自動車売却

バッテリー上がりは車査定に関係ナシ!他に気にすべき高価買取のコツ

車のボンネットを開ける

車の発電量よりも使用電力の方が多くなることで負荷が大きくなり、バッテリーが充電切れを起こす現象をバッテリー上がりと言います。

車買取の査定に影響すると考えて、わざわざ交換する人もいるのではないでしょうか。しかし車の査定においてバッテリー上がりは関係なく、お金をかけて交換する必要はないのです。

何故わざわざ交換する必要がないのか、そしてバッテリー上がりでも高く売るためのコツがあることをまとめて紹介します。

バッテリー上がりは車買取の査定額に”ほぼ関係なし”

現金とグラフと虫眼鏡

車の部品であるバッテリーは消耗品であり、必要に応じて交換することが一般的でしょう。しかしバッテリー上がりであることは車買取の査定額にほぼ関係しないため、交換後に査定サービスを利用してもお金の無駄となるでしょう。

バッテリー上がりの場合、再び充電すれば使えるようになります。しかしバッテリーの交換が必要と判断されれば、以下のようにマイナス査定となる可能性があります。

車種 マイナス査定額
ガソリン車 -10,000円
ディーゼル車 -20,000円

一般財団法人日本自動車査定協会により、加減点に関わる項目が定められています。部品であるバッテリーも例外ではありませんが、充電可能なバッテリー上がりであれば心配ないでしょう。

車査定におけるバッテリー上がりと減点の関係性(交換不要)

車の中をチェックする男性

上記でも説明しましたが交換が必要な状態と判断されれば減点の可能性がありますが、単なるバッテリー上がりではそうはならないのです。

再び充電すれば良い状態であれば、交換が必要とは判断されます。そのためバッテリーの故障ではなく上がった状態であるとわかっていれば、買取の査定前にわざわざ交換する必要はないのです。

ONE POINT
買取店ごとに対応が異なるため、サービスとして交換不要と判断してくれるところもあるかもしれません。

バッテリー上がりで車が動かない…そんなときは”出張査定”

査定をしている男性

車が動かないのであれば、以下のような特徴がある出張査定がおすすめです。

出張査定がおすすめの特徴
  • 場所を指定すると業者から査定スタッフが派遣される
  • 査定はその場で行われ結果もわかる
  • サービスは基本的に無料である

動かない車を無理矢理動かして査定を受ける必要がなく、自宅にいながら利用できることがメリットでしょう。

業者の店舗の営業時間に合わせて動く必要もなく、スケジュールを調整すれば自分の都合に合わせてもらえるのです。料金に関しても、以下のような極端な例でなければ心配しなくても大丈夫です。

  • 出張のために数千キロも移動する必要がある
  • 車が通れないような特殊な道を抜ける必要がある
ATTENTION

何か不明点があれば、事前に業者に質問しておくことをおすすめします。

出張査定を頼む場合は『バッテリー上がり』を伝える

査定結果を説明する男性

出張査定を依頼するのであれば、車のバッテリーが上がっていることを必ず伝えておきましょう。伝えておくべき理由ですが、以下の通りです。

  • 何も伝えないと業者側に動く車という先入観を与えてしまう可能性がある
  • バッテリー上がりの車に必要な道具が必要になる

ブースターケーブルという道具を使えば、エンジンを始動させることができるのです。つまり車が動かない原因が他にあることがわかるため、バッテリー上がりを理由に不利な買取となる心配がなくなるでしょう。

バッテリー上がりの車を高く売る『2つのコツ』

メモにチェック

車の効率的な現金化を希望するのであれば、バッテリー上がりの車を高く売るために必要な2つのコツを理解しておくと良いです。査定を依頼する先や複数業者を競合させることがポイントとなるため、この機会に覚えておいてください。

バッテリー上がりの車を高く売る『2つのコツ』

【コツ1】ディーラー下取りではなく買取を選ぶ

ビジネスマンの握手

新車の販売と登録をメイン業務とするディーラー下取りを利用すると、安く買い叩かれてしまう可能性があります。そのため車の買取や査定を専門的に行っている業者を選んだ方が、高く売ることができます。

専門性の高い業者は中古車の取り扱いをメイン業務としているため、ディーラーとは状況が異なります。中古車人気の影響により在庫車両が少なくなっていれば、高い査定額を提示してでも新たに車を確保したいのではないでしょうか。

