自動車売却

廃車買取『カーネクスト』の評判は本当?口コミ&買取実績・サービス

廃車買取カーネクスト

廃車・事故車の専門買取業者である『カーネクスト』。

他では売れにくそうな車・廃車予定の車を買取に出したくて、カーネクストという業者を知った方もいるでしょう。

画像出典:カーネクスト
画像出典:カーネクスト

昔とは違って廃車にする際、廃車手続き費用を一切かけずに車を処分できるのが当たり前の時代になっています。

なので「廃車費用がかかります」と言ってくる業者がいれば、それは廃車依頼をしてはいけない店だと思ってください。

どんな車でも「0円以上で買取」「引き取り手数料・廃車費用・レッカー代などすべて無料」がふつうです。そしてそんな廃車・事故車の買取業者のひとつが『カーネクスト』。

この記事ではカーネクストとはどんな業者なのか、そのサービス内容や口コミ・評判、買取相場など利用する前に知っておくべきポイントを解説します。

本当に廃車?廃車買取をする前に確認すべき注意点

【タイプ別】車一括査定

カーネクストの解説をする前に、そもそも廃車・事故車の買取に依頼することが適切なのかどうかをチェックしましょう。

お持ちの車を見て「これじゃあ、どうせ売れないだろうから廃車にしよう」と勝手に決めつけていませんか?

全国各地に様々な車買取業者がたくさん存在しますが店によって車のニーズは異なるので、古い年式の車や10万キロ以上走っているような車であっても高値で売れる可能性はあります。

誰がどう見ても廃車確実だと判断できるようなケースを除いては、まず一般的な買取業者で査定してもらうことをおすすめします。

そこで、廃車になる可能性はあっても車をできる限り高く売ることを目的とした売り方を先に紹介しておきます。

本当に廃車?廃車買取をする前に確認すべき注意点

ステップ① 車一括査定サイトを利用して買取相場をチェック

お持ちの車の価値を知りたければ、実際に査定してみるほかありません。

ただし、近所の買取店で見てもらうだけなど1社、2社での査定だけではリアルな買取相場は分かりません。最低でも3社以上、できれば5社前後の業者で査定することで、信憑性の高い査定額が判明します。

複数の業者で査定することは業者間の競争を生むので査定額アップの交渉にも効果的だというメリットもあります。

車一括査定サイトの全てがわかる!メリット・デメリット・注意点まとめ

車一括査定サイトとは?仕組み・流れをイチから丁寧に解説 まずは車一括査……続きを読む
一括査定のサイトのメリットとデメリット

そこで便利なのが車一括査定。複数の業者にまとめて査定依頼することができるサービスです。車一括査定と提携している業者はどこも他社が査定することを知っているので、他社に負けないように積極的に査定してくれます。

サービスの原理的に車一括査定が他のどんな売却方法よりも最高額で売れるサービスです。

そのため、車をできる限り高く売りたい方はボロボロの古い車であれ故障車であれ、まずは車一括査定で車のリアルな価値を調べてみましょう。

【2023最新】車一括査定サイトランキング!おすすめ8社を徹底解剖

車一括査定サイトとは ~利用方法とメリット&デメリット~ 最初に、車……続きを読む
車一括査定ランキング

ステップ② 廃車費用なしの廃車・事故車の買取業者で売却

車一括査定で見てもらい、どこの業者からも査定額がつかないといわれた場合、あるいは値は一応ついたけれどもまだ納得がいかないと感じた場合には、廃車・事故車の買取業者を使いましょう。

冒頭でもお伝えしたように、どんな車でも「0円以上で買取」「引き取り手数料・廃車費用・レッカー代などすべて無料」で買い取ってくれる業者があります。

費用がかかる業者は当然NGなので、依頼する前にどんな業者かしっかり確かめておきましょう。

【2023最新】廃車買取業者ランキングおすすめBEST10を徹底比較

廃車・事故車でも高価買取が当たり前!廃車費用はかからず最低でも0円以上に ……続きを読む
廃車買取業者ランキング

廃車・事故車の買取業者は無料で車を引き取ってくれるだけではありません。

価値がある車にはきちんと買取額をつけてくれます。車両状態の良い車だけでなく、低年式や多走行車、故障車、不動車でも想像以上の高値で売れることも珍しくありません。

なぜそのような買取が実現できるのか。その理由はカーネクストの解説のところでお話ししたいと思います。

カーネクストの廃車・事故車の買取サービス

カーネクストの廃車買取のポイントをまとめると以下の3つの特徴があります。

カーネクストの廃車買取の『3つのポイント』

今から一つずつ見ていきましょう。

① どんな車も0円以上買取保証

画像出典:カーネクスト
画像出典:カーネクスト

カーネクストではどんな車でも0円以上の買取を保証しています。

  • 低年式車
  • 過走行車
  • 事故車
  • 故障車
  • 車検切れの車
  • 放置車
  • 不動車
  • 水没車

10年以上も前の車、走行距離が10万km、20万kmに達している車はもちろんのこと、事故車や放置車、動かない車や水没車まで何でも原則、0円以上で買い取ってくれます。

【注意】その車は本当に事故車?

