5年落ちのワンオーナー中古車は、走行距離が少ない場合が多いというデータもあるので驚きです。

【メリット3】傷や凹みが少ないケースが多い

傷が入った車

以下の条件が揃っていれば、車の傷や凹みについてはあまり心配しなくても良いかもしれません。

  • 前所有者の乗り方が良く大切に扱われていた
  • 年式が新しい
  • 走行距離が少ない

傷や凹みの数が多く車全体の状態も悪く、乗り潰す直前の状態であればたとえワンオーナーであってもイメージは悪くなるでしょう。

たった1人でも運転していた人がいるのであれば、ある程度傷や凹みがあるのは仕方がないでしょう。それでも傷や凹みが少ないケースがあることが、メリットと言えます。

【メリット4】整備が行き届いている(整備記録簿があるケースも)

車の中をチェックする男性

同じ車を所有していたオーナーの数が多いほど、整備内容が不透明になりやすいものです。1人のオーナーが整備記録簿をきちんと保管していたとしても、他のオーナーがいい加減な人であれば紛失の可能性もあるためです。

整備内容が不透明な場合、以下の情報がわからなくなるでしょう。

  • 事故歴
  • 修復歴
  • 前所有者の所在

昭和時代では整備内容の不透明さが問題視されていましたが、現在では整備記録簿があるケースもあるため人気が高くなったのかもしれません。

【ポイント】ワンオーナーの新古車の4つの特徴

並んだ青の車と白の車

ワンオーナーの新古車の特徴をまとめると、以下の通りです。

ワンオーナーの新古車の4つの特徴
  • 広告上では未使用者として紹介されることもある
  • 完全な未使用者ではなく車検を通すために新車の業者が名義人となる
  • 新車と大きく変わらない好条件で中古車市場に流れている
  • 比較的良い状態が保たれている

正確に言えば完全なるワンオーナーとは異なるものの、上記の通り好条件が揃っているのではないでしょうか。一般的な中古車と比較すると、状態が良いことが特徴です。

なぜワンオーナーの中古車は人気なのにプラス評価じゃならない理由

本を開いたビジネスマン

人気があるにも関わらずプラス評価が期待できないのには理由があり、ワンオーナーだからといって過剰な期待をすることはおすすめできません。勘違いしてしまう人は以下に挙げる理由をきちんと理解してから売却を検討してください。

【根拠】JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)に査定項目なし

JAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)により査定項目が設定されていますが、中古車がワンオーナーであるかどうかは項目にないのです。つまり売却時の査定ではワンオーナーであることを理由に、加点も減点もされません。

しかし中古車の査定を行う車買取店が独自の裁量で加点や減点できるシステムもあるため、まったく関係ないとは言えません。もしもワンオーナー中古車の査定額が高い場合、独自の裁量によって加点されたと考えましょう。

オークション会場ではワンオーナー専用売買スペースがある

横に並んだ車

全国から多数の中古車買取業者などが集まるオートオークションの会場では、ワンオーナー専用売買スペースが設けられることもあります。状態が良く商品として魅力が高いと、それに比例して落札額も高くなる可能性もあります。

そして会場には以下のような特徴も見られます。

  • ワンオーナー以外の中古車の販売はできない
  • ワンオーナーの中でも特定の条件を満たしたものに限られる
ONE POINT
ワンオーナー専用売買スペースでは、状態の良いものが厳選されています。

中古車販売価格から査定額への影響を確認してみよう

タブレットで計算するビジネスマン

上記した通りワンオーナーであることが加点の対象となるわけではないため、査定額への影響は独自の裁量を除いては基本的にないでしょう。ただし特定の条件が揃っていれば、例外として加点の影響が及ぶかもしれません。

加点の影響といっても査定額が大きくUPするわけでもないため、あまりこだわる必要はないでしょう。大きくUPするわけではないことは、中古車販売価格から車種別に査定額を比較してみるとわかるかもしれません。

中古車販売価格から車種別に査定額を徹底比較

トヨタ「プリウス」のケース
グーネット「プリウス」
(画像出典:グーネット「プリウス・ワンオーナーではない車」)
グーネット「プリウス」
(画像出典:グーネット「プリウス・ワンオーナー車」)

プリウスのワンオーナー車とそうでない車で比較すると上記の価格となりました。走行距離やオプションの違いを考えると、ワンオーナー車で大きな違いがあるというのは考えにくいでしょう。

日産「ノート」のケース
グーネット「ノート」
(画像出典:グーネット「ノート・ワンオーナーではない車」)
グーネット「ノート」
(画像出典:グーネット「ノート・ワンオーナー車」)

プリウスと同様に走行距離やオプションのことを考えると、価格差にワンオーナーの影響は少ないと思われます。

ホンダ「N-BOX」のケース
グーネット「n-box」
(画像出典:グーネット「n-box・ワンオーナーではない車」)
グーネット「n-box」
(画像出典:グーネット「n-box・ワンオーナー車」)

限りなく近い条件で、ワンオーナーとそうでない車をN-BOXで比較してみると、ほぼ価格に差はありませんでした。

ダイハツ「タント」のケース
グーネット「タント」
(画像出典:グーネット「タント・ワンオーナーではない車」)
グーネット「タント」
(画像出典:グーネット「タント・ワンオーナー車」)

見てもらえばわかるとおり、ワンオーナーではない車のほうが価格が高くなっています。つまり、ワンオーナーよりもオプションや走行距離のほうが影響が大きいということになります。

スバル「インプレッサ」のケース
グーネット「インプレッサ」
(画像出典:グーネット「インプレッサ・ワンオーナーではない車」)
グーネット「インプレッサ」
(画像出典:グーネット「インプレッサ・ワンオーナー車」)

同じ条件で調べてみると、インプレッサも同様に特に大きな違いはありませんでした。

スズキ「ソリオ」のケース
グーネット「ソリオ」
(画像出典:グーネット「ソリオ・ワンオーナーではない車」)
グーネット「ソリオ」
(画像出典:グーネット「ソリオ・ワンオーナー車」)

価格を比較すると10万円ほど差をついていますが、オプションや走行距離をふまえるとワンオーナーの差は少ないはずです。

価格を比較してみて、ワンオーナー車というのはプラス査定になるかもしれませんが、そこまで大きな影響があるとはいえないでしょう。

中古車の高価査定を狙うなら”車一括査定がおすすめ”

自動車の契約を説明する男性

ワンオーナーを含む中古車の売却で高価査定を狙うのであれば、以下のような特徴を持つ車一括査定がおすすめです。

  • 情報を入力すれば1分から3分程度で申し込みができる
  • 一度に複数の業者の情報を比較することができる
  • 複数の業者が参加して競合が起こる場合もある

短時間で複数の情報を比較できることが、車一括査定のメリットです。

利用者を確保したい業者が複数集まれば、査定額の更新されて高価査定を狙えることもあるのでおすすめです。
車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2020年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

【結論】賛否両論あるが査定額の大幅UPは厳しいのが現実

運転している

ワンオーナー中古車の売却についてまとめますが、例外はあるものの査定額の大幅UPは厳しいです。例外も限られたケースであり、すべての買取業者が独自の裁量によって加点してくれるとは言えないため過剰な期待は厳禁です。

ただしワンオーナーにはメリットがあるため、次にその車を使う人のことを考えれば良いのではないでしょうか。重要なのは売却に出す車の状態であり、ワンオーナーであることよりも他のポイントを意識すると良いでしょう。