自動車購入

車を買い替えるときの流れについて!買い替える際に必要な出費・費用

町中にある車

車を買い替えしたいと考える人も多いでしょう。ですが初めての買い替えだと、どの程度の出費になるのかわからない人も多いはずです。そこで車の買い替えの流れから押さえておきましょう。

一口に車の買い替えといっても、適当に行なってしまうと損をしてしまう可能性が高いです。そこで出費を押さえて損をしないための、買い替えについても確認していきます。

まずは車を買い替えるときのタイミング・時期について

手帳

そもそも車を買い替えるタイミングや時期はあるのでしょうか。自動車検査登録情報協会という一般財団法人のデータによると、2019年度の平均的な車の年齢は約8.5年程度です。

つまり8年程度で車の買い替えをしている人が多いことがわかります。ですが他にも買い替えを行なうタイミングはあるのです。

  • 車検が切れるタイミング
  • 走行距離が10万kmに達する前
  • 課税額が変わる年式13年の前

などが代表的でしょう。特に車検前のタイミングで車を買い替えする人は多いです。その理由としては車検を通してから買い替えをすると、損をしてしまうからです。

車検前のタイミングだと3年・5年・7年が代表的でしょう。3年だとかなり高いリセールバリューが見込めるでしょう。5年でもまだ比較的に高く売れます。7年になると、買い替えか10年以上乗るかを決めないといけません。

車を買い替えるときの流れ

では実際に車を買い替える時の流れを確認していきましょう。ここでは大きく5つのステップに分けて解説していきます。それぞれの場面で出費を抑えるために必要なことも紹介していきましょう。

車を買い替えるときの流れ

【STEP1】現在乗っている車が買取可能かチェック

車

車の買い替えをするのなら、最初に現在乗っている車が買取できるのかを調べるといいでしょう。買い替える車が新車であれば、ディーラーの下取りを使う人も多いですが、あまり下取りはおすすめできません。

なぜなら下取りは買取よりも金額が低くなる可能性が高いからです。車種などにもよるのですが、一般的に10万円程度は金額が違ってくると考えてください。自分の車が買取可能かは、中古車一括査定を使うと便利です。

  • 複数の業者に一括して見積もりを依頼できる
  • 業者間で競わせることができる
  • およその相場がわかるので足元を見られない

といった特徴があります。この自分の車の買取額を、買い替える車の頭金として考える人がほとんどですので、必ずチェックするようにしてください。

損しない車売却『ディーラー下取り』買取との違いもイチから全解説!

ディーラー店の下取りとは?店舗はどこ? 普段から車にはよく乗るけど、車……続きを読む
ディーラー下取りをイチから解説します

【STEP2】買いたい車を選ぶ

中古車屋_店

自分の乗っている車の額がわかった後は、買い替えする車を選んでいきましょう。予算によってどんな車にすればいいのかは変わってきます。ただ選んでいく条件は以下のようなものがあります。

  • ライフプランで必要な車を考える
  • 出費を考えて予算から絞り込む
  • 乗りたい車を探す

資金に余裕があるのなら、自分の乗りたい車を探してください。あまり余裕がない場合は、どんな理由で買い替えるのかを考えるといいでしょう。また予算と合わせて車種を絞り込んでいきます。

新車と中古車という選択肢がありますが、リセールバリューを考えるのなら新車の方がいいでしょう。逆にリセールバリューは考えないでいいのなら、中古車という選択肢が有利です。

【STEP3】車の売却に必要な書類をそろえる

メモをする男性

車買い替えの流れとしては、次に売却や購入に必要な書類を揃えておくといいでしょう。役所で発行してもらう書類もあるため、時間の余裕があるうちに揃えておくとスムーズに取引できます。

  • 実印 軽自動車は認印で大丈夫
  • 印鑑証明 軽自動車は不要
  • 委任状
  • 車庫証明書

以上が車を買う時に必要な書類となります。軽自動車は認印でも良いのですが、住んでいる地域によってはシャチハタや三文判は使えないことがあります。次に車の売却で必要な書類を確認しましょう。

  • 車検証
  • 自動車税の納税証明書
  • 自賠責保険の保険証
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明

軽自動車だと認印で大丈夫です。印鑑証明も不要になります。1つ注意したいのは、車検証に記載のある住所と違う場合は住民票が、名字が違っていると戸籍謄本が必要となります。

このタイミングで車は一番高く買取してくれる業者に買取してもらってください。

【STEP4】希望する車の確認と見積もり

白い車

買い替える車の確認と見積もりをとっていきましょう。新車購入の場合だと、本命の車のライバル車の見積もりもとってください。2つを比較することによって、ディーラーは値引きをしてくれるはずです。

ここで注意したいのは車両本体とオプションの両方で値引きを狙っていくことだと考えてください。中古車の場合は値引きはほぼありません。ですが事前に他社で似た条件の販売額を調べておきましょう。

他社の販売価格を提示すれば、ある程度の値引きができます。基本的に中古車は仕入額があるため、この仕入額よりも低くなるような値引きはありません。ですので新車のような大きな値引きは無理だと考えてください。

【STEP5】自動車保険の手続き

税金の計算をする男性

古い車を手放し、新しい車も手配したら流れとしては終盤です。ここで忘れてはいけないのが、自動車保険の入れ替え手続きになります。自動車保険は車両を対象とするものですので、買い替えたら手続きが必要です。

この手続は入れ替え手続きといって、保険会社に連絡をすれば必要な書類を送ってくれます。ですが車両を入れ替えするのではなく、保険の出費を見直したい人もいるでしょう。

そうした時は任意保険の一括サービスを使うと便利です。複数の保険会社に同じ条件での見積もりを一括して依頼できるからです。出費を抑えたいのなら、保険料の安さで選ぶといいでしょう。

車を買い替えるときにかかる費用

電卓と車のおもちゃ

ここまで車を買い替える流れを確認してきました。次に買い替えにかかる費用についても見ていきましょう。

  • 自動車税
  • 自賠責保険
  • リサイクル券

新車でも中古車でも車を購入した時は、この3つが絶対にかかります。また決まった料金なので、絶対に安くなることはありません。さらに代行費用などもかかるので紹介しておきましょう。

  • 車両登録代行
  • 車庫証明代行
  • 納車費用
  • 洗車・クリーニング費用
  • 保証費用

出費を抑えたい人は登録や車庫証明を自分でとってください。これだけで数万円の出費をなくせます。他にも車両本体の価格であったり、費用としてはかかる部分も多いです。

その分は保険料の節約などでカバーしていくといいでしょう。

まとめ

町中にある車

車の買い替えについての流れや出費をまとめてみました。車の買い替えとなると、先ずは現在の車を手放すことから考えていきましょう。

新車を購入予定の人だと下取りを選択する人も多いですが、買取を使った方が一般的にはお得だと言えるでしょう。

現在の車を手放すのと同時に、どんな車に買い替えするのかも検討していきましょう。この時にライフプランに合わせて、どんな車が必要なのかを考えるといいです。また予算にあわせて車種を絞っていきましょう。