上に挙げた車のなかに「事故車」とありますが、事故車には定義があってそれに当てはまった場合にだけ事故車扱いとなります。

画像出典:カーネクスト「修復歴・修復歴車とは」
画像出典:カーネクスト「修復歴・修復歴車とは」

画像の自動車の骨格部分となるパーツが損傷したり修復したりした場合、事故車や修復歴ありの車と見なされます。

なので、バンパーやボンネット、フェンダーやドアなどの損傷や交換では事故車や修復歴ありとはなりません。

ATTENTION
事故車かそうでないかで査定評価が大きく違ってきます。事故車でないのにそうだと勘違いし、いきなり廃車買取業者で査定すれば損するので注意しましょう。

② 47都道府県全国対応

画像出典:カーネクスト
画像出典:カーネクスト

カーネクストは全国対応、どこのお住いの方でも利用できます。ネットを検索すると、身近な住所で廃車買取業者や解体業者が見つかることもあるでしょう。

こういった地域密着型・個人経営型の規模が小さな業者だといけないのか?と思う方もいるかもしれません。

あとで詳しく説明しますが廃車買取の業者選びは以下の条件を満たしているかチェックしてみてください。

  1. 海外への販路を持つ
  2. 廃車費用やレッカー代が全て無料
  3. 税金や保険料を還付してくれる

特に海外へ輸出しているような幅広い販売ルートを確保している業者かどうかがポイントなります。

カーネクストのように大手の業者だと利益を生む出すシステムを十分に確立しているので、少しでも高値で売りたい方は全国対応した廃車買取業者を優先して選ぶようにしましょう。

③ 廃車費用は0円!引取手数料・レッカー代・廃車手続きも無料

画像出典:カーネクスト
画像出典:カーネクスト

一般的に廃車にかかる費用は5,6万円くらいかかると言われています。ディーラー店や中古車販売・買取業者、解体業者などではこのように廃車費用がかかってしまいます。

カーネクストでは廃車費用は0円。故障車や動かない車のレッカー代も無料ですし、廃車の代行手数料もいっさいかかりません。

廃車買取業者のなかには基本的に廃車費用が無料、ただし一部の地域はレッカー代が発生するといった条件付きの業者もあります。

この点、カーネクストはどこでも無料なので安心して依頼できます。

カーネクストなら廃車でも高額買取が期待できる理由

ディーラー店やふつうの買取業者では値のつかない車がどうしてカーネクストなら高値で買取できるのか?廃車買取業者の方が高く売れるということを不思議に思う方もいるはずです。

その主な理由は2つあります。

カーネクストなら廃車でも高額買取が期待できる『2つの理由』

① 部品やパーツとして買取できる

ディーラー店やふつうの買取業者では買い取った車をオートオークションに出品する、あるいは自社で販売することで利益にします。

つまり、これらの業者にとって値打ちのある車とはオートオークションや店で売れる車ということです。廃車になるような車では売れる見込みがないので買取できません。

一方、カーネクストでは鉄や銅、アルミなどの資源としてリサイクル、中古パーツとして再販する事業も行っています。

ONE POINT
車をそのまま売るだけではないので、一見価値がまったくなさそうな車でも高価買取が可能です。

② 独自の海外販売網による輸出

廃車

もう一つの理由はカーネクストが海外に販路を持っているからです。

ディーラー店やふつうの買取業者による売れる見込みがない車というのは日本国内での需要を意味しています。ではこれが海外ならどうかというと、事情が少し違ってきます。

世界的にみて、日本車というのは人気が高いです。高性能・高品質で頑丈であるので、古い車であってもニーズが高く価値が落ちにくいです。

その車の価値を最大限に引き出せる販路を確保しているので、想像以上の高値で売れることもあります。

カーネクストの利用の流れ

カーネクストの利用の流れはとてもシンプル。

カーネクストの利用の流れ『4つのステップ』

ステップ① カーネクストは電話で査定・買取契約

スマホを触る男性

申し込み後、「車種」「年式」「走行距離」「車検の残存期間」「事故・故障の有無」、内装や外装などの車両状態といった情報をもとに電話で査定が行われます。もちろん査定料は無料です。

ふつうに再販できる車であればそのような車として査定が行われますし、車両として売れないけれどパーツとして需要がある車の場合にはその査定基準をもとに買取額が算出されます。

いずれのケースでも、最も高値になる買取の方法をしてくれます。来店や車の持ち込みは必要ありません。

電話で提示された買取額に納得いけば、そのまま買取契約に進みます。

パーツやホイールのみの買取はできない

タイヤに対して×をする

買取った車が資源としてリサイクルされたり中古部品として再販されたりすることはありますが、パーツやホイールのみの買取はしていないので注意しましょう。

電話の査定がカーネクストのデメリット?