【コツ2】複数の車買取業者を競合させて相見積もりで比較

窓口の男性

1円でも高く売るためには、複数業者による競合を起こさせることも重要です。たとえばあるサービス利用者に対してA社が10万円という査定額を提示した場合、それを意識したB社が10万円よりも高い15万円という提示をするかもしれません。

さらにC社やD社などの他の業者も加わり、利用者を確保するために査定額の更新が続く場合もあります。

複数の車買取業者が意識し合う状況を競合と言い、最終的に相見積もりで比較することができるのです。

【推奨】複数業者が競合する”車一括査定がおすすめ”

重要と書かれた文字

複数業者を競合させたいのであれば、以下のような特徴がある車一括査定がおすすめです。

  • 一度の利用で複数の業者の情報をチェックできる
  • インターネット環境があれば自宅にいながら利用できる
  • 査定依頼まで一貫してできる

一括して査定依頼を出すことができるため、同日同時刻に複数の業者に対してアポを取れば競合までの道のりが楽ではないでしょうか。車一括査定はインターネット上のサービスであるため、業者を直接訪れる必要はありません。

車を高く売るなら
「車一括査定」がおススメ

recommended service

車一括査定の流れ

車一括査定サービスは、たった一度きりの申し込みで複数の買取店に査定依頼できるサービスです。

最大のメリットは、こちらが何もせずとも買取店同士が競合して査定額を吊り上げてくれるところ。

例えば4社競合した場合、各買取店は他の業者以上の買取額を提示しないと売主から選ばれません。業者間が自然に競合状態になるため、あなたは特に何もしなくても査定額がどんどん高くなっていきます。

  • 確実に高価買取を実現させたい方
  • 愛車のリアルな査定相場を知りたい方
  • 時間と労力を費やしたくない方
  • 交渉が面倒な方&苦手な方

このような方に欠かせないおすすめのサービスです。

【2020年最新】車一括査定
おすすめ人気ランキング《3選》
車一括査定のサービスのロゴ
カーセンサー ユーカーパック かんたん車査定ガイド
運営会社 リクルート UcarPAC エイチーム
提携業者数 1,000社 5,000社 55社
同時査定依頼数 30社 10社
業者選択 × ×
入力の時間 約1分 約1分 約1分
利用料 無料 無料 無料
編集部おすすめカーセンサー
カーセンサー
  1. 同時査定依頼数30社は業界No.1
  2. 競合会社が多いため高額査定率も圧倒的に高い
  3. メール&電話時間指定可能

高価買取を狙うなら間違いなくカーセンサーがおすすめです。提携業者は1,000社を超え、大手中古車買取業者はほぼ網羅。

また、同時に査定依頼できるのが30社で業界最多。他の車一括査定もありますが、高価買取を目指すならカーセンサー以上のサービスは存在しません。編集部が太鼓判を押す一括査定サービスですよ。

カーセンサーを利用して、編集部所有のプリウスを査定してもらった結果、ディーラー下取りよりも36万円高い査定額がつきました。
ユーカーパック
ユーカーパック
  1. 掲載買取業者は2,000社は圧倒的
  2. 高価買取に期待できる
  3. 申し込みと同時に買取相場がわかる

オークション形式の車一括査定「ユーカーパック」。

大手買取店との提携はカーセンサーに劣るが、地域密着型の買取店との提携によって高額買取実績を増やしている。

本来、車一括査定サービスは複数業者と売主本人が交渉するのが基本です。しかし、ユーカーパックは売主の代わりにユーカーパックの担当者が交渉を全て代行。

交渉が苦手&面倒な方に最も適した車一括査定サービスです。

ナビクル
ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)
  1. 年間利用者数No.1
  2. わずか45秒で買取相場がわかる
  3. JADRIの審査を通過した優良業者のみ提携

中古車業界の流通を健全化を目的とした団代”JADRI”の審査に合格した業者しか提携しない「ナビクル(旧:かんたん車査定ガイド)」。

中古車業者を選定している分、業者数がそこまで多くないため、電話営業が少ないという特徴もある。年間利用者数が最も多く、その分高額買取実績も多数出ている信頼度No.1の一括査定サービスだ。

まとめ

車のボンネットを開ける

バッテリー上がりであっても車の買取や査定のためにお金をかけて交換する必要はなく、充電して再び使えれば問題ないでしょう。そのためバッテリーが故障して交換が必要かどうか、査定前に自己チェックすることをおすすめします。

さらに中古車の取り扱いが専門ではないディーラーを選ぶのではなく、専門性の高い業者を選ぶこともポイントです。複数の業者を競合させて査定額を更新させ、最終的に信頼できそうなところを選んでください。