カーネクストだけでなく廃車買取業者では実地を査定を行わず、申込みの時点で査定を完了させる業者が多いです。これはあくまでも一般的な中古車買取業者ではなく、廃車・事故車の買取業者だからです。

もちろん中古車として価値のある車にはそれだけの高価買取をしてくれますが、実地の査定を行う業者の方が査定額がアップしやすいのも事実です。

そのため、先に述べたように少しでも高く売りたい方は車一括査定を利用することから始めましょう。

【注意】成約後のキャンセルは一律30,000円の契約解除手数料が発生

重要と書かれた文字

正式な買取契約は結んだ後のキャンセルは違約金がかかるので注意しましょう。カーネクストの場合には契約解除手数料として3万円が請求されます。

キャンセル事項については業者ごとで対応が違います。成約したらキャンセル不可な業者もありますし、カーネクストのようにキャンセル料が必要な店もあります。また、定められた期間内であればキャンセルできる業者もあります。

どの業者を利用する場合でも不明な点があれば前もって問い合わせておきましょう。

ステップ② 車の引き取り

レッカー移動させられる車

買取契約が成立したあとに車の引き取り日や引き取り場所を相談します。引取日の前日までに業者から連絡が入り、具体的な引き取り時間を決めます。

当日の立ち合いが難しい場合には立会いなしでの引取にも対応しているとのことです。

土日でも車の引き取りは可能?

8月のカレンダー

車の引き取りは原則、平日と土曜日のみですが、日曜日や祝日の引取が可能な場合もあるそうなので、休日・祝日を希望する方は一度相談してみるといいでしょう。

なお、引取当日は立ち合いなしでもOKなので、その方法で日程を調整するという方法もあります。

自宅以外の場所でも引き取りできる?

カーネクストでは全国約13,000社の自動車関連業者と提携しています。ディーラーや修理工場、コインパーキングなど自宅以外の場所であっても無料で引き取りしてくれます。

依頼してからどれくらいで引き取りに来てもらえる?

個人事業主

カーネクストによれば、「お電話をいただいてから引取までに、原則1週間程度お時間をいただいております。」と書いてあります。

「ただし、特別なご事情などでお急ぎの場合は、すぐに引取にお伺いできる場合もございます。」ともなっているので、急いで引き取ってもらいたい方は相談してみるといいでしょう。

ステップ③ 必要書類の受け渡し

手帳

必要書類は引取日当日にドライバーに渡すことになっています。

ただ、何か事情があって当日までに必要書類が揃わなかったり、当日の立ち合いなしだと直接の受け渡しができなかったりするので、そういう時には郵送でも対応しています。

廃車手続きの必要な書類

普通&軽自動車
売却時の必要書類一覧
書類 普通 軽自 備考
実印
認印
印鑑証明書 発行後1ヶ月以内のもの×2通
自動車検査証
(車検証)
現住所、氏名の確認が必要
自賠責保険証明書
自動車納税証明書 有効期限の確認
軽自動車納税証明書 有効期限の確認
振込口座情報
リサイクル券
住民票 ※住所変更が一度の場合
戸籍の附票
または住民票の除票
※住所変更が複数回あった場合
戸籍謄本 ※結婚などで姓が変わっている場合
各買取店で作成する書類
(※準備必要なし)
書類 普通 軽自 備考
譲渡証明書
委任状
自動車検査証記入申請書

普通自動車と軽自動車では必要なものが違いますし、状況によって必要書類が追加されることもあります。

表内で「印鑑証明書」は発行後1ヶ月以内としていますが、カーネクストの場合、発行日から3ヶ月以内のものでも大丈夫です。

そもそも印鑑証明書自体には有効期限がなく、何か月以内というのは業者が決めているものです。車を売却する時にはその業者の取り決めに従えば問題ありません。

詳しくはカーネクストが案内してくれますので、指示通りに準備を済ましましょう。

ステップ④ 廃車手続き完了後に買取金を支払い

税金

車と必要書類を引き渡したあと、廃車手続きが行われます。それが完了すると、指定の口座に買取金額が入金されます。

買取金額はいつ振り込まれる?

買取金の支払いは車の引取から原則1週間から2週間程度、となっています。

保険の解約はどうすればいい?

査定結果を説明する男性

自賠責保険の解約手続きはカーネクストが代行してくれます。

ただし、自分で加入を決める「任意保険」の解約は自分でする必要があります。その時に必要となる廃車証明書などはカーネクストが用意してくれます。

自動車税の還付金とは何?どうやって受け取るの?

お金を電卓で計算

毎年4月1日時点で車を所有していると自動車税が課せられます。

1年間分を前払いしているので廃車にする場合、廃車手続きが完了した翌月から3月までの残存期間分が月割り計算で還付されます。

カーネクストでは自動車税の還付金手続きも無料で代行してくれます。廃車手続きが完了後、約2か月程度で税事務所から還付通知が届きます。

この還付通知と身分証明書や認印を指定された金融機関に持って行けば自動車税の還付金を受け取ることができます。

【メーカー別】カーネクストの廃車買取実績

カーネクストで紹介されている廃車買取実績をメーカー別で見ていきましょう。

【メーカー別】カーネクストの廃車買取実績

【廃車・事故車買取】トヨタの古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
アクア 2012年 130,000km 低年式・過走行車 135,000円
ノア 2009年 100,600km 低年式・過走行車 210,000円
プリウス 2010年 178,000km 低年式・過走行車 600,000円
ハイエースワゴン 2006年 200,000km 不動車 900,000円
カローラ 2006年 62,000km 低年式車 85,000円

国内外問わず、人気の高いトヨタ。

カーネクストに記載された「トヨタ車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. ヴェルファイア
  2. ランドクルーザー
  3. ランドクルーザープラド
  4. ハリアーハイブリッド
  5. アルファード

海外への輸出先はアジア圏や中南米などの国々が多く、路面の悪い道や長距離の使用に向いた車の需要が多い傾向です。

なのでSUVやミニバン、バンやワゴンのような車であれば車両状態が悪くても高額買取になる可能性が高いといえるでしょう。

【廃車・事故車買取】レクサスの古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
LS400 1990年 100,000km 低年式・過走行車 40,000円
LS460 2006年 159,000km 低年式・過走行車 800,000円
RX350 2011年 103,900km 低年式・過走行車 770,000円
IS250 2007年 140,000km 低年式・過走行車 189,300円
GS350 2005年 110,000km 低年式・過走行車 110,000円

カーネクストに記載された「レクサス車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. レクサス IS300h
  2. レクサス LS460
  3. レクサス GS450h
  4. レクサス RX450h
  5. レクサス LS600h

200万円以上で買取されている車もあります。

高級ブランドだけあって低年式車、過走行車のみならず、事故車であってもしっかりとした買取額になっています。高額買取にこだわる方はまず車一括査定で査定してみるのがいいかもしれません。

【廃車・事故車買取】日産の古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
ノート 2013年 149,000km 低年式・過走行車 100,000円
スカイライン 1972年 150,000km  低年式・過走行車 380,000円
キャラバン 2005年 269,000km  低年式・過走行車 190,000円
セレナ 2014年 180,000km  低年式・過走行車 330,000円
キックス 2010年 165,000km  低年式・過走行車 40,000円

カーネクストに記載された「日産車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. セレナ
  2. エクストレイル
  3. スカイラインGT-R
  4. エルグランド
  5. フェアレディZ

古い車や過走行車、故障車でも高値がつくケースとしてスカイラインやフェアレディZのようにファンの多い車やスポーツカーなどが挙げられます。

現在では旧車ブームということもあり、ボロボロの車でも高額で取引されることも。

【廃車・事故車買取】ホンダの古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
シビック 1999年 154,000km  低年式・過走行車 200,000円
ライフ 2009年 20,000km 不動車 200,000円
N-BOX 2018年 30,000km 不動車 150,000円
オデッセイ 2008年 110,000km  低年式・過走行車 70,000円
フィット 2012年 105,000km  低年式・過走行車 140,000円

カーネクストに記載された「ホンダ車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. NSX
  2. シビック
  3. インテグラタイプR
  4. フリード
  5. S2000

シビックは日本国内よりも海外での評価が高く人気があるため、古くて走行距離が多くても高値で取引されています。

国内と国外で人気や需要の違いが大きい車種も存在します。お持ちの車が売れそうかどうかを自分で判断すると損する場合があるので注意しましょう。

【廃車・事故車買取】マツダの古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
RX-8 2008年 56,000km 不動車 130,000円
ロードスター 1994年 130,000km 低年式・過走行車 200,000円
CX-5 2012年 130,000km 低年式・過走行車 300,000円
アクセラ 2009年 71,000km 低年式車 480,000円
プレマシー 2007年 110,000km 低年式・過走行車 70,000円

カーネクストに記載された「マツダ車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. ロードスター
  2. CX-5
  3. デミオ
  4. RX-7
  5. CX-3

近年旧車ブームということもあり、古いスポーツカーなどコレクター的な価値を持つ車であれば、ふつうの査定基準とは違った値打ちを持ちます。

またマツダには新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」や「魂動デザイン」など独自な特徴を持ち、海外では高評価を受けている車種も少なくありません。

【廃車・事故車買取】ダイハツの古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
ミラ 1996年 160,000km 低年式・過走行車 70,000円
ムーヴ 2013年 12,000km 低年式車 670,000円
タント 2012年 56,000km 低年式車 500,000円
コペン 2008年 41,000km 低年式車 725,000円
ハイゼットカーゴ 2012年 170,000km 低年式・過走行車 150,000円

カーネクストに記載された「ダイハツ車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. コペン
  2. タント
  3. ムーヴキャンバス
  4. キャスト
  5. ムーヴ

ヒットする軽自動車を数多く発売してきたダイハツ。低年式であっても走行距離がまだ浅い車は高額買取されています。

車の査定では走行距離が重要な指標となります。一般的に査定評価における走行距離は年間1万キロを基準とされます。

ONE POINT
例えば3年落ちだと3万キロを基準とし、走行距離がそれよりも少なければプラス評価、3万キロ以上走っているとマイナス評価になります。

【廃車・事故車買取】スバルの古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
インプレッサ 1998年 160,000km 低年式・過走行車 500,000円
エクシーガ 2012年 110,000km 低年式・過走行車 150,000円
ステラ 2011年 16,000km 低年式車 580,000円
レガシィ 1998年 120,000km 低年式・過走行車 35,000円
サンバーバン 2007年 90,000km 低年式車 70,000円

カーネクストに記載された「スバル車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. WRX S4
  2. フォレスター
  3. WRX STI
  4. インプレッサ
  5. レヴォーグ

WRXは走行性能に定評のあるスポーツセダンです。この車種は北米がメインの市場であり、海外でもニーズが高いです。

車種によっては日本の知名度と海外の知名度に大きな違いがあるので、車事情に精通している方でない限り、どんな車が売れるのかを判断するのは難しいです。どのような車でも高く売るつもりで買取に臨むようにしましょう。

【廃車・事故車買取】スズキの古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
エブリィ 2011年 145,000km 低年式・過走行車 170,000円
ワゴンR 2010年 40,000km 低年式車 170,000円
ハスラー 2014年 130,000km 低年式・過走行車 180,000円
ジムニー 2008年 94,000km 低年式車 200,000円
アルト 2014年 118,000km 低年式・過走行車 65,000円

カーネクストに記載された「スズキ車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. ジムニー
  2. スペーシア
  3. エブリィワゴン
  4. ワゴンR
  5. ソリオ

近年、ネットショッピングの利用増加に伴い宅配の仕事が活発になったり、アウトドアなど趣味での使用を目的として軽バンの需要が高まっています。

ニーズの高い車であれば15万キロ、20万キロ走っている車でも高値がつくこともあります。

【廃車・事故車買取】三菱の古い車の買取相場

車種名 年式 走行距離 車両状態 買取金額
アウトランダー 2005年 172,000km 低年式・過走行車 150,000円
ジープ 1979年 150,000km 低年式・過走行車 75,000円
パジェロ 2011年 240,000km 低年式・過走行車 420,000円
デリカD:5 2007年 230,000km 低年式・過走行車 105,000円
ランサー 2001年 130,000km 不動車 150,000円

カーネクストに記載された「三菱車高価買取ランキング」では以下の車種がランクインしています。

  1. アウトランダーPHEV
  2. デリカD:2
  3. パジェロミニ
  4. ランサーエボリューション
  5. ジープ

アウトドアやオフロード走行のイメージが強い三菱。

耐久性と力強い走破性を備えた車種が多いので、海外でも人気があります。

カーネクストの買取強化車種

カーネクストの公式ページに強化買取中の車種が載っているので紹介しておきます。

  • ハイエース/アルファード/ ハリアー/ プリウス/ エスティマ/ カローラ/
  • エクストレイル/ エルグランド/ スカイライン/ オデッセイ/ アウトランダー/
  • CX-5/ BMW3シリーズ/ ベンツEクラス/ ジムニー/

日本でも人気な車種が勢ぞろいしていますが、これ以外の車種でも積極的に買い取ってくれる車はたくさんあります。

ちなみにトラックやバスの買取も可能です。ただし、動かない状態でレッカーでの対応が難しい大きな車の場合には引き取れないケースもあるそうですので、まずは相談してみるといいでしょう。

カーネクストの口コミ・評判

実際にカーネクストを利用した方たちの口コミを見てみましょう。ここでは有名な口コミサイトである『みん評』の口コミをご紹介します。

みん評では忌憚なく様々な意見・感想が述べられているので、ここでも「満足度が高い」と「満足度が低い」口コミに分けてとりあげたいと思います。

カーネクストの口コミ・評判

カーネクストの廃車の評判:【満足度が高い】

口コミ

対応が一番良かった

新車をディーラーさんで購入した際に、下取り価格が0円ということで営業の方に交渉していたところディーラーの方からカーネクストというサービスがあることを教えてもらいました。
正直、下取り価格が0円の車だったので半分あきらめてましたが、4万円の価格がついたことが非常に良かったです。気になる点としては電話をした時に対応してくれる担当者が違うところ。新車を購入するディーラーでは同じ担当の方がずっと話を聞いてくれるので、できれば同じ担当者の方が安心できたかと思います。
とはいえ、電話で買取りを依頼してから引取りに来てもらうことも、書類のやりとりもすごくスムーズで手間かからなかったので凄く良かった。

廃車でも買い取ってくれます

17年くらい前の車をカーネクストで売却しました。ネットで見つけて、サイトには廃車費用が無料と書いていたのでとりあえず電話したら、引き取りに来てくれて廃車手続きも無料でやってくれるということなので決めました。車検が残っているからその分を払い戻してくれるということで、結構価格が付きました。対応も早く結構丁寧だったので満足です。

1番高く買い取ってくれました

悪い口コミもありますが私は1番高く買い取ってくれました。他のところに廃車の買取に納得いかなく、ネットで問い合わせ、その後すぐ電話ありそのこと不満なことお伝えすると、1番高い値段で買い取ってくれました。口コミが悪く心配したのですが、金額も最初の金額できちんと買い取って振り込みされてました。20万キロ超えて車検したばかりだったのですが、大変金額には満足してます。ありがとうございました。車取りに来る時間もぴったしにきてくれて、口コミを信じなくて良かったです。ありがとうございました。

価格も対応も十分

20万㌔オーバーのデリカ、年式も古いし、どこの一括見積でも雀の涙程度の値段しか付きませんでした。事故もなく手入れも欠かさずしてきた愛車なので、ちょっと悲しいけどこんなもんかと思っていましたが、試しにカーネクストでも査定してもらったところ、6万の価格がついて驚きました。海外で人気がある車なら、古くても査定額は高くなるようです。
口コミサイトで「入金されない」「態度が悪い」などの書き込みを見ましたが、そんなこともなかったですよ。まあ特別いいわけでもなかったですけど、値段がよかったので十分です。

満足の引き取り額と各対応

多分、ゼロ円だろうなと思い電話したら、その場で即決〇〇万円。おーと思い売却即決。電話受付も引き取り業者さんも丁寧且つ迅速な対応で、こちらが用意する書類や、カーネクストさんからの事前メールで日程も融通が利き、素晴らしい対応でした。後は払い込んだ自動車税の還付待ちです。なにより、十数年乗ったセルシオを丁寧に大切に引き取っていただいた業者さん、人柄もよく素敵な人でしたよ。

ディーラーや他の業者では査定額が0円だった車に値がついた、という口コミが多く見られました。古い車や走行距離の多い車でもしっかり値がついています。

カーネクストの接客対応も良かったという声もちらほら。カーネクストについて調べると「カーネクスト 悪質」「カーネクスト 振り込まれない」「カーネクスト苦情」「カーネクスト しつこい」などといったネガティブなワードが出てくることがあります。

高評価な口コミでは「実際に使ってみるとそんな悪い口コミのようではなかった」という意見もあり、ここらへんの事情が気になります。次に低評価の口コミを見てみましょう。

カーネクストの廃車の評判:【満足度が低い】

検索する女性

支払遅く車の情報のヒアリング適当

ネット検索で調べて電話で、経過年数のわりに走行距離が少ない車の処分を依頼した。車の情報のヒアリングを丁寧にやらないため、トラブルになりました。
値段をつけてもらったあとに、委託している(うちの車を購入される業者が)予定通り引き取りに来た。丁寧な業者さんであったが、車の情報が聞いている内容と少し違いますね。とのこと。
後日クレームが入ったので減額になるとのこと。おたくの聞き取り不足だったのを当方に言うかね?
査定が低価格だったとしてもちゃんとした業者さんに依頼をすることをこれから探す人には伝えたい。

値段つかず

質問事項、入力事項全て入力し、電話連絡で買取価格を教えてくださいましたが車を引き取り後、買取価格ゼロという連絡が来ました。
納得いかなかったが車を引き取られた後だったのでどうすることも出来ず…
それを受け入れるしかありませんでした。
車を引き取りに来た外人さんもよくなかった。

対応悪い

複数他社にも査定をお願いしていて、その中でカーネクストが一番最後まで査定結果を待って欲しいと言われ、期限までには回答するとのことだが期限が来て何日経っても連絡なし。
こちらから連絡したが、コールセンターの女性の対応も最悪。
まだ分からないんだから、仕方ないでしょってキレ気味。
他の業者さんにもカーネクストの査定が出るまで待ってもらってる立場で、約束の日を過ぎても未だ連絡無しはひどい。
ここでは売却しない。

対応が悪すぎてもう二度と利用しません

コールセンターの女性の方の態度が本当に悪い

とりあえず対応が悪い。

電話がかかってきた時から愛想悪いし、詳しい詳細も聞かず、走行距離だけで判断されました。
14万キロと答えると、10万キロ以上は0円ですの一言。
他のところでは値がついた上にとても対応が良かったので、こちらはオススメしません。

一般的な買取業者についてもそうですが大手の全国展開している業者の場合、どれだけサービスを画一化させようとしてもどうしてもムラが出てしまうものです。対応するスタッフにも当たりはずれがあることも。

ただ、接客に対する印象というのはユーザーの主観的なものも多いです。それにしょっちゅう利用するわけでもないので、やはり最も気になるのが査定の事情でしょう。

これについては「買取額が0円だった」という声がちらほら。それが気に食わなくて低評価なのかもしれませんが、正直、車種など車両の情報が詳しく書かれていない口コミばかりなので何とも言えません。

他では廃車費用がかかるような車を買取額0円で買い取ってくれたなら、それはむしろ喜ぶべきことでしょう。

どんな車でも0円以上の買取をしていますが、ふつうの買取業者と同じく利益を生める車が価値ありと判断されます。車や車両状態によって一台ずつ値打ちが違うので、口コミは参考程度にするのがおすすめです。

大事なのは少しでも高く売るためにはまず「車一括査定」を利用すること。そして査定額がつかなかったら「カーネクスト」。この流れで売却すれば、納得のいく売却になるでしょう。

おすすめの廃車・事故車の買取業者5選

カーネクストは本当にいいのか?と迷ってしまう方もいるはずなので、おすすめな廃車・事故車の買取業者を比較するかたちで5社(カーネクストも含む)紹介します。

おすすめ廃車・事故車の買取業者5選
おすすめ度 買取業者 手数料
(手続き代行費用・レッカー代含む)
自動車税の還付 対応地域
☆☆☆ カーネクスト 無料 あり 全国
☆☆ ナビクル廃車買取 無料 あり 全国
☆☆ ハイシャル 無料 あり 全国
廃車本舗 無料 あり 全国
セルトレ 無料(場所によってはレッカー代が発生) あり 全国

ここで紹介する業者ならふつう値がつかないような車でも高値で買い取ってもらえる可能性もあります。廃車になる場合でも手数料は無料です。

表の通り、基本的なサービスにはさほど違いはありませんが、業者ごとの特色があるので基本情報をまとめておきます。どこも安心して利用できますし、サービスも手厚いです。

気になる業者を見つけたらぜひ試してみてください。

カーネクスト

  1. どんな車も0円以上買取保証
  2. 47都道府県全国対応・来店不要
  3. 出張料・引取・廃車手続きも無料代行

廃車買取専門「カーネクスト」は、低年式車や過走行、故障車や不動車などの他では処分費用を請求される車の買取を実施しています。

カーネクストは買い取った車を海外に輸出、パーツや資源としてリサイクルすることで価値を生み出せるので、どんな車でも買取が可能です。

カーネクスト廃車費用

もちろん廃車にかかる費用はすべて無料で、全国どこでも無料で出張引き取りできます。

状態によっては想像以上の高価買取価格がつく場合もあります。

カーネクスト廃車実績

愛車がボロボロなのはわかっているけど、少しでも高い値段で売りたいならカーネクストがおすすめです。

カーネクストの口コミ・評判

先にみん評での口コミを紹介したので、ここでは公式ページでのお客様の声を紹介します。

丁寧な対応に満足しています。正直電話とメール対応のみで直接会って話さず不安はありましたが、最初から最後までしっかりした対応でとても助かりました。次回廃車の予定があれば、また利用したいと思います。

本来なら買い取りができない車なのは承知しておりましたが、カーネクストさんのお陰で十分すぎる査定と廃車費用無料で進めていただき、感謝申し上げます。

引取の対応の早さと丁寧に受け入れていただき、大変感謝しております。引取業者の方にも笑顔で対応していただき、ありがとうございました。

ナビクル廃車買取

  1. 費用0円でどんな車でも買取可能
  2. 他社で断られた車でもOK
  3. 年中無休・全国出張引き取り

車一括査定でお馴染みのナビクル。廃車に特化したのが『ナビクル廃車買取』です。

廃車手続きやレッカー引き取りや解体まで無料代行してもらえます。普通自動車なら廃車後に自動車税の還付金ももらえます。

「え、こんな車でも買い取ってもらえるんだ」という車でも査定対象で買取可能です。

ナビクル廃車買取なら手軽に依頼できるので、安心して試してみてください。

ナビクル廃車買取の口コミ・評判

ナビクル廃車買取の口コミ・評判は見つかりませんでした。

ハイシャル

  1. どんな車も0円以上買取
  2. 全国対応
  3. 累計相談件数25万件

廃車や事故車でも0円以上の買取保証の『ハイシャル』。

廃車費用を出して処分しなければ…と思っていた車に想像以上の価格が付く可能性も。

人気の高い車をはじめ、古い車や過走行車でも満足度の高い買取で定評です。

廃車買取『ハイシャル』は評判良い?口コミ・キャンセル料・買取実績

ハイシャルだとどんな車でも高く売れる?廃車でも買取額がつく理由 冒頭で……続きを読む
ハイシャル

ハイシャルの口コミ・評判

みん評での口コミが見つからなかったので、公式ページ内の口コミを紹介しておきます。

買い替えで車を手離すことにしました。 別の買取業者さんで3万円提示だったのですが、ハイシャルさんは倍以上出してくれるとのことで即決しました! 業者さんごとに査定額が異なったので、粘り強く探してよかったです。 対応も良く、引取から手続きまで早く進んだので安心しました。ありがとうございます。

かなりの距離を走っていたので修理しながら乗っていましたが、今回調子が悪くなったタイミングで廃車することに決めました。 ハイシャルさんに電話で見積もりをお願いしたところ、想像よりも高かったので即決しました! 対応が早いところが一番良かったです。また依頼するときはよろしくお願いします。

エアコンの故障で修理が必要になり、廃車に至りました。 引き取りにきてくれるところを探してハイシャルさんに依頼しました。 初めての廃車でしたが、わかりやすく説明して頂き不信感もなくスムーズに進みました。 取りに来てくださった方も話しやすく安心しました。

廃車本舗

  1. 年中無休(車の引取は日曜日は不可)
  2. 全国対応
  3. 営業時間:9時〜21時

テレビCMでも知られている廃車本舗。

創業22年のノウハウと技術による中古車・廃車買取で評判の高い買取業者です。

廃車手続きを進めるサポートスタッフの対応もよく、初めての方でも安心して利用できます。

もちろん廃車費用は無料、レッカー車が必要な場合でもレッカー代はかかりません。

他の業者で0円査定だった車でも買値がつく可能性があるので、一度気軽に問い合わせてみるのもいいでしょう。

廃車本舗の口コミ・評判

みん評での口コミが見つからなかったので、公式ページ内の利用者のコメントを紹介しておきます。

セルトレ

  1. 国内売却・海外輸出を扱うので高額売却の可能性が高い
  2. 過走行車、事故車、廃車どんな車もOK
  3. セルトレ独自機能の診断で、あなたにマッチした査定業者を自動選定

2021年9月1日からサービスが開始された新しい車一括査定サービスの「セルトレ」。

セルトレ最大の特徴は、ほかでは値のつかない車両や買取ができないと断られるような車両でも、0円以上の積極的な買取を目指してサービスを提供していることです。

10万キロ以上の走行距離、古い年式、動かない車、事故車などの場合、ふつうの買取店では売れないケースが少なくありません。しかし海外に目を向けた時、事情が変わってきます。

日本車は世界的に見ても人気が高いため、日本では売れない車両も海外ではまだまだニーズがあるので、海外輸出を行う業者に査定してもらえば想像以上の高値がつくことも珍しくありません。

セルトレは国内の買取店だけでなく、輸出事業を行う業者も扱っている一括査定サービスです。

各車両の状態をセルトレ独自機能で診断し、国内小売向け、海外輸出向け、廃車の自動判定を行って「極力買取価格が付く」形で査定業者を自動選定してくれます。

そのため、どんな車でもマッチング率の高い業者が見つかる可能性が高いです。「この車、売れそうにない…」と悩んでいる方におすすめの一括査定サービスです。

セルトレの口コミ・評判

みん評での口コミが見つからなかったので、公式ページ内の口コミを紹介しておきます。

査定員により質問内容や評価が全然違ったのですが、最終的に希望額より大幅高額で購入して頂きました。

大事に乗っていて傷もへこみもほぼない状態だったこともあり、結構高く買ってくれた。一括査定は便利だった。

相場イメージ、どのように価格がきまるのかを教えてくれたので、自分の想定が高すぎると思い、最終的に2社で見積もりをして決めた。

まとめ

廃車買取カーネクスト

今回は廃車・事故車の買取業者「カーネクスト」について解説しました。

カーネクストの廃車買取のポイントをまとめると「どんな車も0円以上買取保証」「47都道府県全国対応」「出張料・引取・廃車手続きも無料代行」の3つです。

カーネクストでは買い取った車を再販するだけでな、鉄や銅、アルミなどの資源としてリサイクル、中古パーツとして再販する事業も行っています。また独自の海外販売網による輸出も行っています。

買い取った車から利益を引き出せる仕組みがあるので、どんな車でも価値を持ち、想像以上の高値で売れることも。

車一括査定を利用し、それでも査定額がつかなかった車はカーネクストを利用してみるといいでしょう。